☆北Q発!探検日記☆

やっほ〜。山、時々その他です。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全229ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


朝方、多少雪がぱらついたが、晴れた。

イメージ 1

朝飯を食べて、テント撤収。一気に下る。
イメージ 2

イメージ 3

楽しみにしていた温泉も、ちょうどバスが来たため断念。

特急で名古屋まで出て居酒屋で満腹になるまで詰め込む。

新幹線で小倉まで。

急病人発生のため14分遅れで到着。解散。


 


**********


自分なりに色々調べたものの、やはりその場で処理というものが多かったように思います。

テントに食料を忘れたり、登攀中にトポを落としたり、アイゼンひっかけたり、マメができたり反省です。

装備や食料はもっと綿密に打ち合わせできたら減らせると思います。

ワカンは阿弥陀をカットしたため天場工作以外、使いませんでした。

歩荷、歩き、雪氷技術すべてがまだまだで、その分天気に恵まれての成功だったと思います。

発案してくれた綾ちゃん、残留してくれたkさん、応援してくれた皆様に本当に感謝しています。

赤岳西壁主稜登れました!ありがとうございました!


**********


この記事に

開く コメント(4)

3時起床。マイナス17℃。テント内はありとあらゆるものに霜が降りている。

綾吉君のコンタクト液も凍ってしまった。

ゆっくり支度し、出発。

出発してすぐ、私が行動食を忘れたことに気づき取りに戻る。

取付きへのトラバース地点手前で明るくなる。

イメージ 1


イメージ 2

阿弥陀岳が素晴らしい。横岳方面のモルゲンロートも美しい。

イメージ 3

トラバース手前で登攀具を着けようと思っていたが、思いのほか不安定で取付きで着けることにする。
イメージ 4

ところが取りつきはさらに不安定で後着した信州大学山岳部の3名に1ピッチ目を譲る。

さすが名門山岳部。しっかりした先輩の指示と確実な確保に感心。


イメージ 5
色々な資料で核心は1ピッチ目の出だしということだったが、さほどの困難も感じることなく通過。


2人の間に「後は歩けばつくんじゃねぇの〜」的な楽勝ムードが漂う。

(これがとんでもない間違いでした。)

イメージ 9

3ピッチ終わったところで信州大学に先を譲ってもらう。

全体的に残置は少ない。ほとんどない。中間支点もない。

岩のでっぱりはそれなりに使える。

イメージ 6

ビレイ地点はハンガーがあるが、エビの尻尾と同化して見えにくい場所もある。

イメージ 7

雪面はかたくてピックは刺さるが、石突の方は5㎝ほどしか刺さらない。

イメージ 10


イメージ 11

イメージ 8

アイゼンは良く効く。


問題は6ピッチ目。

浅いチムニーを登るが悪い。珍しく中間支点もあるが少なくてランナウト。

ビレイ地点も見えず50m出す。

しかし、確保できるような場所は無い。10mクライムダウン。

やはり、ハンガーを見逃していた。

どう考えても、ここが核心だが記述が少ないのはなぜだろう?

イメージ 12
それからも確保地点がわからず、変則的に切る。

次第に傾斜が緩くなり縦走路が見えてくる。

イメージ 14

イメージ 13

ザイルでつながったまま2人で赤岳山頂に立つ。

無風快晴。

山頂には一般登山者が続々とあがってくる。

イメージ 15

甲斐駒、千丈が真っ白にそびえている。富士山が大きい。

イメージ 16

阿弥陀岳南陵、北稜、北西稜、全部見える。

満足です。

1時間は山頂にいたと思う。

福岡から来てこの天気と眺望。

下るのがもったいなくて長居する。

綾吉君はいろんな人とおしゃべりしてる。


文三郎道を使って下山。
バリエーションとまではいかないが、一般道としてはかなり手強い。

アイゼンをひっかけて一瞬ヒヤッとする。

落ちれば止まらないだろう。

以後、慎重に下ってテン場に着く。

韓国人たちはいなくなっていた。

達成感で放心状態。

今日も最高の眺めです。



テントで祝杯を上げる。

あれこれ摘まみつつ、この日開いた行者小屋でビールを買い足し、梅酒、焼酎とともに飲む。
ちょっと寝るか〜と二人で仮眠をとったら朝までぐっすりでした(笑)

(夕食は作らなかったけど、結構お腹いっぱいでした。)


 


この記事に

開く コメント(0)


