理研STAP細胞論文調査委員会報告、改革委提言等への根本的疑問

小保方論文の「改竄」「捏造」認定の不合理さ、バッシングの理不尽さ

全体表示

[ リスト ]

BPO決定を改めて読んでいるのですが、あまり知られていなかった事実も書かれているようです。
 私が知らなかっただけかもしれませんが、NHKの説明として、小保方氏から最初にSTAP細胞の作成方法の教示を受けたのは元留学生だった、とあります。更に、帰国前には関連テーマで実験を行っていたとあります。
 こういう話は、今までどこかに出ていましたでしょうか?
 
「摘示事実c)――STAP細胞は、若山研究室の元留学生が作製し、申立人の研究室で使われる冷凍庫に保管されていたES細胞に由来する可能性がある――について
元留学生が作製したES細胞が問題発覚後の申立人の研究室の冷凍庫で保管されていたこと自体は真実だと認められるが、次に述べる通り、このES細胞がSTAP細胞の正体である可能性があるという点には、以下の通り真実性・相当性が認められない。
NHKによれば、このES細胞は、STAP細胞実験が最初に成功したとされる2011年11月に先立つ同年7月に樹立されている。また、作製者である元留学生は、若山研究室でSTAP研究が行われていた時期には、同研究室で核移植ES細胞の実験などを行っており、2012年3月上旬には、若山研究室で最初に申立人からSTAP細胞の作製方法の教示を受けたという。さらに、同年10月の帰国前にはSTAP細胞に関連するテーマで実験を行っていた。
しかし、これらの事情を超えて、若山氏や遠藤氏の解析対象となったSTAP細胞が、元留学生の作製したES細胞である可能性を裏付ける資料は示されていない。
NHKは「留学生のES細胞が、STAP問題に関連していなかったと言うことは科学的には出来ない」という遠藤氏の指摘を引用しているが、可能性が否定しきれないという程度では、摘示事実c)の真実性が証明されたとは言えない。また、摘示事実c)について真実であると信じるについて相当性があることを示す資料も示されていないから、相当性も認められない。」(p14
 
小保方氏の手記には、次のように書かれていて、201210月の帰国時期というのは、特許申請を急いでいる時期(20128月以降)と重なりますし、元留学生は、帰国後も実験がうまくいっていると、若山氏から連絡を受けたとあります(20136月頃)。
 
「○若山氏は20128月以降、特許申請を急ぎ、理研特許室への若山氏のメールには、「若山研のラボメンバーは、スフィアの作製も細胞株化もまあまあできる」「いつでも再現できる」「iPS細胞よりすごいものを作った」などと記されていた。(P102〜103)」
 
20136月頃、山梨大の若山氏から、培地を送った後の連絡では、Oct4をとてもよく発現するSTAP細胞はできるが、まだ幹細胞株化には至っていないこと、中国人留学生の元研究員も中国で、STAP細胞の実験がうまくいっているとの連絡がきているとのことだった(P122〜123)
 
小保方氏から作成方法の教示を受けていて、作製がなかなかできないのであれば、そもそも次の関連した実験に進みようがないはずです。しかし、教示を受けて帰国するまでの半年の間に、「STAP細胞に関連するテーマで実験を行っていた」ということですから、当然、STAP細胞の作製には成功していたということでしょう。
 
 小保方氏が、記者会見の際、「STAP細胞の作製に成功した研究員がいますよね」ということを発言していたかと思いますが、それはこの元留学生のことだったのかもしれません。
はしなくも、NHKの主張した事実によって、小保方氏の手記の真実性が裏付けられた感があります。NHKのオウンゴールのようなものかもしれません。



【補足】
 NHKが、元留学生の研究状況を述べることによって、何を主張したいのか、よくわかりませんが、この元留学生が、「核移植ES細胞の実験などを行っており」ということで、「核移植ES細胞」という話が出てきました。
若山研で、「核移植ES細胞」の研究が行われていたことを考えると、遺伝子系統の話などに関して、いろいろと可能性が出てくるな気もしますが、どうなのでしょうか・・・。素人なのでよくわかりませんが。


