全体表示

[ リスト ]

こんにちわ。田宮2です。
昨今は「ボランティア」という言葉も定着し学校の授業に取り入れられるなど
メジャ−な物になりつつありますね。

しかし、今から20年前の1988年、まだボランティアというものは
マイナ−なジャンルだったと記憶してます。

そんな中、ボランティアの常識と限界に挑んだ漫画が月刊ジャンプに連載されていました
ただし、エロ漫画ですが、あえて紹介しましょう。
イメージ 1
小原宗夫先生の傑作漫画『瞳ダイアリ―』
イメージ 2
主人公・河合瞳(16歳)は財団法人「明日に向かってボランティア協会」に入会します。

実に偉いです、瞳ちゃん

そして、ボランティア協会の人から、ボランティアの心構えを伝授されます。
イメージ 3
「時には女性である事も超えねばならん場合もあ〜〜〜〜る」
瞳ちゃんの表情から見て

どうやら、この当時は、ボランティアとは学校や地域の皆様で、やるようなものではない

何か、壮絶な覚悟のいるものである事が、想像されます。
そう思うと胡散臭いですね、財団法人「明日に向かってボランティア協会」。

そんな花の女子高生、河合瞳のボランティア生活が始まりました


イメージ 4
ボランティアで家政婦さん、
イメージ 5
ボランティアで野球部のマネ−ジャ−
イメージ 6??これは・・・その・・・

これもたぶん何かのボランティア???だと思います


『瞳ダイアリ―』の話の主な流れは
「困ってる人が現れるorボランティア協会から依頼される」
            ↓
「瞳ちゃんが出向き、献身を超えた体当たりなボランティアを敢行」
            ↓
「瞳ちゃんスッポンポン」(そこはエロ漫画ですから・・・)
            ↓
「毎回笑わせてくれるオチ」
というパタ−ンでしたが、盗撮されそうになったり、露出狂まがいな憂き目にあったり、その体を張ったボランティア(?)は当時、ライバル誌『月刊少年マガジン』に連載されていた。
「いけないルナ先生」や「1+2=パラダイス」と
互角に渡り合える「少年エロ漫画」だったといえましょう。

では、中でも、傑作と名高い

「風呂屋のケンシロウ」の心温まるエピソを紹介しましょう

銭湯に来た河合瞳と友人2人。
イメージ 7番台を嫌がる少年がいます。

その銭湯の番台少年、風呂屋のケンシロウこと研二君

実は研二君は
イメージ 8ポロリ・・・
女体恐怖症だったのです。これでは番台も勤まらず、代々続いた老舗の銭湯は、風呂屋のケンシロウこと研二君の代で終わりだと、ご両親も大変心配しております。そこで
イメージ 9
瞳ちゃんの体を張ったガチンコボランティアが始まります

研二君の家でゲ−ムに誘います。
イメージ 10親がやめさせないのか・・・。
カ−ドをめくるゲ−ムのようです

イメージ 11それも、瞳ちゃんが考えたのね・・・

実にエロイです瞳ちゃん

しかし、これは行き過ぎですが、自発性あってこそが、ボランティアの真骨頂ではあります。
イメージ 12
この悩殺ゲ−ムで研二君の女体恐怖症は治るのでしょうか?
イメージ 13
・・・無理でした。

そこで、最後の手段です!
イメージ 14燃えるボランティア魂!!

ご家庭に一台!「お庭にリング」。研二君と瞳ちゃんがお庭でプロレスです。

どこまでも体を張る人ですね・・・。

試合中に瞳ちゃんは怪我をしてしまいます。
そして研二君に目を瞑らせ体に薬を塗らせます、
イメージ 15
かくして、研二君は女体恐怖症を克服したのでした。めでたしめでたし。
イメージ 16そして翌日、成長した研二君、ちゃんと番台に座ってます。
イメージ 17女のお客さんが来ても・・・
イメージ 18

「女、女、女だあ!」

「ともあれ、銭湯の灯が消えなくてよかったと思います」

逆に消える日を早めたのでは・・・??


