うろうろドクター

日本の医療現場は、訴訟リスクにおびえ、過重労働で疲弊しています。少しでも良くなることを願ってブログを書いています。

泌尿器科の日常

すべて表示

精巣がんは稀ですが、若い方に多い病気です。

ツイッターからですが、こういう闘病記が発表されていました。 【精巣ガン】クリスマスにきんたま取ってみた 笑いにくい題名ですが(爆)、 早期発見であり、抗がん剤治療などの必要がなかったのは幸いです。 もう少し進んで、転移などがあると抗がん剤による治療が必要となります。 「さよならタマちゃん」(武田一義著) 最悪、死に至ることもある病気 です… 精巣(睾丸)がんは、10万人あたり1〜2人と頻度こそ少ないですが、 20〜40最という若い方に多い癌 です。 発見時に転移巣があっても、頑張って抗がん剤治療をすれば治ることが多いですが、 早期発見できるに越したことはありません。 早期発見のポイントは、 『痛みを伴わずに、片側の精巣だけが硬く大きくなる』 ことです。 ご自身やパートナーがすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

警察の横暴か、変態医師か?

2016/9/15(木) 午後 5:28

話題になっている この話 ですが、 病院側の抗議声明 や、 抗議 にもかかわらず、 正式に起訴 されたそうです。 長い勾留によって、新たな証拠や自供があったのかもしれませんが、 私には、警察の横暴のように思われます。 ( ...すべて表示すべて表示

徘徊老人をどうしろと…

2016/9/10(土) 午後 1:46

 徘徊(はいかい)癖があった認知症の女性(当時76歳)が通所先のデイサービスセンターから抜け出し、そのまま死亡したのは施設側の責任として、女性の夫ら遺族3人が施設を運営する社会福祉法人「新宮偕同(かいどう)園」(福岡県新宮町)を相手取って ...すべて表示すべて表示

 群馬大医学部附属病院(前橋市)の旧第2外科で同じ男性医師=退職、 懲戒解雇相当 =の手術を受けた患者が相次いで死亡した問題で、男性医師と当時の診療科長= 諭旨解雇 =は15日、手術の経緯などを遺族に直接説明する意向を、8遺族から委任を受け ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事