うろうろドクター

日本の医療現場は、訴訟リスクにおびえ、過重労働で疲弊しています。少しでも良くなることを願ってブログを書いています。

全体表示

[ リスト ]

妊婦健診の未受診は虐待リスクが高い


未受診を「胎児虐待」と捉えるべき

まったく同感です。
また、「自宅出産」も胎児への虐待だと、私は思っています。




「妊婦健診の未受診は虐待リスクが高い」大阪産婦人科医会が報告書
産経新聞 6月10日(金)0時20分配信

 妊婦健診をほとんど受けずに出産するケースについて、平成22年の大阪府内の状況を調査した大阪産婦人科医会が「乳幼児虐待につながるリスクが高い」とする報告書をまとめ、9日発表した。未受診を胎児に対する虐待ととらえる一方、未受診の女性自身が虐待や家庭内暴力の被害者だったケースも多いといい、同医会は児童相談所の迅速な介入を求めている。

 調査は、大阪府内で分娩を取り扱う約160施設を対象に実施。妊婦健診の受診回数が3回以下か、最終受診から3カ月以上受診していなかった22年中の未受診妊婦148人のケースを調べた。妊婦の年齢は15歳〜44歳で、平均28・6歳、未成年は22人で、40%が初産、69%が未婚だった。

 調査の結果、子供の26%は低体重で生まれ、27%は何らかの合併症で新生児集中治療室に入院。死産も4例あった。適切な健診や医療で防げたケースもあり、報告書は未受診を「胎児虐待」と捉えるべきと指摘している。

 また、児童虐待を受けて育った妊婦が7人、家庭内暴力の被害者という妊婦が8人いた。妊婦の96%、パートナーの82%は無職か非正規雇用で、生活保護受給率は38%に達した。11人に精神疾患があり、7人が薬物依存症だった。こうした未受診妊婦の家庭・成育環境は、児童虐待が起こる家庭と類似しているという。

 妊婦健診は、出産までに14回程度受けることが望ましいとされる。

未受診の女性自身が虐待や家庭内暴力の被害者だったケースも多い

という「虐待の連鎖」が問題の根の深さを物語っています…

それでも、こういう「未受診妊婦さん」や「飛び込み出産」が少しでも減ることを
私は心から願っています。

今や超有名人となられた宋 美玄先生『妊娠の心得11か条』
から、お言葉を借りますが(勝手に改変してますが(爆))
1、安易なセックスはしない。
2、なるべく万全な避妊対策を取る。
3、望まない妊娠をしたかもと思ったら、緊急避妊薬の使用を検討する。 NEW!!

最近は報道は少ないですが、産科・小児科医療体制が良くなっている訳ではありませんので…



↓↓↓ 宜しければポチっと押して下さい。m(__)m
http://widget.blogram.jp/images/bgButton1_whi.gif
blogramランキング参加中!

閉じる コメント(11)

飛び込み分娩の方は虐待や育児放棄のリスクのため、産後は保健婦にフォローしてもらうように自治体に依頼することにしています。
でもなかなか難しいですね。
児童相談所がフォローしていても虐待死があるぐらいですから。
うちの県は妊娠検査薬を購入時に「健診には自治体の補助がでるため少額で健診が受けられます。健診をうけましょう」というパンフレットを購入した時のお店の袋に入れてもらうことになりました。
飛び込み分娩では妊娠検査薬で妊娠反応を初期にやっている人が多かったそうなので、検査薬をするときにお金の心配がないことを知れば少しでも飛び込み分娩を減らせるかもっていう考えです。
ただ、飛び込み分娩はへらせても虐待を減らすことにはならないかもしれませんね。

2011/6/10(金) 午後 1:52 じゃすみんちゃ

顔アイコン

そうですね。私も産科医無診療出産(自宅出産)は胎児〜新生児虐待と認識していいと思いますね。母親に罰則を設けるべきでしょう。
生まれてくる子供はいくら酷い目にあっても親を選べないですから。 削除