いかがでしたでしょうか、『瞳ダイアリ―』。
瞳ちゃんはこの他にも、アイドルの替え玉になったり、看護婦になったり(←いいのか??)
話が進むにつれ

ボランティアのライバルが現れたり

女子高に潜入しエロ教師を検挙したり
高校生なのに1日婦人警官になって銀行強盗を捕まえたり
その活躍の場をもはや「ボランティア」の範疇を超える所まで広げていきます。



そんな人気絶頂だった瞳ダイアリ−も90年の有害図書騒動で発禁になってしまいました。
ボランティアに誤ったイメ−ジを植え付ける漫画だったからか、エロだったからか、理由は確実に後者でしょう)
しかしボランティアが今日と違い、マイナ−だった時代に
流行の発信元である女子高生がボランティアに挑む。ボランティア界の先駆者・河合瞳の名は
今後も人類の記憶に刻まれることでしょう
現在は出版されてませんが、もし機会があったら一読して頂きたい逸品です。


田宮2も、この夏、少しでも休みが取れたらボランティアに挑戦してみたいと思います。
もちろん脱ぎませんよ。

最後に、我等がボランティアのパイオニア、河合瞳ちゃんが語るボランティアとは。
イメージ 19
さすがはボランティア黎明期を経験された方。
言葉に重みがありますね。

出典「瞳ダイアリー」 小原宗夫 著  (集英社 刊)

この記事に

閉じる コメント(29)

顔アイコン

サーヤさん♪ようこそ。
瞳ダイアリーは「困ってる人を助ける」
そんな世界観が僕も好きでしたb


コメントから
瞳ダイアリーをかなり読まれてる方とお見受けしました。
一緒に語りませんか、いかがでしょう?

2010/4/13(火) 午後 9:28 田宮2 返信する

顔アイコン

タミヤ2さん、お返事有難うございます。そう言って下さると嬉しいです。宜しくお願いします。

瞳ダイアリーは瞳個人の活躍に加えて仲間達と力を合わせる点も見逃せません。協会のメンバーが各々の特技を活かす後半からの展開は老人を救ったり強盗を捕まえたりとバラエティーに富んでいて面白かったですね。
また、今回にもありましたがあけみのサポートも彼女の気風の良さも手伝って痛快でしたね。「素人」ゆえの懸命な姿から「友達」らしさが余すところ無く伝わってくるからでしょう。
こうした少年マンガの王道を踏まえた描写が今でも本作の魅力の一つになっている事を改めて感じました。 削除

2010/4/14(水) 午後 6:04 [ サーヤ ] 返信する

顔アイコン

サーヤさん、こちらこそよろしくお願いします。

瞳ダイアリーの中であけみの存在は大きかったですね。瞳とは正反対のスケ番キャラが際立っていて僕も好きでした。
宝石強盗に狙われていた時も一緒に瞳の家に泊まったのが、あけみでした、友情を感じますよね。
特に第1話でアダルトビデオ親子から瞳を救出する殺陣は最も好きなカットの一つです。
あけみを除いて瞳ダイアリーは語れませんし、小原先生にはあけみを主役にしたアナザーストーリーも描いて欲しかった位好きです^^)

協会のメンバーとの連携もとても良かったですね。

2010/4/16(金) 午後 6:01 田宮2 返信する

顔アイコン

タミヤ2さん、仰る通り宝石強盗の話も欠かせませんね。この回でもあけみの大立ち回りが見たかったです。

他に連携と言えば最初のレスで書かせて頂いた「瞳の幽霊」も有りましたね。山科コーチの為に、照明を用意したり、心にも無い憎まれ口を叩いたりするサッカー部員達。
そんな彼らの姿が瞳のメッセージと相まって読み進める内に胸が熱くなりました。

また、この後の山科コーチが蹴ったボールが花火に照らし出されるシーンは登場人物達みんなの想いが報われた事を象徴した屈指の名シーンでしたね。 ラストの精霊流しも余情を感じさせて素晴らしかったです。 削除

2010/4/17(土) 午後 3:03 [ サーヤ ] 返信する

顔アイコン

「瞳の幽霊」は第3巻収録の話ですよね。僕は第3巻だけ未入手なんですよ(涙
気長に探しますけどね(これが古本探しの醍醐味でもありますが)

以前お話された「瞳のライバル」ですが、これは確かいじめられっ子がいて、瞳とそのライバルがどちらが彼を救えるかを競い「背中流し」という拳法を教えて、いじめっ子を撃退する内容じゃありませんでしたっけ?

