人生はいろいろ

人は様々な生き方がある 悔いの無い人生を生きよう。

全体表示

[ リスト ]

氷見神社

周南市鹿野 秘密尾の氷見神社社叢 (ひみじんじゃしゃそう)
 
この氷見神社は、秘密尾海抜500mの所にあります 

昔は、周りに集落が有ったのでしょうが、今は朽ち果てた家屋が木々の中に見えます

近くの田畑も放棄され、荒れ放題 歴史のある神社だけが森の中に鎮座してます

言われでは、この神社の上宮は女人禁制となっていますが、上宮とは、氷見神社社叢

つまり氷見神社裏山(社叢)が御神体だそうです ですから中宮までは、女性も参拝できる

と言う事です。 またこの神社は、20年に一度遷宮(せんぐう)際がされており

つまり伊勢神宮のように、中宮の建て替えが行なわれています 

次回は、再来年の23年だそうです。


一の鳥居をくぐり
イメージ 1


二の鳥居 神社の森に入って行きます
イメージ 2

三の鳥居 足元も苔生してきました 

イメージ 3


御神木 大きな杉の木です
イメージ 4


中宮が見えてきました 静かです 誰もいません 

イメージ 5

奥に見えるのが中宮 やはり中宮は新しいですね
イメージ 6

大きな石碑が、上の二文字は百姓と読めますが、後は読めませんでした

イメージ 7


イメージ 8

氷見神社と社叢
 神社が創建された貞観(じょうがん)7年(870年)、広大な原生林を切り開くのに七日間かかり、やっと太陽を拝めたということから、ここは日見尾(ひみお)と名付けられたそうです。後年それが訛(なま)り、明治までは「ひびゅう」と呼ばれていました。
 明治20年頃、禊(みそぎ)の権威者・川面凡児(かわづらぼんじ)が二年間ここに籠(こも)り、神道修行の形態を完成させてからは、禊の行場として有名になりました。
 杜には禊の滝などの修験(しゅげん)道があり、地名が神官の「秘密の勤行(ごんぎょう)」に由来するという説も生まれました。

この記事に

閉じる コメント(14)

ひろしさん、こんにちは☆
すっごくいろんな事を調べられてブログにされてるんですね!
びっくりです(*o*)
私は頭が悪いし本も読まないので 変なコメをしそうな感じで
緊張します(汗)
足元というか階段の苔は見事だと思いました。
たくさんの時間が経って 色褪せたとしても、素敵だったら
いいなって思います。

2009/12/26(土) 午後 7:34 [ - ] 返信する

アバター

みちさん 訪問ありがとうございます
神社仏閣特に歴史のある場所が好きなのです
その場所に立ち昔を想像する これもまた良いものです
遠い昔の先人達の夢の跡を追いかけて・・

2009/12/26(土) 午後 8:19 ひろし 返信する

ちょっとだけわかるような気がします。
高校の修学旅行で京都に行ったのですが その時は退屈だったくせに
大人になってから行くと すっごく感性豊かに神社仏閣を見ることが
できます。不思議ですね☆そして必ず「もっと歴史を勉強しなくちゃ
」って反省します(汗)
ファン登録させていただきました♪
これからもよろしくお願いします(^0^)/

2009/12/26(土) 午後 8:45 [ - ] 返信する

アバター

みちさん ありがとうございます
歴史って本当におもしろいですね
旅行に行く時前もって行き先の歴史を調べて行くと
観光もまた違う見方と楽しみ方ができます

2009/12/26(土) 午後 8:55 ひろし 返信する

ひろしさん こんばんは。

古い佇まいの神社を見ると、心が引き締まる様な気がします。
由緒ある神社なのですね。
石段を登って、辺りの景色を眺めながら
訪れる人も少なくなった神社を巡り
歴史を身近に感じて来られましたね。

…当たり前ですが、雪がないんですね^^;

2009/12/27(日) 午前 0:23 [ - ] 返信する

アバター

つきちゃん こんばんは

この神社は本当に山奥で、近くの集落は皆いなくなり 廃屋だけが
寂しげに建っています ワサビ畑の跡 子供のいない学校
牛も鳥もいない家畜小屋 皆 人恋しげに建っています
朽ちて崩壊した家屋も・・ 神社だけは氏子の人が、管理されているのでしょう 木々が茂り忘れ去られないことを祈るのみです。

そうですね 雪は、まだ積もりません 山沿いでは少し積もることも
ありますが、直ぐに溶けてしまいます。

2009/12/27(日) 午後 7:52 ひろし 返信する

アバター

いつかこのルートから馬糞に登ってみたいです!
で、上宮はどのような状況なのでしょうか?!
知らずに立ち入ったら・・・?誰かが監視してるのでしょうか?(汗)

2009/12/27(日) 午後 11:06 puni 返信する

アバター

プ二さん 上宮は裏山全山を言うのではないかと、登った人は
小さな滝があり 巨岩やブナ 裏白樫の木などが多くあると書かれていました ここに人の気配はありません もちろん監視もありません
見てるのは神様だけと思いますよ(笑)僕が馬糞に登ったルートは
この神社より少し道を進んだ所から登りました。

2009/12/28(月) 午後 1:32 ひろし 返信する

こういう場所って何となく静かだからか
時間がとまってるような不思議な空気ってありますよね。
歴史を知ることはもちろんだけど、どこか落ちるける場所っていうか…
神社やお寺って日本独特の物なきがするのでそういう場所が身近にあるって凄く有り難いと思います。

2009/12/29(火) 午後 10:37 ☆★ メグ ★☆ 返信する

アバター

メグちゃん お寺や神社って、静かだし 何か心を落ち着けてくれる物があるような気がします 永い歴史がもつ重みでしょうか 人々が
信仰し大事にしてきた神社 これからも大事に子孫に残しておきたい文化財ですね

2009/12/29(火) 午後 11:01 ひろし 返信する

アバター

クロイさん 大変失礼いたしました
今日まで、コメントに気付かずにいました
氷見神社には、また行って見たく思います

2012/6/7(木) 午後 7:48 ひろし 返信する

アバター

大三元さん はじめまして、
歴史を調べて行くと、ほんとうにおもしろいですね

2012/6/7(木) 午後 7:50 ひろし 返信する

顔アイコン

昨日、初めて行ってきました。
歴史を感じる神社でした。せっかく行ったのに、奥の中宮を拝見するのを忘れていました(泣)

一の鳥居と二の鳥居の間に、お寺にある様な鐘が設置されていたので鳴らしてみました。誰もいない森の中に響き渡る鐘の音もなかなか良いものでした。

大きな杉の木にも触れ、パワーをもらったつもりでいます(笑) 削除

2014/8/17(日) 午後 10:54 [ Airi ] 返信する

アバター

Airiさん 無人の為 神秘感を感じる 大木に歴史を感じますね
鐘 確か信徒さんの寄付だったと思いますが、神社に鐘?と思ったのは僕も同じです 秘密尾に氷見神社名前にも、何か神秘を感じます
ご訪問ありがとうございました。

2014/8/18(月) 午後 6:53 ひろし 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事