タンコミ&パラシア通信

鶴の居る村「鶴居村」からタンチョウや自然のことをお知らせします

全体表示

[ リスト ]

みんなでコーンほぐし

 昨日は村内小学校でタンチョウのえさづくり活動をしました。

 9月に収穫し、乾燥させておいたコーンを粒状にほぐす活動です。

 小学校全校児童に加え、村女性団体の面々をはじめとする地域住民、さらには収穫活動に引き続き、お隣標茶町の高校生も3名きてくれました。

 同校では9年目の活動になりますので、高学年は手慣れたものです。

イメージ 1


 コーンのほぐし方は各グループの高学年が1年生やはじめて参加するおとなに説明してくれます。

イメージ 2


 基本中の基本、ぞうきんを絞るように手でほぐします。ボロボロッと一気にほぐれるとなかなか気持ちのいいものです。

イメージ 3


 袋にコーンを入れて、ぼっこ(棒)でたたいてほぐす方法。この二人は餅つきのように交互にたたく、息のあったコンビでした。ストレス解消にもうってつけ?

イメージ 4


 コーンほぐし器です。かつて実際に使われていた秀逸極まりない器械です。長野県から寄贈された2台と、それをもとに友人が作ってくれたもの1台が活躍します。

 子どもたちにはすっかり当たり前の器械になりましたが、はじめて見る大人には新鮮な代物です。今年度赴任された校長先生も興味津々のようでした。

イメージ 5


 女性団体のみなさんも、子どもたちや仲間内で会話を楽しみながら作業にあたってくれました。

 ほぐし作業は1時間程度で終了しました。

イメージ 6


 粒状にほぐしたコーンを袋に入れて運ぶ後ろ姿に哀愁が…

 さて、この活動にはおとなもたくさん集まるので、毎回子どもとおとなの交流ゲームを実施しています。

イメージ 7

イメージ 8


 今回は高校生が作った「タンチョウカルタ大会」です。カルタを楽しみながらタンチョウについて学べるようにと、一年がかりで製作した試作品で、今回が初お披露目とのことです。

 子どもとおとなの混合グループを8つ。グループ内で対決です!

イメージ 9


 ちなみに、絵札の裏にはその句に関する解説文も記されていました。参加したおとなも絶賛の逸品でした!

イメージ 10


 やっぱりカルタは盛り上がりますね。

イメージ 11


 前のめり甚だしいグループ(笑 このノリ、大事ですよね!

 各グループの勝者は、ご褒美として最後のまとめのときにみんなの前で一言感想を言える権獲得です!

 ほぐし活動とカルタを通じて、だいぶ打ち解けてきた子どもとおとな。最後はできあがったえさの重さ予想です。

 今年度は3300本余りのコーンが収穫できました。本数としてはここ数年で最多です。過去最多は3100本余り、もっとも重かった年は400kg強でした。

 おとさん(私のことを子どもたちにはこう呼んでもらっています)ヒント「びっくりする結果」を受けて、予想は173kgから415kgとかなり差が開きました。

 結果は196.1kg。少なくてびっくりに軍配です。

イメージ 12


 見事にもっとも近い数字を予想したグループの優勝です。ご褒美はみんなからの熱い拍手です。

 6月中旬からの長雨、夏の低温傾向がコーンの生育に大きく影響したものと思われます。

 「実が小さい」と感じていた子どももいたようです。結果を受けて原因を考えるのもいいでしょう。作物はその年その年で生長の様子が違いますからね。

 学び、交流、笑いありのコーンほぐし活動も無事に終わりました。

 来月はいよいよラスト活動となるコーン寄贈です。毎年やってくる「6年生たちとの別れのとき」が刻々と迫っています。

タンチョウコミュニティのHP http://tancomm.web.fc2.com
パラダイスシアターのHP http://parathea.web.fc2.com/

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事