Tのブログ

富山大学男子バレーボール部の監督をしています。富山大学もよろしくお願いいたします。

TOP

すべて表示

ついに出ました「コーチングバレーボール 基礎編」

イメージ 1

1977年に大修館書店より日本バレーボール協会の「バレーボール指導教本」初版が出て以来、40年の時を経て、一から作り直された新しい指導教本「コーチングバレーボール」が、同じく大修館書店から発売されました。http://www.taishukan.co.jp/book/b279501.html こちらをご覧いただくと、目次が一番小さな項目まで掲載されており、内容の素晴らしさが伝わってきます。
この本には日本バレーボール学会が全面的に協力したということでも画期的なものではないかと思います。

個人的には、第5章「バレーボールに必要な基本技術とその練習法」の編集に当たられた専修大学の吉田先生のお手伝いを、愛知教育大学の縄田先生と一緒にやらせていただきました。

第5章ー1「基本技術の考え方」にJVA基本技術統一化検討委員会の名前が挙がっていますが、指導教本作成の前段階として、JVA指導普及委員会と日本バレーボール学会のメンバーによって基本技術のコンセプトについて議論が積み重ねられていました。

本文中に「バレーボールの基本技術とは、上記のさまざまな場面でボールと自分の身体をコントロールするために共通して使われる普遍的な【動作原理】つまり、動作のもっともシンプルな原理・メカニズムである。」と書かれていますが、委員会の結論として【動作原理】にたどり着けたのが最も大きな意味を持っていると思います。

委員会で検討した内容は、以下に続く「サーブ」から「ディグ」までの各項目における「1.目的」と「2.動作原理」に反映されています。項目によっては「動作原理」にかなりの分量が割かれていますので、委員会の貢献は大きなものがあると思います。粘り強く対応していただいた緒方副委員長はじめ、委員の方々には本当にお世話になりました。

第5章は写真や図が多く、見やすくなっているとは思いますが、すべて納得できたはずがあらためて読んでみて、難解なところや写真や図で伝わりきらないところが結構ありそうです。

読んでみて分からないところや、やってみて疑問を感じられたところは精一杯フォローさせていただきたいと考えておりますので、是非ご意見・質問等お寄せください。

指導者講習会を企画していただければ、日本中どこへでも説明に行かせていただくことを夢見ています。

その他の最新記事

すべて表示

登山実習

2011/8/4(木) 午後 11:28

7月31日から昨日8月3日まで、富山大学人間発達科学部地域スポーツコースの登山実習でした。 天気が不安定で毎日午後になると雨に降られていましたが、2日目には剣岳に登頂することができました。 3日目には大日岳ま ...すべて表示すべて表示

2011年6月26日(日)富山県民大会@新湊 どのチームを見ても、クイックが低い低い(富山大学も含めて)。 富山大学男子は、「高いクイックを打ちたい」と公言しているものもいるのだが、セッターが少しネットから離 ...すべて表示すべて表示

鳥越未玖(鹿児島女子) フォロースルーで既に触れている鳥越選手ですが、あらためて凄いですね。 写真8までは、肩が動いた平面と腕が動いた平面がほぼ一致しており、体幹の動きで腕が振り切られた様子がよく分かります。 この ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事