全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全590ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1
三菱デリカD5のタイヤ交換
イメージ 2
交換するタイヤはダンロップのGRANDTREK AT3
オン・オフ対応のオールラウンドタイヤ
イメージ 3
5インチアップしているデリカD5、現在スタッドレスタイヤをはいてます。
イメージ 4
使用していた夏用タイヤはグラントレックAT3 
イメージ 5
新品のGRANDTREK AT3に交換します。
[5シーズン履いてるんですかー]左
イメージ 9
既に組み付けてあるんで、バランスをとります。
イメージ 6
洗車機で青いペイントを落とします。
 (白い文字を保護する為に新品時は青い塗料が ペイントされています).
イメージ 7
ホワイトレターが光ってます。
イメージ 10
グラントレックAT3 245/75R16装着
イメージ 8
三菱デリカD5
´タイヤ交換´
ダンロップGRANDTREK
オンもオフも走り爽快、新世代オールラウンド4×4ラジアル
サイズ:245/75R16

 ・タイヤは消耗品です。
一度つけたらその車を廃車にするまで大丈夫というわけではありません。
       多くのドライバーがスリップサインが見えたら交換時期だと思っている。
これは残り溝が1.5mmになると出てくる警告サインである。
\¤\᡼\¸ 3
安全なタイヤで安全に走行するためには、スリップサインだけでなく、
タイヤ全体の劣化や損傷具合も点検し、見極める必要があります
タイヤが摩耗すると、ブレーキを掛けてからクルマが停止するまでの制動距離が
伸びてしまったり、雨の日の発進時に空転しやすくなります。
 残りミゾは十分ありますか?
濡れた路面でブレーキが効きにくい!
雨の高速走行は特に危険!
 スリップサインチェックして下さいね。
 タイヤ選びはグラベルご相談ください
イメージ 5
 
イメージ 3
 
イメージ 4

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1
ダイハツタントのブレーキローターとブレーキパットの交換

イメージ 2
フロントのブレーキローターとブレーキパット交換します。
イメージ 15
ブレーキローターとは、自動車やオートバイ、その他輸送機器に用いられるディスクブレーキを構成する部品。鉄・ステンレス・アルミニウム・炭素繊維強化炭素複合材料などの材料からなる円盤状の部品である。
イメージ 3
使用パーツはDIXCEL製SD(スリット)ローター
プラス20%の制動力がもたらす安全性!
20%の制動性能の向上により、車輌の安全性が向上!
ゆとりのあるドライビングが可能に!
イメージ 4
ブレーキパットは純正のパットを使用します。
イメージ 5
ブレーキパッドとブレーキローターは同時交換する方がいい?
当然同時交換が望ましいです
ローターが減っている状態(ローター表面がレコード盤のようであったり、あるいはエッジが立っているような状態)であれば、必ず交換する必要があります。
イメージ 6
ディクセルSDタイプ( 6本スリット入りです)
スリットは渦巻き状になって、冷却風をスムーズに外部に排出できる
スリット本数は鳴き、摩耗、ガスの除去効果など様々な事案を考慮し、
6本に決定!
イメージ 7
左がディクセルのローター   右はノーマルのローター
イメージ 8
ディスクローターは、パッドとの間で摩擦を発生させるためのもの。
パッドの使用限界を超えて使用すると、
ローターにレコード状のキズが刻まれることがあります。
イメージ 9
レコード盤状態のローター
イメージ 10
ブレーキパットになき止めのグリスを塗ります。
イメージ 11
ぺたっ!
イメージ 12
新品に交換(左)
ブレーキパッドの交換時期って〜?
ブレーキパッドに明確な交換距離や時期はありません。
ブレーキパッド交換時期の目安になるのが残量です。
残量が3mm位になってきたら交換したほうがいいと思います
イメージ 13
ブレーキパットとブレーキローター取り付け完了。
制動力はブレーキパッド、ブレーキローターの二つで生み出すもの。どちらか一方でも万全な状態でなければ、本来の性能は発揮できません
イメージ 14
ダイハツタント(L350S)
´ブレーキローターとブレーキパット交換´
ブレーキを踏んだ際に、キーキー
ガリガリッ〜♪鉄を削る音♫が鳴り出してしまった。
ブレーキパットの残量がなくなりローターまで削れてしまった。
ブレーキパット・ブレーキローター交換致します。
やや、かん高い警告音のような音が聞こえ始めている時
はブレーキパッド交換時期?
ブレーキを踏むとガリガリ♬と鈍い音が出る。
この音は、ブレーキパットが減って、
パットの硬い部分がローターに辺り、
ローターをガリガリと削っている音です。
擦り減ったり、表面状態の悪いローターとの組み合わせは
ブレーキの効きが悪いだけでなく、ブレーキ鳴きも引き起こします!
パッドとローターは常に同時交換をお勧め致します。
イメージ 8

