食品技術士Y「ちょいワク食ノート」

食と農には大切な情報が一杯。気軽にコメントください。原則、日曜日に追加。

自己紹介

すべて表示

自己紹介

*名前:横山 勉(よこやま つとむ) ・横山技術士事務所 所長(代表) ・専門(食品):品質管理・保証、商品開発、HACCP、ISO22000・14000・9000取得、表示、栄養成分表示、特許出願・管理、マーケティング、従業員教育、お客様相談 ・ネット関連:ホームページ開設、メールマガジン発行・管理、集客・直販システム構築 ・連絡先(E-Mail):yokoyama206s*yahoo.co.jp(*を@に変更ください) *資格: 技術士(農業:農芸化学)、ISO22000審査員補、JAS品質管理担当者(醤油・ドレッシング・風味調味料・乾燥スープ)、中級食品表示診断士、公認醤油官能検査員、みそソムリエ、第1種衛生管理者、環境カウンセラー(事業者部門)、特別管理産業廃棄物管理責任者、初級システムアドミニストレーすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

初体験の発酵食品

2017/2/26(日) 午前 6:58

 東京農業大学の名誉教授である小泉武夫氏を見習いたいと思っている。多様な食品、特に「普通ではない」対象を積極的に経験されている。普通ではないと判断する感覚で重要なのは、まず視覚である。食材レベルなら、植物由来の葉・果物などがある。動物由来では、獣や魚介類・昆虫類がある。異形であれば、食べる気にならない。例として、ナマコやイモムシを挙げておこう。   ...すべて表示すべて表示

ラスコー展

2017/2/19(日) 午前 5:28

 2017年2月8日(水)、久しぶりに上野の科博(科学博物館)を訪れた。ラスコー展1)を観るためである。ウィークディの午後という時間帯なのだが、かなりの混雑である。参加者の属性は、若者や親子連れ、熟年グループと多彩である。男女比も同程度だろう。幅広い人々が、関心を持っていることが分かる。  ご存じでない方のために、ラスコーを説明しよう。フランス西南 ...すべて表示すべて表示

キリンビターに思う

2017/2/12(日) 午前 5:20

 2016年も、暑い夏だった。それでも、ビール類(ビール・発泡酒・新ジャンル)の出荷量は、前年比2.4%減となった。12年連続で最低記録を更新している。健闘していた新ジャンルまで減少した。少子高齢化に加え、消費者の嗜好が多様化していることがある。酒類全体の消費減少に加え、缶チューハイやワイン等に需要がシフトしているという。  ヒトの味覚について、ザ ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事