理研STAP細胞論文調査委員会報告、改革委提言等への根本的疑問

小保方論文の「改竄」「捏造」認定の不合理さ、バッシングの理不尽さ

全体表示

[ リスト ]


今日の昼休みに、やっと小保方氏の手記が購入できました。平積みがなくなっていたところに、書店の人が3冊補充したのをすぐ手にとって確保することができました。


 まだ、もちろん全部は読めていませんし、斜め読みで拾い読みした範囲ではありますが、貴重な検討材料となる(小保方氏から見た)事実関係、経過等が多々盛り込まれているように感じました。「えっ?そうだったのか?!」と驚いた箇所も少なからずありし、疑問が氷解したり、推測が裏付けられたり等の箇所もありました。理研に激震が走っているとの報道もありましたが、それもむベなるかなと思われる記述もありました。漠然と思い込んでいたことが、ひっくり返った点もあります。
 「手記」という語感から想像するものとは少々違うように感じます。


 善玉悪玉的思考がいかに危険かが、この手記で改めたよくわかったことは間違いないでしょう。それは科学的思考とは対極にある思考パターンです。
 
 そういった読めば読むほど、いろいろと考えさせる材料が多数提供しているようであるにも拘らず、発売から何時間も経たないうちから、Amazonのレビュー欄では、「責任転嫁、自己弁護、無反省、厚顔無恥、まずデータ出せ」等の定型的雑言が一つ星マークとともにずらずらと並ぶというのは、逆にこの手記のインパクトの大きさを物語っているように思います。
 
 内容としては、STAP細胞の研究、実験の過程や、米国、日本での研究室、大学院での諸々、一連の騒動・事件の発生と経過が、当事者の眼でかなり詳細に語られている印象です。しかも、文章が上手い(!)。専門的なことから、人間関係まで、(研究部分は素人にはもちろん難しいですが、それでも)読みやすく整理された言葉で綴られていて、すんなり頭に入ってくる印象です。こういうのは、ランダムに語らせて、編集者が再編して仕上げるというのがよくあるパターンですが、出版社が言うように、小保方氏自身が書き、出版社は誤字脱字のチェック程度だったというのが本当だとすると、かなりの文才です。
 心身ともに困憊し、研究者としての道を断たれたとの深い失望、孤独感の中で、よくこれだけの材料を提示してくれたものだと、感じ入ります。
 
 これは、小保方氏にとっての、強力な武器のひとつになることでしょう。身を守り潔白を明らかにするため攻勢防御的武器でもあり、起死回生の契機とするための武器でもありましょう。



 帰りの電車の中で、この手記を読みながら思いだしたのは、評論家として一世を風靡し今も根強く著作が読み継がれている今は亡き山本七平(イザヤ・ベンダサンとしても知られます)が、『私の中の日本軍隊』という名著の中で取り上げた、無実の罪を着せられて刑死した2少尉に関する「最後の『言葉』」という一章です。この2人の少尉が置かれた立場と小保方氏が置かれた立場とで共通するものがあると感じました。
 ご存じの方もいるかと思いますが、昭和12年の南京攻略戦の際に、2人の少尉が、「百人斬り競争」に興じたという東京日日新聞(現・毎日新聞)の記事が「証拠」となって、戦後戦犯として捕えられ、処刑されてしまったということがありました。その「百人斬り競争」という記事は、現地の2人が、日日新聞のA記者から言われて冗談で放談したものを、記者もそれとわかっていながら脚色した戦意高揚記事にして、二人のどちらが先に百人を斬るか?を競っているという内容のものでした。二人が莞爾と笑って並んだ写真付きのものでした。裁判では、当然、二人の少尉は、あれは架空の話であり、新聞社の記者の証言を取ってもらえば分かると主張しました。カメラマンは、ほら話であることを証言してくれましたものの、A記者は、曖昧に言を左右するだけで、架空の話だとは遂に証言してくれませんでした。軍隊の常識からしてあり得ない話が数々含まれているにも拘らずです。そもそも上級将校のお付きである「副官」が、勝手に戦線に出られるわけがない。それがわかるとすぐばれるから記事では「●官」と伏せてある。戦線では、中国の兵隊はおろか農民だってろくに人影が見えないのに、次々と斬れるはずがない。日本刀で何十人も斬れるわけがない。すぐに歯こぼれする。
 このような冷静に考えれば、すぐにあり得ない虚構だとわかる記事であり、実際に与太話を脚色したものだとカメラマンは証言してくれたにも拘らず、東京日日新聞のA記者が遂に証言をしなかったために、再三再四の上申書も却下され、絶望と失意の中、日中友好を祈って刑場の露と消えていきました。もちろん、中国側の政治的思惑も当然あったに相違ありません。
 
