ここから本文です
音の味わい、人の味わい
オーディオに癒しの音を求めて・・・ギターもちょっぴり

書庫全体表示

SV-192Sは時間のある限りランニングしています。前記事のコメントで、先輩ユーザーさんから指摘のあった24bit/192KHzと24bit/176.4KHzですが、私も44.1KHzの整数倍である176.4KHzの方が、音の厚み、適度のエッジ感などが、良好に感じています。

スターリングだとスピーカーの個性が強いのか、音の違いが小さいのですが、前回は使用しなかったSX-V1Aにつなぐと、変化の様子がとらえやすくなりました。
また、アンプもラックスL-560の豊潤な個性が音の変化を飲み込んでしまうようなところがあり、エレクトロコンパニエECI−2に交代すると、このアンプの端正な持ち味ゆえ、SV-192Sの変化が掴みやすいことがわかりました。

チューブが少しづつこなれてきた感じがあり、ご機嫌で視聴していたところ、高域にヒズミを感知しました。比較のために接続しているCDPからのアナログ入力も程度は軽いものの同様です。

まず疑ったのは、CDPのトラブル。で、プレーヤーを交換してみますが改善されません。ということは、SV-192Sが怪しいということになります。電源を落としてリセット。・・・変わりません。ディスクを変えても同じです。念のためチェックするとヘッドホン出力の音も歪んでいますから、SV-192Sの内部で起こっている変調です。

あちゃー、またトラブルかと、焦りました。昨日まではまったく問題なかったのですが。

冷静に接続を確認しますが、合っています。ヒズミは、ディスクによって差はあるものの、入力レベルオーバーのような感じで、かなりひどいです。

落ち着いて現状を点検すると、昨夜と変わっているところが1ヶ所。下図はSV-192Sのブロック図です。この右下のLINE OUT1に、プリメインへの出力コードを、LINE OUT2にプリアンプへの出力コードをつないでいるのですが、この「プリの電源を落とした」というのが、昨夜からの唯一の変更点です。ためらわず、ピンコードを抜くと、ヒズミはきれいになくなりました。
イメージ 1

LINE OUT2からの出力が、受け皿(プリアンプ)がない(電源オフ)ために、行き場を失ってハウリングを起こしたということなのでしょうか。私の拙い知識では、理論的な解説ができないのですが、感覚としては昔のPCにあったSCSI(スカジー)の終端処理の不具合のような印象です。“使っていない機器の電源は落とす”という原則が、今回は逆に作用しました。しかし、こういう別系統への出力、一方の電源は入れない、というのは、適切でない運用でも、珍しいことでもないと思います。

再度の実験はしていませんが、「SV-192SのLINE OUTをそれぞれ別のアンプに出力して一方の電源が入っていないと歪を生じることがある」というのは、体験した事実。つないだ先のプリはQUAD66preです。別のアンプではこうした問題は起こらないのかもしれませんが、ヒズミを感知したら、可能性の一つとして覚えておいてよいのではないかと思います。

ただし、この事実1つで「SV-192Sに欠陥」と騒ぐのは早計です。拙宅のコードの雑な引き回しが干渉を起こす原因になった可能性もあります。プリの電源が入っていれば歪まないというのも、もう一つ納得が行きません。デジタル信号は、それほどデリケートだというひとつの警鐘として読んでいただくのが、発信者としての希望です。(面倒なので、追試はしません)

今回の体験は、「使わないコードは接続しない」という大原則に立派にあてはまっています。(笑)

この記事に

  • 顔アイコン

    xy・・・さん

    >可変だけを使っていても、
    すでに確認済みなのですか。心強い。
    でも結果は、やっぱり細心の注意で、ということのようですね。
    ありがとうございました。

    たっちん

    2009/3/20(金) 午後 3:11

    返信する
  • 顔アイコン

    としさん

    キット屋さんをご愛顧のようですね。楽しそうです。
    SV-192Sもすでにお使いでしたか。
    自作ケーブルなどのトライもなさっているとか、また、遊びに行きま〜す。

    たっちん

    2009/3/20(金) 午後 3:14

    返信する
  • 顔アイコン

    たっちんさん、こんばんわ^^

    私はプリが一つしかないので、SV-192Sは
    1系統しかつないでませんが、TU-873は
    ライン1でライン2の音が少し聞こえます(汗)
    使わないコードは接続しないというのは
    基本なんですね。
    外しておきます^^ 削除

    [ きゃーる ]

