理研STAP細胞論文調査委員会報告、改革委提言等への根本的疑問

小保方論文の「改竄」「捏造」認定の不合理さ、バッシングの理不尽さ

全体表示

[ リスト ]

■なお、三木弁護士のコメントとして、NHKに対して訴訟提起するつもりはないとの話が報じられていました。

  http://www.jiji.com/jc/article?k=2017021001214&g=soc


「同弁護士は「再発防止策を取るよう勧告されたので、それを履行していただいたら結構だ」と述べ、NHKに対して訴訟を起こすことは現時点では考えていないとした。」  


 それは妥当な判断だと思います。NHKスペシャルについては、小保方氏にかけられた疑惑拡散に大きな役割を果たしたとしても、論点は、あくまであの番組構成の妥当性の問題に留まりますから、それ以上裁判で論じても、今回の判断以上に得るところはありません。一審制のBPOで、「人権侵害」との判断を得たのですから、これで確定であり、わざわざ訴訟提起して、不確定な状態に戻す意義がありません。

NHKが不服だとして反論しているわけですから、小保方氏側が改めて訴訟提起したら、NHKが泣いて喜びます。今回の確定した果実は大事に取っておくのが得策というものです。


もし訴訟提起するとすれば、石川氏に対する名誉棄損訴訟が本命でしょう。

石川氏は、最初の告発において、「小保方氏が盗んだ」ということを正面から主張し、その後の修正後の告発においても、小保方氏が「犯人」であることを強く示唆していたわけですが、今回のBPOの多数意見の判断からみても、名誉棄損認定はほぼ間違いないでしょう。

そして、石川氏は反論するでしょうから、その主張の根拠となった若山研での「取材」経過に当然話が及び、若山氏やその夫人、若山研スタッフの話が明らかになってきます。小保方氏の研究室にあのES細胞のボックスが残されていた事情も、併せて明らかになります。

留学生の李氏のES細胞は、ジャンク細胞として廃棄扱いされたのだということが、まず明らかになるでしょう。それは、理研事務局の証言や、MTAの内容によっても、裏付けられることでしょう。


次に、留学生のもの以外の残る細胞がどこの由来なのかも究明されることになるでしょう。その際、石川氏がフライデーで語ったように、若山夫人作製によるものなのか?あるいは大田氏作製によるものなのか? 若山夫人は自分のものではないとまず間違いなく言うでしょうし、桂報告書もそういうスタンスでしょうから、そうすると、石川氏の「盗んだ」との主張は、完全に破綻します。石川氏はそれでも反論して、告発直前の若山研での「取材」の様子を明らかにするでしょう。

若山夫妻は沈黙を続けることはもうできなくなります。石川氏と若山夫妻とがバトルになる構図となり、彼らの「謀議」の内容が浮かびあがってきますから、それはSTAP細胞事件の闇の一端を明らかにするものとして大変興味深いですし、解明材料として貴重でしょう。マスコミにとっても格好のネタとなり、一般の受け止め方もまた違ってくることと思います。

 

この記事に

閉じる コメント(16)

顔アイコン

早く石川氏を法廷の場に引っ張りだしてほしいですね。若山研の誰からどんな情報を得たのかというだけでなく、最初に石川氏にウソを吹き込んだ理研関係者についても明らかにしてもらいたいです。

2017/2/11(土) 午前 6:51 [ hap*y*humpi* ] 返信する

顔アイコン

李博士自身が、自身の細胞について「ジャンク細胞として廃棄扱いされた」ことを否定しています。ちゃんと、取材や事実に基づいた発言をしてください。MTAに載っていないからといって、廃棄扱いということにはなりません。 削除

2017/2/11(土) 午前 7:09 [ kanso ] 返信する

顔アイコン

李氏の証言だけに依拠して疑惑を報じたことが問題であり、疑惑の根拠にならないというのがBPOの決定の趣旨です。李博士自身の認識を論じても仕方がありません。
若山氏(若山研)と理研との間で、一連の報道後に、事後的に確認の上MTAを交わせ、それに載せなかったということは、不要として残したきたことを示唆する有力材料であることは間違いありません。

