NON HO L’ETA - 気になる旬な出来事を語る

≪ 昨年は親族、友人、知人の他界で気が滅入っていたな〜≫

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

今まで貴方(貴女)のそばにいた人との永遠の別れ。 そのショックから、なかなか立ち直れない人は多い。 愛する夫・妻・兄弟(姉妹)・祖父母・両親、或いは親しい友人を突然失う。 
そんな時、どんな言葉をかけ、慰めたらいいのだろうか? 
『ご愁傷様でした』何か通り一遍で、心が感じられない。『寂しくなりますね』辛さの上塗り。
『元気を出して』今は、そんな気持ちではない。『がんばって』何を!? 
慰めの言葉をかけるのは難しく、結局うな垂れて目線だけで〔意味の無い言葉を〕伝えようとするだけ。

【命や死】について、宗教的な話をするつもりはない。 ただ、死者が〔生きている人に〕、
何かを伝える事が出来るとしたら、それは何かを考えさせられる語りがある。 
それは〔千の風になって〕である。 

〔千の風になって〕の作者〔新井満氏〕〔魂は不滅〕であるという話をする。 
人や万物の【命】は死ぬのではなく、再生する、不滅であるという話である。
 
人の〔死後〕、あなたのそばに、朝は〔鳥〕になって鳴き、夜は〔星〕になって輝いている。 
或いは、今あなたの傍を横切った〔風〕に生まれ変わって、いつでもあなたの傍にいるという、大きな
命の循環という考え方である。 
又、死者の立場になって、考えるようになったとも言う。

作詞者不詳の一編の詩が、愛する人を亡くした悲しみを慰めてくれると、今、欧米や日本で大反響で
ある。 アメリカ発祥とされる詩、『Do not stand at my grave and weep』に、〔新井満氏〕が
訳詩を付け、自ら作曲、一時オリコンシングルチャートで1位となる。写真は、現在の〔新井満氏〕です。

【「千の風になって」は、いかにして生まれたか? 】By 新井満を要約すると・・・

〔新井満氏〕は、新潟県の親友で弁護士をしている川上耕氏とは幼馴染である。
川上氏の奥さんの桂子さんが、三人の子供を残し、ガンであっという間に亡くなってしまった。

その後何ヶ月もかけて原詩となる英語詩を探し出し、それを翻訳し曲をつけ歌唱にし、この
〔千の風になって〕をプライベート・プレス盤CDにした。 その一枚を川上耕氏に送り、桂子さんを
偲ぶ会で披露、集まった人々は一様に涙を禁じ得なかったそうです。そして泣きながらこの歌を歌って
くれたのだそうです。

【歌っている人は】

その歌が、全国各地で静かに広がり、昨年末のNHK紅白歌合戦で、テノール歌手〔秋川雅史〕が歌い、
多くの人々に感動を与え、出場後にクラシック系アーティストとしては史上初めて「千の風になって」
で、一躍時の人となった。 

今でもプロの歌手60人以上が、カバー曲として歌いたいとの申し出がある。中島啓江さん、Susan Osborn
さん(スーザン・オズボーン)、加藤登紀子さん・・・もカバー曲で歌っている。


秋川雅史氏の歌声「千の風になって」は、最近全国のコンサートでも聴けるが、新井氏の声は余り聴いた
事がないという人が多い。 新井満氏の歌「千の風になって」は、全国の葬儀場でよく聞かれるらしい。
何故なら、もっとも状況に適している雰囲気の声質であるから?・・・

尚、スーザン・オズボーンさんが歌う英語バージョンは、新井満氏の次女が翻訳。

【新井満氏】は、作家、作詞作曲家、写真家など、いくつもの世界で活躍。 昨年電通を定年退職。 
現役時代より小説の創作活動、芥川賞を受賞。
最近では『自由訳 般若心経』自由訳「老子」(朝日新聞社)などがある。 
彼の本は、薄い、読み易い、値段も安いそうである。
新井満氏のホームページは http://www.twin.ne.jp/~m_nacht/
〔千の風になって〕

私のお墓の前で 泣かないでください
そこに私はいません 眠ってなんかいません
千の風に
千の風になって
あの大きな空を
吹きわたっています

秋には光になって 畑にふりそそぐ
冬はダイヤのように きらめく雪になる
朝は鳥になって あなたを目覚めさせる
夜は星になって あなたを見守る

私のお墓の前で 泣かないでください
そこに私はいません 死んでなんかいません
千の風に
千の風になって
あの大きな空を
吹きわたっています
千の風に
千の風になって
あの大きな空を
吹きわたっています
あの大きな空を
吹きわたっています

