理研STAP細胞論文調査委員会報告、改革委提言等への根本的疑問

小保方論文の「改竄」「捏造」認定の不合理さ、バッシングの理不尽さ

全体表示

[ リスト ]


 前回の続きです。


4 検証実験の制約(P217〜225) 
 
○「魔術を使うことを防ぐため」の制約各種
・監視カメラや立会人による24時間監視
・実験室に持ち込むもの、手に取るものはすべて記録。
・ほんの少し手を動かすこと、持ち直すこともできなくなった。
・立会人がいても、一歩でも先に実験室に入ることはできなくなった。
・釘穴も全部セメントで埋められた。
・赤外線カメラと光学カメラの切り替わり時には入室禁止。
・ポケットのない洋服での通勤。その上からエプロンを着せられたが、鉛のレントゲン防衣のように重く、体を自由に動かせない。
 
○手技に大きく依存するキメラ作製
・緑色発光する細胞塊が11月末までに確認されれば、検証実験は翌年3月迄行える条件になっていたが、検証実験成功の条件は、若山氏作成のキメラ作製成功に定めらてしまっていた。
・キメラは手技に左右される。若山氏は「自分にしかできない特殊な手技を使ってキメラ実験しているから、なかなか再現とれないよ」と何度も言っていた。
 
○見た目ではわからないキメラ
キメラは、初期胚に注入した細胞が作る組織の割合が低いと、見た目では判断がつかないことがあるので、担当者に「遺伝子解析してSTAP細胞の遺伝子がキメラにいるのかどうか確かめたほうがいい」と提案した。しかし、若山氏と同等のものができないと世間は納得しないとして却下。
 
Oct4陽性細胞塊の発現
7月中旬、丹羽先生から、「肝臓から採取してATPで酸処理した細胞塊からESと同等なくらいの多能性遺伝子の発現が確認されるようになった」との報告を受けた。
8月に入り、小保方氏作製の脾臓由来の細胞のATP酸処理した細胞塊の遺伝子解析では、5つのうち3つに未分化状態を示す多能性遺伝子の発現があったとのこと。
・丹羽先生の検証実験でも、一定の再現性をもって多能性遺伝子とOCT4陽性細胞塊の確認されており、「この実験結果は、第一段階のOct4陽性細胞塊の発現の要件を満たすものだった。」
 
○自分で解析できないという制約
STAP細胞は変化しやすいため、解析を迅速に行う必要があったが、解析のために別の場所には運ばれて第三者によって行わ、即時に結果をみることができなかった。実際にどのように解析されているのか知るよしもなかった。
・マウスから採取される細胞は、生き物であるため、状態には若干のばらつきがあり、少しの処理の違いによってもストレスへの応答が異なる場合がある。毎回、自分で解析結果を即時に見ることができていれば、たとえばストレスが少し弱かったと考えられたら、次の実験ではストレスを与える時間を少し延ばす等の細かな工夫ができた。
 
○笹井氏死後の中止の動き
CDBPIミーティングで、林先生が、「これを機に中止したほうがいい」と提案。
・しかし、竹市先生が、「科学的結果を見るまで続けるべきだ」と述べた由。
・相澤氏から、検証実験を続ける気があるか聞かれたが、「やります」と答えた。
 
 
5 理研と若山氏の関係、若山氏の証言の不審

○出勤再開後、川合理事に、情報管理する若山氏との圧倒的な情報量の差を訴えたところ、「理研上層部としても、若山氏が自分に有利な情報しか出してこないことに気がついている。途中までは若山さんのことを信じていたみたいで、調査報告書などの情報が渡っていたようだ。でもこんなやり方は正義じゃないと感じている」(P227〜228)
 
STAP幹細胞が増えて行く増殖曲線の図表について、若山氏は、「細胞の数の数え方をしらないので、小保方さんに任せていて、自分は途中経過をしらないうちに作製されたデータである」と証言したとのこと。細胞培養を日常的に行っている人が細胞の数え方を知らないなどは通常ありえない。(P229)
 
STAP細胞がES細胞なら、STAP細胞塊をバラバラに注入している方法で成功していたはずである。STAP幹細胞がES細胞だというなら、若山氏が観察した、増殖能が低いSTAP細胞から無限増殖する幹細胞への変化が起こるはずがない。(P207〜208)
 
