夢♪ 北海道 (^-^)

旅記として書いてます、 写真の吟味とかレタッチはほとんど出来てません

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全504ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

最近はブログ更新もご無沙汰になってます、 今回の更新で、2月に入って2回目という! 
おいらの眼の具合もさることながら、年明け頃からパソコンの不調も出始めて・・・・・ 

インターネットが突然繋がらなくなったり、写真レタッチソフトがフリーズしたり、 
そうなるとやる気は全然無くなり、パソコンは強制終了させて寝ちまいますね 

今夜はどういう訳がパソコンが順調に動き続けてくれてるんで、急きょブログ更新をしてみようかと♪ 
眼の具合は相変わらずで、よく見えないんだけど、なんとか頑張って p( ^ ^ )q 

写真は脈絡もなく、ストックの中から目についたものです 
1枚目は去年の北海道旅のときのもの、 十勝平野 更別村のお気に入りマイスポットです♪ 
イメージ 1
お気に入りスポットとは言っても、去年は滅茶苦茶お天気に恵まれず、なかなか写真は撮れなかった 
合計2週間以上 ここら近辺に滞在したけど、こんな青空の日はたったの2〜3日だったんです! 
こんな気持ちの良い写真が撮れるまで、意地で頑張ったもんですわ (笑) 


これはずいぶん前、2010年の北海道旅のときのもの、 知床五湖です、 これは 二湖 だったかな 
イメージ 2
この頃は インストラクター同行でなくても、単独で湖畔木道に入れたんです 
この後 自然保護のためとか だんだん厳しくなり、インストラクター付きでないと入れなくなった! 
そのインストラクターに付いてもらうのに、料金は何と! 5000円以上! 
超貧乏旅行のおいらとしては 無理! 無理!!  だから最近は知床方面には行ってません 


蝦夷富士 羊蹄山のふもと、京極ふきだし公園の 湧水吹き出し口です、 小さい滝のようになってます♪
イメージ 3
ここの湧水はほんとに美味しくて、そんじょそこらのミネラルウォーターの比ではない美味しさ! 
去年の旅では、合計100ℓ以上を車に積み込み、佐世保まで持ち帰りました、 
現在、コーヒーをいれるときの水として使い、楽しんでます♪ 


これは道南 大沼公園、 大沼から望む蝦夷駒ヶ岳 
イメージ 4
湖畔をぐるりと周回路があるんだけど、構図的に良いビューポイントは意外に少ない! 
やっとさがしたいくつかのポイントのうちのひとつです♪ 


道東 清里町の 「神の子池」 、 ほんとに神秘的な池でした ( ^ ^ ) 
イメージ 5
この 「神の子池」 はいいんだけども、国道からそれて入る 林道 がいただけない! 
直径、深さともに30センチくらいの穴ぼこが もぐらたたきのように無数にあり、酷い道! 
舗装してくれ、と贅沢は言わない、 せめて 砂利だけでも敷いてくれないかなぁ・・・・・  


と、今回は5枚、アップしました〜♪
とりあえずの更新ということで、次回はいつのことになるのか f( ^ ^ )  
   
   

この記事に

開く コメント(2)[NEW]

開く トラックバック(0)

最近、また目の具合がわるくなってきました、 
白内障・緑内障は仕方ないことと諦めてるんだけど、乱視が酷くなると 滅茶苦茶 見え辛い!
日常生活はなんとかこなせるんだけど、パソコンがまったくダメ (> <)
画面上の小さい数字や文字がダブって見えるんで読めたもんじゃないんですわ、 ほんとに困る、

ということで あいも変わらず写真撮りのモチベーションは長期低下ちゅー 
一年前のお散歩写真を引っ張り出してきました 


去年の一月下旬の大雪です、 
イメージ 1


九州の平地でもこんなに雪が降るときもあるんです、 数年に一度ではありますが
イメージ 2


積雪量 数センチではあるけど、我が家前の坂道は車での走行は不能になってしまいます! 
イメージ 3


ツモって喜ぶのは、子供と麻雀好きの人ですよね (笑)
イメージ 4
ご近所の女の子姉妹が 雪だるまを作って遊んでました 


しかし やはり子供ですねぇ〜! 大きく重いんで 持ち上げて重ねることが出来ず 大弱り! 
イメージ 5
心優しいおいらは どらどらと手伝おうとしたが、大人でも2〜3人でかからないと持ち上がらない重さ! 
結局 ゴメンねとその場を離れましたわ 


こちらは駐車場の雪をかき集めて かまくら を作ってましたよ! 中坊くらいの男の子が中で寝てた
イメージ 6
ちょうど通りかかったとき お母さんが出てきて、「コラ! あんた、出てきなさい!」 と怒られてた (笑)

