ゲーム積み立て名人

ドラクエ10中心だけど基本ゲームブログ

全体表示

[ リスト ]

先日部屋の整理をしていた所
こんなものが出てきましたw
 
イメージ 1
もう十数年前でしょうか。古本屋でひっそり置かれていて購入した
         ドラゴンクエストへの道
監修
原作は石ノ森章太郎ってのがなんで?と思いましたが
 
    この本の内容は当時エニックスの
最初のドラクエを作ったクリエーターのドキュメント漫画
 
プロジェクトX的な感じですねw
イメージ 2
ドラクエ25周年という年に偶然出てきたこの漫画本・・・
これはブログで記事にして残しておかねばと思い記事します
 
登場人物
 
イメージ 8
     シナリオライター 堀井雄二さん
    この人がいなかったらドラクエもおろかRPGというジャンルが
          ここまで確立しなかったであろうRPG界の神様
 
 
 
イメージ 9
            メインプログラマー 中村光一
    ドラクエ1〜5までチュンソフトのメインプログラマーで参加
       ドラクエのゲームバランスを絶妙にしてきた
         縁の下の力持ち的存在でしょうねw
  6〜7がやけにおかしな感じになったのは彼が抜けたからかなとも
       思ってるほどで彼のセンスは素晴らしかった    
 
 
 
 
イメージ 10
      キャラクターデザイン 鳥山明
  キャラクター、モンスター、を鳥山先生がデザインをしてなかったら
  ドラクエが大ヒットするのはもっと時間がかかったかもしれないほど
    存在が大きいでしょうなwゲームの中身がいくら面白くても
    最初は見た目から入るものですから・・・・(^ω^;)
 
 
 
 
イメージ 11
        ゲーム音楽担当すぎやまこういち
 
当時小学生低学年だった自分は誰それ?程度でしたが
親戚の音大に通っていた姉ちゃんがそれを聞いて
「ええ!?ゲームの音楽にすぎやまこういちがやるの!?」
と・・・驚いていたのを覚えてます。
それほどの巨匠の人が当時無名だったゲーム作品にOKしちゃうなんて
ある意味エニックス・・・すごいですね
 
漫画をみる限り・・
ドラクエは家庭用では初のRPG作品
イメージ 12
当時のこの時代はアクションゲームとシューティングゲームが主流で
RPGなんて確立されてなかったんですよね・・・
 
今は確立されてるジャンルだけど
モンスター倒す→LVUP(強くなる)
武器、防具を買ってさらに先の世界に進むという作業は・・・
面白そうだけどなんか難しい?という印象がありましたね
 
   /      \   
  /  \   ,_\  かくいう積み立て氏も  
/    (●)゛ (●) \ ドラゴンボールの絵の人のゲームだ!!
|  ∪   (__人__)    |  という感じで買ったので 
/     ∩ノ ⊃  /   RPGなんて全く知らなかったんだ  
(  \ / _ノ |  |   
.\ “  /__|  |   
  \ /___ / 
んで今の家庭用RPGのコマンドウィンドウも広めたのもドラクエでしょうね
イメージ 13
元々ファミコンにキーボードがなくてコマンドやステータスの数値が
十字ボタン&Aボタンで簡単に選択して
手軽に見れるようにしたらしいのですが・・・
 
最初のドラクエ1は結構めんどかった
イメージ 14
いままでアクションゲームとかしかやってなかったから
 
最初本当になにもかもがはじめてのRPG作品だったので
このコマンド選択とかっていうシステムがなかなか理解できなかった
「はなす」にしろ当時は北、東、南、西とかいちいち方向でとかだったし
「しらべる」「どうぐ」「とびら」なんて色々めんどくさかった・・・・
扉で閉じ込められてスタートなんだ!?とか突っ込みを入れてましたが
 
         ただこの本の内容だと
イメージ 3
王様の部屋でコマンドの意味を理解するために
 
宝箱を開ける「とる」
兵士が今後の情報をくれたり「はなす」
宝箱の中の鍵で扉を開ける「とびら」
この作業をやった上でドラクエの遊び方を理解するって事なんでしょうね
 
私この王様の部屋に出るのに
友達と・・・説明書何度も見て
当時2時間かかりました
 
     次は戦闘ですね・・・
イメージ 4
当時選択で「たたかう」「にげる」「呪文」「どうぐ」
ええ!?これが戦闘!?って思いましたもん(゚Д゚;)
アクションゲームばかりやっていたので
いままではジャンプしてよけてボタンで攻撃とかでしたら
 
