ここから本文です
音の味わい、人の味わい
オーディオに癒しの音を求めて・・・ギターもちょっぴり

書庫全体表示

イメージ 1

良い音が出たと喜んでいたら、少々気になる記事に遭遇しました。スターリングの新旧モデルを聴き比べるという興味深い内容で、SS誌92年秋号に掲載されています。(上の写真の大きさは新旧明確化のためであり、実サイズの変更はない)

レビュアーは、音楽評論家・草野次郎氏とオーディオ評論家・菅野沖彦氏。草野氏は同誌別冊のセレクトコンポシリーズ1・7のスピーカー編で、スターリング(TW)を、いずれの号でも絶賛している名うてのタンノイファンです。

100機種を超えるこれらの評を通じて、草野氏の感覚は「お友達になってもいいな」という、共通部分が多いです。菅野氏は、好きではありませんが敬意は払うといった存在。総合すれば、記事内容は信頼できると言ってよいでしょう。

92年は、タンノイのプレステージと称されたこのシリーズ製品がHWからTW(テクノウェーブガイド)に変わった年です。HWの原意はわかりませんが、オリジナルからの変更箇所は、ネットワ-クに基盤を使っていない点。TWでは、デジタル時代への対応をふまえてユニット自体が変更されています。

この経緯をみると、真空管とのマッチングやいわゆるタンノイの持ち味はHWが上だと思われます。

記事は、GRFメモリー、エジンバラ、スターリングの3機種について、入念に新旧比較試聴をしています。記事のポイントをかいつまんで列挙すると以下の様です。

 。硲廛轡蝓璽困凌Ш未楼鼎ぁ
◆。硲廛轡蝓璽困寮宿覆蓮低域のエネルギーが団子になって分解能が劣る。
 シリーズ中で、スターリングは出来がよく品格がある。
ぁ。圍廚砲覆辰栃明宿覆箸い┐襪曚媛擦良くなった。とくにスターリングは
  高域の滑らかさ、スケール感の向上が他の2機種以上に顕著である。

といった具合で、TWは革命的な改善だと持ち上げています。

次のTWW、さらにはトールボーイに形状が変化したHEでも同様の絶賛があったのでしょうか。この調子で新製品が良くなってきたとすれば、20年前の製品など聞くに堪えないということになる道理ですが、そうはなっていません。それどころか、「今日の製品には求めにくい味わい」などという新製品のコピーさえ散見されます。

それはさておき、前述のように、HWは完成度の低い製品だったと烙印を押されてしまっているのでした。

しかし、と思ってみます。これは、あくまでもSS誌試聴室で鳴った音の評価です。部屋も組み合わせる機種も異なれば、評価が逆転することもあり得ます。オーディオとはそういうものだということは、少し経験のある人ならみんな知っています。

これが、所有しているHWモデルの絶賛記事だったら、そんな音の出ない我が環境、我が手腕にふがいなさを感じたかもしれませんが、「良くない」と書かれると、もっと良い音で鳴らしてみせるとファイトも湧きます。その意味では良い記事に出会ったというべきでしょう。

スターリングはコルクバッフルで、ツィーター部分は、御簾内に鎮座する平安の姫のごとく、慎ましくネットで覆われていなければなりません。この条件にマッチするスターリングは、このHWまでです。

美しい人に理屈抜きで惹かれるように、スピーカーのたたずまいに惹かれる・・・。スターリングは私にとってそういうスピーカーです。

(妹のグリニッチにも未練はありますが。(^^; )

閉じるコメント(7)

  • 顔アイコン

    >>>烙印を押されてしまっているのでした
    それほどがっかりする必要はないと思いますよ。例の販売促進用の記事ですよ。これが”変わり映えしない”とか”前の方が良かった”なんて書いたら、TEACからクレームが飛んでくるでしょう。
    タンノイ色が少し薄れて、広帯域化した程度の変化だったと思います。
    それより刮目すべきは、オートグラフミニに搭載されている最新ユニットです。量販店の喧騒の中で試聴してみたのですが、そのオーディオフロアを出て隣のフロアに移動しても、音が届いてきたので本当にびっくりしました。 削除

    [ スナツル ]

    2008/7/18(金) 午前 1:38

  • 顔アイコン

    スナツルさん、

    ご指摘の通りだと思います。私も承知で、欠点も含めてタンノイらしいタンノイを求めたので、現状には満足しております。

    オートグラフミニ、びっくりですね。発売当初は、スピーカーとしての性能はあまり評価されていませんでしたが、徐々に良いスピーカーだと言われるようになっています。私もデザインには惹かれますが、値段もけっこうするので、簡単には購入できません。

    たっちん

    2008/7/18(金) 午前 2:23

  • 顔アイコン

    初めまして。訪問者履歴から来ました。

    HWはハードワイヤリングの意味でロックアップのネジ式のアッテネータを指してると思います。

    プレステージの佇まいはホントに優美です。同じタンノイ使いとしてお願いします。お気に入りに登録させていただきます。

    [ cwd*f3*2 ]

    2008/7/18(金) 午後 10:59

  • 顔アイコン

    GRFさん(仮称ですみません、cwd*f3*2 は、ちょっと呼びかけにくいので)、ようこそ。

    ファン登録、ありがとうございます。
    HWはそういう意味でしたか、なるほど。疑問が解消してすっきりです。

    これからもよろしくお願いいたします。

    たっちん

    2008/7/19(土) 午前 0:09

  • 顔アイコン

    お久しぶりです。亡くなった叔父がタンノイ狂でオートグラフとGRFをもっていてよく動かすのを手伝わされました。
    叔父がこんな事を言っていました、タンノイのエンクロージャーが枯れて本当に良い音がするのは15年かかるというのです。
    10年を過ぎるとユニットのエッジがへたるので交換して両方の状態が揃うのが15年目だと言っていました(笑)
    楽器でもそうですが新しい物を持ってきて試聴をしても音が定まっていないので評価は出来ないとも言っておりました。
    説得力がある意見なので私はなるほどと聞いておりましたが、
    その最高に良い音のするタンノイを聴きましたが、私にはあのタンノイの音は変です!自然な音ではありません。でも叔父は目を細めて良い音だろうと自慢するのです!タンノイを好む人は独特の価値観があると思います。実際に自分の部屋で鳴らした人でないと永遠に解らない世界なのかも?この評論家の先生方はタンノイを持っているのでしょうか? 削除

    [ チャーリー ]

    2008/7/19(土) 午後 11:17

  • 顔アイコン

    外野の声に振り回されず自分のオーディオを楽しんで下さい(^_^)v 削除

    [ チャーリー ]

    2008/7/19(土) 午後 11:21

  • 顔アイコン

    チャーリー さん、

    身近にオーディオの達人がおられたのですね。
    オートグラフとGRFという、垂涎のスピーカーを2組もとは・・・。

    >動かすのを手伝わされました。
    私が代わりたいくらいです。(笑)

    >10年を過ぎ〜両方の状態が揃うのが15年目だと言っていました(笑)
    これは、けっこう本気で納得できたりします。

    >私にはあのタンノイの音は変です!
    これも興味深い。いやー、チャーリーさんは貴重な経験をなさってますねぇ。

    たっちん

    2008/7/19(土) 午後 11:30

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

閉じるトラックバック(0)

トラックバックされた記事

  • トラックバックされている記事がありません。

トラックバック先の記事

  • トラックバック先の記事がありません。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事