ここから本文です
多恩の備忘録
子育て奮闘中の病的てっちゃん。
こんにちは!

スワップミートに向かう 有楽町線からの投稿です😅

イメージ 1

いよいよ 箱にしました!
さすがに 強度が必要なので 瞬着をタップリ 使いました。

側面と妻板との境目には たぶん しなくても よいとは 思うのですが、サフェーサーを筆塗りし、平面の段差を極力 取り 仕上げました。

イメージ 3


試作品にて 多少の誤差はありますが、逆に フィードバックできたらと思います。端梁以外は 概ね良好でした!

イメージ 4


このあと、薄く サフェーサーを塗ろうかと思います。

イメージ 2


駄菓子菓子 3月はイベントも多く なかなか、先に進めるのは 難しそうです。まぁ、転勤は無かったし
痛いイタイ腰を落ち着けて、まった進めますょ‼



ではでは!

この記事に

開くトラックバック(0)

今まで 長い間 ご覧下さってありがとうございます😊

利根川のKATOは最後になります!

残るは ウェザリングだけです!

先ずは 佐原の実物の保存機を見ながら、滴り流れる錆をクリアオレンジで筆差ししました!
適度に塗って 薄め液を含ませた綿棒で 拭き取って 丁度良い塩梅になるまで 繰り返しします。

イメージ 1


次に 汚れを!
これが いつもやり過ぎるのですが
今回はマッドブラックのウォッシュ液でやったのですが 見事に?
真っ黒になっちゃいました😵
グライミーブラックか、ニュートラルグレー位の方が良いかもしれませんでした。
完全乾燥前に 薄め液で ある程度 拭き取りましたが!

イメージ 2

そのあと、 台枠には 土埃が舞って付着した感じを フロクウェルのマッドを薄く エアブラシで吹いて 上回りは錆を更に色差しし、クリアオレンジの錆垂れを追加しました!

イメージ 3

概ね 完了です。
見事に 現役を退いた 廃車体?
に近い? 状態に仕上がりました。

建設省の機関車等は手入れもよく 錆などは見られない! と ご指摘も頂いたので、建設省からの払い下げを 使い続ける 何処ぞの鉱山?
と言った設定になりましょうか😄

ではでは!

この記事に

開くトラックバック(0)

ご無沙汰しています。

時間がある時にまとめてアップしている関係です。

先日 塗装したファレホの塗装がまぁまぁ良かったので 何となく
古い木の塗り方を検索していたら見つけました!

イメージ 1

こんなんセットがあったんですね! 時間があった時に買って来ました!

イメージ 2

中には英文と欧文? の説明書が添付しています!
英語ほど苦手な物は無かったのですが 世の中 ずいぶん便利になり、
Google翻訳で 翻訳したら、とりあえず 分かる内容になったので たすかりました。
ただ、カメラで撮影すれだけで 勝手に翻訳してくれました。

イメージ 3

説明書通りにやっているつもりなのですが、説明書の写真の様には全然なりません😅
センスが足らないのか?
間違った翻訳をしていたりして😱

イメージ 4

いくつか、バリエーションを増やしたかったので、微妙にニュアンスを変えてみました!

イメージ 5

一応、こんな感じになりました!
初めは 石灰系の白い塊を運ぶつもりにしたかったのですが、どちらかというと 鉱物系になってしまいました😅😅

あと、一息です!

この記事に

開くトラックバック(0)

体調不良から、何とか復活しました。 まだまだ安静は必要ですが、
普通に仕事に出掛けて行っています🤕

先日、全体的に サンドイエローを吹いたので、ファレホの
【古い木の色】を叩くような感じで、色を乗せていきました。

続いて 【深い錆色】を水道水で薄めて 色をかけて、一部を綿棒で拭き取りました!

← サンドイエロー
上から【古い木の色】を塗った状態→

イメージ 1


取り敢えず、3両のみ、車輪を嵌めて様子を見てみました。


イメージ 2

いい感じかと、思います。
車軸周りはもう少し 暗くても良いかもしれませんね🤔

ではでは!

この記事に

開くトラックバック(0)

屋根の塗装をいったん剥がして、再塗装しました!

と 同時に 四屯☆俱楽部の箱トロも
塗りました!

イメージ 1

イメージ 2


プライベートでは、土曜日に大変な目にあいましたが、
なんとか、こちら側は順調です!

イメージ 3

箱トロに車輪は履かせていませんが、イメージ的には良い感じです。
あとは、綺麗に汚さなくては🤕

この記事に

開くトラックバック(0)

今回はモーターが比較的 低いので ギリギリ キャパシタが入りました! 超低速モーターにキャパシタで鬼に金棒?です!

イメージ 1


イメージ 2

しかし、結構タイトなので 屋根を開閉式にしておかないと キャパシタを簡易コネクター結線する為に取り外し式にせざるを得なくなり
当初は クライマックスで活躍した磁石でと考え実行していました。

駄菓子菓子

磁石を屋根に半田付けして、相方をボディに瞬着で止めても なかなか、上手く固定できずに 何回もやり直している内に屋根の塗装も禿げて 嫌になり、0.1mmの燐青銅板でアングルを作りその反力で固定する昔ながらの方式に変えました!

イメージ 3

なんて事はない、初めからそうしておけば良かったです。
綺麗に収まりました。
屋根は塗り直します!

イメージ 4


イメージ 5


あとはウェザリングと四屯☆俱楽部 謹製の箱トロの塗装で完了する予定です😄

また、暫く空くかも😅

この記事に

開くトラックバック(0)

実は 一年くらい前に ツィッターでIORI工房 様に タリスリンの客車を作ってもらえないか? けしかけてしまいました😅
大変気持ちよく 資料集めから 対応して下さり、2次試作? が先日のうどん会 で出来たと言う事で その制作をする事になりました!

説明書が無く IORI工房様の キットは初めてなので 設計者の意図とは違う部分もあろうかと存じますがご容赦下さい。

イメージ 1

この様な状態で、配布され、いつものIORI工房様のキットと同じよう状態です!

イメージ 2

まず、手始めに クリアーを全体的に塗布します。16番の昔ながらのサフェーサーを用いたのとは似て非なります!作り方は同じかな?

イメージ 3

クリアーを吹いてあるので 接着は薄め液で流していきます。
腰のある紙なのでかなり頑丈です!

イメージ 4

側面の板は裾に弧を描いているので、テーブルとマットで段差を作り 面相筆の柄でグイッと押すと
綺麗に出来ました!

続きます!

この記事に

開くトラックバック(0)

続きます。
塗装に入ります。
一通りの洗浄をやりあげ
いさみや のプライマーを吹きました。

イメージ 1

最近はこれしか使わなくなりました。ほんとう 良い製品です。

イメージ 2

建設省グリーンは調色しました!
実物を見たのが良かったかと思っています。以前作った ELの室内色を再調色しました😅

イメージ 3


イメージ 4

Hゴムは面相筆で艶消し黒を塗りました。 このあと、ウェザリングしたいので ラッカー系を使いました。

このあと、さらに続きますが 一波乱ありました😱

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事