理研STAP細胞論文調査委員会報告、改革委提言等への根本的疑問

小保方論文の「改竄」「捏造」認定の不合理さ、バッシングの理不尽さ

全体表示

[ リスト ]

ooboeさんから、前回の私の記事に関して、一研究者ブログのNo7420で、 コメントをいただきました。
 
 開示情報の今後の整理をお待ちしたいと思いますが、この検証実験に関するデータの情報公開については、経緯がありますので、念のため整理しておきたいと思います。
 
 昨年3月に小保方氏のHPで、検証実験で得られた画像、データだとして公開されたものに対して、これを疑問視する方が、5月に理研に請求したのが最初でした。ご自身で書かれていますが、以下の記事でご紹介しています。
 
今すぐに出てきませんが、理研からの「不存在」「探したが見当たらない」との回答は、情報公開窓口からの回答になっていましたし、その回答書の写しの画像もどこかにアップされていたかと思います。
これに対して、小保方氏の三木弁護士が、理研の広報に、情報公開請求があった場合の対応について照会したところ、「公式記録保管開始日」以前のものは公開していない、との返答がありました。
 
更に木星さんが、具体的にその開始日なるものはいつなのか、を広報に照会したところ、9月16日だということがわかりました。
 
上記記事でも詳しく書きましたが、行政庁や独法に関する情報公開法では、
 
「職務上作成・取得した文書等で」
+「その行政機関の職員が組織的に用いるものとして」
+「その機関が保有しているもの」
 
 が、「法人文書」(行政庁では「行政文書」)の定義であって、公式、非公式云々ということは関係ないということは、ooboeさんも書かれている通りです。
 
 こういう基本的なことを理解せず(無視して?)、公式記録のみが対象だという情報公開請求への回答をしたことは、大きな誤りでした。相澤リーダーは、予備実験段階のものも含めて、報告論文にまとめているのですから、理研の回答は無理があり過ぎました。よほど、データを隠したかったのでしょう。
 
 しかし、これがもし、国政等の大きな争点に関する情報公開請求で、こんな回答をしたとすれば、間違いなく理事長、理事らの首が飛ぶ話です。上記の情報公開請求に対する回答を、誰が決裁したのか?今回、ooboeさんのパートナー氏に開示された際の決裁は誰だったのか?は興味深い話です。ただ、情報公開請求しても黒塗りで返ってくるのかもしれません。
 想像するに、人事異動で人が代わって、以前のような対応では大問題だということを新しい担当者と決裁者とが理解したのではないかと思います。それまでは、陰に陽に、開示しない方向に「圧力」的作用、雰囲気があったのではないでしょうか。
 
 いずれにしても、本来の「法人文書」の定義に従って開示するよう、改めたのはよかったと思います。
 
■しかし、問題はまだ続いています。ooboeさんによれば、
 
「棒グラフ化は、このデータを保存している機器のみで可能ですから、保有している理研さん頼んで頂くしか、方法は、ありません。以上がバイオラッド社さんの説明
 ということで、パートナーは、理研にこのバイオラッド社の説明を情報公開窓口に伝え、改めて、保有しているバイオラッド社製PCR で、遺伝子発現量の棒グラフ化資料の開示請求手続を取りました。」
 
 とのことでした。検証報告書にも使われた、棒グラフの形では開示してこなかったわけです。これも、明らかにおかしい話です。おそらく、開示請求した際の文言が、棒グラフということが明示的に読みとれないのを捉えて、一次的生データを出してきたということでしょう。
 しかし、それを解析し、棒グラフ化するには、理研所有の機器にかけなければならないのであれば、意味がありません。たとえて言えば、カセットテープを渡されて、渡した側の専用テープレコーダーでしか再生できないのに、「データは渡したからね」と言われているようなものです。
改めて、棒グラフの形で請求されたようですので、いずれ開示されることになるはずです。
 
 検証実験の際、理研内部で、「職務上作成・取得した文書等」として、「理研の職員が組織的に用いるものとして」、棒グラフが作成されていることは明らかですから(報告書にも掲載されています)、これを開示しないという余地は、理研にはないはずです。
 ooboeさんは、控えめにお願いベースでされているようですが、これは、理研の対応に大きな問題があるのですから、小保方氏弁護団、木星さん、佐藤貴彦さん、DORAさんらが、正面から、7月から11月までの検証実験データの棒グラフ化したものを請求されれば、理研は出さざるを得ないはずです。
 
 本件データには、『あの日』に書かれているように、8月初旬(8月1〜4日)に、最初に検証チームとして解析したときのデータが含まれているはずで、それがイコール、小保方氏のHPに掲載されている画像、データのはずです。
 それが今回の、理研方針転換後の請求で出てきたとき、5月に理研が「存在しない」「探したが見当たらなかった」との回答と齟齬を来すことになりますが、理研はどう説明するのでしょうか・・・? 一般的な捉え方は、「隠蔽した」「虚偽の回答をした」ということになってしまいます。
 それはともかくとして、いささかなりとも、小保方氏の名誉回復になるのは間違いないでしょう。あの画像、データが真実だったということが判明すれば、世界の科学コミュニティの見方もまた変わってくることと思います。

この記事に

閉じる コメント(11)

