新世紀のビッグブラザーへ blog

作家 三橋貴明のホームページ「新世紀のビッグブラザーへ」のブログです。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

三橋貴明診断士事務所を開設しました。お仕事のご依頼はこちらから http://takaaki-mitsuhashi.com/
SPA2月17日号にインタビュー記事が掲載されています。「今週の無軌道 ロバート・ムガベ」(P5です。)
↓麻生首相に応援メッセージを出そう@バレンタイン祭り開催中↓
http://blogs.yahoo.co.jp/takaakimitsuhashi/23925278.html

 さて、昨年末に始まった執筆の季節はすでに暮れ、いよいよ出版の季節が始まりました。(そういえば、初めて二週連続でSPAに載りました!)
 まずは三橋貴明の「紙媒体」による初のシミュラフィクション「1ドル70円台の日本経済」が掲載された、PHP研究所「Voice 3月号」です。
http://www.php.co.jp/magazine/voice/
 本日発売なのですが、なぜかamazonにはまだ載っていないため、PHPの方のページをUPします。
 本シミュラフィクションですが、「日本経済は円高で死亡!」「日本の内需は絶望!」「日本は巨額借金で破滅!」などのマスメディアが流布した誤解について、ある父子の会話を通し誤解を解消して頂く趣旨になっています。要は本ブログで書き続けていたことの凝縮版なのですが、後半の「日本は巨額借金で破滅!」の誤解解消部分は、次にご紹介する廣宮孝信氏「国債を刷れ! 『国の借金は税金で返せ』のウソ(彩図社)」の前振りみたいになっています。(別に、意図したわけではないのですが)

 以前もお願いいたしましたが、本シミュラフィクションをお読み頂いた方は、是非とも以下のPHPのメールアドレスまで、感想を送って下さいませ。
PHP研究所Voice編集部 voice@php.co.jp
 今回の寄稿記事が決またったのは(そして恐らくは表紙を飾ったのも)、前回のVoiceの記事が大評判だったおかげです。何しろ韓国の東亜日報までもが、取り上げてくれましたからねw
 狡い言い方になりますが、世の中を動かすのは、必ずしも「正しさ」や「理想」ではないのだと思います。残念ながら。
 現実に世の中を動かすのは、「声」と「金」です。より具体的に書くと、「集票力」と「ビジネスの力」だと思うのです。
 現在、日本国内でマスメディアが力があるように見えるのは、声を全国に届け、集票力に影響を与える能力があるからです。そしてマスメディアが衰退しているのは、ビジネスの力に逆らっているからなのです。
 インターネットの「声」はマスメディアには未だ及びません(「信用」の問題で、いずれ逆転すると確信していますが)。である以上、ビジネスの力の重要性はかつて無く高まっていると思います。

 ところで、「ビジネスの力」ですよ、などと言いつつ、実は本ブログでは(自分の著作以外は)あまり宣伝等はしない方針だったりします。しか〜し! この本だけは全身全霊をかけて宣伝させて頂きます。(一応、わたしが解説を書いているので、完全に無関係というわけではありません。)

 廣宮孝信氏「国債を刷れ! 『国の借金は税金で返せ』のウソ」(彩図社)
http://www.amazon.co.jp/dp/4883926788/

 発売中のVoiceが載っていない割に、未発売(発売が2月18日)のこちらの方は、すでにamazonに掲載されていました。amazonには未だ表紙の方がUPされていないので、本エントリーに掲載しておきます。ちなみに、
 「え、この表紙って・・・。『○○××!』に似ていない?
 は、禁句とさせて頂きますので、よろしくお願いいたします。
 この本の凄いところは、皆さんが常々疑問に思われている事柄、
「結局、日本の巨額公的債務(政府の借金)は問題なのか、そうではないのか?」
「現在の日本は、この経済危機と立ち向かうためにどうすればいいのか?」
 について、パーフェクトな回答を与えている点です。
 本書で解明されるキーワードを羅列すると、
「政府発行紙幣」「財政破綻」「日本銀行」「中央銀行による国債引受」「GDP成長」「公的債務対GDP比」「インフレーション」「GDPデフレーター」「国家のバランスシート」「通貨発行益」「財政支出」「積極財政派(麻生首相など)」「構造改革派(中川女など)」「増税派(与謝野など)」「ジンバブエのハイパーインフレーション」「日本のデフレーション」
 などなど、今まで分かってたようでわかっていなかったキーワードを整理し、「他国と中長期の時系列で」比較をした上で、日本の進むべき針路を描き出しているのです。
 実は、解説まで書いておきながら何ですが、わたしは著者の廣宮氏とお会いしたことはなかったりします。つまり互いに著作を読んだだけの関係なのですが、率直に言って氏の才能に嫉妬しました。そのくらい凄い本なのです。
 本書の話題(と言うか、日本の公的債務問題の話題)は、しばらく(隔日くらいで)続きます。