NHKは、「小保方氏に答えてもらいたい」とナレーションをしましたが、小保方氏側は「譲り受けた」「残されていたので保管していた」と答えているわけですし、報道でも「そのままの形で残されていた」と報じられていましたがら、更に取材すべきは、理研事務局であり若山氏です。NHKは、李氏の証言の裏取りを何らしていないといことです。

2017/2/11(土) 午前 7:23 [ tea*r*akt2 ] 返信する

顔アイコン

しかし、小保方氏の「譲り受けた」「残されていたので保管していた」という発言の裏取りも同様にされていませんね。だから、同じ状況なのです。MTAに関しては、MTAに記載されていないものが、廃棄物・不要物であるという論拠となる資料を教えてください。 削除

2017/2/11(土) 午前 8:05 [ kanso ] 返信する

顔アイコン

BPOの決定から

「小保方研究室には、複数のES細胞が存在し、申立人はこれらのES細胞を若山研究室から譲与されたとしたが、その中の一部のES細胞を作製した元留学生は、自ら作製したES細胞が、何故、小保方研究室の冷凍庫にあったのかわからないと述べていた。この点について申立人はさらなる説明をしていない。 」 削除

2017/2/11(土) 午前 8:16 [ りんりん ] 返信する

顔アイコン

それから、仮に、小保方氏の「譲り受けた」「残されていたので保管していた」という証言が正しかったとしても、「ジャンク細胞として廃棄扱いされた」ことを意味しないと思います。庫内に忘れていただけかもしれません。注意深く聞いて下さいよ、私は、小保方氏が盗んだと言っているわけではないです。李氏の細胞が、「ジャンク細胞として廃棄扱いされた」証拠なんてないじゃないのか?と言っているのです。誰か関係者が一人でもそのような発言をしましたか? 削除

2017/2/11(土) 午前 8:24 [ kanso ] 返信する

顔アイコン

>もし訴訟提起するとすれば、石川氏に対する名誉棄損訴訟が本命でしょう。

そうですね。
さんざん小保方さんが仮説で犯人扱いされてきた中で、確実に司法の場に引っ張り出せる相手ですからね。石川氏の刑事告発には「裏を返せば」という事実がたくさん出てくることになると思います。上に頓珍漢なツッコミがありますが、李氏の細胞が、ジャンクではなく大切なものだったのか、単なるジャンク細胞だったのかもその時に明らかになるでしょう。まあ検察から「事件の発生自体が疑わしい」とされたことで、ジャンクで捨て置かれていた可能性が極めて高いと見るのが妥当だと思いますけどね。

2017/2/11(土) 午前 9:24 [ tai*o*no* ] 返信する

顔アイコン

teabreakさんは、NHKが李氏証言の裏取りをせず小保方さんを犯人扱いしたことが問題だと指摘している訳ですが論点がズレてしまいましたね。

ジャンク細胞というのもまだ仮説ですが、李氏本人の話はマスコミに垂れ流された胡散臭い証言のひとつに過ぎず、それぞれの仮説が正しいのかどうかは、正式に裁判を起こさないと明らかになることはないでしょうし、若山さんが沈黙を続けている以上、ES混入問題に白黒つけるには裁判しかないのでしょうね。
ただ、小保方さんの体調の問題があるので、訴訟を起こすかどうかはなんとも言えませんが。

2017/2/11(土) 午前 9:25 [ tai*o*no* ] 返信する

顔アイコン

今後はBPOの決定事項の書類からじゃんじゃん引用しましょうよ
アンチざまあw

2017/2/11(土) 午前 10:15 [ w1sfff ] 返信する

顔アイコン

>今後はBPOの決定事項の書類からじゃんじゃん引用しましょうよ

「申立人は、STAP論文2本の筆頭著者であり、同論文の内容について主たる責任を負う者の1人である。また、若山氏は自ら検証を行い、自らの疑惑に対して一定の説明を試みているのに対し、申立人は、当時の状況からして斟酌すべき点はあるが、納得のいく説明を行っていないとみられていたことも事実であろう。」 削除

