奥羽*温故知新

訪問ありがとうございます。

全体表示

[ リスト ]

 
久々の神社記事ですが、面白い謂われのある神社です・・
 
 
        日出神社
                                      遠野市上郷町細越

      御祭神
         少名彦那命   大己貴命

 
イメージ 1
 
 『日出神社の祭神は、少名彦那命・大己貴命にして、建保年中(1213〜1218)阿曽沼朝綱の勧請したるものと伝えられ、往時の祭神は薬師如来にして、元は気仙郡上有住村秋丸にあるものを現在地に移せるものであると伝えられている。
 寛文年中(1662〜1673)第十九代南部直栄が眼病平癒を祈願するに功験顕著であるので崇敬深く、
社領五石を寄進し年々奉幣参向あり、以来遠野郷は勿論のこと広く気仙郡並びに釜石・花巻方面よりも尊崇を得たと伝えられています。
 本殿に通ずる石段は、日出神社再興を願う第二十七代南部信彦の寄進によるのもであり、社殿東方にある栃の木の根元の穴に溜れる水を以て眼を洗う慣習があったと聞く。
明治維新後神仏混淆の分離により薬師如来は分離され、深沢山慶雲寺に安置されている。
明治五年(1872)十月村社の取据えとなり、盛大な祭祀が行われるようになった。』
                     【神社由緒書より】 
 
遠野郷には不思議な空間が多い....
日出神社一の鳥居だが正面に円錐形の山が、さも御神体がごとくそびえ立つ・・・後ろを振り返るとそれに対するかのようにピラミッドを思わせるような山が控えている・・・
イメージ 2イメージ 10
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
参道を車で行くと踏切を渡ることになるが、この先でこの春同じ列車が、先に熊を跳ね、やれやれと発車すると今度はカモシカを跳ねるという珍事が発生した…、もちろん熊もカモシカも即死だったそうだ
イメージ 11
 
山道を登ること数分、やっと二の鳥居と社殿が見えてきた・・・
イメージ 12イメージ 13
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
遠野ではよく見かける陶製の狛犬・・・・・・・・・・・・ と、湧き水を利用した手水鉢・・・
イメージ 14イメージ 15
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
入母屋造り瓦葺きの拝殿
イメージ 16
イメージ 17イメージ 3
 
             実は、この日出神社にも義経北行伝説があった・・・
 
なんと、あの九郎義経に隠し子がいて、名を「日出姫」といい、平泉を脱出した義経主従を追って此の地にやって来たが無理がたたったのか病で亡くなったというのだ。それを不憫に思った村人たちが、姫をこの神社に祀り日出神社と称するようになったという・・・
 
しかし、この「日出姫」に関した伝説は他にもあり、姫は義経と此の地の長者の娘との子であり、
この日出神社はその「日出姫」が建立した神社だとも地元では語り継がれている・・・どちらが真実か..なんて、どうでも良いが、英雄色を好むって事だけは共通しているようだ…

拝殿の脇に栃の木の古木がある…(根元の穴を撮ってこなかったことが悔やまれる)…
イメージ 4
あとで調べてわかったことだが…
その根元にある不思議な穴には年中コンコンと水が湧き出し溜まっているというのだ・・・
 
確かに木の根元付近には穴があった、しかしまさかここに水が湧いているとは思わず、というより、水が湧いているとは考えられなかったので写真を撮ってこなかった...^^;
 
      どう見ても、タヌキか野ウサギでも隠れているような穴だった…(
 
本殿はこの様に高い位置にあり、切妻造りの瓦葺きに千鳥破風の向拝を拵えたなかなかのものだった。…・・・・ここで終わりの予定だったが......
イメージ 5
本殿脇に奇妙な建造物が見えた・・・・・・・・・・・・・・
         ・・・・・・・・・・なんだ、あれは.....持ち前の旺盛な好奇心を揺さぶる…登らずばなるまい…
イメージ 6
 
この杣道を登れば良さそうだイメージ 7・・・・イメージ 8               振り返ってみると結構な急坂だったなぁ.......
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
・・・・で、登りきって着いてみると・・・・
 
..........お〜.......こ、これは・・・、「智恵の利劍」と呼ばれる宝剣ではあるまいか…
  ・・・・・・・不動明王に持たせたら降魔降伏の利剣として世に平穏をもたらすというが….....さっそく、お詣り.....
                      ノウマク サマンダ バザラダン カーン
イメージ 9
 
                    神仏混淆を色濃く残した神社でもあった・・・・・

この記事に

閉じる コメント(12)

顔アイコン

こんにちは(^o^)丿
ホントに久々ですね(*^_^*)
神社の記事もそうですが!ビヤナカさんがブログを更新が
久し振りですね(笑)
この神社の不思議な感じで、どちらかと言えば!
お寺の色が濃い印象です。伺った事がないので、伺った見たいです。
イイね!

