竹田恒泰日記

気ままな日記です。 HPもどうぞ! http://www.takenoma.com

全体表示

[ リスト ]

読者カードへの返信3

イメージ 1

■読者カードへの返信3


■東京都 Sさん 55歳 男性 会社員・公務員
 読み終えて、久しくモヤモヤしていたものが晴れ、胸のつかえがおりる気持ちがしました。
 内輪の方しか知りえないようなお話も含め、著者の私的感情に流されず、歴史的事実に基く冷静な視点での主張と論理展開に敬服致しました。
 本著がきっかけとなり、国民的議論が喚起され、国の存立の基本に係わる重要問題で早計に間違った結論が出されることのないよう祈ります。
 著者の更なるご活躍を祈念致します。

[竹田のメッセージ]
 「胸のつかえがおりる気持ち」とは、嬉しいメッセージです。
 Sさんのように、昨今の皇室制度改革の議論の流れに、漠然とした違和感を抱いている方はかなりいらっしゃるのではないでしょうか。
 強引な改革を主張する人の言葉には、皇室に対する愛情を感じないのは私だけではないはずです。人権や時代の潮流といった理屈を持ち出して、合理・非合理で皇室改革が進められたら、大変なことになります。

■群馬県 Tさん 58歳 男性 税理士
 良い内容であります。
 皇族の方々は(立場上)発言しずらいでしょうからこの方々(旧皇族)は積極的に情報発信するべきです。

[竹田のメッセージ]
 皇族方は、天皇でないからこそお話になれることがあり、同時に、旧皇族一族は、皇族でないからこそ話せる部分があると思います。
 ただし、旧皇族一族といえども、会社に属しているなど社会的立場があり、なかなかこの問題で意見をいうことは難しいようです。
 結果として、旧皇族一族のなかで、典範問題で発言しているのは、私只一人です。
 私は、個人的に、一人でも多くの旧皇族の関係者が、この問題で意見を述べて欲しいとおもっています。

■福岡県 Tさん 58歳 男性 無職
 歴史の重みを考えると、安易に世論に合わせたり多数決によるべきではないし、そもそも天皇制を論じるのに天皇家、皇族方の意見が入らないのはおかしい。
 マスコミも悪い。世論の7割が賛成だから是。世界でも某国他が変わった、日本も変わらなければとの評論はおかしい。
 我々平民でさえ先祖を語るのは父方、男系のこと。
 ましてや、世界に誇る万世一系の天皇家は絶対に男系でなければならない。
 大和民族のルーツは天皇家である。

[竹田のメッセージ]
 皇室制度を変更するにあたり、本来多数決によるべきではないというのは、私も同感です。
 歴史的には、時の将軍ですら、皇室制度に手をつけることはできませんでした。
 現在は国民主権の世の中ですので、最終的には多数決によることが、民主主義上の正義かもしれませんが、もし多数決によるならば、採決に参加する国会議員、もしくはその国会議員を選ぶ国民が、しっかりと皇室制度にいて議論を深めなくてはなりません。
 民主主義は国民が賢いことが大前提にあります。もし国民が愚かであったら、民主主義は根底から無価値になってしまいます。
 そして、議論を深めるには、一定の時間が必要です。
 ですから、議論が深まる前に典範を変更してしまうという考え方は、民主主義に対する挑戦ではないでしょうか。
 昨年から今年にかけての世論の変化を眺めていると、やはり議論が深まるほど、慎重論が大勢になってくることが分かりました。
 さすが日本人です。まだまだ捨てたものではありません。

■大分県 Oさん 64歳 女性 主婦
 私も最初は女性天皇でもいいかと思ったんですが、この本を読んで、これは何千年も続いた男系でないと天皇の意味がないと思いました。
 今度紀子さんがおめでただけれど、竹田さんの思いがとどいたんだと思います。

