理研STAP細胞論文調査委員会報告、改革委提言等への根本的疑問

小保方論文の「改竄」「捏造」認定の不合理さ、バッシングの理不尽さ

全体表示

[ リスト ]


 読者の方から教えていただいたのですが、ハーバード大のバカンティ教授と小島氏が、特許出願しているようで、昨2015年3月19日に米国特許出願して、同年9月24日に公開されていますが、これは、STAP細胞の特許出願(2013年4月24日に米国特許庁に国際出願し、同年10月31日に公開) ↓

との関係は、どういうことになるのでしょうか・・・??
 STAP特許出願や、小保方氏の論文も引用されているようですが・・・。

 どなたか、ご教示いただけると幸いです。
 
Methods relating to pluripotent cells 

公告番号WO2015143125 A1
公開タイプ出願
出願番号PCT/US2015/021418
公開日2015年9月24日
出願日2015年3月19日
優先日2014年3月19日
発明者Charles A. VacantiKoji Kojima
特許出願人The Brigham And Women's Hospital, Inc.
引用のエクスポートBiBTeXEndNoteRefMan
外部リンク:  PatentscopeEspacenet

要約書
The technology described herein relates to methods, assays, and compositions relating to causing a cell to assume a more pluripotent state, e.g. without introducing foreign genetic material.

  昨年3月19日が出願日ですので、休職宣言して姿を消してから半年目の時点ですね。

 B&W病院の出願ですので、理研サイドの研究不正云々の話とは関係なく、淡々と?動いている印象ですが・・・。




この記事に

閉じる コメント(11)

顔アイコン

2014年3月19日、米国で特許協力条約(PCT)に基づき国際出願し、18ケ月経過したのでWIPO(世界知的所有権機関)によって国際公開されたということですね。「PCT国際出願は^譴弔隆蟒颪髻↓∧豺餮譴悩鄒し、自国の特許庁に提出することによって、い修瞭の時点で有効なすべてのPCT加盟国に対して、PCT国際出願と同日に各々の国に国内特許出願を提出したことと同様の効果が得られます。」となっています。

その内容では何のことか分からないので、WIPOで公開された内容をみた方がいいですね。内容的にはSTAP論文を特許とするものです。調査委員会で捏造認定された図もその中に含まれています。
上の方の「Machine translation」をクリックして「Google translate」で言語を日本語にすると日本語で読めます。

https://patentscope.wipo.int/search/en/detail.jsf?docId=WO2015143125

2016/1/16(土) 午後 8:05 [ makotosaruta ] 返信する

顔アイコン

「PCT 国際出願制度と手続の概要」についてはこちらをみて下さい。

http://www.jpo.go.jp/seido/s_tokkyo/pdf/s_tokkyo/text.pdf

2016/1/16(土) 午後 8:17 [ makotosaruta ] 返信する

顔アイコン

特許本文と参照データは2014年3月のSTAP特許と重複している部分がありますが、
タイトルがSTAP特許の「GENERATING PLURIPOTENT CELLS DE NOVO」ではなく「METHODS RELATING TO PLURIPOTENT CELLS」となっていて、
請求項をみると、HBSS(Hanks Balanced Saline Solution)平衡生理食塩溶液水?とATPでの初期化が中心で、STAP特許での請求項は残っていなさそうで、基本的に別ものと思います。
(その意味で発明者がバカンティ氏と小島氏だけになっているのではないかと)

2016/1/16(土) 午後 9:57 [ JISAI ] 返信する

特許に書かれていた、
明細書の1部を自動翻訳したもの
【0029】図24A-24Dは、ES細胞様幹細胞がSTAP細胞から誘導することができることを実証しています。図24Aは、STAP細胞から幹細胞株の誘導の概略図を示しています。図24Bは、120日間の維持培養におけるSTAP-S細胞の力強い成長を示すグラフを示しています。同様の結果は、16の独立した系統で得られました。これとは対照的に、親のSTAP細胞が急速に数が減少しました。図24Cは、マーカー遺伝子発現の定量PCR分析のグラフを示します。 ESとSTAP-S細胞は、CD45 +細胞中で発現されなかった多能性関連遺伝子を発現しました。図24Dは、重硫酸塩配列決定によるDNAメチル化研究の概略を示しています。