イメージ 9
 
イメージ 4

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1
ヨコハマタイヤのニュースです。
GEOLANDR M/T
ジオランダーのマッドテレーンの新商品
GEOLANDAR M/T G003
ジオランダー・エムティー・ジーゼロゼロサン)
2017年8月に発売予定です。
イメージ 15
 
イメージ 16
 
イメージ 17

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1
三菱デリカD5(CV5W)のドライブシャフトのブーツ交換
イメージ 17
ドライブシャフトとは、エンジンの駆動を伝える棒の事です。
エンジンで生まれた駆動力は、ミッションへ伝わり、ミッションとタイヤを連結してその駆動力を伝えるという役目
イメージ 2
ドライブシャフトブーツとは、FF車や4WD車などのエンジンから駆動輪に連結さているシャフトのつけ根にあるゴム製のカバーのこと。
イメージ 3
ドライブシャフトブーツの内側のバンドからグリスが出ていますね。
イメージ 4
ドライブシャフトのブーツ交換致します。
イメージ 8
 TGS Joint boots KIT/ジョイントブーツキット 【適合】D:5 CV5W/CV1W別設定
D:5はスプリングでのリフトアップに伴いドライブシャフトに角度が付きドライブシャフトブーツが擦れ合う事で摩耗を起こしブーツ切れを誘発してしまいます。
TGSジョイントブーツは耐摩耗性能の高い材質とし,適切な硬度、形状を設定。
より耐久性を高めたジョイントブーツです
イメージ 5

イメージ 6
フロントドライブシャフトを抜き取りました。
イメージ 7
ブーツ交換をします。
イメージ 9
純正ブーツバンドを外してドライブシャフトブーツを分解します。
イメージ 10
古いグリスを綺麗にふき取って新品のグリスを規定量(210g)を入れます。
イメージ 11
ロックバンドをはめ、専用 ツールでしっかり締め込む
イメージ 12

イメージ 16
イメージ 13

イメージ 14
ドライブシャフトを元の場所に戻します。
イメージ 15

三菱デリカD5(CV5W)
´ドライブシャフトブーツ交換´
ドライブシャフトブーツは、
車軸(ドライブシャフト)のジョイント部を保護する重要な部品
走行時の熱や急カーブ、悪路走行した時などの苛酷な動きで劣化しやすく、
亀裂、損傷が心配されます。
交差点やカーブを曲がる時や、ハンドル切って発進する時
中くらいのカタカタ音が発生している。
ドライブシャフトのブーツが切れてるかも?
鳴き始め位だったら、グリスを入れれば大丈夫ですが
ブーツを破れたまま放置すると
最悪の場合シャフトが外れて舵取りが利かなくなる恐れがあります。
異音があったら、点検して下さいね。
イメージ 11
 
イメージ 20
 
イメージ 21

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1
キャリイトラック 2.2インチリフトアップ
イメージ 20
KC農繁仕様=悪路での走破性を高めるデフロックも標準装備
イメージ 2
フィール製のキャリイトラック フィールda16T 2.2インチリフトアップ
フロントストラットリフトアップブラケット・メンバーダウンブロック・エンジンダウンブロック・ミッションダウンブロック・リーフブロック・ラジエターダウンブロック・リアショックアブソーバー延長ブラケット・フロントブレーキホースステイ・フロントABSステイ・ロングUボルト・エアコン配管ダウンステイ
イメージ 3
2.2インチ上がるブロックです。
ホーシングとリーフスプリングの間に挟みます。
イメージ 5
スペアタイヤなどいろりろ外します。
イメージ 6
付属のUボルトは25mmカットします。
イメージ 7
長いのでカットします。
イメージ 8
錆止め塗装しました。
イメージ 10
メンバーを落とすために、一度ステアリングシャフトを抜きます。
イメージ 11
メンバーダウンブロック取り付け
イメージ 12
ラジエーターダウンブロック取り付け
イメージ 13
フロントストラットリフトアップブラケット
イメージ 14
通常車高を上げるには、ストラット上部にブラケットを取り付けるのですが、
このキットはストラット下部の延長部にブラケットを取り付けます。
イメージ 15
ボディーブロックをフレームとボディーの間に入れます
イメージ 9
リーフブロックを挟み、Uボルトで締め付けます。
イメージ 21
リーフブロックが入りました。
イメージ 19
装着前フロント58㎝          リア装着前61cm
装着後フロント64㎝          リア装着後67cm
イメージ 16
Before            After 
イメージ 4
Before            After 
イメージ 22
イメージ 17
リフトアップ完成!
イメージ 18
軽トラック スズキキャリイ 農繁仕様
´リフトアップ´
仕事のアシとして多くの人々に愛され続けている「軽トラ」
リフトアップしました。
軽トラックでリフトアップする方法は
サスペンション交換とボディリフトがあります。
軽トラボディリフトします。
フィール製の2.2インチリフトアップキットを使用
光軸・サイドスリップ調整済み

車高が上がり、かっこいい軽トラに変身
障害物の多い悪路での走りも活躍できそうですね!
えっ!次はタイヤとホイールですか
イメージ 7

 イメージ 16
 
イメージ 9

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全590ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事