ここから本文です

書庫全体表示

裏施術日記のご紹介

こんにちは。
今日の大阪はまた冬か?!と思うような寒さでした。

いったいどうなってるんでしょうね〜。

今日は裏施術日記を紹介させていただきます。

メールアドレス登録が必要な大変重要な内容をお届けしています。

というのは冗談で、僕のプライベートな面をさらけだしている内容が殆どです。

今後はそれらも継続しながら自分の夢やお得な情報なども配信していきたいと思います。

折角なので、過去に投稿した記事を少しご紹介します。

2012/11/24
「無愛想な焼き鳥屋」

以前、紹介した焼き鳥屋さんに行ってきました。

午後5時半開店だと聞いていたのですが、表に電飾看板が出てたので4時50分というスーパー早い時間に覗いてみました。

戸を開けておやじさん(歯はまだ入ってません)に大丈夫ですかと2度問いかけるとぎこちない笑顔でどうぞと言われました。

僕も店をやっていたのでわかるのですが、準備が整っていない状況で来店されるのが一番困ります。

待たせたらいけないと思って焦ってしまうからです。


「火はまだおこしていないので時間がかかりますよ」


と言われましたが、お気に入りの肝さしを食べたかったので問題はありませんでした。


機嫌があまりよくないのか動きが緩慢で、やっぱり定刻に来た方がよかったかなと少し思いました。


10分ほどたって刺身の盛り合わせと冷酒が出されました。刺身と言ってもささみと肝です。

おいしかった〜


冷酒と肝とのマッチングは最高です。


食べたいものを食べたい時に食べれるというのはすごく幸せだな〜としみじみと思いながらゆっくりと味わっていると4人組の女性グループが来店されました。

2人が50代ぐらいあとの2人が30代ぐらいです。


なにかの仕事が終わったのか乾杯の声がとても元気よかったです。

歯抜けのおやじさんの様子を見てみると相変わらず元気がなさそうで、動きが緩慢でした。


飲み物を出してから最初の一品を出すまでかなり時間がかかっています。

付き合わせのささみのたたきがやっと出されました。


僕の方にもついでに出されました。かなり終盤になってからの付き合わせでした。

女性グループにポテトフライが出されて一瞬盛り上がり、次の商品が出るまで間が空いていて会話が途切れて静かになっていました。


なんとなく僕の方がひやひやしながら見てました。

なんなら手伝って注文を早く出したいくらいです。


そのあと切って出すだけのきゅうりの漬物が出されてまた席が一瞬盛り上がりました。


生ビールのおかわりが注文されて新しいグラスを厨房の流しに置いた時におやじさんの表情が一瞬変わりました。

ジャイアント馬場が水平チョップをくらったような顔になっていました。


腰が悪いんだ!


やっと意味がわかりました。

笑顔が無いのも緩慢な動きもすべて体調が悪いせいだったのです。


その後も千と千尋に登場したカオナシのような雰囲気で淡々と注文をこなしていました。

僕の方は追加で1日5食限定のせせりの炭火焼と生ビールをいただいて会計をすませました。


「ぎっくり腰ですか」


お金を渡す際に質問するとカオナシではなく歯ナシの親父さんが首をひねりながら


「年はとるもんじゃあありませんぜ」


と、なぜか高倉健風に答えてくれました。


今度は元気なときにお邪魔しようと思います。

2012/11/12
「なに拾った?」

とってもいい話なので皆さんとシェアしたいと思います。

これはひすいこたろうさんの「3秒でもっとハッピーになれる名言セラピープラス」という本の中の文章です。

=============

小さな男の子はいつもおばあちゃんと
散歩にいっていました。

散歩の途中、
男の子が転んで痛くて泣きそうになると、
おばあちゃんは必ずこう聞くのだそうです。

「なに拾った?」

そう聞かれるので、男の子は泣くのをこらえ、
必死に道に落ちてる葉っぱや石を探して拾い、
立ち上がっておばあちゃんに見せました。

すると、おばあちゃんはにっこり笑って、
「いいもの拾ったね」と、
頭をなでなでしてくれるのだそうです。
転ぶたびにいつも。

やがて、男の子は大人になりました。

そして、大人になった男の子は、
おばあちゃんの教えてくれたことの
ほんとうの意味を知るのです。

人生、転んでも、その痛みの中で
なにかを見つけて拾い、
また立ち上がることが大事だと。

=============

大人になると「なに拾った?」と聞いてくれる人も
「いいもの拾ったね」となでなでしてくれる人も
いなくなってしまいます。

もしあなたが転んだ時は
遠慮なく僕に連絡してください。










その時は









ぼくも隣で転んでいると思いますけど・・・。

お互いニヤっとできたらいいかなと。

2012/12/08
「風俗探索」

今日は昼から新世界にある行きつけの散髪屋に行って来ました。

さっぱりした頭で年を越そうといつもより気持ちだけ短めにお願いしたらキューピーさんみたいな頭になってしまいました。

3回に1回は自分の思ってた感じにならないというドキドキ感満載のロシアンルーレットのような散髪屋さんです。

新世界という場所は、大阪人でもあまり行きたがらないような治安の悪い場所だったのですが、最近はテレビの影響などもあって観光客で賑わっていて昔のようなどろどろした雰囲気はなくなりつつあります。

