理研STAP細胞論文調査委員会報告、改革委提言等への根本的疑問

小保方論文の「改竄」「捏造」認定の不合理さ、バッシングの理不尽さ

全体表示

[ リスト ]


この数日間に、威力/偽計業務妨害で刑事告発するという話が、各ブログで取り上げられていますので、これに関連して少し触れておきたいと思います。
私も弁護士ではありませんし、特に刑事事件の相場観はよくわかりませんが、少しネット等で情報を集めつつ述べてみます。
また、末尾では、守秘義務違反の件にも触れておきます。


威力/偽計業務妨害罪について


威力/偽計業務妨害罪については、例えば以下のサイトが、いろいろな事例が載っていてわかりやすいように感じます。こういったサイトを眺めながらメモってみます。

要件として、当然のことながら、以下の点が明確にならないといけません。
「威力」なり「偽計」に当たるものは何か?
「業務妨害」の具体的内容は何か?
 
■それで、Ooboeさんによれば、若山氏が616日の記者会見で、「第三者機関」に依頼して解析してもらったことについて、実は法医研という機関とではなく、「知人の個人解析を公的第三者機関解析と偽称して記者会見した事実」を以て、「威力」とするとされています。
 この点は、私も本ブログで、会見から間もない時点で、「知人に過ぎない研究者を『第三者機関』と称して、解析を権威づけたことはおかしいではないか。」と批判し、具体的名称も明かさず、委託費のことを曖昧にしていることについても問題だとして記事を書いています(ポケットマネーだと言ったり、公正を期するために無償だと言ったり、やっぱり理研が払うようなことを言ったりと、話が変遷していました)。
 
 それはそれで大きな問題であることは間違いありませんが、ただ、そのように偽称したこと自体が、「威力」なり「偽計」になるかというと、そこまでは言えないのではないかと思います。理由は2つあって、

①ここで若山氏が主張しようとしたことは、「自らが解析したのではなく、外部の者によって解析したもらった(客観的な)ものである」ということかと思います。それを、「第三者機関」という表現で表したとしても、その「外部」という趣旨が大きく損なわれることはないと思われます一研究者ではなく、研究室のチームだった可能性もあります(古い話で、天皇機関説というのがありましたが、天皇の役割に着目して「機関」という表現を美濃部教授がして大きな問題になったこともありました)。

②「第三者機関」という言葉は、理研も同様に使っています。同時期に、理研保有の細胞試料を同じ法医研の研究者に委託して行った解析結果を発表していますが、「第三者機関」という言葉で発表しています。

   ですから、問題は、「外部」「第三者」の実態が「個人」であるにも拘らず、「公的機関」と偽称としたことではないと思われます。問題は、その解析結果が誤っていたことが判明したにも拘らず、それを速やかに訂正せずに、一連の「業務」(後述します)を妨害したことにあります。
 
■それから、「業務妨害」の点ですが、あの会見では、その解析結果に加えて、「マウスは、ポケットに入れて持ち込める」と述べて、あたかも小保方氏が実験を不正に行ったかのような発言もありましたので、小保方氏に対する混入疑いが一段と濃くなり、その後の研究活動に著しい支障をもたらしたということは確かでしょう。その意味で、「信用棄損による偽計」はあったと言うことはできるかもしれませんが、ではそれによって、具体的にどういう「業務」が損なわれたのか?という点は、なかなか特定しづらいところです。
 
■そうやってあれこれ考えを巡らしつつ、仮に「威力/偽計業務妨害」を想定するとして、どうやったら構成できるか?ということを頭の体操として検討してみると、次のような構成が、もっともすっきりし、裏付けも容易ではないかと思いました。
 そしてそれが可能であれば、STAP細胞事件の核心に迫ることができるかも・・・とも感じます。
 
 どういうことかと言うと、ネイチャー誌の「論文の撤回」に焦点を当てるということです。論文撤回の決め手になったのは、言うまでもなく、若山氏による「第三者機関」に依頼した解析結果です。それによって、撤回理由書では、次のように書かれたわけです。
 
