理研STAP細胞論文調査委員会報告、改革委提言等への根本的疑問

小保方論文の「改竄」「捏造」認定の不合理さ、バッシングの理不尽さ

全体表示

[ リスト ]


『一研究者・教育者の意見』ブログの211日付の「「あの日」を読んで」の記事を拝見しました。

 

 このブログの管理人さんのご意見や、コメント欄の甲論乙駁の中での様々なご指摘は、興味深いものばかりですが、この「「あの日」を読んで」の記事の中の、次の部分を読んで、「えっ?そうだったのか?!」と驚きました(なお、営業秘密の保護の視点からの問題構図についてのご意見も、言われてみれば確かにそうで、蒙を開かれました。)。

 
「ところで、「スフェア細胞」に関して私は誤解をしていた。スフェア細胞の研究が発展して「STAP細胞」の発見につながるので、両者は共にストレスによって体細胞から生じ、単に「機械的ストレス」(スフェア細胞)か、「酸ストレス」(STAP細胞)の違いだと私は思っていた。しかしながら、両者はまったく性質が違っていた。「あの日」の記載によると、スフェア細胞は通常の細胞よりも増殖力が強く、浮遊培養で増殖して細胞塊を作れる細胞であるのに対し、STAP細胞は増殖をしない。浮遊培養ができる細胞は、がん細胞のように増殖力が強い細胞であり、一方、通常の細胞は培養皿に接着した状態でしか培養ができない(専門用語では「足場依存性」という)。「がん細胞」に似た増殖力の強い細胞ならば、細胞は未分化の状態、すなわち何らかの「幹細胞」あるいは「初期化されている細胞」である可能性はあり得る話だ。

ということは、小保方氏のTissue論文、つまり博士論文で述べられた、スフェア細胞が「三胚葉由来組織に共通した万能性体性幹細胞」という主張は、あながち「捏造」ではなかった可能性があるように思われる。」

 

小保方氏の手記の「第三章 スフェア細胞」の部分を、じっくり読んでみます。

たしか小保方氏は、酸溶液につける前に管を通すとより効果的・・・というようなことを記者会見で言っていたのではないかと思いますが、そうしてできる細胞の性質はどうなのでしょう・・・?? いろいろ奥が深そうで・・・。

 

■ところで、小保方氏の手記のP61で、常田氏から「Muse細胞が発表されて大騒ぎになっている」旨を連絡されたことが書かれています。

で、『選択』誌で、「日本の科学アラカルト・その最前線」という連載があり、2月号では、「iPS細胞だけではなない多能性幹細胞の研究」という2ページの記事が載っていました。

その中で、Muse細胞の研究の進展も紹介されていました(P91)。

 

「「第三の多能性幹細胞」と呼ばれているのが、当方大学の出澤真理教授らのグループが2010年に発表した「ミューズ細胞」だ。この細胞は、骨髄や真皮、脂肪細胞などの組織内にある間葉系細胞などと呼ばれる細胞内に存在している。最大の特徴は、他の幹細胞とは異なり、ガン化のリスクが極めて低い点だ。すでに、筋肉や皮膚、肝臓などの細胞に分化することが確認されている。

昨年10月には、出澤教授らのグループが、ヒト由来のミューズ細胞を使って、脳梗塞を起こしたラットの脳神経機能を回復することに成功したと発表した。ミューズ細胞をラットに移植したところ、梗塞を起こしたところに生着して、神経細胞への分化を始めたという。実際に、神経が再構築されたラットでは症状が改善されただけでなく、約3か月後も同様の状態を維持した。脳梗塞患者は一命を取り留めても運動や記憶、言語などに障害が残ることが知られる。ミューズ細胞は後遺症に苦しむ患者にとって一筋の光明となっている。」

 

日本発の幹細胞であるミューズ細胞の研究の進展があったことは喜ぶべきことだとは思いますが、小保方氏の手記が指摘しているように、ヒトの多能性幹細胞の研究であれば、倫理上の観点から、キメラ作製が求められない一方で、マウスのそれだと求められるというのも、何か妙な気がします。上記記事では、「ヒト由来のミューズ細胞をラットに移植」とありますが、ヒト由来のものを動物に移植するというのは、素人には違和感があります。

だったら、ラットに移植するラット由来の幹細胞であれば、キメラマウスの作製にそこまでこだわる必要があるのか?いきなり、脳梗塞を起こしたラットに移植して経過をみるということでもいいではないか?・・・というのは素人の浅はかな考えなのでしょうか・・・。

 

今回のSTAP細胞事件は、PNASに投稿して、リジェクトの理由がキメラマウスの実験をしなければ不可ということだったために、それで一同打ち揃ってキメラマウス作製のプロである若山氏に相談に行った・・・というのが発端となっているわけですから、なお、そういう感想のひとつも言いたくなるというものです。

