【紀州犬】犬と歩けば棒にあたる!【一期一会】

『今そこにいる犬を観る』 しつけ方法を学ぶよりも、犬という生き物への理解が大切。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
紀州犬
 
 
イメージ 2
雑種犬
 
 
   〈^●(エ)●^〉オススメ商品情報   
 
 
フリース・ラインド・ハーネス(FLH)&パーフェクト・フィット・ハーネス(PFH)国内販売店
 
  Sala Lab(サララボ) オンラインの専門ショップです。
 
  愛犬と同伴できる店 ひまわり食堂 店頭にて試着・購入も出来ます。
 
  当企画のお散歩会 装着してのお散歩体験が出来ます。(販売非対応)
   または、つくば市内にお越し頂ければ、お試し体験・サイズ相談に応じます。
 
 
 
 
◆その他関連記事 
 
 
 
 
 
 
購入をご検討される場合、上記販売店がオススメです。
 
その理由は・・・
 
フリース・ラインド・ハーネスはサイズも一通りラインアップされてはいますが、犬の体格、体型によってはサイズ選択が微妙な場合があります。
 
例えば、胴回りは3号で調度良いけど、首周りが大きい。
 
そこで2号にしてみると、今度は首周りは小さいなど。
 
そうなると2.5号が必要になる訳ですが、こんなときパーフェクト・フィット・ハーネスならば個体に合せて3つのパーツがサイズ選択が可能で、ピタッとフィットするのです。
 
いわばセミ・オーダー・ハーネスのようなものです。
 
そして上記販売店では、フリース・ラインド・ハーネスのサイズ相談に際して、個体や状況に応じてパーフェクト・フィット・ハーネスも提案して頂けることがメリットです。
 
なお、当お散歩会でもフリース・ラインド・ハーネスにてサイズが合わない個体にはパーフェクト・フィット・ハーネスをご案内してはおりましたが、残念ながら試着品はフリース・ラインド・ハーネスしか導入しておりませんでした。
 
しかし最近、パーフェクト・フィット・ハーネスの試着品も順次揃えております。
 
現在15mm、20mmは試着在庫あり。 11月にはタイニーサイズを導入予定です。
 
タイニーとは極小サイズのことで、フリース・ラインド・ハーネス【0号】よりも小さい適合サイズの商品です。
 
骨格の小さな極小犬種や猫にもお勧めのハーネスです。
 
また、パーフェクト・フィット・ハーネスの価格はとても良心的で、大型犬用の40mmでも小型犬用の価格と大差がありません。
 
これは大型犬ユーザーにとっては嬉しい話ですね。
 
 
 
フリース・ラインド・ハーネス(FLH) or パーフェクト・フィット・ハーネス(PFH)
 
どちらを選ぶかについてですが、FLHのサイズ選択については通常の犬であれば5号までが強度の面では安心です。
 
6号は強度の点からするとPFHがオススメです。但し、老犬で力も弱くてリードを引っ張らない犬であれば大丈夫とのこと。
 
FLHは引っ張り強度が決して強くはありません。そもそも犬が強く引っ張るような散歩を前提とせず、犬に優しいリードワークを前提とした設計なのかも知れませんね。
 
ですから引っ張りが強い犬に関しては、ある程度の強度があるPFHのほうがオスメです。
 
その他、バックステップで後退する癖がある犬には要注意。FLHは首周りがゆとりがあるので、瞬時に首抜けする可能性があります。
 
別の言い方をすると、飼い主が無理にリードで引っ張って、犬が抵抗するべく後退してしまうよな乱雑なリードワークを行ってはいけないということです。
 
もちろんリードを優しく扱ってもバックする犬もいますので、そのような場合はフィット性の高いPFHがオススメです。
 
商品画像につきましては愛犬と同伴できる店 ひまわり食堂をご覧になると、分かりやすく紹介されています。
 
商品の最大の特徴ですが、FLHおよびPFHに変えることで犬は首から上が自由に動くようになり、散歩の際の匂い嗅ぎやボディランゲージにおける頭部の使い方も自由度が増し、犬の行動がより自然に近くなります。
 
その結果、犬の行動ニーズも満たされ、過剰な行動抑制のストレスもなくなることで反発行動も減り、散歩もしやすくなります。(犬に優しいリードワークが前提の話)
 
それから使用上の注意ですが、散歩以外の目的では使用しないことがポイントです。
 
ハーネスは係留用ではないので、係留の際は必ず首輪を使う事。
 
そもそもハーネスによる係留は、リードが身体や脚に絡まるリスク大です。
 
それから、家や犬舎で係留することなくフリーでも、装着したままにしないこと。
 
散歩の際のストレスを軽減する効果は有りますが、休む時まで体をハーネスに包まれていたら逆にストレスになります。
 
また、その不快感から逃れる為にハーネスを噛みちぎってしまうこともあります。
 
洗濯については、洗濯機の場合はネットに入れて洗わないとフリースが痛みます。
 
または手洗いがオススメです。(ちなみに私は手洗い実施。)
 
という訳で参考までではありますが、ご質問などございましたらお気軽にどうぞ。
 
 
 
 
 

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

モデル犬 雑種の方がおりこうそうに見えるのはなぜ?
ロクはFLHを使用しています。PFHもサイズをとっかえひっかえ試着しながら購入したのですが、ロクの体に合わなかったのか、首輪で散歩していた時のように、「ゼコゼコ」言い出したのでFLHに戻しました。

現在は汚れのわからん黒を使用しています(-.-)

ちなみにリキは、係留中にぶら下げてあった新品のハーネスを食いちぎってくれました・・・・ 削除

2013/10/26(土) 午後 6:18 [ Mrうー ] 返信する

顔アイコン

Mrうーさん♪ こんばんは。

>モデル犬 雑種の方がおりこうそうに見えるのはなぜ?

それはですね、隣りの芝は青く見えるのと同じで、隣りの犬は賢く見えてるだけかと。でも、お隣からリキを見たら、隣りの柴は白く見えるという話になっているかと思います。そしてロクも白く見られているかと。(笑)

覚えていますよ。仰っていましたね。何故かPFHの時はゼコゼコすると。PFHのほうがより胸元もフィットする形状な訳ですが、リードの張りに伴う胸元への圧がゼコゼコする原因ではないかと思われます。

実際にPFHを装着しての場面を観ていないので推測に過ぎませんが、首輪にした時にどうかと、リードワークによる刺激がないのかなど、その辺の検証を行うと謎が解けるような気がします。

ぶらさげてあった新品ハーネスをですか? それは家計に優しくないですね。(痛) 新しいモノは何でもオモチャになりやすいので、ハーネスに限らずお気を付け下さい。(^^)

2013/10/26(土) 午後 7:00 taronusi 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事