「ドナーマウスと報告されたSTAP 幹細胞では遺伝背景と遺伝子挿入部位に説明のつかない齟齬がある。」
STAP幹細胞に関する現象の真実性を疑いの念無く述べることができない。」
 
 
 ところが、実はその「説明できない齟齬」の根拠が、崩れていたわけです。
 
 小保方氏の『あの日』では、撤回理由書がウェブ上で公開となった日、「巧妙に書き換えられている」と、丹羽氏が憤然として持ってきたとあります。
 
「プリントアウトされた撤回理由書を読み、その内容に目を疑った。最も重要な撤回理由が、著者たちが合意したものとは異なる内容に書き換えられていたのだ。著者たちが合意しサインした理由書は、「STAP幹細胞は若山研に決して維持されていなかったマウスの系統であった」というもので、マウス系統管理者の若山先生には誰も反論する材料がなく同意を強いられたものだったが、書き換えられた理由書には、「STAP幹細胞は若山研で維持されていたマウスとES細胞の系統に一致する」とあった。」(p196
 
(ネイチャー編集部に理由を照会したところ)「若山先生が他の著者たちに知らせずにネイチャー編集部に送付した修正依頼のメールが共著者らに転送されてきて、やはり若山先生が著者たちが全員同意のサインをした後に、他の著者たちに知らせずに単独で撤回理由書の修正を依頼していたことが明らかとなった。」(p197
 
 撤回公表時の笹井氏のコメントを見ても、この遺伝子型の齟齬が決定打となっていることがわかります。
 
「今回の撤回により実験的な根拠が失われ、その後新たに判明してきた細胞の遺伝子型などの齟齬などを照らしあわせると、STAP 現象全体の整合性を疑念なく語ることは現在困難であると言えます。」
 
米国の著者たちは、撤回には絶対反対していたわけであり、『あの日』での説明のように、バカンティ教授が最終的に撤回に同意したのもこの点にありました。
 
「その後、バカンティ先生とネイチャー編集部との話し合いの結果、「STAP幹細胞のマウス系統のデータに関しては研究室の責任者であった若山先生しか情報を持ち得ない。その人が、データが間違っているとネイチャーに連絡を入れている。STAP幹細胞のデータがアーティクルに入ってしまっている以上、仕方がない。アーティクルも撤回に同意する方向で進めよう」と連絡が入った。」(p195
 
■このように、
 
「若山氏の解析データを根幹的理由として、著者全員が論文撤回にサインせざるを得なくなったが、その後解析データが間違っていたことが判明したにも拘らず、他の共著者に連絡することなく、更には、シニアオーサーではないにも拘らず、権限なく秘密裏にネイチャー編集部と連絡を取り、全共著者がサインして提出した撤回理由書を書き変えつつ撤回を維持せしめた。これによって、論文を維持し、STAP細胞の研究成果を科学コミュニティの中で有効ならしめて研究活動を継続する機会を失わせた。」
 
 ということを以て、「偽計業務妨害」が構成できるのではないか、と考えました。
 「偽計」は明らかだと思います。
  ① 解析間違いを他の共著者に連絡・共有しなかったという点
 共著者に連絡しないことにより、撤回理由が間違いではないという「錯
  誤」を維持せしめたという点
 権限なくネイチャー誌と交渉し、理由書を書き換えたという点
 
 冒頭に記したサイトでは、
 
「偽計とは、人を欺く、または人の錯誤や不知を利用したり人を誘惑したりする、あるいは計略や策略を講じるなど、威力以外の不正な手段を用いることをいいます。」
 
 とあります。人の錯誤を利用することも、「偽計」に含まれるとしています。
 
「業務妨害」も、若山氏が共著者に解析間違いを連絡すれば、撤回理由の根幹が失われ、サインされた撤回通知書も撤回・破棄されたことは確実でしょうから、「論文を維持し、STAP細胞の研究成果を引き続き有効ならしめた上で、研究活動を継続する機会を喪失させた。」と言えると思います。実際、その後の特許出願においても、論文が撤回されていることを以て、拒絶理由通知が打たれていることからも、その撤回の影響は及んでいます(甚大です)。
 