 麻生・メドベージェフ会談を控え、度肝を抜くニュースが二つ入ってきました。

ロ首脳会談18日開催へ 首相、サハリン訪問
http://www.47news.jp/CN/200902/CN2009020901000281.html
 河村建夫官房長官は9日午前の政府与党連絡会議で、国会の了解が得られれば、麻生太郎首相が18日に日帰りでサハリン島を訪れ、ロシアのメドベージェフ大統領と首脳会談を行う方針を明らかにした。
 会談では領土問題が主要議題になるとみられる。18日はサハリンで液化天然ガス(LNG)の対日輸出開始記念式典が開催される。』

 まさか事前にずばり「領土問題」という単語が出るとは思いませんでした。

ロシア、民間債務の繰り延べ要請へ 外国銀と交渉、最大36兆円
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20090210AT2M0903E09022009.html
 ロシアが民間債務の返済繰り延べ交渉を、欧州をはじめとする外国銀行に要請することが9日、明らかになった。銀行業界幹部によると、対象となるのは最大4000億ドル(約36兆円)。既に繰り延べの案を政府に提出した。交渉を始めることについては一部外国銀行の賛同を得ているという。金融危機で民間債務の繰り延べを政府として要請するのは初めて。(後略) 』

 債務の返済繰延要請って、要するに民間債務のデフォルトでしょう。(ちなみに、いわゆる国家の経済破綻を意味する「公的債務のデフォルト」とは違います。)本日の日経国際面によると、ロシアの金融機関はすでに借換が困難な状況にあるとのことです。
 少なくともロシアは、公的管理化の銀行がサムライ債をデフォルトしたアイスランドに近いレベルにまで状況が悪化しているということになります。しかし、崩壊速度が早すぎでしょう、幾らなんでも。
 これも全ては、大前氏が「ロシア・ショック」なんてロシア経済絶賛本(念のため、内容は結構まとも)を書いたためなのでしょうか。何というか、日本の経済評論家って、他国経済については常に後追いで執筆しているため、出版時にはすでに情報が時代遅れになっているケースが凄く多いと思います。
 日本経済については、結構先取りで書きまくるんですけどね。(主に破綻論を)
 まあ、全く当たらないのはどちらも同じなのですが。

【追加 Voice3月号 amazonに載っていました】
http://www.amazon.co.jp/dp/B001QCGI1Q/
 情報くれた方、ありがとうございました。m(_ _)m

 ロシア経済wktkかつgkbr!と思う方は↓このリンクをクリックを。
    http://blog.with2.net/in.php?636493 
 ※人気ブログランキングの「ニュース部門」で一位を継続中です。皆様のご協力に御礼申し上げます。m(_ _)m 

 新世紀のビッグブラザーへ ホームページは↓こちらです。
http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/index.htm
 新世紀のビッグブラザーへ blog一覧は↓こちらです。
http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/blog.html
 関連blogへのリンク一覧は↓こちらです。
http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/link.html

この記事に

閉じる コメント(160)