イメージ 5
文字と数値で想像力で楽しむという
その面白さに気づくのは
結構時間がかかりましたねw
なんで逃げられないんだよ!!とか
剣で斬るとこ、呪文とか動いてる画みたいとか
 
それは後の最新ハードでのシリーズ作でそれは叶うのですがねw
 
 
そしてRPGでいう敵との強さの観点
イメージ 6
すぐにどこの場所でもいけると思ってたら
いきなり強いモンスターがいて
そいつを倒すには今いる場所で楽に倒せる敵を
たくさん倒してLVUPして強くなり
その強いモンスターを倒していく!!という
作業をはじめて理解しておお〜すげえ楽しいよ!!
どんどん強くなっていく!!って感じましたねw
ドラクエ1をやって・・・・
 
しかし漫画を見る限り・・・なにもかもが
新しいジャンルへの挑戦そりゃ〜作るのは大変だったでしょうね
限られた容量・・・・ゲームのバランスとか
イメージ 7
 
 
 
そして完成寸前に・・・・大きなトラブルが
イメージ 15
    戦闘が単調になる事実・・・
 
でもこのままの仕様で
ゲームを発売したくない
イメージ 16
 
当時無名のゲームで発売延期なんて
メーカーとしてはどうしても避けたい
 
 
 
しかし・・・
イメージ 17
中村さん堀井さんの説得で延期にして
ゲーム再調整通る
 
 
 
 
 
そして・・・・・
イメージ 18
   無事完成
イメージ 19
そして伝説へ・・・・・・
 
多少・・・漫画の演出で過剰に描かれているかもしれませんが
でもはじめての家庭用のRPGというジャンルに
妥協しないいい作品を作る当時のエニックスの挑戦!!
今のドラクエにこの熱意・・・あるのだろうか
 
 
    :/ ̄| :  :  ./ /  #  ;,;  ヽ
  :. | ::|    /⌒  ;;#  ,;.;::⌒ : ::::\ :  この思いを忘れずに
    | ::|:  / -==、   '  ( ●) ..:::::|   ドラクエⅩも気合いれて
  ,―    \   | ::::::⌒(__人__)⌒  :::::.::::| :   作ってくれる事を祈るぜ
 | ___)  ::|: ! #;;:..  l/ニニ|    .::::::/     
 | ___)  ::|  ヽ.;;;//;;.;`ー‐'ォ  ..;;#:::/
 | ___)  ::|   .>;;;;::..    ..;,.;-\
 ヽ__)_/ :  /            \   ハァハァ....
 
 
ワンクリックしてくれたら元気でますw
にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム情報へ
ブログ村に参加中です♪
 

この記事に

閉じる コメント(10)

ドラクエ3に出会った小学生当時は、誰が音楽担当してて誰がシナリオ担当してて、とか深く考えることはしなかったのですが、、
あの時は単純にゲームを楽しんでただけですね〜
それでも ほりいゆうじ さんとか 鳥山明さん、 すぎやまさんなんかは名前だけは知ってましたね^^
ドラクエの絵とドラゴンボールの絵を描いてる人が同じ・・・っていうのを知ったのはいつだったかな、結構先のことでしたww(ドラクエ4の頃)

ドラクエが出来るまで、大変だったんですね〜
でも25年たった今もこうやって愛されてる作品って凄いですよ^^
そう考えるとドラクエ気粒歩きやコマンド選択も味があっていいな、と思えてきましたww

それにしてもこの頃からゲーム延期のお話があったとは^^;
今じゃもう当たり前の代名詞みたいになってきつつありますが・・・

ぽちっと。

2011/7/6(水) 午後 4:00 メラミ 返信する

顔アイコン

振り返ってみても、あれだけ豪華なスタッフで作り上げた
ドラクエはやっぱすごいですね(」゜□゜)」!
最近のドラクエは多少おかしなことになってますがw(´゚艸゚)∴ブッ
(「バックダンサー呼び」の演出とか愕然としました....(;_ _)/|)
最新作召盡凝世吠屬辰董△いず酩覆砲覆襪箸いい任垢唯

2011/7/6(水) 午後 6:12 びっぐ 返信する

顔アイコン

グルガです

ドラクエ3でパーティを家族の名前にしたのはよい思い出です

2011/7/6(水) 午後 11:25 [ ziz*s*ma*23 ] 返信する

顔アイコン

懐かしいですね〜!読んだ事ありますよ!

当時ですら、堀井氏を始めとするメインスタッフの修正振りに、多少違和感を感じたのは内緒ですwww


この時期、何故か石森プロは描いてるのは本人じゃないけど、ゲーム関係の仕事に関わってましたよね?

