全体表示

[ リスト ]

「撃っていいのは、撃たれる覚悟がある奴だけだ!!」(ルルーシュ)


「お兄様は悪魔です!」(ウザリー)


「愛しています、お兄様。お兄様のいない明日なんて……」(ナナリー)


ナナリー、ツンからのデレ化!

全力で妹を愛した、お兄ちゃんの物語でしたね。


Aパート。

「それが人殺しの顔なのですね」(ウザリー)

「誰がそんなことを頼みましたか!」(更にウザ度UPのウザリー)


この言い方はないですよねえ……ルルーシュは、

世界一ナナリーのことを大事に思っている、唯1人の男。

シュナイゼルみたいに、ナナリーを利用して必要なくなったらポイ捨ての外道兄じゃありませんよ。


やっぱり、ウザリーはルルーシュの「真意」を理解してくれませんでした。

仕方がないので、ギアスを使うルルーシュ。

ウザリーは「お兄様は悪魔です!」と叫び、憎悪を露にします。


もう、この辺はホント「ウザリー」。


ルルーシュが「これ以上ナナリーの手を汚させるわけにはいかない。汚れて死んでいくのは、

自分だけでいい」と覚悟してるのが、何故分からないの? って感じで。

他ブログ様で、何人かが「ナナ」を「ウザ」と変換していたので、僕も今回使ってますが。

その方たちの気持ちが、この場面を見てよく分かりました。


世界の憎悪を一身に集めるルルーシュ。

スザクはカレンに殺されたこととなり、表舞台から消える。

これは「ゼロ・レクイエム」の計画の内の1つ。

あとは、「世界の王」となったルルーシュが、ゼロの仮面を被ったスザクに、殺されるだけ。

それが、「ゼロ・レクイエム」。

この話のタイトル、「ゼロ・レクイエム」にすれば良かったのに。


CM明け、Bパート。

イメージ 1
王様パレード中、ゼロ(スザク)に刺し殺されるルルーシュ。 スザクは、ルルーシュと話し合って決めたことなのに、泣いていました。
イメージ 2
スザクの、今まで行った「ウザク的な活動」は、この涙で全て忘れることにしましょう。 彼は、「ゼロ・レクイエム」をルルーシュと共に行った、同志。親友。 ありがとう、スザク。君はいい奴だったんだね…… 血まみれのルルーシュを見て、泣き叫ぶナナリー。 ルルーシュの手を握り、
イメージ 3



「愛しています、お兄様」

……ああ、遅すぎるよ、ナナリー。

もっと早く、その言葉を言ってあげなくちゃあ、ね。

ダモクレスでその言葉を口にして、「お兄様! 2人で何処かへ逃げましょう!」くらい言って

欲しかったな。

死ぬ間際に、「デレ化」されても……多分、お兄様は嬉しくないよ。

手を握ったことで、「ゼロ・レクイエム」が何であったのか、知ったナナリー。

じゃあ、何でシュナイゼルの手を握らなかったの?

まあ、それじゃルルーシュの敵にならないから、製作者側のご都合主義なんでしょうけどね。
イメージ 4


「お兄様だけいれば、私は……! お兄様のいない明日なんて……!」


良かったね、ルルーシュ。

「世界中を敵に回しても守りたかった」

大好きな妹から、1番聞きたかった台詞を言ってもらえたよ。

死なないとこう言って貰えないのが、悲しすぎるけど……


ゼロ・レクイエムを、事前にナナリーに明かすことは、出来なかったのかなあ……?

でもそれじゃあ、「ルルーシュが表舞台から消えて、C.C.と余生を過ごす」計画が、不可能

になりますからね。


なんか、望んでいた展開からは、かなり遠い場所へ、この作品はたどり着いてしまいましたけど。

終わってしまいました、が。

こうするしか、なかったのかな、という思いもあります。

あれで、ルルーシュは幸せなのかな?

ナナリーが安全で幸せなポジションに落ち着いたから、自分のことはどうでもいいのかな?

悲しい人ですね、ルルーシュは……

でも、そんなルルーシュが好きでした。

ずっと、この作品を応援し続けて来て、良かった。

今は、そんな気持ちです。


1期の方が「面白かった」というか、ワクワクする気持ちが強かった。

R2では、「1期の償い」をずっとルルーシュがさせられている気がして、見ていて辛かったです。

彼にとって「R2」は、ほとんどが悲しい出来事ばかりで、幸せなことなど、ほぼ皆無でした。

だから、もうこの辺で「ルルーシュの物語」を終わらせて上げないと、可哀想ですよね。


ありがとう、コードギアス。

ありがとう、ルルーシュ。


そして、「コードギアス反逆のルルーシュ」」「コードギアス反逆のルルーシュR2」の記事を

読んで下さった&トラックバックして下さった皆さん、本当にありがとうございました!