写真詩集「千の風になって」「千の風になって ちひろの空」(講談社)より
【参考】

☆ 原詩の作者は不明であるが、アメリカ女性Mary Fryeが友人のMargaret Schwarzkopfのために書いた
詩がもとになっているという説が有力である。 尚、この歌はナチスドイツから逃げてきた亡命者が
ドイツに残してきた母の訃報を知り悲しむ親友のために慰めることから生まれたという説がある。 
日本では朝日新聞の連載する『天声人語』で掲載され少しずつ話題となっていった。 

原題は邦訳で『私の墓の前で泣かないでください』『Do not stand at my grave and weep』であるが、
原詩の3行目の詞となる『I am a thousand winds that blow』の邦訳、『千の風になって』のタイトル
がつけられ、日本ではこの題で知られる事となった。『ウィキペディア(Wikipedia)』より

☆ イギリスの日刊紙『タイムズ』2004年11月5日号によると、『千の風になって』の原詩である
『Do not stand at my grave and weep』は、2004年9月25日98歳で逝去したアメリカ人女性メアリー・
フライの作品であるとされる。 
この詩の起源としてはこの説がもっとも有力とされるが、海外においてもまだ論争はあり、確実な説と
いうわけではない。

この説に関しては、新井満は単行本版『千の風になって』において、原作者をめぐる複数の説のひとつと
してメアリー・フライの名前を挙げているものの、決定的な説としては紹介しておらず、作者不詳とする
のが最も適切だと主張している。 『ウィキペディア(Wikipedia)』より

この記事に

閉じる コメント(39)

顔アイコン

私の知り合いも、同様の意見でした。私は、紅白歌合戦を観ていないので、秋川氏の歌はこのブログに添付したビデオで初めて聞きました。感受性や受けとめ方は、人それぞれですが、人々に感動を与える良い〔詩〕だなーとは思いましたが、それ以上ではありませんでした。

2007/5/27(日) 午前 11:43 Dotped 返信する

顔アイコン

再度、私の正直な感想です。上手く綺麗に清らかにクラシックで歌うのが〔秋川氏〕でそれなり、特に優れて上手いというのでもなく、その〔詩〕が良いので、人気が出ていると酷評。〔新井氏〕の歌や語りは、特に身近な講演を見聞きしているので、当然印象は違いますが、原詩となる英語詩を翻訳し(自由詩)それに曲をつけ歌唱にし、それを癒しの心で歌い人々に語けている。〔声〕は、その人の〔心〕から滲み出てくるもの、聞き手に取って受け留め方にも違いは出てきます。もしかして、クラシックより民謡や演歌の方が日本人には感動を与えるのではないかなどと思ったりしました。

2007/5/27(日) 午前 11:47 Dotped 返信する

顔アイコン

先日病院で息子を12〜3年前に亡くしたお母さんが「私千のかぜの歌嫌だ・・・」って言われてどうしたのって聞いたら「お墓の前で泣くなって言ったってあんたそんなこと出来るか」と・・・。事故か何かで女で一つで育てた息子が逝ったらしく怒ってる。
だか私は「こんな考え方は出来ないかなぁ」と「死んでもみんなを元気付けるために空から見てくれてるのよ。私の檀家寺でもなくなったら帰って忙しいんだって話していたわ」言ったら、「沿うかぁそんな風に思えばいいんだね」とチョットだけ納得したような幹事でした。

2007/5/28(月) 午後 10:00 [ のん子ちゃん ] 返信する

顔アイコン

のんこさんへ、優しく上手な説き方ですね。〔お墓の前で泣いてもいいのよ、でも何時までも泣かないでね〕その後に続く言葉ですね。又、歌い手にもよりますね。前のコメントでも述べましたが、上手なクラシックが良い場合もあり、心から滲み出る語りと詩が良いこともあります。人生観、歌い手や聞き手により違うのは仕方のないことですね。

2007/5/28(月) 午後 11:12 Dotped 返信する

顔アイコン

いい詩ですね♪うちの猫が老衰で亡くなった時にいただきました。TBしますね♪

2007/5/30(水) 午後 11:21 かいざぁー 返信する

顔アイコン

カイザーさんへ、(チビちゃん)猫が老衰で亡くなるというのは、何歳くらいなのかわかりませんが、家族の一員として可愛がっていたのでしょうね。

2007/5/30(水) 午後 11:32 Dotped 返信する

顔アイコン

私も母と父を亡くしましたが、まさにこれは鎮魂歌ですね。
最初聴いたとき、あれ〜?こんな事言っていいの?お寺さんが困るんじゃないの?(冗談ですが)と思いましたよ^^

2007/6/8(金) 午前 7:39 つっきぃ 返信する

顔アイコン

おっ!4が3つ!しあわせだ〜〜!(笑)

2007/6/8(金) 午前 7:42 つっきぃ 返信する

顔アイコン

〔鎮魂歌〕魂を慰めるのではなく、〔生ある人〕が魂から元気を貰うという話が、新鮮でいいですね。444が三つ?コメント数のことかな!?