中学生の頃これを読んだ時の衝撃は未だに忘れられません(笑

2010/4/18(日) 午後 0:14 田宮2 返信する

顔アイコン

「瞳のライバル」の概要はタミヤ2さんの書かれた通りです。
時任少年に対して、「様々な手練手管を施す麗子と自らの体を練習台にしてトレーニングをさせる瞳」と言う組合せでした。「北風と太陽」に「ベストキッド」のパロディ、このバランス感覚も本作ならではの醍醐味ですよね。
時任少年が「背中流し」+「おっぱい洗い」を使っている時にはにかむ瞳が可愛かったです。

またこの回は、時任クンに催眠術が効かなかったので試しに瞳に掛けてみるシーンがあるのを思い出しました。
半信半疑だった瞳がたちまち空ろな目になって深い催眠状態に堕ちてしまいます。そして麗子が中座した隙に時任クンが脱衣を命じた途端
瞳は下着を脱いでいくんでしたよね?
「んふっ・・・はぁ〜・・・・」、「ああ・・・いい・・・きもち♪」 ウットリとした笑みを浮かべながら、我を忘れて生まれたままの姿になっていく下りにはこんな科白が合いそうです。
無理やり脱がされたり、相手を発奮させる為に脱いだりするのでは無く、暗示がもたらしているであろう快感に酔い痴れて裸になってしまう瞳はとても新鮮でした。 削除

2010/4/18(日) 午後 2:30 [ サーヤ ] 返信する

顔アイコン

やはりそういう内容でしたか(笑
確かヤンキーに向かって「おっぱい洗い」と叫びながら立ち向かっていく姿が可笑しかったです。

瞳ダイアリーは何年か前に再版されたみたいですが、早くもプレミアが高騰してますね。それだけ多くのファンに(もしくは一部のマニアかな?)愛されてますね。

理由の一つには、今のエロ漫画が失った(といっても95年以降、まともに読んでませんが:汗)独特の妖艶さが絵にあるような気がします。当時のエロ漫画は『ルナ先生』や『胸キュン刑事』等もありましたが、妖艶さでは瞳ダイアリーが群を抜いてる気がします。

2010/4/20(火) 午後 8:21 田宮2 返信する

顔アイコン

タミヤ2さん、お返事遅れてしまいました。

成るほど、確かに他の漫画と比べてヒロインが写実的に描かれていてそれが何とも色っぽいですね。如月麗子が宮沢りえ、相原翔子は当時のワンレンボディコンギャル等と言ったようにモデルを意識した描き方がされているからでしょう。
加えて性格の設定も麗子は強気かつ歯に衣着せぬ言動を取り、翔子はイケイケ。対象への世間一般のイメージを更に膨らませて各々の存在感を出していましたよね。 流行を取入れつつも単なるコピーで終らない小原先生の手腕は見事だなあと改めて感じました。 削除

2010/4/25(日) 午後 2:05 [ サーヤ ] 返信する

顔アイコン

いえいえお返事は気の向いたときで構いませんよ^^
サーヤさんの書き込みを機に、久々に読み返してみました。
仰る様に当時のアイドル等を取り入れつつ小原先生の独自のキャラ設定がなされていて、当時のエロマンガでは一線を画してますよね。
ただし、小原先生自身は「残念」としておりましたが、あけみに関しては最終回まで生き生きと描けたんじゃないかと思います。

