ここから本文です

無題

ご報告があります。

11月末から病気で、ずっと頑張って生きてくれた、ピーちゃんが2月16日に天国に行っちゃいました。

先生からは、黒い糞が続くようだったら胃がんの可能性があると言われて、黒い糞が出ないよう胃薬や、栄養剤の注射を打ったり、通院を繰り返しながら頑張ってきました。

一時は元の糞に戻り、24gだった体重も、29gまで回復し原稿を描いている手まで飛んできて遊ぶようになりました。

僕はこのまま元気になってくれる事を信じていました。

しかし、やがてまた黒い糞をするようになりました。

薬も毎日飲ませ続け、夜でも朝でも餌を与え続け体力が落ちないよう気をつけてました。

しかし体重が減る一方で、ピーちゃんも頑張って自分から餌を食べていました。

生きようと頑張っていました。

僕も通院を繰り返し、ピーちゃんが元気に元に戻るよう先生に診てもらってました。

やがて黒い糞をする回数が増え、元の健康な糞に戻る事もなく、体重も減っていきました。

餌を食べないときは手のひらに乗せると食べてくれたのに、最後の頃になると口を動かすだけで、食べるフリばかりしてました。

先生にも給餌してもらい、栄養剤、胃腸薬を飲ませ続けましたが、黒い糞が健康な糞に治る事はありませんでした。

16日は外出しないといけない予定があり、自宅に戻るのは夜でした。

自宅に戻ると嫁さんがピーちゃんの面倒を看てくれてましたが、ずっとうずくまって動かなくなってました。

僕は鳥カゴの蓋を開け、口元に餌を持っていきました。

そしたら、目を開け、よたよたと僕の所に寄ってきました。

手のひらにピーちゃんを乗せると、いつもとは違う感触でした。

非常に軽いのと、足に力が無くお腹で体を支えて、足と羽は開いたままで、ヒナのようでした。

「ピーちゃん大丈夫だよ、安心してね。」

声をかけるとピーちゃんは手のひらでまた寝てしまいました。

それがピーちゃんの最後でした。

僕が帰って来てほんの5分ほどの出来事でした。

ずっと黒い糞が憎かった。

胃がんが憎かった。

ピーちゃんを苦しくさせている病気が憎かった。

でも1番悪いのは、ピーちゃんの病気に気づかず元気だから大丈夫だろうという自分の甘い考えと、インコに対する自分の無知さです。

本当にピーちゃんにも応援してくれた皆さんにも申し訳ありません。
本当にすみません。

鳥は体調が悪い所を見せると外敵に襲われるので、体調が悪くても元気に振る舞うらしいです。

それでもうずくまってたりするのは危険な時。

ピーちゃんはいつも元気だから大丈夫だと、

遊びに来るから大丈夫だと、

無知識の僕は命の危険な状態であるのにもかかわらず、それに気づけませんでした。

1番、憎いのは自分です。

本当にすみません。

今は悔やんでも悔やみきれません。

ピーちゃんが来たのは2011年、東北大震災があった年です。

その年は地震の影響で、お笑いは不謹慎とされイベントは次々中止となり、仕事がほぼ無くなりました。

僕は将来の事も考え吉本を辞める事を決め残った仕事を消化するだけでした。

人生について考える事が多く、寂しさもあってセキセイインコを飼う事にしました。

ショップには何匹もいましたが、ピーちゃんだけが僕の所に寄って来ました。

最終的にピーちゃんを選んだのは嫁さんです。

この年から不思議な人生が始まりました。

仕事はやはり無く、朝やっているおはスタの水曜日だけが仕事でそれ以外は、地震のボランティアでチャリティーライブに出るくらいでした。

そこにポンッと、パラパラマンガの仕事が来て、また次の仕事もパラパラマンガで。

次第にパラパラマンガで休みが無くなるくらい忙しくなってました。
気がつけば毎日原稿を描いて、肩にはピーちゃんがいて、それが当たり前の風景になってました。

イメージ 1


なんとなくピーちゃんの事を仕事を運んで来る幸せの黄色い鳥と、思ってました。

窓が全開で空いていても逃げないし、

締め切り間近、疲れてうたた寝してしまうと耳もとまで来て起こしてくれたり、

ご飯を食べていると、ピーちゃんも餌が欲しくなり

「ちょうだい」

って自分の意思で喋るようになりました。

イメージ 2


ピーちゃんをブログに乗せるといつもよりアクセス数が増えインコクラスタの人達が見てくれている事も知ってました。

ありがとうございました。

ピーちゃんは2011年2月15日に生まれて、2017年2月16日に天国に行っちゃいました。

6歳でした。

先生にお礼を言って、昨日火葬しました。

今はペンダントの中にいて、胸にぶら下げています。

なかなか気持ちの切り替えが出来ませんが、今日から新しい人生と考えスタートさせています。

ピーちゃんがいない人生ですが、嫁さんもいるし、仲間もいるし、
皆さんがいるし、自分もいつか死んだらまたピーちゃんに会えるので寂しくありません。

本当にありがとうございました。

イメージ 5








ピーちゃんが亡くなった次の日、社会を明るくする運動で、首相官邸にお呼ばれしました。

イメージ 3

怒られてしまうかもしれませんが、実は内ポケットの中にはピーちゃんがいました。

イメージ 4

ピーちゃんにも仕事風景を見てもらいたく、亡骸をポケットに入れてました。偶然にも黄色い羽根をつける事に。



最後にお知らせがあります。

3月29日に銀座NAGANOという所で、パラパラマンガのワークショップをやります。無料です。


パラパラマンガの新作も発表しますので、是非遊びに来てください。
長文すみません、ありがとうございました。

この記事に

大変遅れましたが皆さま明けましておめでとうございます!

