ここから本文です
武蔵野台地調査隊
桜の蕾が膨らんできたか。まだ風は冷たいが陽射しは春です。

書庫トピック

すべて表示

最近の調査から、かつて雑木林の中にあったオオカミ窪の姿がだいぶ判ってきました。現在の久米川病院から萩山駅間の大きな窪地がある住宅地がまさにオオカミ窪なんですが、大きさはさいかち窪の倍以上あり、出水時にはかなりデカい池ができたと思われます。出水川は昔から大雨の後、しばらくして水が流れ出すと言われていました。さいかち窪の倍以上の水量を想像すると、何となくわかる気もします。森のなかの綺麗な大きい泉を見てみたいものです。 オオカミ窪の地形を拡大してみました。窪地はダム湖の様な地形ですね。窪地の外形は滑らかではなく複雑ですな。上側には流れた後のような地形もあります。現在の出水川始点あたりはかなり深く掘り下がっています。この地形は黒目川上流部には見られませんから、オオカミ窪がデカくて、水量も多かったのかもしれません。 すべて表示すべて表示

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • 昨日はみなさんも奇怪な空を目撃されたと思います。 やや神秘的だしキモイ雲でした さて、白山公園の湧水を見に行きました。驚いたことに、まだ、園内の路盤コンクリの割れ目からチョロチョロですが湧いてました。 ここの水 ...すべて表示すべて表示

  • さいかち窪のその先の流路

    2016/12/20(火) 午後 10:51

    先日、東久留米市史p.14第三節水系〈黒目川〉を読んでいて、極めて興味深い証拠を発見しました(大袈裟か) 昭和54年に書かれた史料です。 「等高線を頼りに黒目川の水源を探索すると、現在の小平霊園の方向に伸びていることがわか ...すべて表示すべて表示

  • 2週間前に見て から 、また行ってみました。まったく変わりなく、多量の湧水が多数の孔から突出してました。 たくさんの孔から大量に湧いてますよ もう1つ上の段の孔からは出てないので、地下水位はさほど高く ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事