理研STAP細胞論文調査委員会報告、改革委提言等への根本的疑問

小保方論文の「改竄」「捏造」認定の不合理さ、バッシングの理不尽さ

全体表示

[ リスト ]


 コメント欄でご教示いただいたように、本日、日本の特許庁へのSTAP特許出願について、審査請求がなされていたことが判明しました。
 前回の特許関連記事で次のように書きましたが、やはりそうだったか・・・と改めて感じます。

米国で、昨年12月時点で、特許出願の持ち分をベンチャー企業とシェアし、バカンティ教授と小島教授の別途の特許出願についても同様にシェアされているわけですが、カナダで出願維持料をこの4月初めに支払っていることとも考え併せれば、日本での出願を止めるという選択肢があるのだろうか?というのが正直感じるところです。
 別に、希望的観測で言っているわけではなく、米国、カナダで、直近時点で、特許出願継続の動きが明確に出ている中で、知財の日米欧の三極の一つである日本で、放棄するという選択をするというのは少々考えにくいのではないだろうか? ということです。」

 4月22日に審査請求されていたわけですね。栗原先生がおっしゃるように、

サイトに反映するまでちょっと間が空いているような気がしますが、GWの連休前の手続き案件なので、連休明けにまとめて処理したということだったのでしょう。

 それで、工業所有権情報・研修館のJ−Plat−Pat というデータベースから、出願状況、審査状況が検索ができます。

  その右端の「経過情報」タブの、「1.番号照会」とありますので、そこに、
「2015-509109」 というSTAP特許出願の番号を入れて検索すると、表示されます。

 それで、「出願情報」のところだけ見ても分からないのですが、右上の「審査書類情報」というところをクリックして表示される中で、次の2項目が追加になっていて、それで審査請求がなされたことがわかるわけです。 
  1. 2016/04/22 :手続補正書 
  2. 2016/04/22 :出願審査請求書 
【書類名】 出願審査請求書
【整理番号】 A12166
【提出日】 平成28年 4月22日
【あて先】 特許庁長官 殿
【出願の表示】
【出願番号】 特願2015-509109
【請求項の数】 74
【請求人】
【識別番号】 503146324
【氏名又は名称】 ザ ブリガム アンド ウィメンズ ホスピタル インコーポレイテッド
【代理人】
【識別番号】 100080791
【弁理士】
【氏名又は名称】 高島 一
【電話番号】 06-6227-1156
【手数料の表示】
【予納台帳番号】 006965
【納付金額】 372,400円

 それと、手続補正書をみると、特許請求の範囲が次のように記載されていて、請求項が74まで、門外漢には難しくて、どのように変わったのかまでは、よくわかりませんが、いずれにしても変更になっているようです。
 ただし、請求項1は、依然として包括的な請求項として維持されています。
 それと、これらの請求項の中には、STAP幹細胞の作製方法も含まれているということでいいのでしょうか・・・?(多分そうだろうとは思いますが・・・)

 【手続補正1】
 【補正対象書類名】 特許請求の範囲 
 【補正対象項目名】 全文 
 【補正方法】    変更 
 【補正の内容】  【書類名】特許請求の範囲  
   【請求項1】 細胞をストレスに供する工程を含む、多能性細胞を生成する方法。
   ・・・・・・【請求項74】〜〜〜

  これらの情報を見て感じた点は次のようなことです。

(1)ハーバードのB&W病院は、STAP細胞、幹細胞の存在を前提として、淡々と特許出願手続きを前に進めているようであること。日米欧その他全世界での特許成立を目指す意思を感じさせること。
 逆に言うと、ネイチャー誌のSTAP否定論文を踏まえたES細胞混入説には与していない(歯牙にもかけていない?)と考えられること。

(2)その背景には、バカンティ教授の国防総省のプロジェクトでの受託研究の進捗や、その一環としての特許出願(2015年3月出願のもの)の明細書に記載されような、公開プロトコルによるSTAP細胞、幹細胞の作製成功があると思われること。