  これまでは去年の一月末の 九州では珍しいほどの大雪の状況でした 

この ↓ 写真は、1枚目と同じ場所の 十日後の様子です、 普段は真冬でもこんな状況なんです ( ^ ^ )
イメージ 7


さらに二ヶ月が経ち 春本番ともなると、こんな可愛い花が路傍に咲き、目を楽しませてくれます ( ^ー゜)b
イメージ 8


ジシバリ(地縛り) という どこにでもある 小さくて可憐なお花です♪ 
イメージ 9
家庭の花壇に咲く綺麗なお花より、おいらはこんな路傍の花、野の花が好きですね〜 ( ^ ^ ) 


ところで 目の調子が・・・・と初めに書いたけど、目の調子に合わせてか、パソコンまで不調になって! 
インターネットと DVDドライブが時々反応しなくなり、再起動をかけても変わらず ┐('〜`;)┌
ブログ更新もままなりません 

今夜はネットが戻ってきたんで、先ほどまで価格コムでパソコンを物色してました 
近くの家電量販店に行ってみると、やはり安くはないですよね! 
このくらいがいいかな、と値札を見ると 10万円超! おいら的には 即 却下! 
値段が高くて性能が良いものが結局はいい、と分かってはいても、仕事リタイア者には貧乏性が出てしまう
 
目が弱ってきて ノートパソコンの小さいディスプレイは使い辛く感じてしまうんで、
最近はもっぱら デスクトップ型でオールインワンタイプの一体型を使ってます 
20インチ前後の大型ディスプレイで見ると、おいらのしょうもない写真も迫力十分! (笑)

写真画像を弄るなら タワー型デスクトップと、ディスプレイも画像用のものを別途購入の方がいいんだけど
そんだけお金をかけてもねぇ、、 目が弱くなってるんであんまり意味が無いのかな? と (笑) 
          
   

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

北海道の旅写真から

旅から帰ってから数ヶ月になるけど、写真を撮りに出たことなく、 意欲がまったくありません (> <)
眼の状態がよろしくなく、綺麗な風景が綺麗に認識出来ないということがあるんだとおもいます 
きれいに見えないと感動もしない、 感動しないとシャッターを押す気にもなれず、という訳 

ということで、ストック写真の中から目についたものをご紹介させてもらいます f( ^ ^ ) 
去年の北海道旅の中から・・・・・  

道東 紋別近くの草原(牧草地?)に立つ一本木                2016. 8.27 撮影
イメージ 1
ここでは日没の頃まで粘ってみたけど、夕焼け風景は残念ながら失敗でした 


道南 せたな町の近くで見かけた奇岩、「窓岩」                 2016. 9.10 撮影
イメージ 2
西に面した場所で 夕焼けと絡めて撮れば、とても印象的な写真が撮れると思ったけど、パス!
近くに車中泊できそうな場所がなく、明るいうちに先に進まなければなりませんでした、 ざんねん!


積丹半島の奇岩、「夫婦岩」                           2016. 7.21 撮影
イメージ 3
ここには何度も来てるけど、よくぞ コマみたいに立ってるもんだと いつも感嘆します 


同じく積丹半島の奇岩、「ローソク岩」                      2016. 7.21 撮影
イメージ 4
500mほど沖合いにあるため近付けません、 高さ50mくらいあるそうだけど そんな高さには見えませんね!


これは道東 網走、大空町あたりを走行中に見かけた風景              2016. 8. 6 撮影
イメージ 5
観光スポットではないけど すごく気持ちの良い風景だなと感じました♪


去年ではなく数年前の旅のときのもの、美瑛 「ケンとメリーの木」 遠景です    2009. 6.22 撮影
イメージ 6
「ぜるぶの丘」 の建物屋上からこの風景が見えました 
ケンメリの木 の近くに行って撮るのもいいけど、こういう遠景もいいですね ( ^ ^ ) 



さて、仕事もリタイアしてその後アルバイトもなく、ぼぉ〜〜とした日々を送ってる毎日、
考えることは唯一の趣味である写真と車中泊旅のこと、 
眼の状態はよろしくないけど なんとか運転はできるんで、次回旅へ向けていろいろと考えてます 

2013年、2016年と2回の車中泊長期旅を経験していちばん困ったのが電力でしたね! 
去年の旅では走行充電器を導入し(1万円) なんとかいけるかなと考えたけど、甘かった (> <)
パソコン、携帯、ICウォークマンの充電程度なら十分なんだけど、炊飯とか湯沸しにはちと辛い 
やはり ソーラーシステムも合わせないと満足な電力は望めませんね、 