>実際は誤訳から広まった都市伝説なんだけどねw

そ、そうなのかw信じてた、私涙目。

ロシア、ルーブル、また暴落してますね。。。

2009/2/11(水) 午前 11:24 [ 古の碧き泉より ] 返信する

顔アイコン

>cer**jo696*さん
「麻生総務大臣閣議後記者会見の概要(郵政民営化の基本方針等の閣議決定)」で検索すると麻生総理の発言はブレているどころか全くその逆で、いかに自らの過去の発言に責任を持って事に当たろうとしているかが良く分かりますよ。

マスコミ連中はたぶん、これを知っててああいうバカ騒ぎやっていますね。
しかしながらこれを紙面に記事として掲載してしまうと、自分らのやっていることが極めて不条理な麻生バッシングとなり、椿事件まがいの行動であることが知れてしまうため、この記者会見の概要は意地でも出さないでしょう。
ウチは産経新聞ですが、産経でさえこれを出さずにバカをやっている。

2009/2/11(水) 午前 11:34 [ - ] 返信する

顔アイコン

cer**jo696*さま
いつも有益な情報ありがとうございます。
ぐっちーさんも取り上げておりました。
http://blog.goo.ne.jp/kitanotakeshi55/
「漁船拿捕は国家プロジェクトか?」
>間違いなく次は中南米にも来るんだけど融資の上位には米銀のみならず
欧州の銀行が軒並み並ぶことになります。

36兆円踏み倒しかー、さらに中南米が加わると。
「ヨーロッパはもえてるか」ですね
「パリはもえてるか」って映画あったけど。
これは同名の加古隆さんの音楽
http://www.youtube.com/watch?v=uVe7ppJLeHI

2009/2/11(水) 午前 11:38 [ - ] 返信する

顔アイコン

>まさか事前にずばり「領土問題」という単語が出るとは

北方領土ですが、今の島民は島から逃げ出したがっています。
(実際に島を捨てた人も沢山いる、ということを何かで読みました。)
先祖伝来この島に住んでいたわけでは無く、国の政策で移住して来た
人達ですからね。そんなに愛着もないでしょう。
特にこれといった産業がある訳でなく、政府の補助が無いと、まとも
な生活が出来ない、いわば僻地です。食料の自給は難しく、しかも定期
的に地震が発生します。(日本と同じ。でも現地の人で「呪われた島」
と表現する人もいます。)
これが日本であれば、観光という手段もありますが、ロシア人はわざわざ
こんな場所へ観光になんて来ません。しかも日本人も来ません。
今の経済状況が続けば、ここに定住し続けることが難しい住民をかかえて
いるというロシア側の事情があります。何しろお金がかかる土地。
もちろんモスクワに住んでいる人達は北方領土返還には反対でしょうけど。
感情論は抜きにして、4島を返還することで、日本の資本が入ってサハリン
全体が栄えることは、中国への牽制も含めロシアにとっても利点

2009/2/11(水) 午前 11:45 [ nic*lin**w ] 返信する

ところで、この巨額の債務を背負った企業って、どこなんでしょうか?

まさかガスプロムではないか?と考えてしまいます。

どなたかご存知ありませんか?

2009/2/11(水) 午後 0:20 [ きんちゃん ] 返信する

欧州は燃えているか
日本は燃えているか

同じ言葉でもぜんぜん意味が違う^^;;

2009/2/11(水) 午後 0:25 [ 古の碧き泉より ] 返信する

顔アイコン

四島返還でレコンキスタを終了してはならない。全千島の返還がなるまで大和民族のレコンキスタは終わらないのである。
先の戦争の経緯を考えれば、南樺太についても我が国は返還を要求すべき正当な権利を有していると個人的には考えるが、当面は日露共同開発ということはあってよいと思う。
しかし、ロシア人は信用ならない。
先の戦争でも分かるように、ロシア人に信義則が通じるとは思えないからだ。
共同開発をするにしても、我が国としては「ロシア人との約束は破られるもの」という意識を常に持ち、その備えをしておく必要があろう。
先達の二の舞を演じてはならない。

2009/2/11(水) 午後 0:46 [ go_*o*club ] 返信する

顔アイコン

http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=20601068&sid=axZwl6OyPaZY&refer=home

中国の1月の貿易収支(前年比)

輸出: マイナス17.5%
輸入: マイナス43.1%

これは数ヶ月前の韓国と同じ、ブログ主の言われる縮小成長。ちなみにダウ・ジョーンズ系のサイトでは、中国の4Qはマイナス成長だったが政府は発表できないというコメントをよく見る。本当かどうかは知らないが・・・

日本の最大の貿易相手国に中国がなった時は狂喜したマスゴミが、日本が貿易赤字になった以上、中国もゼロ成長くらいにはなったという当然の論理的推論が何故できないのか?