(3)米国のベンチャー企業への特許出願の一部持ち分譲渡は、産学共同プロジェクトの段階に進みつつあることの表れであることは、ほぼ間違いないと思われること。

(4)ハーバードは、請求項1を堅持していることから、サーチレポートで先行出願として指摘されたミュース細胞とは異なるとの考えを明確にしていると思われること。

  ・・・ということで、STAP細胞肯定、小保方氏支持の立場からは、大変明るい材料ではないかと思います。

 一点、ベンチャー企業への特許出願の持ち分譲渡の件ですが、日本の特許庁への審査請求時点での書類を見る限り、「出願人名義変更届」は出ておらず、依然として、B&W病院だけの単独出願になっています。
 日本の場合には、米国(というか世界の大勢とは異なり)、共有者は全員が出願者に名を連ねなければならない義務があり、そうでなければ、拒絶査定や無効になってしまいます。
 したがって、可能性としては、今後、変更届があったことが表示されるのか、あるいは日本での出願分は共有にはしないということなのか、いずれかだろうと思われます。

■ しかし、それにしても、ここまで、ハーバード大の特許出願堅持の意思が明確になったわけですから、これにつついて、科学者たちが確認しようとせず、マスコミも何らの取材もしないというのは、不思議な様相です。
 あれだけ、「これで特許を取るつもりなら、詐欺の方法で取ることになり刑事罰だ!」と声高に叫び、理研改革委の提言書公表の際の記者会見でも、同様の発言が委員から飛び出したくらいですから(弁護士の委員が、慌てて、「発言した委員個人の考えだ」と修正しましたが)、ハーバードがこうやって、審査請求の形で、特許を取りに来る姿勢を公式に明確にした以上、ES細胞正体説に立つ研究者やマスコミは、「ハーバードの出願は詐欺だ!」と叫ばなければ一貫しません。

 国内では、高島国際特許事務所が代理人であることがわかっているわけですし、B&W病院やバカンティ教授のメールアドレスもハーバードのサイトに記載されています。また、2014年6月に、バカンティ教授と他の研究室の教授とともに産学共同研究に参加したベンチャー企業や、今回持ち分譲渡を受けたベンチャー企業などもはっきりしているわけです。あるいは、米国防総省のプロジェクトの担当窓口なり広報なりもあるわけです。
 これらに、取材をかければ、状況がどうなっているのかを判断できる何らかの材料が得られるはずです。にも拘らず、全くの音なしの構えというのはどうしてなのでしょうか? 
 マスコミでは、特に毎日新聞の須田記者は、『捏造の科学者』と断じて受賞したわけですから、フォローして当然ですし、ネイチャー誌にしても、少なくともニュース部門は取材して然るべきではないかと思います。

 STAP特許についてフォローされ、紹介されている栗原先生も、今回の紹介記事で書かれているように、

「今後、この特許出願は特許庁における実体審査に入ります。暫定的な結果が出るまでは通常1年くらいかかります。特許庁がどういう見解を出すのか興味津々です。なお、この出願の特許性が疑わしいと考える第三者は特許庁に情報提供(刊行物等提出)を行ない、審査官による審査の参考にしてもらうことができます(匿名での情報提供も可能です)。」

 というような、STAP捏造説を鵜呑みにして、詐欺出願であることの通報をけしかけるかのようなことをおっしゃるのではなく、高島国際特許事務所から何か材料を得て紹介するなどの、特許の専門家ならではの情報提供をお願いしたいところです(ノーコメントならそれはそれでひとつの情報です)。(決して皮肉ではなく)「まさかの国内移行」に続いて、「まさかの審査請求」と、まさか続きだったわけですから、ちょっと状況が違うようだとお考えいただき、参考となる情報をいただければ有難いのですが・・・。


 STAP細胞や小保方氏を完全否定し、猛烈なバッシングを続けたマスコミや科学者たちは、事の成行次第では、民事責任、場合によっては刑事責任を問われる可能性もあり得ないわけではありません(というか、あり得ます。名誉棄損であれば、免責事由である「捏造と信じるに足る理由」などは認めがたいと思います。桂調査委は捏造とはいっていませんし、ES細胞では説明できない事由は多々公けにされていました。その辺は、BPOが言及してくれることでしょう)。
 そういう意味では彼らも利害関係者となってしまっていますので、黙秘する、ということなのかもしれません。しかし、置かれている立場からする社会的責任として、それで済む話ではないでしょう。

 なお、今回の特許出願継続決定は、BPO(放送倫理・番組向上機構)の審理にも影響を及ぼすことでしょう。
 今後1年の間に、BPOの決定も出され、特許出願の審査も進捗し、再現実験の結果報告等も更にぼつぼつと出てくるでしょうから、情勢もだいぶ変わってくるのではないかと思われます。