ヒト由来の細胞の扱いとの比較や、キメラマウスの作製が、実験者の腕に大きく左右されるということからしても、マウス由来細胞でキメラ作りを必須とするのは、バランス的におかしくないか・・・もしキメラ作りが必須でなかったら、スフェア細胞の研究もスムーズに進展したのではないのか?・・・女子医大の細胞シートの研究と合体して発展があったのでないか・・・とかいったことが思い浮かびます。


他方で、ヒト由来細胞の研究であれば、キメラというチェックプロセスを経ずに、人体に適用するということになり、一種の「人体実験」ということかな・・・とかの反対の感想も浮かんできます。小保方氏の手記で、「ヒト細胞を用いている以上、キメラ実験をもとめられないことも、よく計画された研究だと感じた」とあり、大和教授もその点で東北大のチームに脱帽の体だという様子からも、そういう感想が浮かんできます。


どうもいろいろと考えさせる小保方氏の手記と、Muse細胞の研究の進展記事でした。

この記事に

閉じる コメント(27)

顔アイコン

> makotosarutaさん

http://blog.livedoor.jp/pyridoxal_phosphate/archives/54551457.html

このブログの中にあるので探して下さい。

2016/2/15(月) 午前 0:02 [ net***** ] 返信する

顔アイコン

探してくださいだとか、自分自身は何も理解していないからそういう返事になるのでしょうね。自分の言葉で相手に伝えられない人の発言には1グラムの価値もありません。

2016/2/15(月) 午前 0:58 [ tai*o*no* ] 返信する

> net*****さん

自分で間違いを発見してのコメントだとばかり思っていたら・・・なんとまあ驚くべき馬鹿げた返信なのか。

相手にするだけ無駄ですな、このアホは。

2016/2/15(月) 午前 1:48 [ - ] 返信する

【全てを信じることは危険ですよ】
そうなんです。理研の第三者(本当は第三者と呼べない)による調査結果、正体不明の理研有志による調査、NHKスペシャルの番組内容、科学部記者による本。全て頭から信じるのは危険なんです。

2016/2/15(月) 午前 9:19 [ 町衆 ] 返信する

> net*****さん
手記を書くにあたって出版社や弁護士が裏取りしないで書くと思いますか。嘘偽りが無いと判ったからゴーサインが出たと思います。
手記が原稿段階の時点で事実に基づいているか、調査していると思います。嘘を書けばそのまま自分自身に跳ね返って来る事は、小保方さん自身がよく分かっている。なので、嘘偽りは、無いと確信しています。

2016/2/15(月) 午前 10:06 [ hidetarou ] 返信する

顔アイコン

> makotosarutaさん

これかどうかはわかりませんが、、、。

>>また、先にも述べさせていただきましたが、小保方氏は手記のP.243〜244で理工有志の所見に対し『「早稲田の恥」などと書かれた意見書がマスコミに向けて発表された。』と書いています。
このような言葉は意見書には一切記載されておらず、調べれば簡単にわかるような偽りが「手記」に記載されている事は確かです。枝葉末節と切り捨てることもできますが、少なくともこの事実を念頭に置いた上で読まれたほうがいいのではないかと、不遜ながら思います。
感想さんも仰っていますが、私も小保方氏を悪人とは思いませんが、彼女の全てを信用することはできません。
http://blog.livedoor.jp/pyridoxal_phosphate/archives/54551457.html

2016/2/15(月) 午後 9:03 [ eik***** ] 返信する

顔アイコン

> eik*****さん

お手数掛けました。「一研究者」ブログはコメントが大量で見つけるのが困難で。
まあ、「嘘」と言い切れるかは微妙ですが、手記にはこういった印象操作が満載ですね。
はっきりした自分の不正には触れないか誤魔化す。「誰がやったかわからない」部分は若山氏に全て原因があるように印象操作する。
若山氏を知ってる研究者は語る価値なしだと思ってる様ですが。

2016/2/15(月) 午後 9:41 [ net***** ] 返信する

顔アイコン

たぶん理工有志所見を扱った記事の中の誰かのコメントとしてそういうのがあったような気がするが、調べれば簡単に分かる公表されている事なのは単に間違えてるだけでしょう。(そういうのは「偽り」とは言わない)

2016/2/15(月) 午後 9:41 [ JISAI ] 返信する

顔アイコン

> JISAIさん
>単に間違えてるだけでしょう。

つまり、信用できないってことですよね。

2016/2/15(月) 午後 9:49 [ net***** ] 返信する

顔アイコン

手記には「若山先生がNGS解析をするなと言った」とか書いて、若山氏が犯人のような印象操作をしてるけど、研究者の方によれば高額のNGS解析をするような実験ではなかったとか。
本当に卑怯な奴だと思いますよ。小保方さんは。

2016/2/15(月) 午後 9:53 [ net***** ] 返信する

顔アイコン

枝葉末節で間違えているから信用できないという低能さんは、間違えだらけの不正調査報告とか須田本も信用できないのですよね

2016/2/15(月) 午後 9:57 [ JISAI ] 返信する

顔アイコン

> JISAIさん
間違えだらけの不正調査報告とは?須田本のどこに間違えが?