顔アイコン

私の上記記事について、難癖だとして、妙なことを書いている人がいますね。私の記事は、情報公開法に基づく情報公開の対応の在り方、法令解釈についての問題指摘ですから、「自分で何も取材や調査をしない(できない)のに」とか、「PCRについて勉強もせず、ooboe氏の実際の資料も確認せず、理研に対しても確認することなく」というのは、何の関係もないことです。ましてや、「発現量に換算するまでには、様々な仮定が入ります」などということは、全く関係ないことです。
元々、棒グラフにして検証報告書にも記載されているわけですし、検証チームもそれを共有して判断しているわけですから、それ自体が開示されるべき「法人文書」であるということを述べているだけです。それを、当初5月時点で、公式なものではないからといって、法人文書に該当しないとして非開示にしたことは、情報公開法のイロハを知らないものであり、そのようなイロハを無視して非開示にしたことは、「隠蔽」と受け取られても仕方がない、と言っているのです。 (続く

2016/12/26(月) 午後 10:40 [ tea*r*akt2 ] 返信する

顔アイコン

続き)開示の可否は、窓口の好意で決められるものではなく、法令によって決められるものです。コンプライアンス上問題行為をした相手に(通常ならば懲戒処分です)、感謝云々という話ではないでしょう。ただし、今回、対応を法令に即して是正したことは、素直に良かったと思っています。後は初めから棒グラフとともに出せばいいのです。
なお、難癖だとおっしゃる方は、理研の当初の対応について、憶測で擁護的なことを書いていますが、小生の記事に引用した一連の情報公開に関する問題指摘記事を読んでいただければ、そのような憶測はあり得ないということはすぐ理解されるはずです。二言目には、非専門家は黙っていろ、という台詞には辟易です。情報公開の対応の問題を議論するのに必要なのは、法令についての専門的知見であって、PCR云々の専門的知見ではありません。

2016/12/26(月) 午後 10:41 [ tea*r*akt2 ] 返信する

顔アイコン

ooboe様
こちらのooboeさんのコメントを引用しての記事について、不本意に思っておられるようで、申し訳ありません。
理研の情報公開対応の問題は、本ブログの大きな論点の一つとして繰り返し書いてきたものでして、その対応が転換されたということは、大きなニュースだものですから、引用させていただきました。
ooboeさんとそのパートナーさんのご尽力で、理研が検証実験期間全般にわたる情報公開に応じたということがわかりましたので、あとは、これまで情報公開請求をされてこられた方々が、それぞれの問題関心に即して請求をされ、経過や結果の紹介をされることになると思います。小保方氏の弁護団も請求するのではないでしょうか。(続く

2016/12/27(火) 午前 7:57 [ tea*r*akt2 ] 返信する

顔アイコン

続き) ooboeさんやそのパートナーさんの問題意識とお考えに沿った情報発信については、今後は見守ることにし、直接の言及は控えるようにしたいと思います。ご迷惑おかけして申し訳ありませんでした。
ただ、検証実験データ全般の情報公開に関心のある多くの皆さんにとっては、ooboeさんによる理研が開示した旨のご紹介は、驚きだったことは確かで、STAP細胞問題を解明する上で大きなご貢献をされたことは間違いありません(佐藤貴彦さんのご著書もまた同様です)。

2016/12/27(火) 午前 7:59 [ tea*r*akt2 ] 返信する

顔アイコン

これ、三木弁護士だけがおかしいのよー
(初めの第一歩の情報開示請求人)

2017/1/1(日) 午後 0:12 [ oTake ] 返信する

顔アイコン

(1) 公式記録保管開始日」以前のものは公開していない
(2) 公式記録補間開始日は9月16日

実際には、8月上旬の5つの写真、蛍光写真など公開してるでしょうに(笑)

すぐにわかる矛盾は何とかした方がいいですよ。

2017/1/1(日) 午後 0:17 [ oTake ] 返信する

顔アイコン

管理人様

ooboeというコメンテーターはアンチ小保方、若山さんの擁護者だと思います。
木星さんと同じ轍を踏まないよう、お気をつけ下さい。 削除

2017/1/1(日) 午後 2:24 [ waka*rann ] 返信する

顔アイコン

> tea*r*akt2さん
「それを、当初5月時点で、公式なものではないからといって、法人文書に該当しないとして非開示にしたことは」とありますが、初めの第一歩の情報開示請求人として、完全否定致します。
私の情報開示請求の件に関し、理研はそんなことを言ってませんし、していませんし、そのことは確認済みです(検証実験の責任者からの証拠もあります)。三木秀夫弁護士が述べているだけです。三木秀夫弁護士はその内容をFacebookの中でコメントとしているだけで、何ら証拠がありません。

2017/1/1(日) 午後 7:39 [ oTake ] 返信する

顔アイコン

> tea*r*akt2さん
ちなみに私の方は証拠としての書類、通信記録等々を具体的に提示することができます。

2017/1/1(日) 午後 7:44 [ oTake ] 返信する

顔アイコン

致命的なのは本当に情報公開法上問題があったのなら、法律の専門家つまり弁護士である三木秀夫氏が何故、理研に対して法律上の問題としないんですか?

そこからまずおかしいんですよ。

2017/1/1(日) 午後 8:16 [ oTake ] 返信する

顔アイコン

> oTakeさん
ご無沙汰しています。ご返事が少し長くなりますので、本文記事で書くようにします。

2017/1/1(日) 午後 11:19 [ tea*r*akt2 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事