    2009/3/20(金) 午後 6:36

    返信する
  • 顔アイコン

    私もTU-875ユーザーですがTU-875はクロストークするみたいですね。
    今日、私はレコードを96KHz・24bitで取込みSV-192Sの整数倍の2倍で再現してみました。
    ファイル容量がとんでもない容量になるのに驚きましたが、アナログレコードが蘇ったのは収穫でしたよ。でも最近のデジタル機器は「数倍記録」できるので等倍録音は久しぶりに苦痛でした(笑)
    でもレベルメーター見ながら入力を調整するのはカセットデッキを彷彿とさせましたよ。 削除

    [ nally ]

    2009/3/20(金) 午後 9:47

    返信する
  • 顔アイコン

    きゃーるさん、

    >ライン1でライン2の音が少し聞こえます(汗)
    そうなんですか〜。

    コードは下手をするとアンテナにもなるので、やっぱり必要な分だけ、にすべきですね。

    たっちん

    2009/3/21(土) 午前 0:54

    返信する
  • 顔アイコン

    nally さん

    レコードの取り込み、よくおやりになりましたね〜。私は等倍録音ができない体になってしまいました。(笑)

    SV-192Sは、工夫次第でいろいろなことができそうなマシンですね。ものぐさな私には無理かもしれませんが。

    たっちん

    2009/3/21(土) 午前 0:57

    返信する
  • 顔アイコン

    ご無沙汰していますm(__)m
    接続されていたプリは半導体回路でしょうか.そうであれば
    ご指摘の現象は純回路的に起こりうる現象なのです.

    電源が入っている時は,入力部がバイアスと呼ばれる電圧に保たれて
    いるのですが,電源が切れるとこれがなくなり,半導体特有の非常に
    低い電圧を閾値とした一種のスイッチ動作をしてしまいます.
    入力部の回路構成と相互作用して,特定の周波数域で歪むということが起こることがあります.

    単純なパラ出力の場合,片方はないものと思って使うほうが確実で
    あると思います. 削除

    [ wallaby ]

    2009/3/21(土) 午後 10:15

    返信する
  • 顔アイコン

    wallabyさん

    このあたりの知識にもお詳しそうですね。

    >接続されていたプリは半導体回路でしょうか.
    はい、半導体使用のものです。
    ということは、チューブであれば、この現象は回避できるということになるのでしょうか。

    >単純なパラ出力の場合,片方はないものと思って使うほうが確実
    これが大原則のようですね。

    真空管アンプの作法はよく存じませんが、半導体のアンプ同士では、こういう接続は普通に行ってもとくに問題になったことはないので、とまどいました。

    ありがとうございます。たいへん参考になりました。

    たっちん

    2009/3/22(日) 午前 5:33

    返信する
  • 顔アイコン

    少々ご無沙汰しておりまして‥‥これは一瞬戸惑われたでしょう。

    ずいぶん昔、アンプに接続したテープデッキか何かの電源オフの状態で、その入力の負荷がノンリニアになって、アンプそのものが歪む、というような話を読んだ記憶がありますが、今手許に見出せません。これは、まったくwallabyさんがご指摘のとおりでしょう。

    よほど古いものでない限り、テープデッキなどアンプにつなぐものは電源オフでも負荷が変わらないように設計してあるはずですし、通常のプリやプリメインは入力部にヴォリュームがありますから、基本的に入力は純抵抗です。想像するに、QUAD 66は、回路内の電子ヴォリュームで音量調節をする形であれば、ヴォリューム(VR)でなく直接半導体が負荷になっているのでしょうか…。ハイテクがかえって原始的な問題を起こした、というわけ? いずれにせよ、“聴かない機器はつながない”という基本に、時に戻る要あり、ということでしょうか。 削除

    [ へうたむ ]

    2009/3/22(日) 午後 9:39

    返信する
  • 顔アイコン

    へうたむさん、

    貴ブログに掲載の写真、すごい本の山ですね。引越しは決定なのでしょうか。

    さて、ヒズミの件ですが、
    >QUAD 66は、回路内の電子ヴォリュームで
    ここがポイントかと、感じてはおります。
    ただ、他の方も同様の体験をしているとのコメントも付いておりますので、このアンプでは、一般的なヴォリューム(VR)の機器であっても、他の影響を受けるようです。

    たっちん

    2009/3/23(月) 午前 0:05

    返信する
  • 顔アイコン

    >すごい本の山ですね。
    あ、どうも (^^;)ゞ、ご高覧 & お気遣い忝く〜。もうお恥かしい限りです。処分しないと引越せませんが、置いておきたくなるものも少なからず…。永年の‘不徳の蓄積’に我ながら嘆息するばかり(´o`)。今月は、売れない本やコピー、書類を計30束以上資源ゴミに。ふ〜。