(ブログが何故か投稿できなくなり、ご挨拶が遅れてしまいました。本年も宜しくお願いします!)

締め切り原稿も無事終わり、次の作品の制作に入る所です。

本来なら2ヶ月くらいで完成する予定の量でしたが、実際にある場所を描かなくてはいけなかったので、
ネットで写真を調べたり、

実際に行って自分の描きたい角度で写真を撮ったり、

行けない所は動画で調べたり、

それを正確に描くのに時間を取られました。

と、言っても自分の地元(大町市)なんですが(汗)。

イメージ 1


住んでいる時はちゃんと見たり調べたりしてなく、初めて知る事が多く自分の地元の無知さに反省しました。

でも地元の事を調べたりしていくうちにまた興味が湧いてきたり、再発見することによって地元への関心が高まりました。

地元自慢みたいですみません。

皆さんがこの動画(3月公開予定ですが)を観た時に少しでも大町市に興味が湧いてもらえると嬉しいです!

イメージ 2


星空は知り合いの漫画家の先生に教えてもらって、黒く塗り潰した紙に修正液をふりかけ描きました。

そしてぴーちゃんの通院も大変ですが、少しずつ回復しています!

イメージ 3

ペンの所に来るようになりました。なのでグリグリしてます。

イメージ 4

ぴーちゃん、気持ち良くなるとオェ〜ってなります。

イメージ 5

やりすぎると噛んできます(笑)

こんな感じで回復しています。

ブログの投稿でトラブルが多いのでこれが最後になるかもしれませんが、

皆さま今年も宜しくお願いします!

この記事に

ぴーちゃん

今年も間も無く終わろうとしていますが、ここに来てぴーちゃんの様子が悪くなり1ヶ月前から病院通いしています。

元気が無く食欲がなくて、ずっと丸くなって、たまに水分が多い、黒い糞をしています。

お医者さんに連れて行ったら慢性胃炎と診断されました。

イメージ 2

(先生にお薬を飲ませてもらっています。)


1度、回復して元気が戻って来ましたがまた悪くなって。

体重も24gまで落ちちゃいました。

今はなんとか体重も増えて28gまで回復しましたが、まだまだ元気がないです。

もう1度、黒い糞が出たら胃ガンの可能性もあると言われました。

ぴーちゃん元気になってくれ〜!

イメージ 1

(温度を30℃に保っています。)

病院通いで原稿も遅れていて、今年は1度も忘年会に行けませんでした。

締め切りに間に合うか、久しぶりに焦っています!

ここは開きなおって、コーヒーでも飲んで今年のパラパラ漫画のお仕事のおさらいでも(笑)。

1月セカイノオワリ「プレゼント」MV

3月法務省「社会を明るくする運動」PV

4月BS日テレ「深層NEWS」新規オープニング

5月MUSE「AFTERMATH」MV

6月Kis-My-Ft2宮田さん「ヲタクだったってlt'Alright」MV

7月くらしの友「お父さんは愛の人」

9月日本TV、THEレジェンド奥原希望さん応援パラパラマンガ「hope」

11月JR西日本冬期のホーム転落防止キャンペーン「プラットホームで助け合い」

12月くらしの友「母のサポーター」

でした。

今年も皆さんありがとうございました!

来年はちょっと違ったジャンルのパラパラマンガや、お笑いの活動もして行きたいです!

自主製作のショートムービーも作りたい!

皆さん良いお年を!そしてまた来年も宜しくお願いします?

この記事に

今年7月に発表された「お父さんは愛の人」が、好評のようで嬉しいです!

そしてその第2弾が発表されました。

「母のサポーター」

つたえたい、心の手紙の第8回で銀賞に輝いた手紙をもとに作成しました。

僕は早くして母ちゃんを亡くしました。

でも今でも母ちゃんが毎日夜遅くまで洗い物や学校の準備、そして朝早く起きてご飯を作っていてくれた事も覚えています。

ある日母ちゃんが部屋の陰で泣いていた事があった。

あまり泣いている所を見た事がなかったので驚きました。

声をかけると、笑顔になり何でもないかのように接してくれた。

後でわかった事でしたがあの日母ちゃんはお医者さんから癌を宣告されていたのでした。(手術の話を父ちゃんから聞いてわかりました。)

それでも、いつも通りご飯を作って洗い物をして、学校の準備をして夜遅くまで働いて、笑顔で朝、寝ている僕を起こしてくれました。

そんな母ちゃんの姿を覚えています。

作文を読んだ時にあの時のお母ちゃんの記憶が蘇りました。

今回の作文をうまくパラパラマンガで描けているかわかりませんが、

「母のサポーター」は、

「株式会社くらしの友」さんのホームページで観れますので是非観てください。


イメージ 1

今年も間も無くクリスマスですね。

早い。

1年が早い。

この前お正月に皆んな集まったばかりなのに(笑)。

また年末のお掃除がやってくる!

最近は忘年会でしか会わない芸人さんがたくさん増えました。(これは僕だけなのかもしれませんが。)

まぁ話を聞くとまだ売れてない芸人さんも、旬が過ぎたと言われる芸人さんも良い1年だったと言うから、皆んななんだかんだやっていけるんですね。

皆んなで温泉旅行に行こうと言う話が毎回出るけど1度も行った事がない。

いつか行けると良いなぁ!

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事