■こういう構成での「偽計業務妨害」が成り立つのであれば、告発材料も単純ですし、捜査当局としても、立証は比較的容易ではないかと感じます。
 告発根拠は、

 ①小保方氏の『あの日』の当該部分
笹井氏の撤回時のコメント
特許拒絶理由通知に対するバカンティ氏による宣誓供述書
特許出願に対する拒絶理由通知において、論文撤回が理由の一つとなっていること。
 
 捜査当局がこれを裏付ける証拠資料としては、次のようなものになるでしょうが、書面提出なり任意聴取なりは容易かと思います。小保方氏ももちろん参考人として聴取されるでしょうが、『あの日』で書かれていることを述べ、その裏付け資料を提出するだけですから、負担は少なくて済むと思います。米国著者との間でやりとりしたメール類は揃っていることでしょう。自らが訴えるという心理的負担・抵抗も、第三者による「告発」への対応であれば、少なくて済むような気がします(勝手な想像ですが・・・)。

 ①共著者全員でサインした撤回理由書。
一連の撤回経緯についての関係者の供述―丹羽氏、米国著者、ネイチャー誌編集部ら。
若山氏の解析結果が誤りであることが分かっていれば撤回に同意しなかった旨の供述―特に米国著者ら。
若山氏が、シニアオーサーではないにも拘わらず無権限で撤回交渉をしていたこと。
 
■なお、米国側著者から聴取する場合、『あの日』に書かれている以下の奇怪な話も、裏付けが取れることが期待できるかもしれません。
 
「そんな時にアメリカの先生から電話があり、「若山先生が、著者は持っていないはずの自己点検委員会の資料を所持しているようで、それが著者以外から通報されると今後ネイチャーに投稿できなくなるかもしれないので論文の撤回を急ぎたいと言ってきた」という話を聞いた。同じ調査をされる立場の著者の中でも、調査する側の情報を持っている人がいるという異常な状態が作り上げられていることを知った。」(p181
 
 様々な情報公開資料から、不審な点を浮かび上がらせていく取り組みを実践されていることには敬意を表しますし、私などはそれを利用させていただいているだけですから、水をかけるようなことは申し上げにくいのですが、客観的にみて、労多くして功少なしでは? の感があります。
 それよりは、上記のような「論文撤回」に焦点を当てるほうが、比較的容易にSTAP細胞事件の解明にもつながりますし、小保方氏の著書の裏付けにもなります。更には、小保方氏、笹井氏のみならず米国側著者の無念を晴らす機会にもなるのではないかと感じます。
 
【守秘義務違反について】
 
■また、刑事告発という観点から言えば、独法通則法で規定された「守秘義務違反」があります(第54条)。「違反者は1年以下の懲役又は50万円以下の罰金」となっており、公訴時効は3年です。
 今回のBPO決定では、調査委員会から流出した実験ノート、電子メール等の秘匿資料をNHKが番組で使ったこと自体は、公益性があるとして、報道の自由の観点から問題視されませんでした。
 しかし、だからといって、理研職員による秘密漏えい行為が正当化されるわけでは全くありません。不正調査にのみ使用されるという前提で提出されたものを、調査担当部局が右から左にNHKに流したわけですが、実験ノートには秘密実験のことも書かれているわけですから、知財権を損なう可能性もありました。また電子メールのやり取りは、プライバシーの保護、通信の秘密の観点から当然保護されるべきものです。ですから、その漏洩行為の違法性には大なるものがあります。
 
 また、同様に、20153月にNHKの藤原記者が切り貼りして、自家蛍光の確認につて誤認誘導すべく報じた、桂調査委員会によると聴取記録の漏洩もまた同様です。
 
 なお、自己点検委員会報告書の毎日新聞須田記者に対する事前漏洩がありますが、これはすぐ直後に全文が公開されましたので、その責任を問うのは難しいかもしれません。
 理研のNHKに対する漏洩情報は、いずれ公開されるものではなく、ずっと秘匿されるべき性格のものでしたし、それが当の調査担当部局から漏洩されたという二重の意味で、悪質性が高いと言えます。
 