 しかし、その絶望と失意の中で、そのまま死んでいくのではなく、諦めずに言葉として、記録として残す努力をすることによって、後世、自分の無実を晴らしてくれる人間が出てくるかもしれない。だから、死ぬことはわかっていても、無駄だとは思わず、自分の考えを言葉で残しておけ。現に、自分(山本)が二人の言葉によって、無実を明らかにした。・・・というのが山本七平が語っていることです。
 以下、少々長いですが、引用します。大げさではなく、小保方氏と重なってみえてくるところがあります。両少尉は物理的抹殺、小保方氏は社会的抹殺というのが置かれた立場です。


■山本七平『私の中の日本軍隊(下)』 最終章「最後の「言葉」」より最終部分抜粋
 
「向井・野田両氏のような運命に陥れば、人はもうどうすることも出来なくなるのが普通である。自分が無実で、虚報で処刑されることは、その本人たちがだれよりもよく知っている。そしてそれゆえに、余計にどうにもできなくなる。何を言っても、何をしても無駄だという気になってしまう。前にものべたが、処刑直前の前述のN大尉の状態が、それをよく示しており、現実と夢とが混合していく一種の錯乱状態は、向井少尉の遺書にも見られる。「十五、六日」という問題の日付にはこれも影響していよう。一切は奪われていく。法の保護も、身を守る武器も、そして最後には自分の精神さえ。
しかし、そのとき、はじめて人は気づくのである。すべて奪われても、なお、自分が最後の一線で渾身の力をふるってふみとどまれば、万人に平等に与えられている唯一の、そして本当の武器がなお残っていること。それは言葉である。もうそれしかない。だが、自分で捨てない限り、これだけはだれも奪うことはできない。
処刑は目前に迫っている。確かに、言葉で戦っても、もう無駄かも知れぬ。発言は封ぜられ、その声はだれにもとどかず、筆記の手段は奪われ、たとえ筆記しても、それはだれの目にもふれず消えてしまうかも知れない。
しかしそこで諦めてはならない。生き抜いた者はみなそこで踏みとどまったし、たとえ処刑されても、その行為は無駄ではない。「どうせ死ぬ」のだからすべての行為は無駄だというなら、すべての人はおそかれ早かれ「どうせ死ぬ」のであり、それなら人間の行為ははじめからすべて無駄なはずである。従ってその死が明日であろうと十年後であろうと三十年後であろうと、それは関係ないことである。
誤っていることがあるなら、自分の誤りを含めて、それを申し送って行くことは、一面そういう運命に陥った者に課せられた任務でもあろう。消えてしまうなら、消えてしまうでよい。しかし、いつの日かわからず、また何十年あるいは何百年先かそれもわからないが、自分が全く知らず、生涯一度も会ったことのない、全然「縁もゆかりもない」「見ず知らず」の人間が、それを取りあげて、すべてを明らかにしてくれることがないとは、絶対に言えないからである――現に、ここにある。」
 