2017/2/11(土) 午後 4:17 [ りんりん ] 返信する

顔アイコン

DORAさんへ 諸々アドバイスありがとうございます。
ところで、お書きになっているマスコミの扱いに関連して、ふと思ったのですが、読売新聞の扱いが大きいというのは、婦人公論の親会社と言うこと以外に、もしかして、2012年の東大の森口尚史氏の、iPS細胞移植のガセネタに読売新聞だけがひっかかって問題となり、NHKが特集を組んで検証した、ということがあったそうですので、その意趣返し的意味合いも多少はあるのかな?と思った次第です。

https://matome.naver.jp/odai/2135005683968254001

2017/2/11(土) 午後 6:01 [ tea*r*akt2 ] 返信する

顔アイコン

「がんばれ小保方先生!」サイトで紹介されているのを見て知りましたが、東京新聞の一面トップと社会面のでかでかぶりには、びっくり仰天ですね!
東スポも大きく取り上げているとか。

こういうのを見ると、流れが変わってきたかな・・・という実感が湧いてきますね。やはり、第三者機関であるBPOが、NHKスペシャルという看板番組を、人権侵害認定したというのは、インパクトが大きなことなのですね。
NHKの反論が、こんどは、NHKたたきの流れの中で、批判的に注目されて行くような気がします。

しかし、NHKはしょせん駒であって、本命が別にところにいますからね。その裏の構図を表に出して、初めてSTAP細胞問題は、本格的な解明に向かいます。

2017/2/11(土) 午後 8:34 [ tea*r*akt2 ] 返信する

顔アイコン

NHKをディスる信者に限って受信料を払わずタダ視しているくせにw

「申立人は、STAP論文2本の筆頭著者であり、同論文の内容について主たる責任を負う者の1人である。また、若山氏は自ら検証を行い、自らの疑惑に対して一定の説明を試みているのに対し、申立人は、当時の状況からして斟酌すべき点はあるが、納得のいく説明を行っていないとみられていたことも事実であろう。」 削除

2017/2/11(土) 午後 11:41 [ この事実もどんどん引用してねw ] 返信する

顔アイコン

「断章取義」という四字熟語があります。「断章取義」的に、BPO決定文を援用するのは、意味がありません。
決定全体としてどうなのか? 根幹部分は何でありどう評価されるのか?という話がないままに、決定文の前後の文脈を無視して数行だけを持ってきて、こうだ、と論じても仕方がありません。上記コメントも「断章取義」の典型的パターンでしょう。 続く

2017/2/12(日) 午前 8:12 [ tea*r*akt2 ] 返信する

顔アイコン

上記引用箇所の前には、次の一文があります。
「確かに、本件放送は、若山氏の説明に沿って作られている面があり、例えば、後述する実験ノートの扱いについても、キメラ実験を担当した若山氏の実験ノートではなく、申立人の実験ノートを取り上げるなどしており、申立人に対し不公平感を与える面があるかもしれない。
また、第2次調査報告書において、実験記録やオリジナルデータがないことや、見
ただけで疑念が湧く図表があること、明らかに怪しいデータがあるのに、それを追求する実験を怠ったことなどについて、若山氏や笹井氏の責任は特に大きいとされている(別の箇所では、若山氏の責任は過失とはいえ極めて重大だともされている)。また、同報告書では申立人が若山氏の過剰な期待に応えようとして捏造を行った面も否定できないとされていることからも、客観的事実として、研究遂行過程において、若山氏と申立人との間には多かれ少なかれ上下関係があったものと思われる。」

2017/2/12(日) 午前 8:14 [ tea*r*akt2 ] 返信する

顔アイコン

続き)その上で、「放送局の有する番組編集の自由をも考慮すれば、本件放送の全体的な構成が放送倫理上の問題があるほどに公平性を欠いているとまでは言えない。」という結論になっています。

番組編集の自由は尊重しなければならないという大前提があって、よほどひどい場合には、放送倫理上の問題が生じる、という枠組みです。そういう中で、小保方氏側が申し立てた不公平感等については、勘案すべき事情として是認したうえで、総合勘案して、放送倫理違反「とまではいえない」と結論づけているものです。

2017/2/12(日) 午前 8:24 [ tea*r*akt2 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事