2012/7/7(土) 午後 1:08 [ リップ ] 返信する

顔アイコン

そもそも鳥居とは、門に鶏の首をはねて逆さに吊るし血をしたたり落として塗って魔を除けたことから鳥が居る、ということらしいのですが
鳥でなく熊やカモシカに変えたのですかね。

本殿脇に奇妙な建造物ですが、臥龍廊のようですね
京都の永観堂や高台寺にもこうした山の斜面に沿って堂をつなぐ階段になった屋根がある長い廊下がありますね。

2012/7/7(土) 午後 4:20 [ FUNE ] 返信する

顔アイコン

リップさん、こんばんは^^。

ホント久々の登場でしたけど、覚えて下さいましてありがとうございますぅ〜…(^^;
時間の使い方がちょっと変わってしまいましたぁ…(笑)
この神社の宮司さんはちょっと知っており、リップさんの調査にひっからず安心しました…(笑)^^♪

2012/7/7(土) 午後 8:32 ビナヤカ 返信する

顔アイコン

月の舟さん、おばんでございます〜^^。

あっっははは、熊、カモシカ、…熊居・カモシカ居になっていたかもしれませんね^^。

「臥龍廊」と呼ぶのですか♪勉強になりました…♪
また、よろしくお願いします・・・^^♪

2012/7/7(土) 午後 8:39 ビナヤカ 返信する

顔アイコン

義経ってあんまり男前じゃないのに、モテモテネ。
色んな処に女性がいっぱい♪・・羨ましい?

探索すると、様々なモノ見つけますね。
埋蔵金の見つけ方を教えてあげて下さい。
・・現政党に。

2012/7/7(土) 午後 11:26 ちぐり〜の 返信する

よく剣に気付かれましたね〜。本殿に目が行って見落としそう^^。
遠野は瓦葺のお社が多いのでしょうか?
内陸は鋼板葺き、沿岸は瓦葺が多いのかと思ってました。

2012/7/8(日) 午前 4:18 ばばちゅ 返信する

顔アイコン

ちぐり〜の姫、そりゃ〜、羨ましい限りですじゃ(笑)

埋蔵金を見つけさせても今の政党じゃ官僚にお伺いをたてねば使い道さえわからんでしょ(笑)、なんも世の中好転しないよ…^^♪

2012/7/8(日) 午前 7:07 ビナヤカ 返信する

顔アイコン

ばばちゅさん、おはようございます^^。

そうですよね(笑)本殿を撮影しているとき、剣らしき物がちょっと頭を出していたんです♪確認したくなりますよね^^。

実は遠野には古くから操業している瓦屋さんがあるんですよね…ゆえに屋根はそこの瓦を使って葺くことになるんでしょう^^;)
狛犬などもそこで焼いたものがあちこちの神社に鎮座しています、もちろん民家も瓦葺きが目立ちます…^^♪

2012/7/8(日) 午前 7:18 ビナヤカ 返信する

宝剣が御神体として祀られているとは驚きでした。
本殿が斜面の上に建てられている事も凄いですね〜。

2012/7/8(日) 午後 5:14 まんま 返信する

顔アイコン

まんまさん、なかなか見応えのある神社でした〜♪

拝殿の中に入れれば、中から本殿方向を見られたのですが、残念ながら施錠されていました…^^;/ ^^♪

2012/7/8(日) 午後 6:48 ビナヤカ 返信する

顔アイコン

遠野郷には不思議な空間が多い....
日出神社一の鳥居だが正面に円錐形の山が、さも御神体がごとくそびえ立つ・・・後ろを振り返るとそれに対するかのようにピラミッドを思わせるような山が控えている・・・


熊野とかヴァチカンとか。。聖地になるところは、パワーがすごいのですよ。。きっと

2013/11/15(金) 午後 10:39 藤本志津子 返信する

顔アイコン

志津子さん、おはようさんです^^)

いやぁ〜、故郷ですが、遠野と熊野.ヴァチカンでは格が違うというものです(^^; でも、ありがとうごさいます(^^)

2013/11/16(土) 午前 5:47 ビナヤカ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事