散髪した後は、松屋という立ち食いうどん屋に行きました。かけうどんは150円です。

今日はリッチにスタミナうどん(海老天と玉子入り)にあげをトッピングしてもらい、おにぎり(2個)を注文しました。

全部で430円です。

僕のすぐ後から金持ちそうな社長風の男性が、知り合い3人を引き連れてどたどたとカウンター前に来ました。

社長風の男性は、俺とあの人とあの人とあの女性の分と全部まとめて支払うから〜!っと威勢よく店員に注文してました。

4人分でも全部で1500円もいかないでしょう。いくらお金持ちになっても松屋でしか味わえない独特の味があるので、一生通い続けると思います。

かなりお腹がぱんぱんになって、余計にキューピーみたいな状態になってしまいました。

新世界には串カツ屋が名物なのですが、その他に大衆演劇や映画館などもけっこうあります。

映画館では普通の映画ややくざ映画、ロマンポルノなどが3本立てぐらいでそれぞれ上映されています。

ゲーリー・オールドマン主演の映画を含めたサスペンス風の洋画3本立てに惹かれたのですが、今回はその映画館の地下で上映されているロマンポルノにしました。

昔から新世界のポルノ映画館では怪しいことが行われているということを本などから知識として持っていたもので、今日は思い切って真偽を確かめようと入ってみました。

題名は忘れましたが、3本立てで800円です。

僕が地下に降りようとしているのと同じぐらいに美輪明宏によく似た女装をした人が入っていきました。

皮のジャケットに皮のミニスカートです。

結構綺麗にされていて美輪明宏を20歳ぐらい若くしたような感じでした。

金髪ストレートです。

場内に入ると半分くらいの席が埋まっていて、どういうわけか後や横に立っている人がけっこういました。

気になったのは場内の隅のほうで人がやたら集まっていたことでした。

なにかやってのるかと思い、おそるおそる近づいてみると男女がキスしている周りに男性が取り囲んでいるようでした。

しかしよくよく見てみるとそのカップルとは別のカップルがすぐ横で同じ様なことをしているみたいなのですが、どうみてもおじさん同士でした。

最初にみた男女の方を注意深くみると女性だと思った金髪のショートカットの人もおじさんでした。

ちゃんと確認したいと思ったので、その魔のトライアングル地帯に入っていくと気のせいかもしれませんが、股間に2度ほど柔らかな刺激がありました。

この魔のトライアングルは、性別や年齢などという属性にとらわれない人たちが、楽しむための聖地だったようです。

僕ももう少しでその聖地の住人になってしまうところでした。

前回の夜行バスの一件といい、今回といい、今年はそういうジャンルにも関わるようになっているのかもしれません。

2度目の股間の刺激があった時に慌ててその場所から立ち去りました。

場内の雰囲気がわかり、そういう目で見てみると端の通路などでおじさん(たぶん60から70歳ぐらい)たちが、戯れていました。

女装している人も5・6人いました。

女装している人を観察してみると魔のトライアングルで自らをさらけ出す人と個別に会話をしては離れ、また違う人と会話をしている人にわかれるようでした。

たぶん後者の人たちは営業目的ではないかなと考えているとさっきの美輪明宏が近づいてきました。

1メートルほど離れた場所で立ち止まってスクリーンを見ていましたが、突然真横に来て、

「前に一度話したことあるよね」

と話しかけてきました。

ここに来たのは初めてだと告げ、お小遣い稼ぎですかと尋ねました。

トイレで3000円だと美輪さんは答えてくれました。

3000円でなにをするのかは聞きませんでしたが、聞いてもないのにアナルに入れて欲しがる客が多いと教えてくれました。

僕の疑問はとりあえず美輪さんとの会話で解消したので映画館を出ました。はっきり言ってカルチャーショックでした。

僕がショックを受けたのは、男性同士でどうこうすることよりもその年齢の高さです。たぶん平均年齢は65歳ぐらいだと思います。

年をとっても性の関心は消えないものなんだと実感しました。

観光客で浄化されてしまったと少し寂しくさえ思っていた新世界でしたが、まだまだ表のメディアでは紹介できないディープなところが存在していることを発見できてよかったです。

今日は新世界の裏風俗探索でした〜〜。

といった感じです。

最後の新世界の映画館の写真は、このブログにも掲載していますので、興味のあるかたはご覧ください。


尚、登録された方にこちらから告知メールを送らせて頂くことがあります。裏施術日記は見たいけれど、メールが送られてくるのは困るという方は、お手数ですが登録の際にメールの件名に「配信停止」と入れていただいて送信してください。

よろしくお願いします。

配信停止用のメールアドレス




↑ブログランキングの1位を目指しています。クリックするとランキングを確認していただけると共に僕のランキングが上がりますので、応援していただける方は是非クリックしてください!



この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事