イメージ 5
この馬の手綱持ってる人が、変装したルルーシュで、余生をC.C.と幸せに暮らしました的なED を希望。

この記事に

閉じる コメント(21)

顔アイコン

死人復活・納得のいかない展開などなど評価を落とし続けていた最近ですが最後にこんな綺麗で納得のいく終わり方でまとめられれば何も言えません。

スザクがルルのギアスを聞き届けてから〜ナナリー号泣にシーンは思わず感極まっちゃいましたよ。
面白いとか面白くないとかの次元のアニメではないと心から思いました。
間違いなくアニメ史のその名を残したでしょう。

2008/9/28(日) 午後 11:51 [ ゆーじーん ] 返信する

顔アイコン

ルルーシュとしては、満足な最期だったでしょうね。
ナナリーが自分の意志で歩み始めて、スザクによって守られている。
世界はやさしい方向へ…でもやっぱり悲しい最期でしたね。

そういえばC.C.との契約はどうなってしまったのでしょう??

2008/9/29(月) 午前 0:23 ぱっく 返信する

手綱持ってる人がルルーシュって、スゴイですよ恭弥さんっ!!!
あぁ、本当にそうならいいのに…でも、それじゃあスザクが納得しないか…
とにかくキッチリ終わってくれたので良かったです!
半年間お疲れ様でした♪

2008/9/29(月) 午前 1:16 [ - ] 返信する

kusanoneheiwaさん>>
僕も、C.C.が荷台に乗っていたので「じゃあ、馬走らせてるのがルルーシュ? 2人で逃げたのか?」と思いました。なんか、不自然に顔を隠してますしね、この手綱持ってる人……。。。

「何回も観ないとついていけないアニメ」←僕も全く同意見です!
R2はレビューを全話分書いたのですが、同じ話を何回見直したことか……それでも全てを理解出来たのかどうか……そんなアニメでした><

1期の金曜は待ち遠しかったのですが、日曜5時は個人的に多忙な為、視聴するのが辛かったです^^;
R2は毎回ルルーシュが不幸になっていくので……。特にロロやシャーリーが死んで、カレンや黒の騎士団が敵になった辺りから「もうルルーシュを楽にしてやってくれ。可哀想すぎる」と次を観るのが苦痛でした。僕の望んでいた最終回は、「生徒会メンバーと花火ED」だったので……同じく、虚脱状態ですね;

2008/9/29(月) 午前 8:59 恭弥 返信する

ゆうじさん>>
最後は綺麗な終わり方でしたね。
死人復活には、疑問もありますが……

後半の「デレ化ナナリー」には、僕も泣かされました。
アニメ史上にその名を残す作品になりましたね。

今までのギアス記事に、コメント&TBありがとうございました!

2008/9/29(月) 午後 4:52 恭弥 返信する

Pacさん>>
ルルーシュは1期で「ナナリーをスザクに任せる」と発言していましたから、こういう最後は予定通りだったのでしょうね。彼は自分の生に執着していないようでしたし……
ただ、あれでは見ているこっちが辛いです。
まあ、だからこそ、視聴者人気ダントツNO・1なんでしょうけどね。

「C.C.との契約」←ああ、笑わせてやる! というアレですか?
コードを持って不老不死になっているルルーシュは、刺されたぐらいじゃ死んでませんから、C.C.とずっと一緒です。その旅の道中、笑わせることも出来るでしょう。

これまでのギアス記事に、コメント&TBありがとうございました!

2008/9/29(月) 午後 4:58 恭弥 返信する

アンドロメガさん>>
僕の他にも、多数の方が「あの手綱持ってる人が、C.C.と一緒に旅をするルルーシュ」だと仰っていますよ。

ルルーシュはコードを得て不老不死になっていたので、スザクに刺されたぐらいじゃ死なない……つまり、あれは演出だったということです。
シャルル皇帝も、死んだフリをして、ルルーシュを驚かせましたよね? あれが複線だった、ということで。

2008/9/29(月) 午後 5:03 恭弥 返信する

顔アイコン

あれ、ニックネームがきちんと表示されない^^;;;

はじめまして、既に何周見たか解りません。恐らく7〜8回位は
リピートしましたよ…。

実はあの手綱持った男がルルーシュであるかどうかはともかく、
死んでない可能性がある理由でコードの他にもうひとつ、
あるんですよ。

Cの世界にてルルーシュが集合無意識たる神にギアスを
かけましたよね?「それでも俺は!明日が欲しい!!」と。
広義的な意味でこれを捉えると…、
集合無意識たる神がルルーシュに明日を与えた、
という解釈で生きている可能性も…。