 なお、「小保方〜地獄の底は深いぜ〜」のオホホポエムがあります。これは、理研の内部の者でなければ知らない情報が含まれています。この投稿者に対する情報漏洩も守秘義務違反に問える可能性があるかもしれません。
 
*********************

■以上まとめると、訴訟で真実を明らかにできる選択肢としては、次の3つということになります。
  ①論文撤回に係る偽計業務妨害(刑事)
  ②独法通則法の守秘義務違反(刑事)
   ③石川氏に対する名誉棄損訴訟(民事)
 
 なにやら教唆しているようで申し訳ありませんが、選択肢を頭の体操として考えてみた結果が以上の通りだということです。


この記事に

閉じる コメント(17)

顔アイコン

tea*r*akt2 さんのご意見、同意します。
小保方さんには司法の専門家もついておられますから、余分なことはされない方が宜しいかと思います。 削除

2017/3/12(日) 午後 9:13 [ waka*rann ] 返信する

顔アイコン

念のためですが、藤村新一氏の旧石器捏造について偽計業務妨害罪での告発が証拠不十分で不起訴となったことを以て、本件の偽計業務妨害も同様であろうとのご意見があるようですので簡単にコメントしておきます。本件と藤村氏の件とは構図が違うと思います。記事中にも書いたように、偽計+業務妨害の2つが満たされなければなりませんが、藤村氏の場合、どういう業務を妨害したことになるのか?という点が、3年の時効寸前の告発だったこともあり、詰め切れなかったということだと思います。告発者自身がそれを示唆しています。

http://www2.cc22.ne.jp/hiro_ko/9-4-4netsuzou.html
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1265415682

2017/3/12(日) 午後 9:23 [ tea*r*akt2 ] 返信する

顔アイコン

続き) 教科書の書き換えが必要となるという行政の業務妨害なのか、それとも考古学者の研究活動なのか、いろいろ想定はできますが、告発では個別具体的に特定できなかったということではないかと思います。これが研究費が絡んでいるのであれば、詐欺罪になるのでしょうが、そういうこともなかったので、どうやったら何らかの法的責任を追及できるか、皆が思い悩んだということでしょう。

それに対して、本件の場合、上記のように構成すれば、「偽計」も妨害された「業務」も明確です。「偽計」に関しては、米国著者らの証人も喜んで証言するでしょうし、合意した理由書と公表された理由書とが異なり、それを若山氏が無権限で交渉したということは、外形的に明らかですから、立証も比較的容易ではないかと思います。

2017/3/12(日) 午後 9:25 [ tea*r*akt2 ] 返信する

顔アイコン

続き)偽計業務妨害として構成するならば、こういうことではないか、ということでお示ししたものですが、それが通れば、小保方氏の手記内容が司法によって裏付けされること、そして、論文撤回というSTAP事件の中でもエポックメイキングな出来事が欺瞞的方法によってなされたということを公式に確定させる事ができると言う意味で、意義がある選択肢ではないかと考えた次第です。そういう観点からは、別に微罪かどうかは関係ありません。重い刑罰を課したいという趣旨で言っているわけではありませんし、その観点で現実的選択肢があるのであれば、それぞれがお考えになればいいかと思います。私は、あくまで「頭の体操」として、真相解明にもつながり比較的現実的可能性が高い「選択肢」としては、記事末尾に書いた3つではないかと考えてご紹介した次第です。

2017/3/12(日) 午後 9:26 [ tea*r*akt2 ] 返信する

顔アイコン

続き)刑事事件の場合には、過失犯以外は、故意が必要ですが、「業務妨害」にせよ、「秘密漏洩」にせよ、故意は明らかでしょう。
これに対して、藤村氏の場合は、偽計は明らかでも、どういう業務を「故意に」妨害しようとしたのか?という点の立証もできなかったことが「証拠不十分」の意味合いの一つではないかと思われます。実際、藤村氏には、何が他人の業務を妨害する意思があったようには思えませんし。

