理研STAP細胞論文調査委員会報告、改革委提言等への根本的疑問

小保方論文の「改竄」「捏造」認定の不合理さ、バッシングの理不尽さ

全体表示

[ リスト ]

 
 コメント欄で、小保方氏のHPの画像の真偽についてご指摘がありましたので、ちょっと考えてみました。


 小保方氏のHP立ち上げに関して、理研の反応の記事がすぐに見つからないのですが、記憶するところでは、次のようなコメントだったかと思います。広報として正式なものが何なのかはよくわかりません。
 
「桂委員会報告書で尽きているので、コメントはない。」
「公開された画像を掲載するのは構わない。」
「画像は、理研には存在しない。調べた限りでは見当たらない。」
 
 それで、「一研究者〜」さんのブログを見ると、理研に照会した結果を紹介しているコメントがありました(下記の太字部分)。書面で照会者に送ると言っているそうなので、これが正式なコメントなのでしょう。
 
********************************
2371.通り抜け 20160519 18:16
FBの公開グループ「STAP細胞を語る会小保方さん擁護派も批判派も」から転載します。
 
小保方氏の“STAP HOPE PAGE”の2件の画像(1 + 3点、計4点)を詳細に調査中だったのですが、本日、理研に電話(口頭)にてその状況を確認しました(後日、書面として郵送されてくることになっています。)
具体的に(4月から)調査していた内容。
1.理化学研究所(以下、理研)が2014年に“STAP研究に関する科学的検証”を行い、その結果を公表してきたことと思います。
 元理研研究者・小保方晴子氏(以下、小保方氏)が、個人ホームページ“STAP HOPE PAGE”というものを立ち上げたのはご存知のことかと思います。
 そのホームページの中にSTAP現象の検証結果について(20141219日)において、STAP現象の検証結果(スライド資料)がございましたが、そのスライドのp10に示されている図(STAP様細胞塊における緑色蛍光および赤色蛍光の分離検出の写真上段のものが小保方氏のホームページで使用されており、それに対応するグラフデータとして“aggregate QPCR(GOF-Spleen)”が示されております。
 小保方氏のグラフを見ますとGFPOct3/4の“Relativeexpression(morula=1)”において、値が 1.0 を超えており、理研による検証結果資料(STAP現象の検証のp8における“定量PCRによる脾臓由来STAP様細胞塊におけるOct発現”のグラフと前述の同スライド資料(p10)を見る限り、あり得ない話になっております。
aggregate QPCR”のグラフに関して精査してください。
 
その結果、理研より得られた回答は、
 
① 小保方氏の“aggregateQPCR(GOF-Spleen)”は、理研に存在しない。
② “aggregateQPCR(GOF-spleen)”のグラフは中間で得られたものとしても存在しない。
 
2. 次項目も、元理研研究者・小保方氏の個人ホームーページ“STAP HOPE PAGE”によるものなのですが、その中に“TypicalResult”としてあげている写真があります。これも前述の理研のSTAP現象の検証結果等の公表資料には見られないものです。小保方氏はホームページにて、理研CDBのものとしてアップしております。
 この画像資料は公表されていないものの可能性がありますが、その公表・非公表を含め、理研にこれらの写真資料が存在しているのかを調べてください。存在しているならばこれがオリジナルかどうか、また、存在していないならば類似のものが存在するかどうかも調べて頂きたい。
 
その結果、理研より得られた回答は、
 
TypicalResultで示された写真3枚は、理研に存在しない。
② 類似のものも(理研が)調べた限り、見当たらない。
********************************
 
 ちょっと不思議に感じたのは、理研は、こういう認識であれば、なぜ小保方氏に抗議しないのだろう?ということでした。
 小保方氏は、次のように、明確に、理研の再現実験で検証チームが撮った写真であり解析データであることを出所として書いています。
 
Results of the STAP verification experiment
 
“Thecell culture was performed by Haruko Obokata. Photography and gene expressionanalyses were performed by other members in the STAP verification experimentteam.”
 
 もしこれが事実と異なるのであれば、抗議して削除を要請するのが通常のパターンではないでしょうか?
 
