全体表示

[ リスト ]

ルルーシュVSシュナイゼル、ルルーシュの勝利!


ギアスによって、シュナイゼルはルルーシュの部下になりました。

……あれ?

殺さないで部下にしたってことは、最終回で何か「役割」がシュナイゼルにあるんでしょうか?

TURN 24 『ダモクレス の 空』

帝都ペンドラゴンを一瞬で消滅させたフレイア弾。その決戦兵器を大量装備した天空要塞ダモクレスが舞い上がる!そのシュナイゼルの計画が完了すればもはや世界は彼の手に落ちる!ルルーシュとナナリーが、カレンとスザクが虚空の彼方で相対する時、すべては結末に向け加速する!

次回が最終回ということもあり、各キャラクターの状況にかなり変化がありました。

個別に振り返ります。

イメージ 1
・C.C. ピンクのランスロットで大活躍! ……とまでは行きませんでしたが、ルルーシュを殺そうとした カレンを、足止め。最後はカレンに撃墜されましたが、脱出装置が作動し、海へ落下。 1期でも、海の底から生還したので、多分生きてるでしょう。
イメージ 2
・カレン うーん……ちょっと残念な感じです。C.C.を撃墜し、ルルーシュの命を執拗に狙い、最終回 でスザクと決着戦? メインキャラを全て敵に回してますね。 ジノとも別行動だし……「扇の部下」というイメージが、印象を悪くしますよね。 最後になって、とても残念な立場の、カレンです。
イメージ 3
・スザク さすが「ナイトオブゼロ」という感じで、ルルーシュ側の大黒柱として、大活躍でしたね。 玉城を撃破、星刻や藤堂も圧倒、ジノも問題なく撃破……最後はカレンと決着戦ですか。 1番凄かったのは、ルルーシュと組んで、フレイヤを無効化した場面ですかね? まあ、あれは「ニーナ&スザク&ルルーシュ」の3人が、力を合わせた結果、ですけど。 カレンとは逆に、最後になって印象が良くなって来たキャラです。
イメージ 4
・玉城 スザクを「宿命のライバル」か何かと勘違いしていたようですが、瞬殺されましたw 最初の1撃で、スザクは命までは奪わず、情けをかけて(?)見逃してくれたのに。 あそこで引いておけば、生き残れた? 退場……でいいんですよね?
イメージ 5
・藤堂 スザクに撃墜されましたが、脱出に成功。 千葉さんと、お幸せに。 ・千葉 藤堂さんの立派な子を産んでくださいw ・星刻 「アヴァロンを落とす」という、物凄い功績を残しました! シュナイゼルも、驚くほどの能力。 やはり「最強のロリコン」! 彼は、天子様を救出する為なら、不可能も可能にしますねw 天子様と「年の差カップル」でお幸せにw ・ディートハルト 最後まで、彼には期待していたんですよ。 「今までの行為は演技で、実はゼロの味方でした!」という展開を。 でも、普通にゼロを裏切っていただけ……でしたね。 最後は、寝返ったシュナイゼルに撃たれ、「ギアスをかけてほしい」とルルーシュに願うも、 「お前にはその価値もない」と拒絶されました。 残念なキャラクターでした。 ・シュナイゼル 結局「勝つ気がない。必死さがない」のが、最大の弱点でしたね。 「自分は安全な場所にいて、リスクを犯さない」ことが、敗北を招きました。 いくら優秀でも、ルルーシュのように少しは無茶をしないと、勝てる勝負も勝てません。 ・ニーナ 「ゼロを一生許しはしない」。ルルーシュに、面と向かってそう言い切りましたね。 ただ、自分が犯した過ち(フレイヤ開発で多くの命を奪ったこと)の、償い……それが結局、 ルルーシュに協力するカタチになっただけ……そういうお話でした。 ただ、僕もルルーシュと同じように「君は立派だよ。よくやってくれた」という言葉を贈りたい。 最後になって、悪い印象が消えました。 ・ナナリー フレイヤのスイッチ押しすぎw 何人殺せば気が済むんですか? という感じで、かなり印象が悪くなりました。 「兄の罪は私が」って、誰もそんなこと望んでないですよね? 兄も、視聴者も、彼女には「悪」に手を染めてほしくないのです。 「悪」になってしまったら、彼女の存在価値って何? ってことになりますから。 最後「閉じられていた目」が開きましたが、ラスボスかと思いましたw スイッチを見失った後、狼狽して探し回る姿に、嫌悪感。 「人殺しの道具がないと、冷静さを保てない」様は、醜かったですね。 「ルルーシュが愛し、世界中を敵に回してでも守りたかった妹」の、あれが正体なんでしょうか? 残念です。この作品で1番、残念なキャラクターになってしまいました。 ・コーネリアとギル 2人とも、生きてて良かったです。お幸せに。 ・ルルーシュ 自分に付いて来てくれた、ロイド&セシル&咲世子の身の安全を確保したのが、1期の頃の 「目的の為には手段を選ばない」彼と、変わりましたね。人として、立派に成長しました。 C.C.との別れの会話、ニーナと最初で最後の「ユフィの件決着」やりとり、シュナイゼルと の対話……全てが立派、素晴らしかったです。へタレな彼は、もういない。 「皇帝ルルーシュ」の名に、相応しい姿。 結果論ですが、ナナリーと敵対関係になって、「妹離れ」したことが、彼を人間として成長させ ましたね。 最終回で、ナナリーとの「ラスト・バトル」がどうなるのか? 非常に気になるところです。

