日本で複葉機を自作していたころの飛行機ファン

まだ手探りで自分の飛行機を工夫して試作していた時代

複葉機もくじ

すべて表示

千歳空港の北海1号(レプリカ)は2005年10月一杯で撤去して,空間を有効に活用する予定だって...

イメージ 1

 北海道の千歳空港は年間の旅客機乗降客数が1800万人を超えて重要な空の駅となっている.この千歳空港の歴史は,千歳村民の手で整地して造成した滑走路に酒井憲次郎操縦士が操縦した北海1号機が1926(大正15)年10月22日午後1時20分に着陸した出来事から飛行場が始まったという.
 なお空港公園「翼の広場」には,「村民顕彰の碑」,「北海1号機」と「酒井憲次郎操縦士」ブロンズ像が建立されている.
 1926年に千歳飛行場に初めて着陸した飛行機は北海1号機で,小樽新聞社(第2次大戦中の1941(昭和16)年12月に公布された新聞事業令により,1942年10月に当時の札幌市の北海タイムス社,小樽市の小樽新聞社とその他の地方新聞社が合併して北海道新聞社に統合された)の社有機で読者を獲得するための宣伝や広報,取材などに使用された.三菱式R2.2型単発複葉機で旧帝国海軍が使用していた「10式艦上偵察機」の民間改造機である.
 ところで10式艦上偵察機は,旧帝国海軍が三菱内燃機製造(現在の三菱重工業)に大正10年に指示して,英国ソーピース社より招聘した設計技術者ハーバート・スミス技師らに設計を依頼して製作した複座の偵察機だが,すでに完成していた10式艦上戦闘機を大型化したものである.大正12年11月に制式採用された.しかし実際の偵察任務は13式艦上攻撃機に兼務させたため,複式の操縦装置を追加して中間練習機(10式艦上偵察機2型:C1M2)として昭和10年ごろまで使用された.民間にも払い下げられ,新聞社用機,観測機に改造されたものもある.
 なおエンジンは,フランス製のイスパノスイザ水冷V形8気筒300馬力(三菱ヒ式として国産)を装備していた.主翼は木製羽布張りでフラップはついていない,胴体も木製骨組に羽布張り構造の複葉機だった.

.


みんなの更新記事