○これらの実験で使われたES細胞は、アクロシンGFPという特殊なマウスから作製されたものだったと発表されたが、このマウスには「光る精子」を持つ特徴があるとのこと。若山氏は、キメラマウスのジャームライントランスミッションの実験の際、「光る精子」を自身で採集して実験していたにもかかわらず、6月の会見では、小保方氏がマウスや細胞を持ちこんだかのような推論を社会に植え付けた。
 STAP幹細胞が若山研にいたマウス由来で、それがアクロシンGFPマウスであることがわかった事を教えてくれた人に、若山氏の「光る精子」の実験をしており、そのときの写真も残っていることを告げると、「確信犯」という言葉が返ってきた。(P208〜209)
 
STAP細胞が、胎児にも胎盤にも寄与することを発見したのは若山氏。20142月のネイチャーインタビューで、自ら発見したことを証言し、「細胞が別のものに置きかわったことはありえず、実験結果は絶対に真実だ」と証言。にもかわからず、4ヶ月後の6月の会見では、「胎盤への寄与は誰が見つけたのか?」と聞かれ、「忘れた」と回答している。
 
 
6 早稲田大の博士号剥奪
 
  別途。




この記事に

閉じる コメント(11)

顔アイコン

検証実験報告での小保方再現実験の評価では
>緑色蛍光陽性細胞の出現が十分には得られなかった状況下において、再現性をもって自家蛍光と区別し、多能性細胞特異的分子マーカーの発現と対応づけることは出来なかった。
というのは、
STAP論文のデータと同じくらいの、緑色蛍光陽性細胞が十分に出現せず、多能性細胞特異的分子マーカーの発現量も(論文データに比して)少なく、論文通りに再現できなかった(STAP細胞ができなかったと言っているわけではない)
といっていたんだったな(検証実験の評価の方も似たような言い回しだったか)

2016/1/31(日) 午後 3:26 [ JISAI ] 返信する

顔アイコン

西川先生がweb連載「捏造の構造分析」で手記の事にふれていますね
ttp://bylines.news.yahoo.co.jp/nishikawashinichi/20160130-00053948/
西川先生の箇所はすべて真実、相澤氏・竹市氏・笹井氏については驚くほど正確に描写されている、
との事以外は、文句を山ほど言いたいのですが長くなりそうなので止めときます(西川先生って2つの不正調査委を鵜呑みで評価してるようで)

2016/1/31(日) 午後 5:23 [ JISAI ] 返信する

顔アイコン

西川氏は、「内部に留まっていては言いたいことが言えない」と言って理研を辞めたので、てっきり、改革委への抗議の辞任だとばかり思っていましたが、何らかメッセージを発するでもない状態がしばらく続きました。やがて、ウェブでの科学解説をはじめられ、それはそれで興味深い内容ではありますが、STAP問題に関しては、他人事のような雰囲気がありましたし、不正とSTAPの有無とは切り離すべき、というスタンスで、「小保方氏の捏造」と言い始めたのにはがっかりでした。今回のコラムにしても、「科学の手続き」に則らない事態になったのが問題にも拘らず、それを棚に上げて、「手記だけじゃだめだ」といっても、公平ではないでしょう。「不正あり」と考えているのであれば、その判断の基礎となった調査委の認定材料や検証実験・再現実験のやり方について小保方氏は具体的に疑義を呈しているわけですから、もう少しコメントの仕方があるのではないだろうか、と感じます。

2016/1/31(日) 午後 7:00 [ tea*r*akt2 ] 返信する

顔アイコン

今回の手記の目的の1つには、桂調査の際に提出しようとして握り潰された「若山研での研究状況の実態」を公表しようとしたことにあったのだと思います。

西川氏は、手記を「一方的」で「冷静に対話を通して疑問に答えてくれ」てなく「科学の(反論を受け入れ、議論し、最終的に合意に達する)手続き」がなされていない、と言いたいのでしょうが、
しかし最初から不正を認めさせようとして一方的で、公平に扱わず、反論を無視し、しかもその反論の証言を不正の自認かのように歪曲した連中は、「攻撃する集団としか捉え」ようがないわけで、
実はそんな話にならない奴ばかりだから、三木弁護士は会見とか個別インタビューとかは受け付けないのだし。

西川氏は、病床の笹井氏に対し、不正があったのだから辞職しろと「説得」したらしいのだが、笹井氏の言われる(真っ当な)「不正ではなく不備(だから辞職する必要などない)」という言葉には取り合わずに、ただ調査委の結論を鵜呑みにして強制しようとしたのは、「冷静に対話」じゃないどころか暴力でしかないわけで、それが分かっていないんじゃないかと。