2011/6/10(金) 午後 5:03 [ NMD ]

顔アイコン

じゃすみんちゃ様のところのやり方は賢いですね。当市の保健課は何を考えてか、病院の産婦人科にそういうパンフレットを送りつけます。
どうせいっちゅうねん。産婦人科に来る段階で、すでにそういうパンフをもらうべき人はドロップアウトしているんだけど。始末に困ってます。

それはさておき、虐待の連鎖という観点からは「自分も胎児もどうでもよい」と思っていれば、たとえ金がかからなくても受診しないかもです。受診するのもそれなりに手間がかかりますから、手間をかけるだけの関心を自分自身にさえ持っていないのかも。

そうだとすれば飛び込みをなくすのは難しいです。 削除

2011/6/10(金) 午後 10:10 [ 山口(産婦人科) ]

顔アイコン

未受診にも様々な理由があるでしょうから、単純にはいえませんが、一定の割合で、「こどもを大事にしていない」人が含まれるのは事実なのでしょうね。
原因については元記事にもあるとおり、親自身が被害者の経験を持つ場合もあるのでしょう。
どうしても家庭の責任にあたる部分が大きいので、大変な問題ですが、行政や地域社会のサポートをもっと考えていかなければならないと思います。

2011/6/11(土) 午前 7:45 [ はにほ ]

顔アイコン

多くのコメントを有難うございます。m(__)m

「自分も胎児もどうでもよい」と思っている不幸な妊婦さんに対しては
どうすればいいのでしょうかね…

少なくとも、罰を与えるだけでは解決しないと思いますが、
私にも妙案はありません…

2011/6/11(土) 午後 0:37 さすらい泌尿器科医

顔アイコン

小児科医です。望まない妊娠を防ぐには、中高生の性教育につきると思います。日本では家庭で子供相手にセックスについて話す事はタブーもしくは美化しているように思いますが、感染症や避妊について語って行くべきだと思います!! 削除

2011/6/11(土) 午後 9:56 [ うりこ ]

顔アイコン

荻野式で避妊出来るなんて、情報が中高生の間に駆け巡り。悲惨結果がですからね。荻野先生も悲しむことにです。 細菌よりも高繁殖率を誇るホモサピエンスですから・・・。Treponema pallidumがたった1人により持ち込まれ(多分)、それが、徒歩、馬、帆船しかない時代に世界中のホモサピエンスに広がるの300年ほどですから。 削除

2011/6/11(土) 午後 10:39 [ omizo ]

顔アイコン

私も、自宅出産は胎児虐待だとおもっていますし、親の思想と導く方たちの思想によっての自然分娩も同様におもいます。

勝手に改変された内容含めて、お借りします!! 削除

2011/6/23(木) 午前 5:56 [ 琴子の母 ]

顔アイコン

うりこさん、その通りですね。

ただ、なかなか難しいのも事実ですよね…(正直、自信ありません(汗))

2011/6/23(木) 午後 2:32 さすらい泌尿器科医

顔アイコン

omizoさん、荻野式だけでは非常に失敗する可能性は高いですよね…

不妊症で悩むカップルは多いですが、
多くの若者は簡単に妊娠するように出来てますからね。

2011/6/23(木) 午後 2:34 さすらい泌尿器科医

顔アイコン

琴子の母さん、どうも有難うございます。m(__)m

今後とも宜しくお願いします。

2011/6/23(木) 午後 2:36 さすらい泌尿器科医

コメント投稿
名前パスワードブログ
絵文字
×
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

閉じる トラックバック(0)

トラックバックされた記事

トラックバックされている記事がありません。

トラックバック先の記事

  • トラックバック先の記事がありません。
Yahoo! Choctle

.

  • Yahoo!ブログiPhoneアプリダウンロード
  • Yahoo!ブログAndroidアプリダウンロード
毎月60万ポイントをブロガーで山分け
楽しい話題がいっぱい(Y! Suica)

プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事