ここから本文です
デンデロの消失−プラモとフィギュアとドンドコドーン!−
HG Gセルフ、HGBF ガンダムフェニーチェリナーシタ レビュー更新

書庫全体表示

イメージ 1

『GN粒子、最大散布、ステルスフィールドッ!』

HGでトリニティのネーナが搭乗するスローネの3号機、ドライが発売になりました
ルイスのファンからすれば見たくも無い機体ですよね・・・
本体の構造はアイン、ツヴァイと大体一緒です

イメージ 2

パーツはこんな感じ

イメージ 3

シールは今までのスローネと同じ感じの量

本体


イメージ 4

フロントビュー
ツヴァイが腰周りがボリューム大きかった反面、こちらは上半身のボリュームが大きい感じですね。

イメージ 5

リアビュー
バックパックの迫力は充分

イメージ 6

顔はツヴァイ同様マスクが色分けされてます。
しかしこの頭部・・・良い・・・
胴体のドライヴは今までどおりシールとクリヤーパーツの組み合わせ

各部可動


イメージ 7

肘は90度ちょっと

イメージ 8

肩はシールドを装備した状態だとここまで上がります

イメージ 9

外すとこんな感じ
まぁ武装は角度調整可能なので実際大差は無いです。

イメージ 10

脚は相変わらずの超可動

イメージ 11

開脚はこれが限界です
あまり開かないけど削ればもっといけるようになるかも・・・?
股関節は今までのスローネ同様、軸が前後スイングするタイプです

イメージ 12

腰は自由に回転可動します。

イメージ 13

イメージ 14

バックパックは上下に動いたり畳むこともできます

武装


イメージ 15

GNハンドガン
ツヴァイと同じ物の色変えです

イメージ 16

GNシールド

イメージ 17

パーツの差し替えにより展開状態にも出来ます

イメージ 18

ステルスフィールドはカバーの開閉が可能で、展開状態に。

イメージ 19

GNシールドポッド
1パーツ成型です。ミサイル等は付属せず

イメージ 20

ビームサーベル
結局ドライまで発売されてもスローネ用のサーベル刃は付属せずじまいでした
※写真のはヴァーチェ付属のサーベル刃使用

イメージ 21

アインに接続するワイヤーパーツはリード線で再現。

オマケ


イメージ 22

最大散布!

イメージ 23

3機全員接続でハイメガランチャー
スタンド全部組み立てたらもう一回ちゃんとやって撮ります

というわけでドライでしたー
アイン、ツヴァイと買った人は嫌いでも衝動的に買っちゃう人が多そうですねw
出来自体は・・・今までのスローネと同じですねぇ。
でもステルスフィールドなど、ギミック面は多彩で弄ってて面白かったですね。

閉じるトラックバック

トラックバック先の記事

  • トラックバック先の記事がありません。

Yahoo! Choctle
楽しい話題がいっぱい(Y! Suica)
本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事