2007/6/8(金) 午前 7:58 Dotped 返信する

顔アイコン

「そこに私はいません。眠ってなんかいません死んでなんかいません」が新鮮でした。今でも毎日両親と会話してますから^^。元気をもらってます(笑)
はい!コメント数のことです〜!あたりぃ〜〜!

2007/6/8(金) 午前 8:42 つっきぃ 返信する

顔アイコン

つっきいさんへ、元気でいい。外の天気もいい。顔マークの〔おすましムフフ〕〔幸せニコニコ〕〔きょろきょろ驚き〕の変化もいい。いいね。

2007/6/8(金) 午前 8:53 Dotped 返信する

初めまして、履歴からお邪魔しました。先日「ぞうの花子」のTV番組で新井氏の歌声を聞きました。とてもしっくりしました。歌の持つ背景や内容や状況から、新井氏の声と静かな歌い方が心に染みました
新井氏の歌を始めて聴きました

2007/8/7(火) 午後 10:06 あのぅ・・Imaです 返信する

顔アイコン

Imaさん:
他の方の歌(声)は、それはそれなりに、荒井氏の歌声(語り)には別の響きががありますね。
私は、彼の声をすぐ傍で聞いていたので、特に感銘を受け、このようなブログをぜひ書かなければと思いました。訪問有難うございます。

2007/8/7(火) 午後 10:10 Dotped 返信する

顔アイコン

新井氏の歌声は、まだ聞いたことがありません。是非聞きたいと思いました。私がこの歌をはじめて聴いたのは、紅白で秋川氏が歌う前年、まさに友人の葬儀の場でした、それもその友人の所属していた合唱サークルによって演奏されたのでした。スピリチュアルなことに関心を寄せていた友人なので、この歌は最も相応しい葬送曲なのではないかと、私も葬儀という場では、初めて涙が溢れました。

2007/9/17(月) 午前 10:39 [ pyonepyone ] 返信する

顔アイコン

pyonepyoneさん:
新井氏の語りと歌を直接聞いているので、これまでにない一般の歌手とは(ポピュラー歌手やオペラ歌手を問わず)違う新鮮さを発見しています。新井氏の歌、下記URLで是非聴いてください。http://hp.ponycanyon.co.jp/pchp/cgi-bin/PCHPM.pl?TRGID=PCHP_SKH_1010&CMD=DSP&DSP_SKHBNG=200600001261&DSP_SKHKETSEQ=001

2007/9/17(月) 午前 11:39 Dotped 返信する

亡くなっても魂は永遠ですよね。確かに大切な方を亡くした人にかける言葉は難しいですがそういう方にこの歌を送ると感動されると思います。私も亡くなった祖父などが今でも私も見守ってくれていることを感じています。亡くなると肉体の呪縛から解き放たれて想念のみの世界になるのでその分思いは余計伝わりやすいと思いますねえ。

2007/9/17(月) 午前 11:48 Yummy 返信する

一回目は歌詞が出てこなくて失敗!二回目の成功作(!)をTBしときます! ヽ(^o^)丿 『千の風になって』何度聞いても良い曲だと思っています。紹介いただいてありがとうございました。_(._.)_

2007/9/17(月) 午後 0:59 Yummy 返信する

顔アイコン

Yummyさん:
この歌によって、救われたという人が随分多い事にも感銘を受けます。先祖みな自分を見守っているということで、元気が戻ってきますね。
色々な歌手、それぞれの味や癖があり、これも新しい発見でした。
TB有難うございます。

2007/9/17(月) 午後 1:38 Dotped 返信する

顔アイコン

ありがとうございました。新井氏の歌の波動に魅せられるところがありますね。素晴らしいです。

2007/9/18(火) 午後 11:45 [ pyonepyone ] 返信する

顔アイコン

pyonepyoneさん:
〔新井氏の歌の波動に魅せられる〕感動の言葉もステキです。
テレビなどで多くの方が聞く秋川氏のクラシックの歌声、それでも感動を覚える人もいるので、それはそれでいいのでしょう。歌詞はいいですが、私には無機質な感じで感動を与えてくれません。新井氏の語る声とは全く異質なもののような気がします。多くの方が新井氏の存在とこの〔千の風になって〕の由来を知らないのは残念です。

2007/9/19(水) 午前 7:22 Dotped 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(3)


.


みんなの更新記事