一点入魂!

単勝とWIN5の一点予想に挑んでいます。笑っちゃうほど当たりませんが(笑)

全体表示

[ リスト ]

安田記念の先行事前です。

まずは主要ステップの振り返り。

最初にダービー卿CT

ハンデ戦という点もあり、路線の有力どころが避けがちな分、メンバー自体のレベルでは劣りがちですが、今年は結構中身が濃いと感じるレースでしたね。

人気馬が引っ張る展開からか、結構全体に不可が掛かる道中になり、開幕5週目なのに外を回っては脚を無くしてしまう、なかなか味のあるレースだった様に思っています。

直接臨戦こそ2着馬一頭のみも、ステップの中ではこの組は侮れないと感じています。

次にマイラーズC

コチラは…逆にあまり誉められない内容に思えましたね。

道中は終始ダンゴ状態…開幕週の馬場という事もあり、上がりのみどころか、4角のコーナーリングだけの勝負…GⅠの前哨戦としては、サッパリ本番の役に立たないレースだったと思っています。

登録は2,3,4,14着馬…上位の参戦はどれも一線級では苦しんでいるクチが多い上に、レース自体があの内容ですから…この組はあまり重くは置けないと思っています

最後に京王杯SC

かなり前が引っ張る展開になり、勝ち時計が破格だったのが印象的。

…ですが、そんなペースだからか、先行総崩れの追い込み決着…レベルが高かったレースだとは思います。

登録は1,3着馬…全体の顔触れを見ると、あれだけ引っ張られる展開は望めないでしょうから、この組も過大に信頼は置けないかと感じています。

これに海外帰りや外国馬、中距離カテ、VMからの転戦勢が加わる構成…

その中から抽出した私の事前4傑は…

軸  モーリス

紐  リアルスティール

穴  ロゴタイプ

保留 イスラボニータ

軸評価にはモーリス

…正直に言いますと、私…この馬、キライです…

レベル、内容で劣ると断じたダービー卿から直接臨戦で勝った去年のココ、アクシデントも含んだ休み明けのMCS…

どちらも勝てるとは思えない臨戦を通っているのに勝つので、臨戦内容最優先な私にとっては、天敵の様な存在ですよ…

ですが、今回の臨戦は叩き2戦目という、私が思う最高のカタチ…実績、勢いから言っても、ケチの付け様が無い、お手上げ状態な評価です…

紐評価にはリアルスティール

個人的には年初の…

『早過ぎるGⅠ予想』

…で、今年は国内GⅠを3勝するという予言(笑)をぶち上げた以上、その3つにココは含まれてはいないとはいえ、無下に評価を下げるワケには行きませんからね。

課題はやはり、初めてのマイル…順応性が高い馬だとは思っていますから、距離不適から不様な負けをする様子こそ、考え難いですが…

三千も卒なくこなした馬の距離短縮には、ちょ〜っと早計ではないのかと、陣営には異議を申したいです。

穴評価にはロゴタイプ

皐月賞馬でダービー卿2着から臨戦…ステップ回顧でも触れた様に、中身が濃いと感じた根拠がこの馬の走り…

外枠不利の中山マイル…案の定、終始外を回され、4角では大きく振り回される厳しい展開…

それでもしぶとく伸び、最後は捕まったものの、ハンデと通ったコースを加味すれば、かなり威張れる内容。

中山限定馬と侮るのは、危険かと思っています。

保留筆頭にはイスラボニータ

…先程触れた『早過ぎるGⅠ予想』では、彼をココの勝ち馬に挙げている以上、コチラも無下には出来ません。

本来なら彼を軸に置くべきですし…

「裏切り者!」

…と、罵られても言い訳できないトコロですから。

ココまで評価を下げた理由もちろん、ココ2戦の体たらく…

まあ、大阪杯ではあの豪華メンバーを相手にも及第点な内容だったとは思うので、ベストな左回り替わっての一変も大いにあるかと思っています。

他の暫定評価と仮印はコチラ↓

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事