ここから本文です
言葉の寄木細工
2020年東京オリンピックまでに、原発ゼロを目指そう

書庫全体表示

太陽光発電が100%普及すれば、電力料金がゼロに限りなく近付く事になります。
もしエネルギーを経済の対象外とすれば、何も高価なシリコーン単結晶で太陽電池など作らなくても、宇宙空間には、無限のエネルギーで満ち溢れています。
しかも天候にも左右されず、昼夜も関係なく、場所も何処であろうと何時でも何処でもエネルギーが手に入るのです。

現在人類が使用しているエネルギーの大部分は、物質の燃焼による熱エネルギーを回転力に変換して、発電や輸送に使っています。これは非常にエネルギー効率が悪い使いかたです。
例えば乗用車のエンジンを一時間運転する事により、その廃熱を冷却するための、ラジエターの温水の量は、何と家庭用の風呂を2回分のお湯が沸かせる計算になるそうです。
こんな効率の悪い熱エネルギーの使い方をしていては、Co2による地球温暖化は、絶対に解消できません。

宇宙空間から無限のエネルギーを、直接回転の力に変換する技術はまだ、開発されていません。
しかし宇宙エネルギーを最も簡単に取り出す方法を、お知らせします。
磁石には必ずS極とN極があります。こんな事は小学生でも知っていますね。
SとNは互いに引き合います、同じ極同士は反発します。
永久磁石のこの原理を利用する事により、無限に回転するエネルギーを取り出せるのです。

磁石の力なので、燃料や電力は一切いりません。
寸法と磁力の同じもので、適当な棒磁石14本・この磁石を取り付けるための円盤「ただし鉄以外のもの」二枚。
円盤を取り付けるシャフト一本・ベアリングニ個、材料はこれで全部です
先ず一枚の円盤に放射状に、等間隔にSNを交互になるように六個の磁石を取り付けます。
もう一枚の円盤には、同じように八個の磁石を、等間隔にSN交互になるように取り付けます。
この二枚の円盤が擦れない程度に、間隔を少しあけて、磁石の面を向かい合わせにして、シャフトにベアリングで取り付ければ出来上がりです。この円盤をお互いに反対方向に回転を与えてやると、磁力の吸引と反発を繰り返して、永久に回転を続けるのです。
どうでしょうか、無限に無尽蔵の宇宙エネルギーを、手に入れることが出来ます。

地球人類がこのままで、石油や石炭 天然ガスなどの化石燃料を使い続けていれば、必ず確実に温暖化が、加速していきます。
過去100年間に地球の平均気温が、1.6度以上昇しています。僅か是位と思うかもしれませんが、この温度上昇グラフのカーブは最近になって、急激に変化が激しくなっています。
このままでこのカーブが続けば、2100年には何と6℃も上昇する計算になります。
もし地球を人間だとしたら、体温が36.5℃の平熱が2℃上昇した事を考えてみて下さい。
地球も一つの生命体です、生きてるのですよ、そしてもし地球を人の体に見立てて、寸法を縮小して比率計算すると、我々人間の寸法比率が、地球対人間と、人間対ウィルスと同じ関係になるのだそうです。電子顕微鏡でしか見えない、ウィルスも無制限に増殖すれば、人間を死に至らしめます。このままで地球の平均気温が、上昇すれば自然界に、生物の生存すら不可能になりかねません。今の金星と同じ平均気温400度の自然環境になります。
一度壊してしまったものは、二度と元には戻りません、後悔先に立たず ですよ
物を燃焼してエネルギーを使うことは、如何しても熱が必要な場合以外は、絶対に止めなければ、人類の破滅につながりかねません。宇宙には無限にエネルギーが充満しているのです。たとえばやっと実用化の兆しが見えてきた、太陽光発電や風力発電・地熱や波力・海水温度差による発電などもありますが、とにかく無公害のエネルギー開発に力を入れるべきです。
そこで前回の磁力を利用した、永久回転モーターの実用化の研究を、もっと加速しなければいけません。あんな馬鹿げた、放射能廃棄物を出し続ける危険この上もない原子力発電など即刻廃止すべきです、磁気回転による無限の燃費ゼロの、発電装置を研究開発してこそ、人類の未来が開けてくるのです。

磁気エネルギーの永久回転モーターについて、もう少し詳しく説明を詳しくします。
二枚の回転円盤につける「円盤でなくて、筒状の円筒でもかまいません」永久磁石の数が五個と六個になっています。奇数と偶数ですね、何故かというと同じ数ですと、向かい合った磁石どうしが、全部重なり合うと回転が出来なくなります。
そのために奇数と偶数にしておけば、全部の磁石が同時に、重なりあうことがありません。
一組重なってもその外の磁石はお互いに、少しずつずれているので、反発と吸引がたえず一対五の割合で起こるために、回転が何時までも持続して、永久に止まる事がないのです。

そしてこの円盤の両横に、コイルを設置すれば即発電機になりますから、永久に無限の、何一つ燃料を使わなくても電力が取り出せるのです。
もしこれの回転力がほしかったならば、ギヤかベルトで、他の機械類に結合すれば、回転運動のエネルギーとして、即使用可能です。
宇宙の生命からの無限のこんなありがたい、贈りものがこんな簡単な装置で手に入れることが出来るとしたら、しかも排気ガスも放射能も排出せずに、冷却装置なども一切要りません。
完全無公害で殆んど騒音もなく、エネルギーが手に入るのです。
こんな理想的なしかも経済的負担もいたって僅かな材料費だけで、殆んど維持管理の必要ありません。
ありがたい事に、太陽光と同じで、何処に居ても何時でも無限供給のエネルギーが、与えられて居るのです。
これが実現すれば、ソーラーパネルなどはもう完全に時代遅れの技術になりますね。
これを自動車に応用すけば、永久にガス欠にもなる事がなく、完全無公害無騒音の、この上もない理想的な車に乗る事が出来る事になります。

この記事に

開くトラックバック(1)ログインしてすべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事