 ハーバードが、米国とは制度が異なり、審査請求制度がある日本において、審査請求を行ったことにより、STAP特許出願を堅持するという姿勢を公式に明示したことになりますが、これによって、科学界での「STAP細胞に関心を示したり、再現実験をしてみたというだけで、科学者生命を失いかねないような空気」に変化が出てくることを期待したいものです。


※ なお、Muse細胞のほうが、どうなっているか気になって調べたところ、大きく進展しているんですね。別途、記事にするつもりですが、秋田のベンチャー企業が産学連携で参画し、さらにそのベンチャー企業の全株式を、三菱ケミカルホールディングスグループが取得して、連結子会社化したというのが、1年前の2015年5月でした。短期間に、産学連携プロジェクトとして、神経修復にも成功し、ほぼ実用化段階に至っているようですが、STAP細胞に関しても、同様のパターンを進みつつあるということではないかと感じます。バカンティ教授のプロジェクト関係の特許出願の明細書によれば、脊髄神経の修復に成功しているようですので・・・(JISAIさんのご教示の情報によります)。

 










この記事に

閉じる コメント(20)

http://bylines.news.yahoo.co.jp/kuriharakiyoshi/20160510-00057539/

2016/5/10(火) 午後 9:41 [ hidetarou ] 返信する

顔アイコン

米国やEUの特許庁の審査が先行するでしょうし、いくら各国独立の審査が原則だといっても、日米審査協働化の流れもありますから、日本の特許庁としては、米国、EUの判断を踏まえたものになるのでは、と思います。
バカンティ、小島両教授の研究によるB&W病院の後発の特許出願では、STAP幹細胞の作製成功―脊髄神経の修復が書かれているそうですので、そうだとすれば、通る可能性はあるのではないのでしょうか・・・。
B&W病院やその弁護士だちにしても、再現可能という要件を満たすことが必要ということは百も承知でしょうから、出願の維持に際しては、それなりの内部チェックをしているのではないのか、という気がします。

ただ、請求項をみると、ストレス条件がずいぶん細分化して書かれていますが、それらのすべてについて、実験結果を求められるのでしょうか???

2016/5/10(火) 午後 10:26 [ tea*r*akt2 ] 返信する

顔アイコン

↑で栗原氏は
>実施可能性がない発明は特許の対象にならない
と、stap特許はstap細胞を作製する方法の発明で、物を生産する方法の発明について実施可能か(stap細胞が作製可能か)が実施可能要件違反として問題になると云われているのですが、

stap特許は、要約に
>外来遺伝子材料を導入することなしに、より多能性の状態を細胞にとらせることに関する方法、アッセイ、および組成物に関する
とあるように初期化の方法の発明であって(stap細胞の発明ではない)、
審査のポイントは、方法の発明について実施可能かどうかで、stap細胞が出来るかではなく、初期化の実施が可能かどうか、になるように思われます。

2016/5/11(水) 午前 0:04 [ JISAI ] 返信する

顔アイコン

>審査のポイントは、方法の発明について実施可能かどうかで、stap細胞が出来るかではなく、初期化の実施が可能かどうか、になるように思われます。

初期化の実施が可能かどうかに絞る戦略は良い判断だと思われます。
多能性細胞特異的分子マーカーの発現したSTAP様細胞塊の作製までは、もっとも悪条件だった理研の検証実験でも、丹羽、小保方両チームとも成功していますからね。

2016/5/11(水) 午前 0:24 [ gen**ron ] 返信する

http://www.taro-yamamoto.jp/national-diet/5872
山本太郎議員がスタップ論文問題を国会で取り上げてくださいました。

2016/5/12(木) 午後 11:17 [ hidetarou ] 返信する

顔アイコン

> hidetarouさん
山本議員の発言ですが、「小保方氏一人に〜」「マスコミによる人格破壊」等の指摘はいいとして、以下の発言をみると、少々スタンスが違うような印象を持ちます。ES細胞混入の不正があったとの前提かと思います。議員であれば仕方なのでしょうが・・・。
「余りにもそこに競争の原理が持ち込まれ過ぎて、その部分を、仕方なしと言ったらおかしいですけれども、やってはいけないことだけれども、そのような状況をつくってしまったというような部分もあるのかなとは思うんですよね。」
「運営・改革モニタリング委員会、第三者の委員会によって改革に道筋が付いたというお墨付きをもらっているから大丈夫だよというお話なんですけれども、その同じ年の9月に行われた同じ委員会で、リスク管理は理研ほど大きな組織だと本当に大変だと思うという指摘であったりとか、研究不正防止のためのチェック体制の整備についても、もしチェックリストがあったとしてもSTAP事案は通り抜けただろうなどの指摘もあるんですよね。」