2017/3/12(日) 午後 9:40 [ tea*r*akt2 ] 返信する

顔アイコン

若山さんは会見で、放医研の解析について、高精度遺伝子発現解析をしてもらっていない、無料だったと言われてましたね。 削除

2017/3/13(月) 午前 8:13 [ waka*rann ] 返信する

顔アイコン

Ooboeさんのパートナーは若山氏は捏造していないという考えだったはずですが、何故若山氏を告発するのでしょうか。
ちなみに、東大、東工大、理研も放医研と同様の解析結果ですから、Ooboeさんが有志の会で言っている

「更に故意では疑念の、ミス解析の結果を
もって、小保方氏に対し、捏造嫌疑の
印象誘導を大々的に報道させました。」

は言いがかりだと思います。

2017/3/14(火) 午前 2:56 [ net***** ] 返信する

顔アイコン

net*****さん

Ooboeさんのパートナーさんは、本当に存在されるのでしょうか? 削除

2017/3/14(火) 午前 6:46 [ waka*rann ] 返信する

顔アイコン

> waka*rannさん
>Ooboeさんのパートナーさんは、本当に存在されるのでしょうか?

さあ。興味ないのでどうでもいいですが、素人が付け焼刃の知識で騒いでる姿は見るに堪えないですね。

「このスライドにより
若山教授は、岡部B6マウスにGFP が
染色体3番挿入を
すでに知っていたのです。」

笑えます。

2017/3/14(火) 午後 0:52 [ net***** ] 返信する

顔アイコン

笹井氏の言う「遺伝子型の齟齬」は、解析ミスとは関係ありませんよ。齟齬というのは、STAP幹細胞と実験に用いたマウスの間の遺伝子型の齟齬ということです。これは、桂報告書でも再確認されており、今なお正しいことです。

解析ミスが訂正されたのは、その遺伝子型のマウスやES細胞が当時若山研に存在していたかどうかの点です。
www.ccn.yamanashi.ac.jp/~twakayama/LSHP/press20140722.pdf
www.nature.com/nature/journal/v511/n7507/full/nature13598.html 削除

2017/3/14(火) 午後 1:19 [ kanso ] 返信する

顔アイコン

なぜ「遺伝子型の齟齬」が撤回理由になるかというと、実験が正しくなされなかったことを示すからです。細胞を処理する類の実験で保たれるべき基本的なことが満たされていないということです。このことは、当時マウスが存在したとしても解消されません。そのマウスをSTAP実験に使った記録がない限り、齟齬に変わりはないからです。だから、解析ミスによって撤回が間違ってなされたという解釈は(当時撤回をめぐる駆け引きや混乱があったにしても)、デマに近いと思います。この見解に疑問があれば、O氏以外の論文著者らや、他の専門家にセカンドオピニオンをもらってみて下さい。同様の回答が得られると思いますよ。 削除

2017/3/14(火) 午後 1:25 [ kanso ] 返信する

顔アイコン

Kando さん

専門家さんにお聞きしたいのですが、若山さんはSTAP細胞とES細胞は大きさが違うと言っておられました。
この点についてはいかが思われますか? 削除

2017/3/14(火) 午後 2:28 [ waka*rann ] 返信する

顔アイコン

もう一つ、若山さんはマウスの管理記録が無いということでしたが、若山さんが渡したマウスも自己申告ですよね。
実験ノートも理研時代14冊ということですが。 削除

2017/3/14(火) 午後 2:32 [ waka*rann ] 返信する

顔アイコン

すみません、もう一つ。
プライマーが違っていたことですが、ずっと勘違いされていたのでしょうか? 削除

2017/3/14(火) 午後 2:42 [ waka*rann ] 返信する

顔アイコン

net*****さん

2014 年7月22日の山梨大学若山研の訂正では、15番のままでしたか?3番に訂正されていましたか? 削除

2017/3/14(火) 午後 5:11 [ waka*rann ] 返信する

顔アイコン

申し訳ありませんでした。
KansoさんをKandoさんと書いておりました。 削除

2017/3/14(火) 午後 9:41 [ waka*rann ] 返信する

顔アイコン

> kansoさん
「僕のマウス」が、使用された証拠は全くない。光る精子の実験の写真はあるらしい。

2017/3/15(水) 午前 0:13 [ Ts.Marker ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事