快晴の中、バスはJR茅野駅に到着。寒いっ!
あらかじめ買っていたソーセージパンとカレーパンを食べるが、駅には蕎麦屋があり、とても美味そうだった。
タクシーで美濃戸口まで。ポストに登山計画書を入れ、ココヘリのスイッチを入れる。
ここからの林道は前日の雨と今朝の冷え込みでツルっツル。

イメージ 1
冗談ではなくスケートリンク状態です。

さっさとアイゼンを出せば良いものを結局行者小屋までノーアイゼンで突破。
赤岳山荘でビールを4本購入。
上には韓国チーム40人がいるとの情報。

登山道に入るとニホンカモシカに出会った。
イメージ 2


イメージ 3
警戒心のないやつで悠然と3mぐらい前を横切って行った。

荷物が重くってたまらない。
イメージ 8
綾吉君の荷物は外付け多数で行商のようです。
イメージ 6

行者小屋では韓国チームの大キャンプ。
イメージ 4
本部テントを備え、本部は靴のままで出入りできるようになっており、調理も行われている。
無線も備えており、どこかと交信中。
本部の外では大量のガス缶を潰している隊員がいた。
未使用のものと合わせると50缶はある。
本部テントの周りには各隊員たちのテントがあり、続々と登攀を終えた隊員たちが戻ってくる。
装備もしっかりしており、規模といい、いったい韓国のどのような団体なのだろう。
荷物の運搬用かソリもたくさん置いてあり、デナリでも登る練習なのだろうか??

我々は韓国チームの邪魔にならない所にテントを設営。
テン場工作にワカンが大活躍。
イメージ 5
水場はすぐ近くにあり、厳冬期でも使えるようだ。
トイレは小屋のものを使用。2か所ある。なんとトイレットペーパー付きです。

テント設営を完了して一息つくと14時近く。
実は、阿弥陀岳北稜も予定していたのだけど時間的にきついし、主目的は赤岳主稜だったのでカットすることにした。

そうなると今日も食べて飲んで寝るだけ。景色も最高で見とれてしまう。
イメージ 7
韓国チームは楽しそうに大騒ぎしていたが、夜中まで・・ということはなく、ぐっすり眠れました。

 

この記事に

開く コメント(0)


九州から八ヶ岳は遠いです。
イメージ 1
(赤岳西壁)

人数と車がそろえば交代で運転しても良いですが、今回メンバーは綾吉君と2人。
「飲んで寝ておけば着くし、ここは社会人らしく札束にものを言わせてラクチンしよう!」
ということで公共交通機関で向かうことになりました。
出発は小倉駅を19時15分の新幹線「のぞみ」。綾吉君は博多から乗ってきます。

小倉の街で新大阪までの格安チケットを購入。
夕食として吉野家の牛丼を食べ、マクドナルドでビックマックとフィレオフィッシュバーガーとポテトを購入。
明日の朝飯としてソーセージパンとカレーパンを購入。
大荷物で注目を浴びる。
新幹線のホームに入り、キオスクでビールを2本購入。
集合直前に綾吉君から「金麦買って〜」とラインが入り金麦1本を追加購入。
予定していた新幹線車内で綾吉君と合流してみると足元にはずっしり濡れたタオルがありました。
どうやら生ビールをぶちまけたようです。

イメージ 2

さて、新大阪まで2時間ちょっとで到着。
アルピコ交通の高速バスに乗り換えです。
4列シートでしたが快適で茅野駅までぐっすり寝れました。


この記事に

開く コメント(0)

狩猟免許取りました


狩猟免許取りました。
取った免許は2つ。

「第1種銃猟」「わな猟」
イメージ 1

試験を受けに行くと10人に1人は女性でした。
若い人も多いです。
20代の白人女性もいました。
動物や鳥の名前を覚えたり、銃のバラシや組み立て、罠の仕掛けなど、こういう勉強は楽しいですね。

さて、免許は取りましたが、すぐに猟ができるのかというとそうではなく、狩猟者登録を猟をしようとする県にしなくてはいけません。
また、銃の所持は公安委員会の許可が別に必要です。
〇〇猟友会は良いとかイマイチとか情報もあったりして猟友会選びも迷います。
殺すって作業も抵抗が無いわけではありません。

それでも、猟はしてみたい。
肉を食う者としては経験はしておかないとダメなような気がするのです。
親の世代までは鶏を〆たりしていましたが我々の世代ではほぼ失われた文化。
今の僕たちは都合の良いところだけつまみ食いしていると思います。

でもね〜猟をすると、山に行く暇が無くなる・・・。
金も結構かかるわけです。
だから当面は、免許を保持しました〜ってだけ。
3年有効なのでゆっくり考えます。

この記事に

開く コメント(3)

全229ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事