2016/5/13(金) 午前 7:33 [ tea*r*akt2 ] 返信する

顔アイコン

・・STAP論文問題の検証と対策は不十分なままであると言わざるを得ません。・・・
と山本議員は言っていますが、もっと問題点を明確にしてほしいと思います。小保方氏の実験中に、保存検体や動物のすり替えという犯罪的な行動の可能性があるのです。この問題がある限り、小保方氏を混入犯には、(疑いも含めて)できないはずです。調査委員会は、ESとラベルされた検体、STAPとラベルされた検体が、同じ細胞であったことを証明したにすぎません。調査委員会が証拠を押さえた時点では、もう遅いのです。調査委員会は、警察ではなく、犯罪的な行動を調べられません。調査委員会は、調査できる立場の人たちではないのです。国会の議論を通じて、この事を世の中に広くわからせてほしいです。

2016/5/13(金) 午後 9:33 学とみ子 返信する

顔アイコン

続き
ポスドクの身分についての議論にすると話が大きくなります。山本議員には、STAPに限定して質問してほしいと思いました。競争の激しい研究界で行き詰まり、脱落する人はたくさんいるでしょう。普通は、研究現場を去るでしょう。しかし、行き詰まった研究者で、ポストが確保されていれば、1日中、他人のあらさがしでネットに張り付いたり、成功者をひきずりおろそうとするかもしれません。苦しい努力をした人が、成功者にジェラシーを感じるのは人の本質でしょう。こうした行動は、対策などしても止められない事であり、国会の議論はむなしいです。こうした大きな問題より、「あの日」を読んだ山本議員は、小保方氏が、書きたくても書けなかった部分、つまり、他に犯人のいる可能性に触れてほしかったです。

2016/5/13(金) 午後 9:43 学とみ子 返信する

顔アイコン

国会や政治が、和モガさんが示している保存検体や動物のすり替え可能性を、科学界やマスコミに先んじて提起し、調査するというのは難しいかとは思います。ただ、ES細胞混入の結論に対する疑義については、各方面で指摘されているわけですし、海外での実験結果なども報じられつつあるわけですので、紋切り型答弁しか返ってこないことはわかっていても、まずは政治の場での初歩的問題提起として、「そういう指摘もあるがどう考えるか?」という形の質問をしてもらえるといいかもしれませんね。
今の山本議員の認識は、「小保方氏は不正をした」ということが前提となっていますから、まずそう簡単な話ではないということを理解してもらいたいところです。

2016/5/14(土) 午後 0:29 [ tea*r*akt2 ] 返信する

顔アイコン

続き)おそらく、今後、BPOでNHKへの「重大な人権侵害+放送倫理違反」が勧告されるでしょうから、それが政治の場でSTAP問題を正面きって議論することができるようになる大きな契機になると推測しています。並行して、STAP細胞の特許出願の審査が進み、海外での諸実験の報告等が出てくるでしょうから、それによって、ES細胞混入との桂調査委への疑義が広がり、理研の特許放棄の判断や小保方氏指弾の姿勢への疑義も提起されることになるでしょう。
それは、理研にとっては、大きな試練となると思います。もし、和モガさんや学とみ子さんが指摘する「保存検体や動物のすり替えという犯罪的な行動」が介在していたことが明らかになれば、それこそ科学史に残るであろう一大スキャンダルになりますから、理研はただではすまなくなるのは必定です。

2016/5/14(土) 午後 0:33 [ tea*r*akt2 ] 返信する

顔アイコン

国会質問で小保方さんを擁護する立場からSTAP問題に言及するのなら、もう少し調べてからやって欲しかったですね。あの質問内容では、自分の主張の為に小保方さんを利用しているんじゃないの?という印象を持ちました。
やっぱり、事態が動くのはBPOの結論が出てからということになるのでしょうか。