 それと、小保方氏による再現実験のほうの、実験結果の試料の帰属や、小保方氏とのシェアはどうなっているのだろう?という点がよくわかりません。
 
 STAP細胞作製のみを行ったのが小保方氏で、画像撮影、データ解析を行ったのが検証チームとのことですが、小保方氏にはそれらの一連の実験データは提供されているのでしょうか? 提供されていないというのも妙な気がします。本来は、作製から撮影、解析まで含めて一気通貫で「再現実験」を行うのではないかと思います。しかし小保方氏の場合、そうはならなかったわけですが、再現実験当事者ですから、その結果に関わる画像や解析結果は、提供されるのが筋ではないか、とも感じます。また、公表、非公表の画像が多々あるのでしょうが、渡されているとして、すべてが提供されているのでしょうか?
 小保方氏の手記で、相澤氏の実験結果発表の記者会見に、小保方氏が、「私も同席しましょうか?」と言って、「これ以上ややこしくしないでくれ」と断られたことが紹介されていますが、会見に出るという意思があったということは、データはシェアされていたようにも感じられます。実験データを知らずに記者会見に出ても、受け答えができないですから。
 
 また、著作権ですが、論文の場合は執筆者にあるということは書かれていますが、こういう撮影画像の著作権(所有権ではなく著作権)というのは、どうなのでしょう? もし理研に帰属していて、画像の著作権もあって、削除させたいと思えばやりようもあるかと思いますが、「理研に存在しない」「見当たらない」(=覚えがない)ということだと、著作権の主張のしようもありません。
 
 いずれにしても、理研として預かり知らぬ画像と解析結果が公表されていて、それに理研の検証チームによるとされていることを「虚偽」だとのスタンスを取るのであれば、(法律上何かに抵触するのかどうかすぐにはピンときませんが・・・)小保方氏に抗議するのが通常だと思います。なぜしないのでしょう・・・?
 
 理研の「理研に存在しない」「調べた限り、見当たらない」という回答には、お役所的な留保が含まれているようにも感じられます。理研ではないどこかにあるかもしれないのか?とか、もっと突っ込んで調べれば出てくる可能性があるのか?といった指摘が出てきそうですが、自信があるならば、
 
「理研が行った検証実験において、小保方氏のHPに掲載された画像が撮影された事実も、分析結果を出した事実もない。非公表のものも含めて、そのような事実はない」
 
と言えると思いますが、そういった断言パターンと比べると、かなり弱いトーンの回答であり、仮に画像等の存在を指摘されても逃げられる余地を残しているようにも感じられます。
 ただ、こうやって見解が異なると、実際どうなのだろう?という関心は、誰しも抱きますね。


この記事に

閉じる コメント(25)

顔アイコン

> 小保方氏が手記で触れた「Eカドヘリンの蛍光染色写真」が公開されていないとかの話になると、恣意的に公開・非公開の選別をしたのではないか?という疑念が生まれます。

Eカドヘリンの染色像は、検証実験の報告スライドp.9に載っているのではないでしょうか? Eカドヘリンが発現する細胞塊があったことは、報告書(文章)にも記載されていることですよね。 削除

2016/5/22(日) 午後 3:38 [ kanso ] 返信する

顔アイコン

小保方氏のHPの、Typical resultの写真が問題になっていますが、そもそも報告書でも、自家蛍光でない「赤色蛍光が低く緑色蛍光の高い細胞塊も存在し」たことは報告されています。だから、問題の写真と似た写真はデータの中に必ずあるはずです。だから、小保方氏がわざわざでっち上げたとはとうてい思えません。問題の写真そのものがなぜ理研にないのかはわかりません。予備実験などの理由で残っていないのかもしれません。小保方氏と検証チームの間になんらかの行き違いがあるのではないでしょうか。 削除

