帝大生ゆめじの大道芸日記

帝大生の学資を稼ぐアルバイト、 バイオリン演歌 大正演歌 書生節 昭和歌謡 Violin Fiddle / 昭和ロマンを楽しむ会

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
イメージ 2


太平洋戦争中に、ニューブリテン島(現在のパプアニューギニア)のラバウルには大日本帝国海軍、陸軍の戦闘・爆撃・偵察等の各航空隊の基地(本部)があった。
このため、ラバウルは連合軍による激しい空爆を繰り返し受けたが地上戦はなかった。

ラバウルには約9万名もの日本陸海軍将兵が篭城して要塞化したためか戦線はフィリピンおよび日本本土方面へと移り、ラバウルは完全に戦局から置き去りにされてしまった。

このため日本が降伏したときにはたくさんの日本軍兵士が残留しておりその後日本へ引き揚げてきた。

ラバウル小唄は1944年(昭和19年)頃、太平洋戦争末期に流行した。この歌は1940年(昭和15年)にビクターから発売された「南洋航路」(赤い夕日が波間に沈む・・・)の替え歌である。(作詞:若杉雄三郎、作曲:島口駒夫)

沖縄の八重山列島出身の三線の方と吉祥寺でライブを一緒にやったことがあったが、なぜか最後にラバウル小唄をみんなで歌った。その方の話では、子供の頃、連絡船が出航するときに五色のテープを投げてこのラバウル小唄が流れる中、船が出て行っていたそうである。八重山の方にとってもこの歌は懐かしい歌らしい。

それを聞いて、やはりこの曲名は「ラバウル小唄」ではなくて元歌の「南洋航路」だなあとなぜか納得した記憶がある。

もちろん、施設で歌っても明るくて男女に関係なく人気のある曲である。戦時歌謡といっても戦争らしい歌詞はない。4番に元歌「南洋航路」の歌詞が入っている。

       ラバウル小唄(南洋航路)      昭和ロマンを楽しむ会 演奏

さらばラバウルよ また来るまでは
しばし別れの   涙がにじむ
恋しなつかし   あの島見れば
椰子の葉かげに  十字星

船は 出てゆく  港の沖へ
いとし あの娘の 打ちふるハンカチ
声をしのんで   こころで泣いて
両手合わせて  ありがとう

波のしぶきで 眠れぬ夜は
語りあかそよ デッキの上で
星がまたたく あの星見れば
くわえ煙草も ほろにがい

(4番)<南洋航路>
赤い夕陽が   波間に沈む
果ては何処ぞ  水平線よ
今日もはるばる 南洋航路
男船乗り    かもめ鳥 

Rabaul kouta 昭和の演歌師 平成の演歌師 略帽 戦闘帽 戦斗帽
昭和ロマンを楽しむ会,昭和浪漫,昭和ロマン,昭和演歌,大正演歌, 懐メロ, ナツメロ,バイオリン演歌,書生節,昭和演歌師,平成演歌師,昭和歌謡,戦時歌謡,享受昭和浪漫的会,帝大生ゆめじ&青空ぴーまん
 軍歌  昭和リスペクト (Showa-Respect) 

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

戦後。。。何年なんだろうね??1945が。終戦だから、67年かあ。。なんか。東京大空襲の話とか。祖母から聞いたりしてさ、、、でももう。そんなに経ってるんだなあ。。ううむ

2012/3/20(火) 午後 9:22 [ 旅人びび ] 返信する

顔アイコン

ラバウルや南洋諸島にいた話を酒の席で昔はいやというほど聞かされてまたかと思っていたことが懐かしい。
学生の頃までは先生も、下宿屋のおやじも戦争体験者でした。もう体験談を聞こうと思っても不可能になりましたね。

2012/3/20(火) 午後 9:54 teidaisei 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事