球道一路の心意気

人生に無駄はない 私ほど幸せな人間はいない

全体表示

[ リスト ]

NBKの由来

 NBKの意味はという質問をよくされます。
 
Nは西淀製作所のN BKはBUKKYO UNIVのBKが起源です。
 
 西淀製作所という会社は私が24歳から8年間お世話になった会社で。
モノづくりの匠がごろごろおられ、シール印刷用の抜き刃型の製作や金型づくり、工業用粘着テープや絶縁材などの抜き加工をする会社でした。
 
 あるご縁からここにバレー出身者が集まりました。
みんな(私もある事情で)バレーをあきらめてここへ来たはずなのに、昼休みに横の公園で対人が始まり、そのうち砂にフライングまでしだす始末。
 
 区の広報誌で見つけた区民大会に出ることとなり、ヘインズの白Tシャツにマジックで背番号を書き、短パンは各自で用意したのでバラバラ。
 
他のチームは、大阪でも有数の工場地帯だけあって、ヨドコウ、グリコ、合同製鉄らの大手企業ややクラブチームも皆かっこいいユニフォームを着ていました。
 
あれよあれよという間に、決勝へ進んだ我々は、実業団上がりの選手のいるクラブチームに完勝し、優勝。
 
この試合を観ていた、バレーのバの字も知らなかった金型職人上がりの頑固な創業者の社長はうちの工場の若いもんが大企業に勝った!と大感動。
 
 選手全員を祝勝会と称して、北京ダックを食べに連れて行ってくれ、ユニフォームを作ってくれ、大阪実業団連盟へ登録し、バレー部に予算や練習の際の仕事の優遇までしてくれました。
 
社員募集も高校や大学のバレー選手を採用し、象印を辞めた選手も加わり、順調に強化は進みましたが、社長の逝去や会社の方針転換等で地域リーグに進む権利を獲得したが断腸の思いで・・・・・・・。
 
 NBK結成の際には、西淀OBも加わり、今も陰に日向に応援してくれています。
 
 BKは私が24年間指導し、5部リーグから叩き上げてきた佛教大学体育会バレーボール部。
 
スポーツ推薦のほとんどないと言っても過言ではない状況で、Vリーグは無理にせよ、Vチャレンジや地域リーグには数名進んでくれましたが、廃部の憂き目にあう。
 
 企業の都合でバレーができる環境を奪われていく選手たちやこれからますますうまくなろうとする卒業生を見て、結成を決意したのが2006年。
 
私がクラブチームでなく、実業団連盟に登録したのも地域リーグにこだわったのも西淀時代の悔しい思いから。
 
 佛大OB現役 西淀OB を中心に結成、当初は現役の強化の相手になればという思いもありましたが、そのうち様々な選手が全国から参加してくれるようになり、西部地域リーグ優勝 V機構に準加盟したあたりから、このチームに賭けてみたいと思い、佛大の監督を後進に譲ったというより、押し付けたのかもしれません。
 
 NとBKには私の反骨のバレー人生のエッセンスが詰まっていますが、これからのNBKは、多くのバレーボールに人生を賭ける人間の集う場であり続けてほしいと考えています。
 
Nをつけた理由は 西淀製作所の桂亨社長が感動してくれたように、人を感動させる やっている自分たち自身も感動できるバレーがしたいという気持ち。
 
そしてBKのように 学校からのなんの強化支援もない状態からでも、やれば 本気になれば 一部昇格という夢の世界への扉を開けることができる!という経験と思いを込めています。
 
誰に頼まれた訳でも 優れていたからでもなかったのに いつの間にか自分がこんな大風呂敷を広げてしまうとは思いもしなかった奇跡の連続ですが、応援してくださる方々や共感して下さる方々、そして我々の同志(COMRADE)の応援が私のガソリンです。
 
 
 
イメージ 2
 
イメージ 1
イメージ 3
 
 
 

この記事に

開く コメント(4) ログインしてすべて表示

開く トラックバック(0) ログインしてすべて表示


.


プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2016 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事