2016/5/22(日) 午後 3:52 [ kanso ] 返信する

顔アイコン

検証チームの相澤氏、丹羽氏は、小保方氏のSTAPの検証のために、最も尽力した人たちに見えます。丹羽氏は、検証実験が否定的に終わった後も、結果を正しく伝えるために論文草稿にまとめ、後世の人たちが再現する助けになるようにしています。今回のデータの件で、小保方氏のHPと理研の検証チーム側になんらかの矛盾があるように見えたとしても、外野が、どちらかが嘘をついているように拙速な判断すべきではないと思います。小保方氏と周囲の関係を悪化させるようなことを考えなくすべきではありません。まずは、なんらかの誤解や、行き違いがあったというところからスタートしたほうがよいと思います。もちろん、データそのものが公開されることには、情報公開として、そして、た科学的にも価値があると思います。長文失礼しました。 削除

2016/5/22(日) 午後 4:05 [ kanso ] 返信する

顔アイコン

> kansoさん
ご指摘ありがとうございます。Eカドヘリンの件は、私の勘違いでしたね。失礼しました。

2016/5/22(日) 午後 4:06 [ tea*r*akt2 ] 返信する

ログミーの検証実験記者会見質疑応答の記事に相澤氏の詳細なコメントがありました。
指導ではなく、取りまとめをお願いしたとの事でした。
ーーーー
記者 それを前提にこのコメントがいただけた、と。
相澤 ちょっとだけ補足いいですか? 退職願の出た日付ですけれども、それは検証実験が終わったあと、一応データの取りまとめを小保方さんにお願いしました。そのデータの取りまとめが終わった時がちょうど15日で、そのためにその日付になっている、と理解しています。

2016/5/22(日) 午後 11:55 [ hidetarou ] 返信する

顔アイコン

> hidetarouさん
相澤氏のコメントの発掘、ありがとうございます。さりげない補足説明ですが、その事実は、一連の小保方氏のHPの画像、解析データをめぐる議論を考える上で、大事なヒントになりますね。

会見や会見録というのは、聞いたり読んだりしたつもりでも、忘れていたり、見落としていたり、勘違いしてしたり・・・というのがあって、ちょっと反省しています。

2016/5/23(月) 午前 6:21 [ tea*r*akt2 ] 返信する

https://magazine.dmkt-sp.jp/magazine/contentID/P014_B000000000005436_00?mediaID=P014_T000000000000128_00
瀬戸内寂聴さんが、小保方さんとお会いになって対談した様です。
その時の模様が、婦人公論に載る様です。
週刊現代にも小保方さんと瀬戸内寂聴さんの対談した時の記事が掲載される様です。

2016/5/23(月) 午後 2:07 [ hidetarou ] 返信する

http://www.yomiuri.co.jp/matome/archive/20160523-OYT8T50007.html?from=ytop_navl
YOMIURIONLINEに小保方さんと寂聴さんの対談の1部が掲載されています。

2016/5/23(月) 午後 3:28 [ hidetarou ] 返信する

顔アイコン

https://mobile.twitter.com/DS9ODO1

法人文書不開示決定通知書 削除

2016/5/23(月) 午後 9:48 [ S ] 返信する

顔アイコン

↑そんなものを開示要求するよりも、小保方氏の再現実験では
会見によると、Gapdhの有無で生細胞を判定し、oct4有意の247中の57個のみ選別したのをqPCRのグラフにしたということなのだから
除外されたoct4有意の190個を含めたqPCRグラフは無いのか、除外前のC57BL/6(GOF),B6/129F1を別に分けたqPCRグラフを作っていないのか、
その除外に至る過程が実験ノートに記録されているか、そういう文書を開示要求できないものかね

(Gapdhの有無で生細胞を判定してしまっている問題点については、
ttp://blog.livedoor.jp/obokata_file-stap/archives/1054987674.html
での私JISAIのコメント185以降、209.ワトソンさんのコメントを見てください)