読み返してみてギャグもかなり面白く(ツボでした)「瞳のMrレディ」で痴漢に下着を取らせる勝負は大爆笑でした。有害図書運動で消えてしまったのが本当に残念な名作ですね。

2010/4/29(木) 午後 5:38 田宮2 返信する

確かに!
トップに検索されるのですね。
何事でも一番であることの、その素晴らしさよ。ピース。

2011/1/26(水) 午後 11:12 アルト☆ 返信する

顔アイコン

ありがとうございます。
瞳ダイアリーで他に記事かいてる人が居ないか探したら、やっぱり僕しか居ませんでしたよ(涙

2011/1/27(木) 午後 5:54 田宮2 返信する

顔アイコン

はじめまして、なつかしいなーと思って見てました。今33才なので、このころは中学生ぐらいかな? 特に風呂屋の話はよく覚えてます。
目隠しで軟膏をぬらせながら「そこはおできよ」とかって、エロいなーと興奮しながら読んでました。また、違う話もみたいです。 削除

2011/3/31(木) 午前 11:38 [ くみ ] 返信する

顔アイコン

くみさん、はじめまして。ようこそ♪
そうです、「そこはおできよ」今、手元にありませんので確認できませんが、確かそんな台詞でしたね。
よく覚えてらっしゃいますね(笑)

瞳ダイアリーのネタは連休前か、後にはもう一度やりたいと思ってます。その時には是非またよろしくお願いします。

2011/3/31(木) 午後 3:37 田宮2 返信する

顔アイコン

小さい頃読んで衝撃を受けた漫画ですね
あの頃の月刊ジャンプや月刊チャンピオンは鬼のようにエロかったw
二十年以上経ってようやく復刻版を手に入れ、感無量でした 削除

2011/4/18(月) 午後 10:41 [ tym ] 返信する

顔アイコン

tymさん♪はじめまして。ようこそ。
何と!復刻版をお持ちですか!?
復刻版といえば、未収録の話や、未収録のカットがあるという噂ですが、どうなんでしょう?。写真で見ましたが赤い分厚い本ですよね?情報がございましたら是非、教えて頂けませんでしょうか?

いきなり、質問で申し訳ありません(汗

2011/4/19(火) 午後 9:46 田宮2 返信する

僕が瞳ダイアリーを読んだのは中学生の頃でした。
確か寝袋の話でした、当時こんなエロチックな漫画がある事を知らず凄く興奮した記憶があります
今のお子さんが見たらビックリするんじゃないかと思います。
当時の中学生はみんな興奮したものです。

2011/8/29(月) 午後 8:54 [ naoyan ] 返信する

naoyanさん♪
はじめまして、ようこそ。御指摘の話は、「瞳の無人島」という話ですね。

御曹司に一目惚れされた瞳がクルーザーに乗せられ、無人島で遭難する話でしたね。

しかし、20年前の漫画とはいえ、今の中学生に見せたらどんな顔をするでしょうね(笑)

2011/9/10(土) 午後 4:57 田宮2 返信する

顔アイコン

カッコいい!興味をそそりますね(^m^) 削除

2013/6/28(金) 午後 9:54 [ シャネル 財布 ] 返信する

顔アイコン

初めまして。私も、瞳ダイアリーに出会ってなかったら女の子の事色々学べなかったと思っています。月ジャンで読んだのは確か最初のページに「美穂より唯より静香より、河合瞳が一番良い!!」って書いてあったと記憶してます。残念ながら、内容は忘れちゃいましたけど瞳ちゃんが可愛かったです❤当時は、本気で瞳ちゃんと結婚したい!って思ってました(照

2016/11/4(金) 午後 9:57 [ hcj***** ] 返信する

顔アイコン

> hcj*****さん♪
はじめましてようこそ。
美穂より唯より〜の行はとてもいいフレーズですね。仰る通り、最初のページと最後のページの隅に、そういったフレーズが書き込まれてましたね。河合瞳ちゃんは、あの当時の月ジャンプでは随一の美少女キャラだったと思います。

2016/11/5(土) 午前 7:29 田宮2 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事