2016/1/31(日) 午後 8:13 [ JISAI ] 返信する

今回のSTAP騒動、権威の大本営発表を盲目的に受け入れる人が多かったのも大きな問題だったと思います。大本営発表に対して問題点やおかしな点を指摘する人がいるのに、まるで戦時中のように大本営発表を鵜呑みにしている人達がいました。

2016/1/31(日) 午後 8:58 [ berry ] 返信する

顔アイコン

私も、西川氏の「笹井氏を説得」のくだりには呆れ果てました。
あの人は、事件の当事者のひとりです。自分が係わった部分についてもっとしっかり語る必要があります。沈黙を続けて逃げるよりはマシかも知れませんが、結局は何も語っていません。
今回もあの内容では何も期待できないし、それどころか結局は西川氏も加害者のひとりなんですよ。

2016/1/31(日) 午後 9:01 [ tai*o*no* ] 返信する

顔アイコン

小保方氏も若山氏も、お互いに捏造犯とは考えていないでしょう。複数の人が仕事場に長時間いるわけだし、そばで作業している者同志なら、捏造に気付くでしょう。培養中であれば、動きの違うESに入れ替われば、プロたちは、気付いてしまいます。

この本では、小保方氏は、自身は捏造には関与していないと盛んに訴えているのです。幹細胞やキメラ、テラトーマは、若山研で若山氏が中心でなされた仕事だから、小保方氏はかかわっていないと訴えています。しかし、そうした訴えの中で、若山研が多くの実験業務を担当した事実が見えます。若山氏自身や研究室の業績になる部分が多いにもかかわらず、業績が小保方氏1人に偏り、小保方氏は山梨についてこない。STAP研究で山を当てたい若山氏は、不満がとても高まっていたと思います。さらに、遺伝子解析の混乱によって、若山氏自身の研究歴まで傷がつきそうになったので、STAPを投げ出したのではないかと?若山氏は、小保方氏に捏造犯役を押し付けて、逃げたわけではないと私は考えたいです。

2016/1/31(日) 午後 9:33 学とみ子 返信する

顔アイコン

つづき 小保方本では、若山氏の冗談が、ネガティブに書かれている部分が気になります。
若山氏は、「小保方氏自身で、疑惑を晴らすべき!捏造したわけではないのだから、釈明できるでしょ!私はもう助けない!」と言いたかったのかも・・・・。

2016/1/31(日) 午後 9:39 学とみ子 返信する

顔アイコン

西川氏の上記コラムで「小保方さん自身が反省の言葉を述べたというDNAメチル化パターンデータ作成過程など、具体的な話を生の声で聞きたかった」とあるのだが、実は手記の中にあって、

>「若山研での論文執筆当時の私は、再現性があるデータをわかりやすく提示することが、論文の図表の役割であると理解していたところがあります。指導された先生から、このままでは使えないと言われたものを、再現性があることを確認した上で修正したものであり、虚偽の結果を作ったわけではありません」と正直に訴えたが、この発言をまるでデータ操作の自白のように使われ、私一人だけの不正判定の根拠に用いられた [p230]

がそれで、修正したデータは再現性のある実際のデータである(わかりやすく提示するため実験データを選別したということ)と言っているのに、
これが桂調査報告で「手動で作図して存在しないデータを新たに作り上げた」との不正認定へと捏造されたわけで、「誇れるデータではなく、責任を感じている」の言葉は不正の自認反省ではなかったのが、西川氏は手記を読んでも分からなかったようで。

2016/2/1(月) 午前 3:50 [ JISAI ] 返信する

顔アイコン

JISAIさん
ブログの記事を読む限り、西川という人は客観性を装いながら、実は先入観で判断してしまう、かなり思い込みの強い人のように思いました。
細かい読み込みや、相手に対する思いやり、想定は無理なのでしょう。

2016/2/1(月) 午前 10:40 [ gen**ron ] 返信する

どんな理由があるにせよ若山さんの【第三者機関による調査・15番マーカー・メスマウス・若山研に無かったマウス】という大ウソと、【(小保方さん)がポケットにマウスを入れて持ち込んでも分からない】という陰謀論、また論文撤回理由提出ギリギリの無許可での改ざん削除は話になりませんよ。

2016/2/1(月) 午後 1:35 [ tui***** ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事