2016/5/14(土) 午後 5:35 [ tai*o*no* ] 返信する

顔アイコン

和ガモ氏の推論は、すごいと思いました。チューブの中の検体が作られた経緯は、誰も知りません。当然、ラベルの記載を信じます。ESは受精卵から作られ、STAP幹細胞は、STAPから作られたと皆考えます。和ガモ氏はその部分を否定しました。チューブの中身がラベル通りである証拠はありません。実験動物の遺伝子が合わないことがわかった時点で、原点にもどって検体そのものの正当性を調べる必要がありました。これは科学者ではできません。調査委員会は、ここに全く触れませんでした。もし、(小保方氏以外に)別の犯人がいるとするなら、調査委員会もマスコミもだまされたと言えます。小保方氏は。「あの日」に、その可能性を書いています。4Nキメラがない!使用マウスの遺伝子は知らない!テラトーマは不在時に作られた!などです。しかし、小保方氏は、誰からマウスを渡されたかは書いていません。すりかえ犯の可能性に読者が気づかないのは残念です。山本議員の発言や、読後レビューでもそうです。

2016/5/15(日) 午前 10:56 学とみ子 返信する

顔アイコン

続き、第三者は、すり替え犯の存在を声高に言えません。誰かを陥れることになるからです。しかし、小保方氏であれば、「私は絶対に混入していない。検体のすり替えがあれば、同じ結果となる。図表のねつ造と、混入問題を分けて評価してほしい」と、理研に要求するのはありではないか?と思います。もちろん、理研は無視するでしょう。しかし、すり替え犯の可能性があることを広く、人々が知るきっかけになります。訴訟より、ハードルは低いです。もっとも、今後の小保方氏が戦略的に名案をもっているなら、それを期待したいです。

2016/5/15(日) 午前 11:01 学とみ子 返信する

和モガ氏の記載に誤字があり、すみません。

2016/5/15(日) 午後 0:02 学とみ子 返信する

顔アイコン

理研としては犯人は特定しないものの、小保方さんだろうと世間に思ってもらわねば困るのですよ。

仮に第3者がES混入したとすると、内部に精通し、研究の成果を邪魔するために巧妙に試料などすり替えてる人間が研究機関にいて、今ものほほんとしている。

研究機関としてスパイレベルのそんな人間が存在するのに、特定できませんでした、犯人を捜すのは調査委員会の権限にないどころの話ではないはずです。そのような人間は一刻も早く探し出さなければ、トップレベルの研究機関として成り立ちません。

まあ、世間に小保方さんだと思わせるために石川さんの不自然な行動があったのでしょうが。

2016/5/16(月) 午後 5:08 [ kaw**orops ] 返信する

顔アイコン

小保方氏は、あきらめずに、何年かかっても、戦って名誉を回復してほしいと思います。

2016/5/16(月) 午後 9:22 学とみ子 返信する

顔アイコン

木星さんが、ビジネスジャーナルに、ハーバードの特許出願の継続について記事を載せておられました。
http://biz-journal.jp/2016/05/post_15184.html

その中で、三木弁護士に取材して、以下のコメントを紹介しています。
三木秀夫弁護士は語る。

「ハーバード大は世界各国での特許申請にかかる費用や維持に、推測で1000万円程度の費用がかかっているようです」

ネットをフォローしているだけでは得られない、こういう直接取材をされて得た情報を提供していただけるのは、助かりますし、MSNやYahoo!その他のポータルサイトで、ニュースの一つとして紹介されるのは、一般の人々に知ってもらう上で大きな意味があると思います。
MTAその他の情報公開請求で木星さんが得られた情報は、一次資料としてSTAP細胞事件の解明に大きく寄与していると感じます。

2016/5/21(土) 午前 5:01 [ tea*r*akt2 ] 返信する

顔アイコン

小保方氏のHPにある画像は、理研に存在しないものがあるらしいとか。
彼女はまた嘘をついたんですか? 削除

2016/5/21(土) 午後 9:59 [ k ] 返信する

顔アイコン

共同出願について誤解があるようですが・・・。
それは置いて、ヨーロッパでも2016年5月17日に権利の移転の手続きが提出されましたが、注目すべきは一緒に提出されたAssignmentです。
英語の能力にあまり自信はありませんが、みたところ、ブリガムアンドウィメンズ病院は、世界中において(throughout the world)、すべての権利(the entire right)をVCell Therapeutics,Incに譲渡しているようです。
是非European Patent Registerで確認してみて下さい。

2016/6/3(金) 午後 0:46 [ den***** ] 返信する

顔アイコン

米国特許では、譲受人VCELL THERAPEUTICS inc.が(単独?)出願人となるstatement under 37 CFR 3.73(c)の書類が5/26付けで提出されていますね
(PublicPairのApplicant欄はまだB&Wのままですが)

2016/6/3(金) 午後 3:40 [ JISAI ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事