武田尾渓谷鉄道のブログ

HPに載せきれない模型改造記事などを掲載していきます

全体表示

[ リスト ]

シキ1000の積荷

 Nゲージで貨車に興味を持っていたら、多かれ少なかれシキ1000にはまったことがあるのではないでしょうか? かなり以前よりTomixから模型化されているので、持っている方も多いでしょう。積荷は変圧器が模型化されていますが、この変圧器は何となくおもちゃっぽく感じていました。そこでインターネットでシキ1000の画像を調べてみると、巨大な熱交換器か圧力容器と思われるものがいくつもありました。当然これらがリアルの積荷ということです。そこでこれらの画像を参考に作ってみました。やや長め・大きめに作りました。また、下が細くて何となく不安定な形の方が面白いと感じたのでそのようにしました。材料はプラボードやプラバンですが、中に鉛を入れてウエイトを稼いでいます。実車では固定するフックやワイヤーがありますが今回は省略しました。アップの写真ではアラが見えてしまいますが、走らせる分には雰囲気は出ていると思います。
イメージ 1








イメージ 2









イメージ 3
イメージ 5










イメージ 4

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事