ゼルダの伝説の漫画とか。


RPGが、日本のゲーマーにとって人気ジャンルになった現在では信じられませんが、当時のエニックスの幹部の反対を押し切って、堀井氏達がドラクエ開発を強行して本当良かったです!(スクエニ共々)

2011/7/7(木) 午後 4:05 fukuro 返信する

顔アイコン

メラミさん

自分の時はドラクエ1からですが・・・
これがRPGとかゲームの中身の情報もなく
ただパッケージがかっこいいだけで購入したので
最初遊んだ時はなんだこのゲームは!?(゚Д゚;)
というのが第一声でした・・・

家庭用初のRPG作品なので
今みたいにたくさんのRPGとか無かったので
お手本がありませんでしたからね
それを手探りで生み出す挑戦は大変だったでしょうな
フィールドのキャラクターとかあの時代は横向き、後ろ向きまで
手が回らなかったのかもしれませんね(^ω^;)

確かドラクエ1〜3までは毎年一本出てたんですよw
4以降から延期しまくって2年に一本・・・3年後にとか・・・
延期が恒例行事の作品になった感じですね

ポチありがとうございます

2011/7/7(木) 午後 8:25 積み立て氏 返信する

顔アイコン

BIGさん

そうですね・・・当時ガキだった時は
ドラゴンボールの鳥山明さんしか分からなかったですが
今大人になって思うと売れるか売れないかわからない無名の作品で
ここまで豪華なスタッフって凄いですねw
最近のドラクエは過去の栄光にすがってる感がって
なんでもアリ感がありますがそれはそれでいいと思いますw
でも修呂舛腓辰犯妙だったんで
原点回帰で爾澆燭い淵疋薀エぐらいまで戻ってほしいです
もう携帯ゲームでシリーズ作品のナンバリングタイトルは勘弁です

2011/7/7(木) 午後 8:30 積み立て氏 返信する

顔アイコン

グルガさん

世代的にはポケモン世代って感じがしますが
ドラクエ3やっていたとは意外でしたな堯゚∀゚ノ)ノ
昔は仲間の名前は漫画の好きなキャラの名前でしたが
次はDQ3はアニメ、ゲームのヒロインキャラを名前にする予定です
今度のDQ3での冒険はハーレム状態です(*´д`*)

2011/7/7(木) 午後 8:43 積み立て氏 返信する

顔アイコン

嶋さん

よくは覚えていないのですが初版のと重版のと
表紙が違う仕様なんですよね(;^o^)

若干漫画ですから若干修正されてはいますね
特に中村光一さんはw

絵は別の人で原作は石ノ森さんぽいですが・・
どこまで携わっているのかわかりませんが
この時代結構大御所の漫画家さんが結構ゲームの漫画書いてましたね
永井豪さんがサムライスピリッツとか描いてましたしw

RPGの発祥はウィザードリィからのアメリカですが・・・
この堀井さんのドラクエでRPGというジャンルを
アメリカ以上に日本にRPG根付かせたのがドラクエですからね
堀井さんは日本のゲームの歴史の異端児と言っていいでしょうね

2011/7/7(木) 午後 9:00 積み立て氏 返信する

顔アイコン

持ってます。

原作石ノ森章太郎ではなく監修であって、作画が石森プロですよね。
漫画的に石ノ森章太郎っぽさは感じられないので、目を通しただけではないでしょうか?

この本の最後に完成後バクが発見され急遽リテイクというエピソードがありますが、もっとそのあたりも掘り下げてほしかってです。

それにしてもかなり面白い漫画なので、古本屋で見つけたときは購入オススメですね。

2011/7/11(月) 午前 5:38 [ nsx**991 ] 返信する

顔アイコン

nsx**991さん

コメありがとうございます。
あっ石ノ森さん原作でなく監修でしたね
申し訳ない修正しておきます(^ω^;)

最後の方にバグが見つかって緊急で任天堂まで
行くというエピソードありましたね・・・
このドラクエへの道の本ネタなにげなく書いた記事なのですが
知り合いからの予想以上の反響や
他のブログサイトの方々がこの記事紹介させて頂いたりと
かなり資料価値のある内容だったんだな〜と再認識しました
また機会があれば,この本の内容を
もっと掘り下げてみようと思いますw

実際はもっと現場は大変だったかもですが
本の内容はかなりリアルに見せておりますねw
古本屋で見つけたら是非ドラクエファンは買って欲しい本ですね

2011/7/11(月) 午後 4:37 積み立て氏 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事