2016/2/15(月) 午後 10:01 [ net***** ] 返信する

顔アイコン

>eik*****さん、net*****さん
ありがとうございました。私も、最初に読んだとき、NGS解析の件は気付いていました。しかし、小保方氏と若山氏しかいない場合、自分は悪いことをしていないと思えば、どうしても相手を批難するようになるのは仕方ないかなと思います。告白本「あの日」には思い込みや、勘違いはあっても、明らかな「齟齬」や「嘘」はないということだと思います。

2016/2/15(月) 午後 10:42 [ makotosaruta ] 返信する

顔アイコン

> makotosarutaさん
手記には小保方さんが若山氏を「犯人」と示唆している個所がいくつもあります。
「手記」という相手が反論できない手段をとって、思い込みや勘違いで相手を「犯人」とミスリードするのは正当な手段ですか?

2016/2/15(月) 午後 11:31 [ net***** ] 返信する

顔アイコン

net*****さん
>「手記」という相手が反論できない手段をとって、思い込みや勘違いで相手を「犯人」とミスリードするのは正当な手段ですか?

反論できますよ。
本人が出てきて、ここの個所は事実と違うと、ネットでも、ブログでも、会見ででも発言すれば良いだけです。
いまのところ理研関係者も、若山氏も、若山研も、反論をしていません。
これが何を意味しているかは明らかだと思います。

これまでは小保方氏が一方的に叩かれてきました。
今回初めて「手記」というかたちで反論したわけです。

2016/2/16(火) 午前 0:42 [ gen**ron ] 返信する

顔アイコン

若山さんは以前会見での発表が間違ってた時は、片瀬さんに頼んで言い訳してましたよ。
NHKや毎日記者とも知り合いだろうし、若山さんは反論したければその機会を作るのは容易な立場でしょうね。

2016/2/16(火) 午前 1:38 [ kaw**orops ] 返信する

顔アイコン

>本人が出てきて、ここの個所は事実と違うと、ネットでも、ブログでも、会見ででも発言すれば良いだけです。

一つの証拠も提示されてない「私小説」を取りあげて、会見開いたりネットで反論するほど暇ではないと思いますよ。小保方さんが「証拠」を出せばも反論や説明が必要になると思いますが。
そういえば、博論はどうなったんですかね?もうすぐ「年度内」が終わっちゃいますが。楽しみに待ってるんですけどね(笑)

2016/2/16(火) 午前 8:04 [ net***** ] 返信する

顔アイコン

皆さん、未だに小保方さんの揚げ足をとる輩を相手するのやめましょう。真剣に相手にするだけ阿呆らしいですよ。まあ、誰かに雇われているんでしょう。 削除

2016/2/16(火) 午前 8:23 [ 通り掛かり ] 返信する

顔アイコン

今までの情報が一方通行で、世間は小保方氏を犯人扱いしていましたから、そのような状況の中で彼女が訴えるとしたら、あのような手段を取らざるを得なかっただろうと思います。それは見事に成功しましたが。私は若山氏が犯人だとは思っていませんが、STAP細胞を渡したのに、ES細胞の混入だと言われれば、小保方氏が若山さんを「犯人」視するのはある意味、当然だと思います。また、告白本「あの日」の中でそういう表現になるのも無理もないことだと思います。若山さんがそれについて反論があれば、小保方氏と同じように、有効だと思える手段を使って、そうすればいいのだと思います。

2016/2/16(火) 午前 9:03 [ makotosaruta ] 返信する

顔アイコン

net*****さん
>一つの証拠も提示されてない「私小説」を取りあげて、会見開いたりネットで反論するほど暇ではないと思いますよ。

あなたは暇そうですね(笑)。
「あの日」は「一つの証拠も提示されてない「私小説」」などではない、実名開示で事実を書いた内部告発の書ですよ。
それが25万部も発行された。
当事者から明確な反論がなければ、多くの人が「あの日」に書かれていることはほとんどが事実だったと認めることでしょう。
暇があるとかないとか言っている事態では無いと思いますね。

2016/2/16(火) 午後 2:28 [ gen**ron ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事