[竹田のメッセージ]
 本を読んでいただいた方が、「本を読んだことで意見が変わった」というのは、私にとって一番嬉しいことです。
 本を書いてよかったと確信します。
 紀子殿下の御懐妊は、私の思いだけではなく、多くの国民の思いが届いた結果だったのではないでしょうか。神風が吹いたのでしょう。

■北海道 Kさん 48歳 男性 職業無回答
 昭和天皇直系の現皇室のみが尊敬の対象である。
 女性天皇―女系天皇に違和感を覚えない。
 元皇族を引っぱりだし男系男子とは?
 尊敬どころか、親しみすら感じないだろう。
 竹田恒泰殿、時代錯誤も甚だしく何様のつもりかと、不愉快である。

[竹田からのメッセージ]
 今日もようやく一枚の批判を見つけました。
 「愛読者カード」の「愛」の字が斜線で削除されています。よほど「不愉快」だったようです。
 でも、このようにメッセージを寄せていただけたことは嬉しいことです。
 さて、誰を尊敬するかしないかは、憲法で思想の自由が保障されていますので、私がとやかく言う筋合いではありません。
 ですから、昭和天皇の直系の現皇室を尊敬し、それ以外を尊敬しないというのは個人の自由だと思います。
 しかし、国民それぞれの、誰が好きだの嫌いだの、という感情は、皇室制度を検討するうえで、全く考慮してはいけないものであると断言します。
 もし、国民が最も好きな人物を天皇にすべきなら、国民投票で選挙によって天皇を選べばよいことになりますが、そのようにして選ばれた天皇は決して尊くはありません。
 まして、天皇候補者が選挙にうかるために、国民にこびたメッセージを発しはじめたら、おかしなことになります。
 たとえば、「私は天皇に相応しい人物で!」「私が天皇になった暁には〜」「どうか私を天皇、、、」「清き一票を!」などという選挙演説をした人物が天皇になったら、決してその天皇は尊くないことは容易に想像がつくでしょう。
 これも仮の話ですが、もし天皇の第一子の顔立ちが悪く、第二子がハンサムだった場合、顔の良し悪しで第二子に国民の人気が集まり、それが理由で「親しみをもてる」「尊敬できる」とされて、第二子が皇位につくとしたら、それもおかしい話です。
 ですから、個人の「尊敬する」「尊敬しない」や、「親しむ」「親しまない」などという感情は、考慮されてはいけないのです。
 ではなぜ天皇が尊い理由は別のところにあります。それこそが、皇統に属する男系の子孫が皇位を継承し続けてきたことに他なりません。
 女系天皇論は、これを断ち切ろうとするものです。
 この考え方は日本の国が成立して以来、ずっと変わらない価値観ですので、「時代錯誤」なのではなく、「太古から続く普遍的な価値観」なのです。




竹田恒泰のホームページ 竹の間
http://www.takenoma.com

ご意見・ご質問はメールでお受けいたします
info@takenoma.com

この記事に

閉じる コメント(25)

顔アイコン

革命∩( ・ω・)∩ ばんじゃーい!!!!!!! Yさんが来ないとやっぱり締まらないですね。

2006/5/27(土) 午後 8:56 [ - ] 返信する

顔アイコン

自分達の過去を切断して未来が語れるのか?伝統や文化はただの悪弊なのか?文化大革命時代の中国みたいな事いうね。革命?だれもそんな「マルク教」抱いていませんよ。 削除

2006/5/28(日) 午前 0:58 [ メロン ] 返信する

顔アイコン

革命は別に珍しいことではありません。物理学では相転移といいます(w。男子の出生率=1を境として、男系家系の絶滅率に劇的変化が見られるのも相転移の一種です。革命に関しては、弁証法より中国人のいう「天意」のほうが妥当かもしれません。 削除

2006/5/28(日) 午前 10:23 [ Y ] 返信する

顔アイコン

てぃぅかYさん、やっぱり“読者に非ず”さんだったんですかぁ?笑 ▼「天意」……日本思想の文脈でいうと、天之御中主神のような抽象的(非-)存在に該当するのでしょうか。。。皇位は日嗣とも言われ、「日の神(=天?)の大命によって、大業をつぎつぎにしろしめすもの」という意味があるようです。――ここから敷衍すれば、「天意は皇位の継承にあり」という結論に至りそうですが、どうなのでしょう?? 現状追認の恣意的解釈にすぎないでしょうか(笑)。