この記事に

閉じる コメント(6)

顔アイコン

まさかシュナイゼルを従えてしまうとは全く読めませんでした。さらには死んだと思われていたコーネリア皇女&ギルフォード卿が生存していたことに驚きましたよ。そしてTURN25(RE;)全ての事における「答」が出ると言うことですかねぇ。本当に完全に終わるのか疑心暗記してしまいます・・・。

2008/9/21(日) 午後 7:06 ken 返信する

顔アイコン

ほんと恭弥さんのおっしゃる通りでナナリーは嫌悪感しか抱きません。
何があったにせよ真実がどうであったにせよああいうキャラでしたでしょうか。
彼女に関してはキャラ設定を完全に無視されてますね。

ネリ様は生きているとは思いましたがあれじゃ生かす理由なないですしギルの生存に至っては失笑です。あれじゃ朝比奈やローマイヤーだって生きてる事になりますよ。ギアスも所詮種死と一緒か・・・・・・。

2008/9/22(月) 午後 5:12 [ ゆーじーん ] 返信する

kenさん>>
「シュナイゼルを生かしておく意味」は、次回明らかにしてほしいですね。
コーネリア&ギルフォード卿は……「生きていた」と設定してるのであれば、もう少し作画スタッフが「見せ方」を勉強すべきですよね。

「生きていてくれた」こと自体は嬉しいですが、爆発に巻き込まれたり、銃弾を何十発も受けて生存というのは、どうも納得が……(他ブログ様でも、同じような意見多数見かけました)

次回で、この作品も終わりですね。
謎らしい謎は、もうほとんど残っていない気がしてます。
僕的には、「ルルーシュがナナリーより仲間を優先した」時と、「母親殺害の謎」が明かされた時に、この作品は完結しました。

2008/9/23(火) 午前 2:57 恭弥 返信する

顔アイコン

ナナリーには最後までキレイでいて欲しかったですよね。
そうじゃないとナナリーのために行動していたルルーシュが報われないですもの。
挙句の果てにフレイヤで人殺しまくりとは…ホントに残念です。

この作品ってナナリーやスザクのような他なら優等生のまま終わりそうなキャラをとことん落としますよね。
なんか優等生に恨みでもあるんですかねスタッフはw

2008/9/23(火) 午前 3:40 ぱっく 返信する

ゆうじさん>>
「お兄様とスザクさんの敵です!」と言った時から、僕も嫌悪感が……
公式HPで「死亡」と表記した問題もありましたよね。それで視聴者は皆1度気持ちを切ったのに、何もなかったように復活。
「公式HPはルルーシュの視点」とかいう監督の言い訳も苦しいですし、製作スタッフは完全にナナリーの扱い方を間違えましたね。
「常識ルール無視の反則技」を使って、視聴者を驚かせようとしたのがバレバレで、かなり冷めました。公式HPで嘘をつくのは、許せません!

コーネリア&ギルも……あれで「生きてた」は無理です。
重要キャラの、ロロやシャーリー、ユーフェミアは容赦なく退場させたくせに……おっしゃるとおり、朝比奈やローマイヤーも含めて、「誰でも製作側のご都合主義で復活可能」だと、視聴者をバカにしているというか、作品の価値を下げますよね。

2008/9/23(火) 午前 4:17 恭弥 返信する

pacさん>>
「ルルーシュが、世界中を敵に回してでも守りたかった妹」の末路が、「何千人も殺す虐殺皇女」でしたよ……悲しいです;
「ルルーシュよりシュナイゼルを信じた」っていう事実も、なんか見ているこっちが死にたくなって来るぐらい、絶望させられました。

ナナリーやスザクは、他作品なら「正義の味方」だと思います。
「悪の視点から描く」のがギアスの特徴だから……と1期の頃は考えていたのですが、「戦闘シーンでは、スザクやナナリーの正義側が勝つ。悪は負けて、更に不幸になる」がギアスという作品でしたよね。

つまり「悪も不幸。正義も不幸」。製作スタッフは、優等生というか「嘘をつく人類すべてに」恨みがあるんじゃないですかw
シャルルの計画が、監督の本心だったのかもしれませんね。

2008/9/23(火) 午前 5:32 恭弥 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(35)


.


みんなの更新記事