コードの可能性は…ちょっと、それらしい描写が描かれてないので
想像しづらいのですよね…。
まぁ、恐らく正解は語られませんが。

2008/9/29(月) 午後 11:10 [ are**ia ] 返信する

顔アイコン

are**iaさん>>
はじめまして、7〜8回ですか!? それは凄い!
僕はまだ、2回ですよ。ルル&ナナリーの場面が辛すぎて、まともに見れません;

「集合無意識たる神がルルーシュに明日を与えた」←ああ、なるほど! そういえばCの世界で言ってましたね! 「明日が欲しい!」という願いがかなうなら、その「明日」にルルーシュが存在していないわけがない、ということですね?
ありがとうございます! じゃあ間違いなく生きてますねv

コードの描写はないんですけど、EDでC.C.と一緒だったから、彼女から貰ったんじゃないですか? 最後に、彼女が「ルルーシュに死んでほしくない。約束しただろう? 私を笑わせると?」とか言って、結末を変えたんだと思いますw
結局、この作品の恋の勝利者は、C.C.だったのかもしれないですよねw

2008/9/30(火) 午後 0:12 恭弥 返信する

ルルーシュの最後は切ないものでしたね……
でも「ルルーシュは生きている」という説は、結構いろんなところで聞きますよ。
僕も、彼が生きていると信じます。

2008/9/30(火) 午後 4:32 綾人 返信する

綾人さん>>
ですよね!
最後はC.C.がルルーシュに話かけてましたから……死んでいたら、あんな描写は入れないはずです!

2008/9/30(火) 午後 5:35 恭弥 返信する

顔アイコン

>やっぱり、ウザリーはルルーシュの「真意」を理解してくれませんでした。

>仕方がないので、ギアスを使うルルーシュ。

これは違うのでは?
ナナリーの真意は自分の真意と同じだったから、世界の悪意を受けるのは自分で良いと思い
ナナリーにギアスとかけたのだと思うのですが
でなければルルーシュはリナリーの思いを曲げてまでギアスをかけることはしないと思う

2008/9/30(火) 午後 11:40 [ hg2*7*6 ] 返信する

顔アイコン

いえ、ここで述べている「真意」は「ゼロレクイエム」のことで、事情があって実行しているのに、ナナリーがそれを全く理解しようとしていなかった……そこを指しています。

妹ならば「兄の行動はおかしい。何か事情があるはず」と気がつくべきで……「何か事情があっての行動なのですね? 鍵をお渡しします」と速攻で言ってくれれば、ルルはギアスを使わなくて済んだ、という意味で「仕方なく」と表現したわけです。上手く伝えられなくてすいません。

ああいう細かい部分も略さず記事書くと、文章量オーバーして掲載出来なくなってしまうので、なるべく省略して表現するようにしているんですよ。
そういう事情ですので、ウチのブログ記事を読まれる場合は、単語の裏に3〜4通りの意味が隠されてることを想像して、読んで下さるとありがたいです。

2008/10/1(水) 午後 6:05 恭弥 返信する

顔アイコン

ああ…
ホントウザリーでしたよね…
っていうか恭弥さんネーミングセンス良すぎじゃないですか?ww

ルルーシュがあの…死んじゃったところは切なかったです…
最後のc.c.がルルーシュに話しかけていたところを見て、
「あれ?まさか、生きてるの?」って思いました…
生きてたら怖い…じゃなくって、
生きていてほしいです。ルルーシュ。

なんかいいたいこといっぱいあって
上手く言葉に出来ないです…。

最終回切なすぎて…。

2008/10/2(木) 午後 8:04 [ - ] 返信する

中川さん>
「ウザク」という呼び名が、ブロガーさんたちの間で定着していたので、「なんか、最終回近くのナナリーって、中盤までのスザクぐらいルルーシュの邪魔ばっかしてムカつかね?」と思い、「ウザ」と付けました。
この前、熱狂的なナナリーファンから苦情が来て、ちょっとモヤモヤしていたのですが、中川さんに褒めて貰えてスッキリしました。ありがとうございます!