    こんなふうに切羽詰ってくる昨今、DAC基板キットのパーツ漁り(=もちろんネット上でのヴァーチャル^^)に異様なほど狂いまくっています。おっと、我田に…。

    しかし、SV-192Sの歪みが解決して何よりです。こういうことに対処してやるのも、楽しみのうちかもしれません。 削除

    [ へうたむ ]

    2009/3/23(月) 午前 0:54

    返信する
  • 顔アイコン

    へうたむさん

    >DAC基板キットのパーツ漁り
    手応えアリということなら、躊躇なさらず大いにおやりになってよろしいかと。生活とは多面性のあるもの、各面を関連させず、個々に判断されてもいっこうに差し支えないのではありませんか。

    たっちん

    2009/3/23(月) 午前 3:56

    返信する
  • 顔アイコン

    たっちんさん、こんばんは。
    SV-192S 良さそうですね。
    ほかの方のブログでも拝見したことがあり、とても興味をそそられてます。
    私でしたら今回のようなことに、原因も気づかずパニックになってしまったかもです。。
    何事も、落ち着いてゆっくり考えないとですね。

    男のカワサキ

    2009/4/3(金) 午後 6:50

    返信する
  • 顔アイコン

    たっちんさん、こんにちは。
    歪の件、KazuoLaBoさんに聞いてみましたらwallabyさんの回答通りでした。
    「真空管アンプはOFFにしても入力が線形のため歪みませんが、
    TRアンプをOFFにすると入力が非線形ダイオード特性になるため、
    レベルが下がると共に歪みます」
    それと、出力インピーダンスが高いのではないか? とのことでした。
    (説明書には記載がありませんね)

    [ xyg*98 ]

    2009/4/4(土) 午後 4:29

    返信する
  • 顔アイコン

    男のカワサキさん

    ザ・キット屋さんのHPにある店主日記に、販売側の熱意や使った人の感想がたくさんあるので、日記内をSV-192Sで検索されると、ますます欲しくなります。(笑)

    でも、MODEL2の方が良いという声もあるので、そちらをお持ちの 男のカワサキさんに必要かどうか・・・楽しい悩みというところでしょうか。4343をビシッとかつ滑らかに鳴らすなら、192sがベターかとは思いますが。

    たっちん

    2009/4/5(日) 午前 7:13

    返信する
  • 顔アイコン

    xyg*98さん

    フォロー情報、ありがとうございました。
    実はこの件、キット屋Oさんに問い合わせています。機器の設計の弱さではなく、「常識の範囲の知識」という回答でした。しかし、一般的注意事項として、取説などでアナウンスする方向で改善するということです。

    アンプを手づくりされる方には常識かもしれませんが、使うだけのユーザーには“周知の事実”ではないと思います。ま、注意書きなどがあれば、問題も収束でしょうが。

    たっちん

    2009/4/5(日) 午前 7:19

    返信する
  • 顔アイコン

    たっちんさん、はじめまして。

    今日、SV-192Sが届いたのですが
    たっちんさんの、この記事が大変参考になりました。
    あまり、オーディオの常識とか知らないので
    これを読んでなければ、初期不良かとパニックになっていたと思います。

    うちのブログで、勝手に文中リンクさせて頂いたので
    もし不都合があれば、ご連絡ください。

    これからも、更新を楽しみにしております。 削除

    [ 龍門 ]

    2009/5/30(土) 午後 11:30

    返信する
  • 顔アイコン

    龍門 さん、いらっしゃいませ。

    細かなところまで読んでいてくださって、ありがとうございます。お役に立てたのなら嬉しいです。
    この件については、キット屋さんに問い合わせた返事に、「注意書きを添付することを検討する」と、書かれていましたが、特に説明はなかったのですね。

    リンクの件、トラックバックの件、まったく問題ありません。

    今後ともよろしくお願いいたします。

    たっちん

    2009/5/31(日) 午前 4:42

    返信する
  • 顔アイコン

    ほう!面白い現象ですね!

    クマの裏技をお試し頂くと、もっと音にケバが立って一枚ヴェールが剥がれるかもですよ〜〜お!

    くま

    [ kumataro845 ]

    2009/8/26(水) 午後 0:18

    返信する
  • 顔アイコン

    kumataro

    >ほう!面白い現象ですね!
    そうなのですか。販売元は、真空管アンプでは当たり前のことで、回路ミスではないという姿勢でした。

    >クマの裏技をお試し頂くと
    これ、クマさんのブログにありましたよね〜。
    言ってみよ〜〜♪

    たっちん

    2009/8/26(水) 午後 1:14

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事