ここから本文です
一日一麺
2016年も津軽の煮干しで♪ラーメン以外の食はアメブロ「素晴らしい食」に。

書庫全体表示

記事検索
検索

全271ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

青森市筒井八ッ橋の住宅地にある、鶏だしの専門店 麺屋ほたる。

イメージ 1
これまでも何度かお店の前を通っていましたが、駐車場が満車でなかなか入ることができませんでしが、吹雪のこの日は駐車することができました。

イメージ 7
テーブル席とカウンター席があります。今回はカウンター席へ。

お店のこだわり
イメージ 3
鶏白湯と鶏清湯の2つのスープのこだわり。どちらを食べるか迷います。

メニュー
イメージ 2
鶏白湯には白赤黒魚の4種類。魚=鶏煮干しそばは、かつて限定で提供されていたものが定番メニューになりました。鶏清湯は1種類。餃子もあります。

イメージ 4
基本の白と迷いましたが、煮干し好きにはたまらない、鶏煮干しそばにしました。
ぼーんずの丼と色違いの細身の深い丼。

イメージ 5
濃度もありますが、臭みが一切ない、丁寧に調理されたスープ。
程よい柔らかさのチャーシュー、海苔、メンマ、ネギがトッピング。

イメージ 6
たれに余計な甘みがなく、煮干しもしっかり感じる、非常に完成されたスープです。塩分も程よく、癖になります。

イメージ 8
麺は、ぷりぷりした中縮れ麺。スープによく合います。
スープも完食、ごちそうさまでした。他のメニューも食べたいです。

イメージ 9
麺屋 ほたる
青森市筒井字八ッ橋1377-1
11:00〜15:00、17:00〜20:00(19:30L.O.) ※4月〜11月は通し営業
月曜定休

この記事に

開くトラックバック(0)

青森市浜田の小さな中華料理専門店です。

イメージ 1
アットホームなお店ですが、料理は本格的です。

イメージ 2
お店の厨房には店主さんが1人、ホールは奥様です。カウンターと4人掛けテーブルが3席ほどのお店ですが、メニューが豊富です。

イメージ 3
一品料理もあり、定食もあります。
今回は麺メニューから、担々麺にしました。

イメージ 4
赤坂四川飯店の創業者 陳建民さんが、四川料理をヒントに日本人のために考案した担々麺。芝麻醤と甘辛の肉みその冬にもピッタリの一杯。

イメージ 5
甘辛の挽肉と茹でた青梗菜、ネギがゴマのスープに乗り、食欲が沸いてきます。

イメージ 6
青森市ではモヤシが加わった広州の担々麺、酸味が際立つ山水苑のタンタンめん、バリエーションが豊富な源ちゃんの担々麺、四川担担麺長尾の汁なし担担麺の人気も高いのですが、こちらは赤坂四川飯店のレシピに近く、完成された一杯です。

イメージ 7
麺は中細の縮れ麺。
辛さはそれほどでもなく、全体のまろやかさがたまりません。ごちそうさまでした。

イメージ 8
中国料理 万里園
青森市浜田字豊田357
11:30〜14:00
17:00〜20:30
水曜定休
(参考)

この記事に

開くトラックバック(0)

青森市古川のニコニコ通りに十三湖産しじみラーメンの専門店がオープンしました。

イメージ 1
すぐそばにイートインの直売所がある大谷製麺所のグループのようです。昭和のアーケードが残る市場通りの商店街、もともと喫茶店があった場所だと思います。

イメージ 2
暖簾をくぐり、扉を開けると、テーブル席とカウンターのきれいな店内。券売機で食券を購入します。しじみラーメン以外に、中華そばもあります。

イメージ 3
今回はしじみラーメンにしました。オープンキッチンの厨房で丁寧に調理され、着丼。

イメージ 4
五所川原市市浦や十三湖周辺で提供されている十三湖しじみラーメンに動物系の清湯を加え、小ぶりなバラチャーシューと麩を載せた塩味のスープ。

イメージ 5
十三湖産しじみならではの、透明感のある旨みを感じます。えぐみや雑味が少ないので、十三湖周辺ではしじみ汁は味噌ではなく、塩味でいただきます。そんな塩味のしじみ汁から生まれたのが市浦の「ドライブイン和歌山」で生まれた「十三湖しじみラーメン」。和歌山スタイルのスープに動物性のコクが加わったスープ。青森市本町の「十三湖本家しじみらーめん」のあっさり塩にも少し似ている気がします。食べ比べてみたいです。

イメージ 6
麺は黄色い細縮れ麺。スープによく絡みます。
中華そばも食べてみたいです。そろそろカレーのメニューも始まったと思います。ごちそうさまでした。

イメージ 7
十三しじみラーメン 麺処 卓
青森市古川1-11-1
11:00〜18:00 
月曜定休

この記事に

開くトラックバック(0)

こちらも子どもの頃からお世話になっているお店です。

イメージ 1
青森市新町通り商店街にある四季の千成。食事と甘味のお店です。

イメージ 2
寒い冬には並、上、特上の3種類ある鍋焼きうどんが人気ですが、今回はみそらーめんにワンタンをトッピングした裏メニュー「みそワンタンメン」を紹介します。

イメージ 3
実は、麺類に+100円でワンタンをトッピングすることができます。野菜もたっぷりのみそらーめん。そういえば、先日、鍋焼きうどんにワンタンをトッピングされている方もいました^^

イメージ 4
熱々のスープは、甘さを抑えた、どこか懐かしく好みの味わいです。

イメージ 5
麺は、細めのちぢれ麺。スープがよく絡みます。

イメージ 6
雲のように滑らかで薄いワンタンの皮。酒田の月系のワンタンを思い出します。店主さんもおすすめのしおワンタンメンも好きです。ごちそうさまでした。

四季の千成
青森市新町2-5-3
10:00〜20:00
日祝〜18:00
土曜定休、ただし第5土曜日は営業
 
(参考)
鍋焼きうどん
 

この記事に

開くトラックバック(0)

青森市長島の小さな中華料理店。

イメージ 1
赤い暖簾とシートには、ジャージャー麺と担々麺の文字があるとおり、他店とは違ったオンリーワンのたんたん麺とジャージャー麺が主力メニューのお店です。

イメージ 2
混雑時にはできるだけこの2つのメニューをオーダーするのが暗黙のルールです。それ以外には、五目ラーメン、豚肉細切りラーメン、もやしラーメン、ラーメン、マーボーめんの麺類

イメージ 3
中華料理の定食が数種類があります。

イメージ 4
今回は、ジャージャーめんと小ライスにしました。麺類は+50円でちょっと多めという裏メニューがありますが、肉みそがたっぷりのジャージャーめんにはライスが必須です。

イメージ 5
スープ入りのジャージャー麺は、山水苑ならではです。肉みそは濃い目の味付けなので、ごはんが欲しくなります。ライスには沢庵が付きます。

イメージ 6
スパイシーな肉みそにマイルドなスープ。自家製の辣油と酢で自分なりにカスタマイズすることができます。

イメージ 7
中細のちぢれ麺と肉みその相性が何とも言えません。

イメージ 8
途中で、この肉みそをオン ザ ライス
ご飯が進む最強の肉みそです。酸味が際立つたんたんめんも中毒性がありますが、じゃーじゃーめんも癖になる味です。ごちそうさまでした。

山水苑
青森市長島2丁目18-13
平日  11:30〜13:30、17:00〜18:30
土祭日 11:30〜13:30
日曜定休
 
ジャージャーめん

この記事に

開くトラックバック(0)

全271ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事