今回の旅で 「小型冷蔵庫」 の必要性を痛感しました!  たとえば牛乳・・・・・ 
開封して飲みかけで車内に置いておくと、もって二日、暑い時期は翌日の夕方にはわるくなってました

キンキンに冷えなくていいんです! せめて 10度以下くらいで冷蔵できれば十分 
バラ肉やてんぷら・かまぼこなんかも冷蔵できれば有り難い 
小型の冷蔵庫があればなあ、 と痛感しました、そのためにもソーラーシステムの電力は必要ですよね 

700W の電気湯沸しも持ち出してて、ドライブ途中のコーヒー休憩に使おうと目論んだけど、 
電力に不安を感じ使うことが出来ず、カセットガスコンロで湯を沸かしました 

諸事情もあるし、今回のような長期車中泊旅が今後できるかどうかも未定です 
しかし 他にすることも見当たらず、行ける行けないに拘らず 今後も車中泊用改造に取り組んでいきます 
趣味のひとつとして (笑)  
   
   

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

道東の大都市 釧路の近くに 厚岸(あっけし) という町があります、 海産物で有名な港町ですね♪ 
厚岸には北海道に来るたびに欠かさず訪れてます、 それは毎度留守をあずかる家内へのお土産を買うため

おいら自身は海産物はあまり好みではなく、ウニくらいしか食べることはない 
しかし家内さんは海産物が大好物! とくに魚の卵系には目がないときてる! 
毎回 チルド送料込みで 2万円近くを買い込み、送ってます、 家内さんはそれが楽しみみたいで (笑) 

今回(去年)も同じように厚岸市街の海産物センターで買い物をしたけど、その後 時間はたっぷりあるし 
今まで行ったことがない場所に風景を探してみることにしました 
 
厚岸は漁港であり 湾になってるけど、外洋寄りへ向かうと開けた展望の場所を見つけました♪ 
イメージ 1


市街中心部から車で 10分ほど、「愛冠岬展望台」 という見晴らしのよいところです 
イメージ 2


上の写真の柵の外、断崖絶壁ぎりぎりまで出て撮った写真が これです 
イメージ 3
いやぁ〜〜! 高所恐怖症気味のおいらとしては 相当に怖かった (> <)


展望台へ行くには 駐車場から気持ちの良い森の中を 15分ほど歩かなければならない 
前方の小さく写ってるモニュメントのようなものが展望台です  
イメージ 4
あまり有名ではない景勝地なのか、素晴らしい景観の割には訪れる人は少なかったですね 


これは厚岸市街の景観、 愛冠岬展望台は遠方の岬の向こう側の位置にあります 
イメージ 5


街の俯瞰風景というと こういうのもあります、 北海道の最北 稚内市の景観です  
イメージ 6
左方3分の1あたりに見えるのが有名な 北防波堤ドーム、 その右側は稚内港 
この写真が好きなのは、何と言っても形の良い見事な入道雲なんです ( ^ ^ )  


さて 車の改造話の続きというわけでもないけど、今後やりたいことを書いてみます 
車中泊旅そのものに興味が無い人には まったく面白くない話なんで、読み飛ばしてくださいまし、、 

居住スペース、生活スペースについては多少の不満はあっても、まあまあ納得できるレベルにはなりました
去年の長期旅で大いに不満だったのが 「電力不足」 の一点になります 

その前の長期旅でも悩んだことで、去年の旅ではそのことを念頭に対策したつもりでした 
つまり、一万円ほどする走行時充電器を新たに購入し、スペアバッテリー2個に充電しようということです
必要電流の小さい電気ポットや炊飯器なども注意すれば使えるかな? という目論見でした 

しかし 実際に使ってみると、使えるのは使えるけど、バッテリーの体力が大きく落ちるのを実感、 
電気ポットは使用を控え、炊飯器は一日おきに使わざるをえませんでした 

で、旅をしてるときから考えてたんだけど、長期の車中泊旅をするなら ソーラーシステムは必要なのかな、と、
ソーラーパネル充電システムと走行時充電システムを合わせて考えないと、満足な電力システムは組めない

消費電力数ワット程度のLED車内照明も造りつけて 安心して出発したものの、電力不安で結局使えず、 
夜は 乾電池式のランタンで3ヶ月を過ごしました 
おいらは完璧な夜型人間なんで、灯り不十分の長い夜は辛かったなぁ・・・・・・  

ということで、次の旅(に出られるかどうか分からないけど) に出るならソーラーシステムは必須アイテム!
ソーラーパネルを設置するなら、これまたルーフキャリアの設置は必須の条件になりますな、 

この写真は数年前、全国車中泊旅をしてらっしゃる おいらと同年代の方にお会いしたときに撮ったもの、
左側のクルマのルーフに乗っかってるものがルーフキャリアとソーラーパネルです 
イメージ 7
この車は車内改造も含めて 電気関係もすべて、自分でされたそうです! すごい! 

