うろうろドクター

日本の医療現場は、訴訟リスクにおびえ、過重労働で疲弊しています。少しでも良くなることを願ってブログを書いています。

全体表示

[ リスト ]


未受診を「胎児虐待」と捉えるべき

まったく同感です。
また、「自宅出産」も胎児への虐待だと、私は思っています。




「妊婦健診の未受診は虐待リスクが高い」大阪産婦人科医会が報告書
産経新聞 6月10日(金)0時20分配信

 妊婦健診をほとんど受けずに出産するケースについて、平成22年の大阪府内の状況を調査した大阪産婦人科医会が「乳幼児虐待につながるリスクが高い」とする報告書をまとめ、9日発表した。未受診を胎児に対する虐待ととらえる一方、未受診の女性自身が虐待や家庭内暴力の被害者だったケースも多いといい、同医会は児童相談所の迅速な介入を求めている。

 調査は、大阪府内で分娩を取り扱う約160施設を対象に実施。妊婦健診の受診回数が3回以下か、最終受診から3カ月以上受診していなかった22年中の未受診妊婦148人のケースを調べた。妊婦の年齢は15歳〜44歳で、平均28・6歳、未成年は22人で、40%が初産、69%が未婚だった。

 調査の結果、子供の26%は低体重で生まれ、27%は何らかの合併症で新生児集中治療室に入院。死産も4例あった。適切な健診や医療で防げたケースもあり、報告書は未受診を「胎児虐待」と捉えるべきと指摘している。

 また、児童虐待を受けて育った妊婦が7人、家庭内暴力の被害者という妊婦が8人いた。妊婦の96%、パートナーの82%は無職か非正規雇用で、生活保護受給率は38%に達した。11人に精神疾患があり、7人が薬物依存症だった。こうした未受診妊婦の家庭・成育環境は、児童虐待が起こる家庭と類似しているという。

 妊婦健診は、出産までに14回程度受けることが望ましいとされる。

未受診の女性自身が虐待や家庭内暴力の被害者だったケースも多い

という「虐待の連鎖」が問題の根の深さを物語っています…

それでも、こういう「未受診妊婦さん」や「飛び込み出産」が少しでも減ることを
私は心から願っています。

今や超有名人となられた宋 美玄先生『妊娠の心得11か条』
から、お言葉を借りますが(勝手に改変してますが(爆))
1、安易なセックスはしない。
2、なるべく万全な避妊対策を取る。
3、望まない妊娠をしたかもと思ったら、緊急避妊薬の使用を検討する。 NEW!!

最近は報道は少ないですが、産科・小児科医療体制が良くなっている訳ではありませんので…



↓↓↓ 宜しければポチっと押して下さい。m(__)m
http://widget.blogram.jp/images/bgButton1_whi.gif
blogramランキング参加中!

この記事に

開く コメント(11) ログインしてすべて表示


.


プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2016 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事