2016/1/16(土) 午後 11:14 [ hidetarou ] 返信する

顔アイコン

桂報告?何それ?って感じで粛々と進んでるんですね。

2016/1/16(土) 午後 11:38 [ kaw**orops ] 返信する

顔アイコン

請求項ClaimsにはSTAPは触れられていない("Sphere"とだけ)のですが、明細説明にはSTAP関連でプロトコル改良版と新実験の事が追加されていました。
プロトコル改良は、HBSS平衡生理食塩溶液水+ATPを使用したもの。(2014年9月に発表された追加プロトコルと同じ内容かと)
新実験の方は、成体ラットの脊髄損傷治療として、脊髄ニューロン(痛覚過敏応答と熱応答)の喪失後に脊髄ニューロンのSTAP幹細胞移植で機能回復できたらしいです。
要するにこの新規特許は、2014年9月のSTAP追加プロトコルをベースに特許申請されたもののようです。

2016/1/17(日) 午後 2:06 [ JISAI ] 返信する

顔アイコン

はじめまして。
今更ですが、特許についてだけコメントさせてください。
この特許で注目すべきは、まず優先日が2014年3月19日である点です。
これはバカンティ氏がオリジナルの追加プロトコルをWebに発表した2014年3月20日(JISAI氏の2014年9月→2014年3月ではないかと)の前日です。
つまり、この特許はまず追加プロトコルの公表により新規性が喪失するのを避けるために出願されたものと言えます。
発表前に特許出願をすることは、米国研究者には常識です。

それから、この特許には3件の優先権主張の基礎出願がありますが、うち2件が2014年3月19日に、もう1件が2014年8月28日に出願されています。正確に対比してわけではありませんが、請求項を眺めた限りでは、3月の2件をまとめたものが8月の1件であり、2015年3月19日のPCT出願はほぼ8月の内容を踏襲しているようです。

2016/2/5(金) 午前 2:19 [ den***** ] 返信する

顔アイコン

想像の域を出ませんが、バカンティ氏がサバティカルに入る2014年9月の前に3月の2件をまとめたのが8月の1件ではないかと。そしてPCT出願の際に追加事項がなかったことからすると、B&W病院は、バカンティ氏の特許出願を維持することにしたものの、そこでの研究はバカンティ氏がサバティカルに入った以降は行われていないのかな…、と。

2016/2/5(金) 午前 2:21 [ den***** ] 返信する

顔アイコン

> den*****さん
コメント有難うございます。バカンティ氏のプロトコルは、2014年3月の後、9月3日に改訂プロトコルを公表していますので、JISAIさんが言及されている追加プロトコルはそのことかと思います(「簡単というのは間違い」というコメントとともに報じられました)。
https://research.bwhanesthesia.org/site_assets/51520d191eea6679ce000001/cterm/Revised_STAP_protocol-28bcd7e61d02a23624eb590717e241fe.pdf

もしかすると、基礎出願の一つとされている8月28日の出願は、タイミング的にみて、その改訂プロトコルを反映したものかな・・・と感じました。またお気付きの点があればお願いします。

2016/2/5(金) 午後 0:58 [ tea*r*akt2 ] 返信する

顔アイコン

バカンティ研のプロトコルは、2014/3/20分はstap論文と合わせた酸処理系のもの、2014/9/3分はHBSS平衡生理食塩溶液水+ATP系のものですね。(HBSSは3/20プロトコルでも丹羽プロトコルでも使われてましたが)

ただ上のコメントでは改良のプロトコルと書きましたが、小保方氏が言及しているようにハーバード側ではもともとATP系でしたから、その過去の蓄積を元に2014年3月の時点に基礎出願して9月に(簡単再現を目指して改善して結局簡単にはいかなかった)プロトコルを発表したということになるかと。
(たぶん請求項としては3月の基礎出願と変わらない(HBSS+ATP系のもの)で、明細説明で新実験のデータと共に9/3プロトコルの内容を追加しているようで)

2016/2/5(金) 午後 2:51 [ JISAI ] 返信する

顔アイコン

こんばんは。
tea*r*akt2さん、JISAIさん、失礼しました。
ご教示ありがとうございました。
2014年9月の追加プロトコルの改良版について、すっかり失念し、
その頃あった出来事→バカンティ氏のサバティカルから
勝手な想像を繰り広げてしまいましたが、
もっと明確な理由があったのですね。すっきりしました。
この出願の各国への移行期限は今年の9月19日(国によっては10月19日)なので、B&W病院の動向が注目ですね。

私は特許業界の人間で、バイオのことは詳しくないので
事の真偽はわかりませんが
バカンティ氏が経験があって、教授で予算も人も自由に使える立場である一方で
小保方氏が経験が乏しく、リーダーとはいえ一研究員で、予算も人も限られていたとはいえ、
知的財産の保護に関する彼我の姿勢の違いにはがっかりさせられます。
論文の不正は正すべきですが、それはそれとして
理研はもっと知的財産保護に積極的に動くべきだったのでは、とつくづく思います。

2016/2/6(土) 午前 2:40 [ den***** ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事