この記事に

閉じる コメント(11)

顔アイコン

犬HKは結果的に
「留学生のES細胞が、STAP問題に関連していなかったと言うことは科学的には出来ない」
ではなくて
「留学生が、STAP問題(STAP=ES疑惑)に関与していなかったと言うことは科学的には出来ない」
と主張してしまっているかのようですね

2017/2/13(月) 午後 2:50 [ JISAI ] 返信する

顔アイコン

「STAPのところにあるの不思議です」の証言が逆に怪しくないですか。
留学生がSTAPに関係する研究をやっていたことは間違いないことで、それはハーバード側に秘密にしていた「若山研独自のSTAP研究」なのだろうと思いますが、あのボックスが事件の真相に関係しているものだったため、そんなものが「出て来た」ことが「ヤバい」と思ったから、疑惑の矛先を向けるために「小保方が盗んだ!」という話に持って行った、的な。

2017/2/13(月) 午後 6:10 [ tai*o*no* ] 返信する

顔アイコン

一研究者のブログに独自で取材した人によるこの留学生のコメント載ってましたよね
この留学生がSTAP作成教わってたとすると、いろいろおかしい部分が出て来ますね

2017/2/13(月) 午後 11:52 [ kaw**orops ] 返信する

顔アイコン

" 私はそれぞれのステップを小保方博士に監督してもらった上で、100%自分の手で再現しました。ほぼ同様に、私の博士課程の学生もSTAP-SCの樹立に成功しました。"
若山さんがインタビューで答えています。
又"あの日"に、スタップ細胞からのクローンマウスの論文をネーチャーに投稿した人がいたことも書かれています。 削除

2017/2/14(火) 午前 8:15 [ waka*rann ] 返信する

顔アイコン

木星さんが取り寄せられた、小保方さんの実験室にあった冷凍庫保全リストに "STAP-SC subcloning ?さん作成" と、名前がかくされた項目が有ります。 削除

2017/2/14(火) 午前 8:37 [ waka*rann ] 返信する

顔アイコン

> waka*rannさん
NHKが、以下を裏付けてくれて、その点は功績大ですね。
若山氏「私の博士課程の学生もSTAP-SCの樹立に成功しました。」
"あの日"「スタップ細胞からのクローンマウスの論文をネーチャーに投稿した人がいた」

2017/2/15(水) 午前 9:28 [ tea*r*akt2 ] 返信する

顔アイコン

小保方さんの他にもSTAP細胞を作成した人が若山研に居たという若山さんによる報告を、マスコミは何故か追求しませんでした。というよりも、若山さん自信がマウスから作成したという事実。
桂委員長も会見で言及しています。 削除

2017/2/15(水) 午後 1:32 [ waka*rann ] 返信する

顔アイコン

訂正します。
自信ではなく、自身でした。 削除

2017/2/15(水) 午後 1:35 [ waka*rann ] 返信する

顔アイコン

小保方さんはマウスの遺伝的背景には疎いということですが、生後一週間程のマウスならば毛色で分かっていたと思います。
調査報告書に小保方さんは"若山さんから渡されていたのはGOFマウスだと思った"とありますが、129B6F1なら茶色で黒のGOFマウスとは違います。 削除

2017/2/15(水) 午後 1:44 [ waka*rann ] 返信する

顔アイコン

>調査報告書に小保方さんは"若山さんから渡されていたのはGOFマウスだと思った"とありますが、129B6F1なら茶色で黒のGOFマウスとは違います。

不思議ですね。
stap細胞は誰が作成したんでしょう? 削除

2017/2/16(木) 午前 10:02 [ ] 返信する

顔アイコン

調査報告書によると、FI幹細胞はすべて若山さんが樹立したとあります。
しかし、論文記載のFI幹細胞は残存ストック無し、作成された記録不明。
若山さんによると、若山さんの所の博士課程の学生さんはSTAP-SCの樹立に成功されている。
和モガさんは寺下さんと言われてますね。 削除

2017/2/16(木) 午後 5:13 [ waka*rann ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事