このままで良いのか、ニッポン!

助け合う社会へ・・・共同体国家・日本へ!

全体表示

[ リスト ]

日々好日、民進党!

       日々好日、民進党!

安倍訪米に関して民進党の野田幹事長が「間合いを詰め過ぎ、無理難題を押し付けられそう…」などと首相経験があるにもかかわらず一般人と変わらぬのんきなコメントを発していたが、本当に民進党は国民にとって盲腸のようないただけない政党に堕してしまった・・・。

民進党自体もそうだが、蓮舫代表にしても、「これだけは自分の手でやりたい」という課題を持っていない。

だから都議選では、相手かまわず小池都知事に取り入りたい素振り・・・を見せた。
見かけはスマートでスタイリングを誇っているようだが、内面はいつも乞食のように何か政府の欠点になるようなもの、自分の得になるようなものが落ちていないかと周囲を見回しながら歩いている・・・。

笑ってしまうが、「安倍外交・日本の自主性」を言う前に先ずは「民進党の自主性」に目覚めて欲しいと本当に日本のために思う。

目の前でアメリカの「貧富と格差の問題」がトランプ大統領を誕生させた大きな事実を見ながら、同じ問題を抱えている日本なのに、民進党も蓮舫代表も立ち位置が決まらず従って目標も定まらず解決策も提示できない…。

民進党の立ち位置…とは一体何なのか…。

本来なら労働組合を指導すべき位置でもあるのに、大企業支配下にある労働組合の「連合」に「ノー」と言えないだらしなさ…。

企業の内、大企業などは0.3%、従業員数も3割に過ぎない。
これら大企業に所属する人たちは基本的に自分たち大企業の守護者たる自民党の支持者だ。
にもかかわらず企業数の99.7%を占め、労働者の7割を占める中小企業の人たちの利益をリードできない…。

結局は誰の代表にもなっていないというのが現実だ…。

だから民進党は、「お山の大将僕一人」の単なる個人商店の集まりに過ぎない・・・。
それが、民進党という一つのビルにテナントとして入っているだけで、政党としては何の意味もない…。
だから民進党は、解党して出直すべきだと主張したくなる。

昨日はたるみ切った安倍内閣や自民党の現況を取り上げたが、元はと言えば民進党のだらしなさに端を発している…。
一向に政権を目指さないで、一人一人が無責任な立場の国会議員でいることに満足しているみたいに…。

民進党もトランプをこなすけれども、そういうトランプさえ政権を取った…。
「民進党はどうなのだ」と本当に言いたい。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事