 小保方氏は、前書きで、
 
「これまで他の方に影響が及ぶことを恐れ、私からの発信を控えてきました。しかし、ここまで社会を大きく騒がせたこの出来事に対し、このまま口をつぐみ、世間が忘れて行くのを待つことは、さらなる卑怯な逃げであると思い、自分の持つ弱さや未熟さもさらけ出して、この本の中に真実を書こうと決めました。」
 
 と記しています。
 小保方氏は、処刑された向井、野田両少尉とは異なり、(社会的には抹殺されかかっていますが)幸いにして生きています。そして、高度な研究能力に加えて、これだけの手記、記録とを編むことができる頭脳と才能があります。これから、長い時間も与えられています。支持者、擁護者もいます。


 今回の手記で提示された多くの材料をもとにして、マスコミにおいても従来の善玉悪玉的見方に対する疑念も生じて見直しの動きも出始めて、真実探求の動きが広汎に広がっていくことを期待したいところです。
 ともかく、事実関係の材料が多ければ多いほど、検討を深めていくことができます。
 
 よく読んで、次回以降、気づきの点を逐次、記事にしていきたいと思います。

【補足】
 善玉悪玉的思考の危険性ということに加えて、JISAIさんご指摘のように、見た眼で判断する危険性ということも、本書で痛感する点ですね。
 『人は見た目が9割』という新書もありますが、テレビ朝日とかはよくわかっていて、登場させる解説委員や外部識者はほぼ100%、ロマンスグレー、シルバーグレーで、話し方も穏やかな人たちばかりです。
 凶悪犯や破廉恥犯が、つかまってみると、家庭的には良き父親であり、地域的には良き隣人で、とても評判がよかった・・・などという事例はごまんとあるのですから、見た眼で判断するのは危険です。
 小保方氏も見た眼がプラスにもなり、マイナスにもなりという両面があるかと思いますが、大事なことは、「事実」ですから、それらを積み重ねて、真実を明らかにし、判断の当否を固めていくというのが基本的プロセスです。

 今回の小保方氏の手記で、今度は、一気に「若山氏が悪玉だ」と極端に振れるのもよくなくて、ともかく、提示され、発掘される事実関係をつなぎ合わせていくことで判断していく必要があると感じます。

この記事に

閉じる コメント(16)

失礼します。

【百人斬り】で中国の政治的思惑を感じるならSTAP特許がアメリカに移ったことによりアメリカの政治的思惑を感じるべきですね。

アメリカは【特許の囲い込み】を国策としIPS細胞時の【特許戦争】でもエゲつない特許略奪を仕掛けた国です。

STAP細胞がアメリカの特許利権を脅かす存在になることをアメリカは許さなかった。

そして笹井さんはアメリカの飼い犬である統○教会系の在○右翼に自殺に見せかけ殺害され小保方さんは車で追い回されホテルで負傷までさせられた。

W山さんはノーベル賞利権派にいてアメリカの指令には逆らえない存在だったのでしょう。

2016/1/30(土) 午前 0:49 [ tui***** ] 返信する

顔アイコン

善玉悪玉的見方というか、いかに見た目の印象だけで判断して正常性バイアスのかかった状態になっているということで。
特に関係者で会見から受ける印象と実像はだいぶ違うのは興味深く(笹井氏とか丹羽氏とかは見た目どおりでしたが)、
相澤氏とか会見からは想像もつかないパワー系(というか確か体育会系でしたか)だったり、
若山氏は実際は自分の研究成果(stap幹細胞の樹立)により特許等で大型の予算を獲得することだけしか興味がなく小保方氏を利用していただけだったのではないかと思えましたし
(それで自分に貢献し続けてくれると信じていたのが、若山研の移動について来ずに、勝手に理研にPIとしてスカウトされ、引越後に小保方氏無しには全くキメラやstap幹細胞が成功せず、あげくに肝心の論文は不備だらけで、シニアオーサーの自分の評価が傷付けられた(研究資金が獲得できなくなる)と分かるや、掌を返したようにしか見えないわけで)。
(続く)

