Buffett Parfait

資産形成のための投資日記

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

 このところ、日経平均が上がっている。円安のためである。日本の銀行は、欧米に比べて、サブプライム問題による損害額は小さい。一方、外国人投資家はここ2か月連続で買い越しである。日経平均は、この一年の下落率が大きかったので、底を打ってからの上昇率も世界市場の中でも高い。証券会社の今月のアンケート結果では、今後、日本株を運用に取り入れるとする海外機関投資家は、取り入れないとする投資家より8ポイント多いそうである。先月は−3ポイントだったので、今後、日本株は外国人買いで上がって行く可能性が高いと思われる。だが、一部の筋は、この夏が日本株の最後の逃げ場だとしている。

 円安・ドル高のため、日本株は上がるかもしれないが、経済環境は必ずしもよくない。インフレ → 政策金利の上昇 → 株安 の構図が懸念される。だが、一番の問題は、日本の政治である。東京市場が世界に通用する市場になるための、構造改革が進んでいない。このままでは、国と地方の財政問題が将来、円安の大きな引きがねになりかねない。第二に少子化問題である。その国の将来は人口構成で予測できる。経済規模は人口に左右される。日本の将来に、現在の豊かさはないだろう。ロンドンのように、移民を積極的に受け入れないと経済発展はあり得ない。だが、日本は未だに精神的には鎖国の国である。看護士や介護士に、タイやフィリピンやベトナムと言った東南アジアの人材を登用しないと、日本の高齢化問題は解決しないと予想している。

 以上のような長期的な問題があるので、国内の株式と債券だけで資産運用するのは、極めてリスクが高い。海外の株式や債券にも資産運用を振り分ける方が、安全なのである。確定拠出年金において、どこにどれだけ振り分けるかが、将来を決める。私は円高だった四月に、国内株式で運用するファンドをすべて売却し、海外株式と債券で運用する2つのファンドに拠出した資産をシフトした。

 

 

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

こんにちは

心の隙間を埋めてくれるホームページです。

よかったら見てください。 削除

2008/5/31(土) 午後 11:17 [ シマリス ] 返信する

顔アイコン

>私は円高だった四月に、国内株式で運用するファンドをすべて売却し、海外株式と債券で運用する2つのファンドに拠出した資産をシフトした。
思い切った運用ですね。
流石だと思います。
私も日本国内の株を海外(ベトナム株式)に移そうかと考えてます。

2008/6/1(日) 午前 0:27 vie**am_ha_*am 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(4)


.


みんなの更新記事