2006/5/28(日) 午後 2:00 [ kamuya ] 返信する

顔アイコン

▼ところでこれは、日本神話が中国思想を基盤としながらも、そのおおもとの始まりに天之御中主神を含めた「三柱の神」が(…偶数を重んじる中国思想に反してまで)設定されていることの理由を問うことにつながります。……非人格的な「天」を、なぜ「神」としたのか。当時の日本人が、中国思想をどのように受容していたのか。――これらの問題を解き明かせば、より普遍化された文脈における日本思想の把握が可能になるかもしれませんが……う〜ん、どなたか詳しい方いませんか(?_?)。

2006/5/28(日) 午後 2:16 [ kamuya ] 返信する

顔アイコン

あなた弁証法なんて分かるんですかw? 削除

2006/5/28(日) 午後 3:05 [ 東光 ] 返信する

顔アイコン

いや、意外とYさん弁証法とか詳しそう☆(笑)

2006/5/28(日) 午後 5:29 [ kamuya ] 返信する

顔アイコン

うっ、しまった(w)>kamuyaさん 弁証法に関していえば、ある種の非標準論理では「Aならば非A」かつ「非AならばA」でも矛盾には至らない。なぜかというと「ならば」の意味が変化を表していて、非AになるとAではなくなっちゃうから両立しなくなっちゃうため。 削除

2006/5/28(日) 午後 10:41 [ Y ] 返信する

顔アイコン

ふむふむ、埴谷雄高が『死霊』のなかで扱った「自動律の不快」に近いですよね。――「私は私である」という命題の内的矛盾、みたいな。 ▼あえて常套的な例を挙げれば、「これは種である」「これは種ではない」という矛盾するふたつの観察があった場合に、「それは種であったが、発芽し成長することで種ではなくなる、しかし花が咲いて実がなれば、それは再び多数の種となる」というように、両者の矛盾を発展的に解消する考え方が弁証法 dialectic ですよね。

2006/5/29(月) 午前 0:52 [ kamuya ] 返信する

顔アイコン

あくまで地方学生の付け焼き刃なんですけど、天皇には万物流転の“定点”、あるいは「歴史の流転・生命流転のプロセスを見つめつづける存在」としての役割もあるのではないでしょうか。……上記の「種の命題」だって、観察者の存在が前提とされていますし、そもそもあらゆる思考は確信できる「定点」がなくては(…少なくとも“ある”と仮構しなくては)成立しません。――「もしドアの開閉を望むならば、蝶番は固定されなくてはならない」(ウィトゲンシュタイン)。

2006/5/29(月) 午前 1:21 [ kamuya ] 返信する

顔アイコン

▼当然こんなことを書けば、「ヘラクレイトスの『万物は流転する』という命題に反して、天皇が八千代に存在し続けることは矛盾では?」との疑問が首をもたげますが、そもそも「万物は流転する」という命題自体が流転しない保証はない(笑)。 ▼また、日本人特有の現実的解釈もあるのではないでしょうか。……本来“久遠実成・絶対的理想の仏陀”と“歴史上実在の釈迦”とを結びつける高次元的思考であった「本地垂迹説」をさえ、「神は仏の化身なり!」と現実的に解釈するほど、我々は器用な(…ある意味都合がいい?)民族ですから(笑)。

2006/5/29(月) 午前 1:38 [ kamuya ] 返信する

顔アイコン

弁証法に関していえば、ある種の非標準論理では「Aならば非A」かつ「非AならばA」でも矛盾には至らない。なぜかというと「ならば」の意味が変化を表していて、非AになるとAではなくなっちゃうから両立しなくなっちゃうため。 ・・・これの何が弁証法なんですか。まったくヘーゲル読んだことないでしょう?見ていて恥かしくてしょうがありません。 削除