2016/1/30(土) 午前 2:38 [ JISAI ] 返信する

顔アイコン

(上の続き)
(で、若山氏の豹変のタイミングは、当初小保方氏にSTAP幹細胞樹立の現場を見せず、キメラのインジェクション技術を教えなかったのは、ハーバード側に盗られないようにするためだったのが、いつのまにかバカンティ研でもSTAP幹細胞の樹立ができていると分かった時かも)

そして最大のバイアスは、「STAPはキメラや幹細胞ができてこそ」というのは論文発表会見だけで周りが思い込んでいたけれども、小保方氏にとっては「stap」の名は借り物で、キメラやstap幹細胞が自分で再現が取れていない限りは「ES細胞からのようなキメラマウスはできないというのも重要な結果の1つ」として割り切ろうとしていて、小保方氏が研究したかったのは初期化での細胞の変化過程にあって、実はキメラやSTAP幹細胞はそんなに信じていなかったのではないかと

2016/1/30(土) 午前 3:21 [ JISAI ] 返信する

う〜ん、

STAP細胞の初期化の段階で小保方さんが満足していたとは到底考えられないですね。

STAP細胞の万能性を証明するためにはキメラマウス生成は必須ですし、若山さんと小保方さんが必死にキメラマウス生成に取り組んでいた様子は雑誌でも公表されていますからね。

とにかく若山さんは【第三者機関による調査・15番マーカー・メスマウス・若山研に無かったマウス】という大ウソをついてまで論文を撤回させようとしたのですよ。

予算が取れなかった怨恨だけで研究者生命を終わらせかねない大ウソをつきますかね?

2016/1/30(土) 午前 7:34 [ tui***** ] 返信する

とにかく今回のSTAP細胞事件は、若山さんの【第三者機関による調査・15番マーカー・メスマウス・若山研に無かったマウス】という大ウソから始まっています。

この若山さんの大ウソは論文撤回理由にも記載されて笹井さんら共同著者は信じ込まされた。

NHKスペシャルもこのウソ解析を根拠に番組を制作した。

しかし一昨年の7/22に【中立的な第三者機関による調査・15番マーカー・メスマウス・若山研に無かったマウス】がすべてウソだと発表され解析結果はすべて白紙に戻ったわけです。

若山さんはこの弁明を【世間に混乱をまねく】と保留したままです。

また若山さんが作成したキメラマウスの調査もまったく行われていません。

2016/1/30(土) 午前 8:29 [ tui***** ] 返信する

顔アイコン

>tui*****さん
確かに、一般に多能性幹細胞の研究ではキメラマウスの作成の実験が定石になっていて、ハーバード時代の最初の論文もキメラの実験ができないためにリジェクトされたようなもので、それ故にスフィアでもキメラが作成できそうな若山氏のところに派遣された訳で、小保方氏が若山氏のキメラの切開に立ち会いGFP確認で共に喜んだのも事実でしょう。
ただ、本内では、キメラ作製の実験が求められないヒト細胞での実験(MUSE細胞)をうらやましがってたり、何よりも自分で再現の取れていないが故に、初期化の段階で満足してたというよりも、なにか諦めかけていたような感じがしました。

若山氏の【大ウソ】はすぐにバレてたと思いますが結局研究者生命は安泰してますし、何よりもES疑惑の前では大した事ではないと思われてるのではないかと。
まあ【大ウソ】をついてまで論文撤回を強硬しようとした理由は、上のコメントで挙げた事以外にもあったのかもしれませんが。

2016/1/30(土) 午前 9:39 [ JISAI ] 返信する

顔アイコン

若山さんが大きなリスクまで犯して論文を撤回させた理由がSTAP騒動の本当の原因に繋がってるでしょうね。

あれによって笹井さんや丹羽さんらSTAPに関わった研究者からは若山さんの信用ゼロになったでしょうし、世間におもいっきり怪しい行動したのをあからさまに晒して冷静に騒動を見てる研究者の信用もなくしたでしょう。研究者としてはかなり大きなリスクで、それに見合った物が得られたということなのか。

