ぼくらの思い出

カブスカウト隊の活動を中心に!

全体表示

[ リスト ]

アンノウン・ソルジャー(無名のスカウト戦士)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

 ボーイスカウトの話しですが 日本にある美しい話しを紹介します。
 ボーイスカウト精神をあらわす三指から生まれた日本兵とアメリカ兵の物語です。

 太平洋戦争の末期 南洋の島々で日米両軍の激しい戦いがくり返されていた頃
 南洋のある島でソルトレイク市出身のあるアメリカ兵が日本軍と戦闘を交えた際に
 負傷して気を失い倒れてしまいました。気が付いた時 友軍は引きあげた後で周囲には
 誰も残っておりませんでした。その時 銃剣を手に恐ろしい顔つきで突撃してくる
 日本兵の姿が目に映りました。地面にたおれている自分の 喉元へと銃剣がせまるのを
 見た時に そのアメリカ兵は再び気が遠くなってしまいました。
 その時です。幼いときからボーイスカウトで活動していた彼は その瞬間 無意識のうちに
 ボーイスカウトの敬礼(三指の敬礼)をしていたのでした。

 暫くして ふと気が付きました。あたりには誰もいません。
 「そうだ 傷は?」
 見ると立派な手当てがしてありました。起き上がってあたりを見渡すと かたわらの木の
 小枝にぶら下がっている小さな紙片が目に付きました。広げてみると英語で書いてありました。
 「私がきみに近づいたとき きみは三指の敬礼をした。自分もかつては日本のボーイスカウト
  だった。ボーイスカウトは 世界の人すべてが兄弟だ。3つのちかいをあらわす三指を見て   
  スカウトとしての気持ちがよみがえり 兄弟であり かつ傷ついているきみを殺す事は  
  出来なかった。手当てをしておいた。一日も早く回復してほしいGood Luck!」

 のちに負傷したアメリカ兵は本国に送り返されました。太平洋の孤島での戦場でめぐりあった
 この日本の兄弟スカウトの話を聞いたアメリカ兵の父親は非常に感激し これこそ真の兄弟愛
 であると ボーイスカウト・アメリカ連盟事務総長のジャック氏に伝えました。
 その話が各地で紹介され反響を呼んだのです。
 日本連盟の第4代三島総長もアメリカでの世界会議の出席の帰りにアメリカ連盟の本部で
 ジャック事務総長から直接その話を聞き 感銘を受けました。三島総長は 帰国後
 その戦場でアメリカ兵を助けた日本兵を探しましたが見つかりませんでした。 
 おそらく戦死したのではないかと思われています。

 その後 日本でも新聞にも報道され 日本中のスカウトの募金運動にまで発展し 長く
 後世に語り伝えようと 第5代久留島総長らが中心となって『こどもの国(神奈川県)』
 に 無名のスカウト戦士の記念碑が建てられました。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿
名前パスワードブログ
絵文字
×
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

閉じる トラックバック(0)

トラックバックされた記事

トラックバックされている記事がありません。

トラックバック先の記事

  • トラックバック先の記事がありません。

.


プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事