三宅島のダイビングならTDC三宅島

三宅島ダイビングツアー募集中!ドルフィンスイムツアーも募集中です!

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全86ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

2105年GWスタート!

イメージ 1


今年もGWの連休が始まりました〜!

昨日は三宅島に在住の方と学校下と土方に潜って、
今日は常連のY様と大久保浜で2本潜ってきました。

水温はほぼ17℃で、先週と比べると2℃上がったものの、
冷水塊の影響が残ってます・・・。

でも、学校下の砂地ではサメ(遠かったので種は不明)が泳いでいたり、
大久保浜ではコロザメが見れたり水温が低い時の珍種が現れ楽しいダイビングになりました。

火曜日に設置した大久保浜の産卵床には、まだアオリイカの気配はありませんでしたが、
今年もいつ姿を見せてくれるのか楽しみですね〜。

この記事に

開く コメント(2)

ハナイカ

イメージ 1


2014.4.23
三宅島:大久保浜
気温⇒15℃ 水温⇒16〜17℃ 透明度⇒10M

今日は連休に向けてポイント整備。
大久保浜にアオリイカの産卵の為の、榊を入れてきました〜。

例年に比べて大きな木で葉もモサモサした素敵な榊だったので、
ビーチから沖合いまで引っ張るのもなかなか素敵な運動でした。笑

インストラクター3人が20分以上も必死に泳ぎ続けていたので、
誰も寒さを感じることなく無事に設置終了。

頑張った僕たちへ神様からのご褒美なのか、
ハナイカを見ることが出来ちゃいました〜!!

イカのくせに泳ぐのが苦手で、水中を歩くように移動する珍種。
色も派手でフォト派ダイバーにも大人気のイカなんです。

三宅島では、1年間で数個体見れたらラッキー!!という種ですが、
見つかるとしばらく周辺をウロウロする事も多いので、
運が良ければ連休中も出会えるかも!?

あとはサカタザメも見れましたよ〜。
冷水塊が来た時しか会えないからこれはこれで貴重で嬉しいですが、
正直な気持ちとしては、早く冷水塊とともに消えておくれ!笑



PC



モバイル



#ダイビング #三宅島 #ハナイカ

この記事に

開く コメント(0)

2014年も海で遊ぼう!

2014.4.18
三宅島:大久保浜
気温⇒16℃ 水温⇒17℃ 透明度⇒7M

今年も三宅島に戻ってきました〜!

先週からお店の準備や潜り込みをしており、
今日は大久保浜に行ってきました。

黒潮も離れ冷たい水があるので水温は17℃でした(涙)が、
新調したドライスーツや去年作ったウエットがあるので頑張れそうです。笑

海の中は雨が降っていたこともあり、やや暗い感じがしましたが
タカベやマアジの子供たちの群れやアオウミガメ(3個体)などを見てきました〜。

今シーズンもダイビングにドルフィンスイムを通じて、
楽しくて心地よい時間を提供出来るように頑張っていきたいと思いますので、
是非今年も遊びに来て下さいね〜!笑

イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

2013.7/6~9

三宅島:釜の尻・大久保浜・伊ヶ谷
気温⇒27℃ 水温⇒19〜23℃ 透明度7〜15M

イメージ 1


強い南西の風が吹いているので、穏やかな3ポイントでのダイビングが続いています。
6日は水温が低いものの、ウミガメやイソコンペイトウガニなど
見てみたいリクエストに応えることが出来て楽しんで頂けたようでホッとしました。
7日以降はマンツーマンでのビーチダイブ。
ドルフィンスイムの時に貸し出しているレンタルカメラを使って
ダイビングではどんな物が撮れるか実験してきました〜。
使い慣れていないものなので難しさと楽しさが半々くらいです。笑
写真はレンタルカメラで撮影した黄色のハナタツです。

見たもの
釜の尻
レンテンヤッコ・イセエビ・イシガキフグ・アカエイ・ミナミハタンポ
マツカサウオ・イタチウオ・ミゾレウミウシ・シンデレラウミウシ

大久保浜
ハナタツ!!(白・黄色)・イソコンペイトウガニ・アオウミガメ
アカエイ・ヤッコエイ・タカベの子供の群れ・ハリセンボン
オトヒメウミウシ・ミツイラメリウミウシ・センテンイロウミウシ・センテンイロウミウシ
キャラメルウミウシ・セトイロウミウシ・ナギサノツユ・ルージュミノウミウシ・ゾウゲイロウミウシ





この記事に

開く コメント(0)

冷水塊

2013.6.29〜7.1
三宅島:メガネ岩・アベシタ・富賀浜・大久保浜・学校下
気温⇒25℃ 水温⇒18〜23℃ 透明度⇒7〜15M

イメージ 1


今週は海は穏やかだったものの、どかっと居座った冷水塊により海の中が寒い・・・。
陸上がポカポカ陽気だったので冷えた身体も復活できるけど黒潮様が恋しい今日この頃です。笑

メガネ岩
6月はこの1本で最後。次回の10月の週末まで潜水禁止エリアになるので解禁日までは我慢ですね。
海の中は、透明度がいまいちだったものの相変わらずのタイガースカラーの魚たちでいっぱいです。
伊豆半島で潜る方にはお馴染みのお魚たちも沖縄や海外で潜ることが多い方には初物だらけ。
ミギマキ・タカノハダイ・カゴカキダイ・テングダイにレンテンヤッコやサザナミヤッコの子供。
イセエビやイシガキフグ、カンパチ、ミゾレウミウシなどが見れました。

アベシタ
アーチの下では、ここのレギュラー組みのミナミハタンポ・アカマツカサ・ホウセキキントキの超群れ!
ミギマキやテングダイ、イタチウオにイシダイ・イシガキダイ・アカハタなど魚で溢れてます。
他には、ミゾレウミウシやシンデレラウミウシ、アオウミガメなどもゲット!

富賀浜
最近、ここでのカメとの遭遇率が悪いので少しコースを変えたら見事に2カメゲット!
大きなアーチやオーバーハングで地形を楽しみつつ、ハリセンボンやイシガキフグ、
たっくさんのイセエビなども見て楽しんできました〜。

大久保浜
エントリーして20℃の水温に寒いなぁ・・・。なんて思ったいたら沖でまさかの18℃。涙
しか〜し、冷水塊が来た時しか見れない超レアもののコロザメをゲットしてきました〜!!
1.5〜2Mある身体の割りには穏やかな性格のサメなんで、
大接近して一緒に記念撮影しても全く問題なし!
久しぶりに見て一緒に泳いで遊んできたので寒さも一瞬で忘れることができました〜。
他にはアオウミガメと大接近して一緒に泳いだり、タカベの子供やキンメモドキの群れなど。

学校下
水面近くは23℃あり、ついに冷水塊とはおさらば!と思ったものの25Mまで水深落とすとまたもや18℃。涙
まだ深い場所には冷たい潮が残っているようです。
でも、ウミウシたちにはちょうど良いのかアオウミウシやミゾレウミウシ、
シンデレラウミウシがたっくさんいました。笑
あとはレア度の高いコンシボリガイやハナゴンベの子供など、その綺麗さと可愛さにテンションも上がります!!

今週は思わぬ寒さの中でのダイビングとなってしまいましたが、
ご参加いただきました皆様、本当にありがとうございました。
次回は温かな三宅の海でお会いできることを心から願ってお待ちしております。笑

写真はコロザメと一緒に泳いでいるところ。

三宅島でダイビングをするなら

この記事に

開く コメント(0)

全86ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事