2009/2/11(水) 午後 2:43 [ cer**jo696* ] 返信する

cer**jo696*様

世が需要と供給で成り立っているとしたら、、、、そういう予想立てられそうなんですけどしかしながら思考が停止しているので、是非もなし。。。

2009/2/11(水) 午後 2:55 [ 古の碧き泉より ] 返信する

顔アイコン

あちゃ〜...輸入のマイナス幅も度肝を抜くが、輸出も凄いな。二桁マイナスって、何年ぶりだ、中国。12月は輸出2.8%減だったので、一気に来たな。
しかし輸入のマイナスがでかすぎて、また貿易黒字は増えるわけだなw 中南海の連中は笑えないだろうが。

2009/2/11(水) 午後 2:57 [ azu**shi*a ] 返信する

顔アイコン

Voice 3月号100ページ目からばっちし読ませてもらいました。
あの内容からして、このまま月刊紙の一部として埋もれてしまうのは勿体ないですね。「まんがマクロ経済入門」とかなんとかとして単行本出版してはどうでしょうか。誰でも読める形で残すべきです。

2009/2/11(水) 午後 3:04 [ gooool013 ] 返信する

顔アイコン

というか、この輸入の落ち込みは中国の内需が完璧に死んだということでは?在庫の食いつぶしにしては大きすぎるでしょ?

2009/2/11(水) 午後 3:05 [ cer**jo696* ] 返信する

顔アイコン

>欧州は燃えているか
揉めています。
>日本は燃えているか
萌えています。

2009/2/11(水) 午後 4:17 [ 瑞雲 ] 返信する

いまだにテロ朝やチョンイル新聞、中国日本新聞ことチュウニチ新聞や変態新聞御用達の専門家が「中国の内需はものすごい」と述べているのが痛い

2009/2/11(水) 午後 4:21 [ 古の碧き泉より ] 返信する

顔アイコン

cer**jo696*氏
中国の設備投資はすでに急減していたが、そこに不動産バブル崩壊による住宅投資減少が重なったのだと思う。さもなければ、この異様な減少率は説明できない。

2009/2/11(水) 午後 4:41 [ azu**shi*a ] 返信する

顔アイコン

賄賂社会中国。
国の徴税システムが未熟。
または機能を始め需要がしぼんだか。
餃子事件 粉ミルク事件など 国民が自国製品を信用していない。
ので需要がしぼむのか。

2009/2/11(水) 午後 5:02 [ xya*0* ] 返信する

顔アイコン

王者野村證券の苦しみ。
日興買収も参戦できず。
赤字企業の合併が進む。
今後M&Aに活路あり。

2009/2/11(水) 午後 5:11 [ xya*0* ] 返信する

顔アイコン

平家に非ずば人に非ず。
金持ちでなければ中国では人に非ず。

購買意欲旺盛な人口が7千万人もいれば十分でしょう。
車も必要になったら買おうかな?という心理の日本の若者と、
どちらが商売になるのでしょうか?

食うや食わずの人を勘定に入れてどうするの?

2009/2/11(水) 午後 5:50 [ 海老チリ ] 返信する

顔アイコン

覇者AIGの苦しみ。
幹部の高待遇には あきれる。
オバマさんも かばえない。
税金投入を続けられるか。

2009/2/11(水) 午後 5:57 [ xya*0* ] 返信する

顔アイコン

早速買って、昨日読み終わりました♪
日銀の通貨発行権のお話し、目が点になりました&爆笑でした。
与謝野大臣では、今の時期乗り切れないのでは?と感じました。

2009/2/19(木) 午後 0:16 [ 鉄人4号 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事