「生きていたら怖い…じゃなくって、生きていてほしいです。」←優しい意見をありがとうございますv あれだけ皆の為に頑張ったルルーシュが、1人犠牲にならなきゃいけないなんて、悲しすぎますよね? この最終回は、彼の死が辛すぎて、心が痛かったのですが…

中川さんの優しい言葉に、とても癒されました^^
中川さんのそういうところ、大好きです!
素晴らしいコメント、ありがとうございました☆

2008/10/3(金) 午前 6:53 恭弥 返信する

顔アイコン

はじめまして。ルル大好き。私もルルの死ENDに相当ダメージ受けていたのですが、色々調べてコード継承はかなり論理的可能性が高いと思っています。

シャルルにコードを渡して死のうとしたC.Cを引き止めておいて、コード継承可能なギアスユーザーなのにもかかわらず、C.C放置で単なる人間死するのは、無責任すぎ? 世界や愛する人々の幸せを望むルルが、C.Cのことを思いやらないはずがない。。
"笑顔をくれる"「約束」は、ルルが以前言った「死ぬときぐらい笑って死ね。俺が笑わせてやる」のことだとすると〜ルルがコード継承したという推論の裏づけになるのでは。
ちなみに、「死なせる」は当初のギアス契約履行部分、でも「笑顔」いわば俺が幸せにしてやる!という部分はルルーシュの自発的C.Cに対する気持ちなので、「約束」という表現になったのかしら?とか。。

何にしても、ルル実は死んでなかった的安易な生存説ではなく、ルルーシュは命・世界・人間としての未来を失くした点で確かに死を迎えたので、彼なりの誠心誠意を尽くした哀しくも良いラストだと思います。だけど、死後はしばしC.Cと共に、ささやかな幸せを〜

2008/10/6(月) 午後 1:26 [ ★〜ポン太@ ] 返信する

顔アイコン

ba7_7さん>>
はじめまして。僕もルル大好きなので、未だに心のダメージが……コードが継承されたのは「シャルルが消える寸前、ルルの首を掴んだシーン」で、その後1度だけ、作中でルルの手にコードが移動しているのが映ったそうです。僕は気がつきませんでしたが、他ブログ様で、公開されてましたね。

「約束」は物語終盤、何度もC.C.が口にしていたので、彼女の笑顔をにさせる為、ルルーシュは永遠に行き続けなければいけませんよね。
「安易な生存は落胆する」と批判的な人もいるみたいですが、社会的にルルーシュは抹殺されたので、どこか田舎でひっそりC.C.と暮らしていても、それはアリだと思います。彼にだって、それぐらい望む権利はあるはずです。扇が生き残ってるぐらいですからねw

2008/10/6(月) 午後 3:38 恭弥 返信する

顔アイコン

恭弥さま。お返事ありがとうございます!

生存説を説くと、なぜか妄想的とかこじつけだといった批判を受けているのを目にしますが、少なくとも、"絶対にコードを継承していない"と否定出来る部分がない(現時点で私が把握している範囲ですが…)以上、生存説あって正当ですよね。

それにしても、上記の情報知りませんでした! 内心、シャルルのコードがどうなったか気になっていたのですが、ルルーシュが継承したのがC.Cではなく、彼のコードだとすれば、C.Cと共に永遠に〜と思うとルルーシュファンの一人としては嬉しい限りです。
あらためてその点チェックしてみたいです。
本編終了後もこういう楽しみ方が出来るコードギアス、本当に素敵な作品ですね。

2008/10/6(月) 午後 4:39 [ ★〜ポン太@ ] 返信する

顔アイコン

ba7_7 さん>>
特に放送終了直後は、批判的な人が多かったですね。
そういう人の多くは「一応ギアスは流行ってるから見てるけど、特に作品のファンでもない。ルルーシュ嫌いだったからスカっとした」などという、ギアスが好きでルルーシュファンの僕とは真逆の人が多くて、かなり対応に困りました。
ルルーシュが嫌いだとか、死んでOKと思ってる人は、この作品を見ないでほしいですよね? ギアスの主人公はルルーシュで、これはルルーシュの物語なわけですから……
(↓続きます)

2008/10/7(火) 午後 5:20 恭弥 返信する

顔アイコン

(続きです)
ギアス最終回が終わった後、いろいろなサイトを訪問して、「生存説情報」を集めたんですよ。1番「凄いな、これは」と思わされたのが、「シャルルのコードをルルが継承」という説で……僕は最初C.C.のコードかと思ったんですが、そうなるとV.V.みたいに老化? してC.C.が死んでしまうので、やはりシャルルではないか、と。
C.C.と一緒に、ルルーシュは不老不死になった…そう考えていいと思います。

日本だけでなく海外でも、本編終了後に、熱い議論が交わされているみたいです。本当に、凄い作品でしたよね。

2008/10/7(火) 午後 5:31 恭弥 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(39)


.


みんなの更新記事