理研STAP細胞論文調査委員会報告、改革委提言等への根本的疑問

小保方論文の「改竄」「捏造」認定の不合理さ、バッシングの理不尽さ

全体表示

[ リスト ]

 
 ちょっと備忘録的に・・・。
 
1 STAP細胞に言及した特許出願
 
 読者の方に教えていただきましたが、STAP細胞に言及した特許出願が、2015115日付でなされているとのことです。
  それで、言及されている特許出願の内容をみると、
 
 特開2015-198644
「未分化細胞から分化細胞および/または分化細胞の産生物を取得する方法」
 
 ということで、未分化細胞のひとつとして、STAP細胞を挙げているというものでした。
 
【請求項4
未分化の細胞が、幹細胞または前駆細胞である、請求項1〜3のいずれか1項に記載の方法。
【請求項5
幹細胞が、ES細胞、クローンES細胞、間葉系幹細胞、iPS細胞およびSTAP細胞からなる群より選択される少なくとも一つである、請求項4に記載の方法。
 
 ですので、STAP細胞自体の作成に関わるものではないですが、桂調査報告書により、STAP細胞はES細胞だとほぼ断定された後に出願されている中で、STAP細胞を認知した形になっているという点では、興味を惹きます。
 STAP細胞の特許出願はハーバードにより維持されているので、それを前提として、ということなのでしょうね。
 
 その出願人が、シスメックス(株)という神戸の医療機器メーカーですが、それなりに知られていますよね・・? 検体検査に関連する製品の開発、製造、販売及びサービスを事業とし、「特に血球計数装置では米ベックマン・コールター社などと世界のトップシェアを競っている。」由。
 http://www.sysmex.co.jp/
 
2 比較的冷静な記事
 
 以下のinfoseek掲載のリテラの記事は、小保方氏の手記に対する「読まないままの非難」一色の記事が多い中では、比較的冷静に小保方氏の問題提起を受け止めていますね。


3 NHK会長人事とBPO決定のタイミング

 NHKの不祥事続きで、籾井会長が来年1月までの任期(3年)を待たずに、解任か?という観測が、マスコミで取りざたされています。
 以下は、日刊ゲンダイですので、反安部政権ですから、バイアスがあるのかもしれませんが、
同様の観測は、『選択』その他の雑誌でも書かれていて、3月の予算案承認前後がひとつの山のような雰囲気です。

 それで、それはどうでもいいのですが、もしそういうことになって、そう遠からず、不祥事の責任を取って会長が交代して、心機一転・・・となったとしても、タイミング的に、STAP細胞についてのNHKスペシャルに対するBPOの決定が、夏までには下るでしょうから、新体制発足から間もないうちに、また不祥事として注目される可能性が大だろうと思われます。
 ともかく、看板番組の「クローズアップ現代」が、やらせでBPOから勧告をうけてしまいましたし、それ以上の看板番組のはずの「NHKスペシャル」が、人権侵害で勧告を受ける事態となると、打撃は大きいでしょう。

 今回の小保方氏の手記の影響もあって、STAP細胞に関するNHKの報道は、メディアスクラムの中心的イメージができつつありますし、あのNHKスペシャルの報道内容のバイアスのかかりぶり、人権侵害ぶりは、広く認識されつつあります。
 3月のBPO会合では、双方からヒアリングをする予定になっていますから、そこで、小保方氏側は、手記の内容も含めて改めて論点の主張の補強として提示することでしょう。あの手記に書かれたNHKのパパラッチぶりは極めて生々しいものですから、委員に与えるインパクトも大きいと思います(もちろん、若山氏への一方的肩入れぶりに関してもです)。

 手記がベストセラーになって改めて注目を浴びている流れで、BPOが人権侵害勧告をすることになれば、NHKの会長以下が新体制になっていたとしても、打撃が大きいことでしょう。

この記事に

閉じる コメント(8)

顔アイコン

例のパパラッチ事件ですけど、最初、バイクに追いかけられた後、ホテルに彼女ひとりで1時間置いてきぼりにされた経緯がおかしくないですか?彼女は、ホテルのトイレに隠れていたというのですが、ホテルはあぶないでしょう。むしろ理研に戻るとかならパパラッチは入れません。ホテルにわざと誘導された可能性はないのでしょうか?そしてマスコミに、小保方氏は○○ホテルにいてインタビューに応じる・・・と通報した人がいたので、マスコミが来た?
公的な調査が多方面から入れば、STAP関係者の問題行動が表面化して、小保方証言の証拠になるような気がします。

2016/2/9(火) 午後 9:37 学とみ子 返信する

顔アイコン

文春に載った佐藤氏の記事の紹介です。
“「あの日」を、私は自己愛の書として読み始めた。だが、読み進めていくうちに、これは、読者の無意識に働きかけて操作する危険な「錬金術の書」で、あることに気がついた。・・「あの日」には、「読む者に真実だと信じ込ませてしまう」魔力が備わっている。“とあります。
佐藤氏は、理研の発表が絶対正しいとする立ち位置にいます。理研は不十分な調査しかできなかったのに、調査をつくした発表であると装ったことが問題でした。科学の信頼を裏切とは、まさにこのことです。「あの日」前半では、蛍光がどのような条件で強くなるかを発見するまでの経緯が書かれています。小保方氏の科学者としての観察眼が書かれており、低PHが効率の良い幼弱化を起こすことを偶然に発見したと書かれています。こうした大事な経験談は、ねつ造できないでしょう。佐藤氏には、なぜ、ねつ造と読めるのか、単なる自慢話になってしまうのか?・・。そして、佐藤氏は、小保方氏の文章は迫力あると言い、それがねつ造能力がすごいとなってしまうのか?・・。
小保方氏が、必死の思いで書いたから迫力があるのに・・。