2016/5/23(月) 午後 11:50 [ JISAI ] 返信する

顔アイコン

JISAIさん、私はこのエントリに関係するツィートをみつけたのでコメントしたまでです。
誰でも開示請求できるのですから、ご自身でなさったらいかがですか。 削除

2016/5/24(火) 午前 1:03 [ S ] 返信する

顔アイコン

情報公開請求として、「STAP細胞検証実験(小保方氏参加による実験部分を含む)における撮影画像、実験ノート、解析結果を含む関係書類のすべて」という請求のかけ方をしてみるといいのかもしれませんね。
もしそれに対して、「不存在」以外の不開示理由があるとすればヒントになると思います。また、「不存在」とする場合にも、いろいろパターンがあるようです。
小保方氏が、相澤氏に検証実験のデータ整理を指示されていたこととの関係でも、よくわからない面があります。

2016/5/24(火) 午前 7:47 [ tea*r*akt2 ] 返信する

顔アイコン

すみません、素人なので難しい会話は出来ません。ただ知りたいのは、捏造という言葉は理研が公式でだした見解なのでしょうか?それとも、マスコミが捏造という言葉を使っているだけなのでしょうか?
捏造と言っている部分を確認できる所はあるのでしょうか?

2016/5/24(火) 午前 10:10 [ gai*772 ] 返信する

顔アイコン

gai*772さん

不正調査の公式見解に捏造という言葉があります。石井氏を委員長とした第一次調査委員会、桂氏を委員長とした第二次調査委員会とも、一部のデータの捏造を認定しています。

たとえば、石井報告書
「よって、捏造に当たる研究不正と判断した。」p.7

桂報告書
「小保方氏の捏造と認定せざるを得ない。」p.18
「捏造に当たる研究不正と判断した。」p.20

参考:
石井, ttp://www3.riken.jp/stap/j/f1document1.pdf
桂, ttp://www3.riken.jp/stap/j/c13document5.pdf 削除

2016/5/24(火) 午前 10:59 [ kanso ] 返信する

顔アイコン

gai*772さん

約1年前に閣議決定された『平成27年版 科学技術白書』にも、
「調査委員会は2件の研究不正(改ざん及びねつ造)を認定」
「調査委員会は新たに2件の研究不正(ねつ造)を認定」
と書かれています。

調査委員会のレベルではなく、政府の公式見解と言ってもいいくらいです。

ttp://www.mext.go.jp/component/b_menu/other/__icsFiles/afieldfile/2015/06/09/1358751_002.pdf

2016/5/24(火) 午後 9:11 [ che*h*re_*s_cat ] 返信する

顔アイコン

寂聴さんとの対話の中で、小保方氏はSTAP事件を忘れる事を願っていたが、それは無理であることがわかったので、事件をふまえて生きていくというようなことを言っています。
いわゆる、認知行動療法に近いのかなと感じています。苦しい過去を検証し直す挑戦ですね。今後の小保方氏は、STAP事件の起きた背景や、今後の挑戦をさらにくわしく書いたりなどしてほしいですね。
そして、この対談の中で、小保方氏のホームページにアップされている検証事件のデータは、どこから入手したのか?を、寂聴氏に聞いてほしかったなあーと、STAP細胞フォロワーなら思いますよね。
まあ、今後に、又、対談がある可能性があるようですから、小保方発言に期待しましょう。

2016/5/24(火) 午後 9:34 学とみ子 返信する

顔アイコン

〜aggregateQPCR(GOF-Spleen)〜

検証実験についての記者会見において

相澤氏「ここに示しました?印は、多能性マーカーの発現がいくつか見られたものですけれども...」

少なくともこの多能性マーカーの発現データが存在するはずですね。

Knoepfler氏も、直接相澤氏に確認願いたい。

2016/5/29(日) 午前 10:07 [ Ts.Marker ] 返信する

顔アイコン

情報開示者を行った本人だが、いい加減なウソはやめてくれないか?
単に迷惑なだけだから。

2016/8/25(木) 午後 1:15 [ oTake ] 返信する

顔アイコン

そもそも、定量的な測定をやっていないから(by 相澤氏)、グラフは作ることができない。
あるはず!?何でやねん。

2016/8/25(木) 午後 9:54 [ oTake ] 返信する

顔アイコン

Facebookで、嘶く、楠本英正・渋谷一郎氏の両名に告げる。
文句があるなら、直接Facebook上で言ってもらいたい。

2016/8/26(金) 午後 8:17 [ oTake ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事