実はこのクルマ、名前はおいらのクルマと同じスバルサンバーなんだけど、スバル製ではない!? 
ダイハツアトレーを元にしたOEM車なんです 
雨樋レールが ルーフの両サイドに前席側から後部まであります、 
おいらのディアスには後部60センチほどしか無い! 

ルーフキャリアの取り付け足を雨樋レールに固定するのは割と簡単、 
しかしディアスには前方の雨樋レールが無いため、それなりの工夫が必要になってくるんです 
まぁ・・・・ 取り付けられないことはないんだけど、難しそう、、 

とにかく、ルーフにキャリアを取り付ければ、ソーラーパネルだけでなく もちろん荷物も積載可能になります♪ 
全天候型のハードなケースに入れてルーフ上に載せれば 車内もずいぶんすっきり、広々 ( ^ー゜)b 

とりあえず春になって暖かくなったら、ルーフキャリア設置に向けて研究してみようと考えてます、 
   
   

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

過去、北海道まで写真撮り旅に何度も渡ってますが、北海道と言えば外せないのが やはり美瑛ですね♪ 
パッチワークの丘なども毎度訪れますが、四季彩の丘のお花畑も必ず訪れます ( ^ー゜)b 

2009年の 6月の撮影、 このときはルピナスが満開でとても美しかった〜 d(^○^)b 
イメージ 1
北海道のお花シーズンは6月から7月がベストシーズンのようにおもいます 
ラベンダー、ルピナス、エゾカンゾウ、エゾスカシユリ、ハナウド etc..... 

8月、9月は キカラシ や ヒマワリ が咲くけど、これはお花畑と言うよりか 緑肥としてつくられるもの 
緑肥というのは、翌年の作物のため 肥料としてトラクターで粉砕されて畑の土にすき込まれるんです 
広大な畑一面に咲いてたのが、次の日に行ってみると見事になくなってて 何もない畑地になってたり、、 

これは 2012年の6月、四季彩の丘の同じゾーンの様子です 
イメージ 2
このときは ルピナス ではなく、ハナビシソウ のゾーンに変わってました!  
これはこれで一面のレモンイエローの色で、美しかった♪ 


これも四季彩の丘で、2013年10月の撮影です、 ダリア のゾーン 
イメージ 3
小さくてきれいなお花も、このように広大に栽培されると、その迫力はもの凄いもんです! 


さて 車の改造ばなしの続きをば f( ^ ^ ) 
これは 2013年の旅で使った ドミンゴの前席まわりです 
イメージ 4
助手席前のダッシュボードに物が置けるように 棚を造り付けました 
しかし シートそのものは弄る時間がなくてそのままで出発、
運転中はいろいろと有効に使えるスペースなのに、旅の間中ざんねんに思ってましたね 


ただ、助手席のヘッドレストを外して その穴を利用して小物トレイを設置しました♪ 
イメージ 5
これは なかなかに使い勝手の良いアイデアだと自画自賛 (笑) 


で、去年のディアスではシート座面も最大限有効活用しようと 二段棚を自作して 「座らせ」 ました 
イメージ 6
炊飯器とかケトル等の置き場所にして、足元はカセットガスコンロのボンベ置き場にしました 
これも同乗者が居ない一人旅だから出来ることですよね、、 


2013年のドミンゴでは、このような紙をガラスに貼って走りまわってました〜 (笑) 
イメージ 7
いま考えると ハハハ♪ こっ恥かしい (> <)  去年のディアスでは貼りませんでした 

去年の旅の間中考えてたんだけども、『ゆっくり走ります、お先にどーぞ♪』 の文言を貼りたいな、と、 
田舎道、とくに北海道のような車が少なく気持ちの良い直線路なんかを走ってると、みんな飛ばす! 
70キロ近辺で走ってても、後続車のイライラがよく分かります 

こちとら遠いところから旅でやってきてる身、風景を探し楽しみながら走りたい 
60 〜 70キロくらいで走るのがベストのスピードなんですな♪ 

しかし 文言を貼りっ放しではいかにも 芸が無い! 動く文言の方が楽しい、 
ひもを運転席までまわして、いいタイミングでひもを引っ張る、
すると 「お先にどーぞ♪」 の文言がリヤガラスにパタパタ現れる仕組み、 
後続ドライバーは笑いながら追い越していく・・・・・ 

そんなバカなことを漠然と考えながら北海道の気持ち良い道を走ってました ( ^ ^ ) 
        
   

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全504ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事