2016/2/9(火) 午後 11:16 学とみ子 返信する

顔アイコン

そのNHKパパラッチの場面は、P187〜ですね。段落の冒頭にあるように、バイクで理研から追いかけられていたので、小保方氏がいったん逃げ込んだホテルにいることはわかっていたことになりますから、トイレから出たところにNHKがいたのは不思議ではないように思います。ただ、迎えが来るまで1時間というのはたしかに長いように感じますね。

このホテル内の場面で、「マイクのふわふわした部分が頬に当てられながら前後からカメラを向けられた。少し顔を上げるとにやにやしながらカメラを向けている取材陣の顔が見えた。」と描き、恐怖感を語っていますが、この描写は、五感に訴えるところがあります。小保方氏の筆力は大したものだと感じます。

2016/2/10(水) 午前 7:17 [ tea*r*akt2 ] 返信する

顔アイコン

佐藤優氏にして、この程度のことしか言えないのか、と落胆しました。専門の外交、国際政治関係では優れた分析をしていると常々思っていますが、須田氏の著書と小保方氏の手記について、こんな分析ではだめですね。須田氏の大宅賞受賞の選考委員であるせいもあるかもしれませんが、それにしてもちょっと・・・です。

須田本で、若山氏のほうから須田氏にアプローチしてきたこと、撤回翌日には撤回呼び掛け理由とした事由のほとんどに納得してしまっていることに不思議を感じないのか?と思いますし、論文撤回の決定的理由となった若山氏の発表が間違っていたことへの追及がほとんどないこと、あれだけキメラ等の残存試料を分析せよ!と須田氏は主張していたのに、桂調査委によってそれがされていなくても何も言わない矛盾等、疑問が多々あるのに気がつかないのでしょうか? 若山氏、自己点検委、いずれも先方からのアプローチで、それを特ダネにし、そのまま分析なく報じているのですから、拡声器として使われたということです。

2016/2/10(水) 午前 7:30 [ tea*r*akt2 ] 返信する

顔アイコン

> 学とみ子さん
すみません、上記の私のコメント、少々勘違いしていました。ご趣旨は、何故理研に戻らず、ホテルだったのか?ということですね。そういえばそうですね。バイクが追いかけてきたいたら、取材陣がその後にいると想定されますから、ホテルに1時間放置というのは、やや不自然な気はしますね。
ただ、前書きで、検証実験中、移動の際に身の安全を守ってくれた3人の人に謝辞をのべていますから、そういう裏があるわけではないような気がします。

■訂正
直近のコメント中、「撤回翌日には」は、「撤回呼び掛け翌日には」の間違いです。

2016/2/10(水) 午後 0:17 [ tea*r*akt2 ] 返信する

顔アイコン

> 学とみ子さん
>・・「あの日」には、「読む者に真実だと信じ込ませてしまう」魔力が備わっている。“とあります。

それって魔女狩りするときの典型的な文言ですよねw
佐藤さんほどの人がそれを言うのかと

2016/2/10(水) 午後 3:17 [ kaw**orops ] 返信する

顔アイコン

若山氏と理研(笹井氏)とは、論文準備中から戦争状態と言えるまでに険悪だったのではないか?論文発表前から、声に出さない大人同士のけんかが、その後の若山氏の強引な論文引き下げにつながっている?ねつ造疑惑が発覚した時、若山氏は、理研や小保方氏と相談をせずに強引にネーチャーと交渉し、取り下げを強行しました。若山氏は、理研の誰も信用できないと決め、共著者に恨まれても、論文をとりさげたかったようです。若山氏がそうした強引な行動ができたのは、論文の権限は自らにある(自分の仕事である)と信じたからで、ネーチャー本部も、若山氏の主張を認めたからだと思います。その時の若山氏は、理研内の敵や仲間に対しても、周りの人たちすべてに疑惑を感じ、STAP実験そのものに自信を失っていたのでしょう。この時期の若山氏の発言の影響で、STAPは無い!となってしまっていますが、若山氏は実際に行っていた実験の実態と成果には触れていません。

2016/2/10(水) 午後 10:22 学とみ子 返信する

顔アイコン

告白本では、発表前の若山氏の怒りがぼけて書かれています。大人の若山氏は怒りを表面化させないので、彼の不本意な気持ちが伝わらないのかもしれませんが、以下の記述にさわりがあります。
告白本124ページに、こんな文章がでてきます。
笹井先生から『若山さんにレター論文の責任著者に加わってほしいと言われた』と連絡を受けた。(中略)
笹井先生が誤解しているだけではないかと思い、若山先生に確認のメールを送ることにした。若山氏からは、「僕と小保方さんの実験に笹井先生が割り込んできた!という意味でメールを送ってくれたのだと勝手に解釈して、勝手に喜んでいます」

この若山メールの意味は、「君も(笹井さんの)割り込みだと思うよね(怒り!)。」だったのかも・・・。

2016/2/10(水) 午後 10:23 学とみ子 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事