2006/5/29(月) 午前 2:15 [ 東光 ] 返信する

顔アイコン

なんか、竹田さんの著書に対する読者の感想がいつの間にか「社会科学講座」に変わってる件について・・・。 削除

2006/5/29(月) 午前 9:12 [ メロン ] 返信する

顔アイコン

すんません(笑)。なかば僕が煽動しましたです_(._.)_。……あっは、『死霊』の感想げな、もろ別の人の本やねんて(笑)。げに万物は流転しまくり(…って、いちばん流転してるのは僕の“思惟”だったりして。ぷふい)。以上を持ちまして、「社会科学講座」終わり♪笑 ▼ついさっき、竹田さんの本の読者カード投函してきました〜☆ミ ちいさな字でちまちま書いたので、読みにくかったらごめんなさい。というわけで、「竹田さんの著書に対する読者の感想」に戻します〜▽・ω・▽♪

2006/5/29(月) 午後 0:31 [ kamuya ] 返信する

顔アイコン

はじめの例だと、単なる回転運動になっちゃうんで、ヘーゲルのいうアウフヘーベンがないっていいたいんですかね。それなら例えばラッセルの「自分を含まぬ集合全体の集合」というのを、空集合を起点としてつくっていくと、段々でかくなるのが体感できます。これってアウフヘーベンの例かと(w 削除

2006/5/29(月) 午後 9:26 [ ] 返信する

顔アイコン

はー、たまんないですねw。ちょっとヘーゲルのどういう本を読んだのか言ってみてくれませんかね?翻訳でもいいから。 削除

2006/5/31(水) 午後 2:15 [ 東光 ] 返信する

顔アイコン

東光さん、あなたの読んだヘーゲルの本は何ですか?精神現象学ですか?原書ですか?翻訳ですか?翻訳は、長谷川訳ですか?金子訳ですか?それとも樫山訳ですか? 削除

2006/6/3(土) 午後 4:44 [ Y ] 返信する

顔アイコン

大論理学を原書で、あとは原書も見つつ翻訳で精神現象学、小論理学、歴史哲学講義、法哲学、フランス語で美学、キリスト教の精神とその運命、くらいですかね。翻訳は同じ本でも色々もっているかな。長谷川のはクズですがねw。ジジェクやイーグルトンみたいな現代のヘーゲリアンも好きです。で、質問されているのは自分なのだから、まず答えるように。 削除

2006/6/3(土) 午後 10:45 [ 東光 ] 返信する

顔アイコン

ヘーゲルの話については、わけわからんちんです。 さて、私は、女系が不可とは思いませんが、竹田さんの本を読んで、竹田さんには好感を持ちました。旧宮家の復籍・養子については、どうなるか分かりませんが、そういう誇りをもって生きておられる方が存在しているということは、貴重なことだと思うからです。 削除

2006/6/7(水) 午前 1:04 [ ボヨヨン ] 返信する

顔アイコン

王室や皇室は廃止すべきだと思います。
天皇・皇族だって同じ人間なのに、公務を担うというレールがしかれ、自分の考えを自由に述べる権利、職業選択の自由、プライバシー、海外に移住する自由など、国民が当たり前にもっている自由もないし、病気の治療を終えて間もないときでも公の場に出れば容赦なくキャーキャー騒がれ、そこで笑顔を見せないといけないというのはかわいそうです。
戦前まであった華族・士族も廃止されたんだから、取り残された世襲的階級制度である皇室制度を廃止して、日本もフランスとかギリシャとか台湾みたいな国民が大統領を選ぶ共和国になったほうがよいと強く信じております。
もちろんイギリスの王制にも反対です。『英国王のスピーチ』のジョージ6世は本人はイヤだったのに国王になったという世襲制では避けられない運命になったので、かわいそう、こんな制度早く撤廃されてほしいと思いました。 削除

2012/6/25(月) 午後 2:46 [ すぐる ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(2)


.


みんなの更新記事