2016/1/30(土) 午後 2:13 [ kaw**orops ] 返信する

顔アイコン

>研究者としてはかなり大きなリスクで、それに見合った物が得られたということなのか。

それ以上のリスクがあったということではないでしょうか。具体的に何かはわかりませんが。

2016/1/30(土) 午後 2:18 [ gen**ron ] 返信する

顔アイコン

小保方本、本日、入手しました。
彼女の悔しさが伝わってくる内容です。自身の正当性を、証拠を持って示しそうとしたものと言えます。 彼女は、いろいろな機会で、身の潔白を主張したのですが、理研委員会から、どの証拠も採用されなかったのです。理研も早稲田当局も、最初から結論は出ているのに、アリバイ作りをしました。当局は、再検討、再調査で、小保方氏を翻弄させただけ。
小保方氏は、大層傷ついたのです。「教官が、私に向ける顔と、当局に向ける顔が違うのだ!」と表現。
潔白が欲しい、学位が欲しいとあせる小保方氏にとってはつらい経験で、読者は泣けますね。珠玉の表現も多くあって、小保方氏は、物言わぬ実験室のピペットに思いを託しています。最後の部分で、ピペットを再登場させ、悲しくやるせない思いを象徴させています。
最後の日、彼女が“さよなら”とピペットに言って、実験室を去った時、ピペットは”さよなら”に答えてくれなかったとあります。
ドラマの映像になったら、大事なカットになる部分ですね。

2016/1/30(土) 午後 8:22 学とみ子 返信する

顔アイコン

> 学とみ子さん
>最後の日、彼女が“さよなら”とピペットに言って、実験室を去った時、ピペットは”さよなら”に答えてくれなかったとあります。

この文章に共感するとは驚きました。研究者の発言とは思えないですね。
私はこのポエムに吐き気がしました。

2016/1/31(日) 午前 11:21 [ net***** ] 返信する

小保方さんのポエムは若山のポエムのように罪はありませんよ。

【第三者機関で調査した。15番マーカーのメスマウスだった。若山研に無かったマウスだった】という大嘘ポエムね。

しかも若山は一昨年の7/22に論文撤回理由提出ギリギリになって大嘘ポエムの内容を削除改ざんするという喜劇も演じている。

若山の大嘘ポエムと喜劇は反吐ですまされるものではないですね。

2016/1/31(日) 午前 11:48 [ tui***** ] 返信する

顔アイコン

そこは若山さんが正直者だったことに感謝しましょう
普通はそんなバレバレな行動しませんから
本当の悪は用意周到ですよ

2016/1/31(日) 午後 0:39 [ kaw**orops ] 返信する

若山さんの下劣なねつ造行為に感謝せよという感覚が分からない。

バレバレのねつ造を正直者だと賞賛する方はただの〇〇でしょう。

2016/1/31(日) 午後 0:56 [ tui***** ] 返信する

顔アイコン

その誰でもわかるような下劣な行為をスルーしまくった人達が本悪だと思ってるだけですよ。陰謀論になってしまうのでこの辺でやめておきます。

2016/1/31(日) 午後 1:11 [ kaw**orops ] 返信する

【第三者機関による調査・15番マーカー・メスマウス・若山研に無かったマウス】という若山さんの大ウソは陰謀論ではない。

若山さんの【(小保方さんが)ポケットにマウスを入れて持ち込んでも分からない】は陰謀論ですけどね。

2016/1/31(日) 午後 1:20 [ tui***** ] 返信する

若山の背後に特許の囲い込みを国策とするアメリカがいようとノーベル賞利権のユダヤがいようと現時点で下劣なねつ造行為が判明しているのは若山さんですよ。

若山の背後を妄想したとて若山のねつ造行為が許されるわけではない。

日本の至宝である笹井さんが殺害され小保方さんは学者生命を絶たれたわけですから。

2016/1/31(日) 午後 1:27 [ tui***** ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事