ここから本文です
Satobatake // さとばたけ〈since1749〉
ビジネスに活用する古典/四書五経・陽明学など

書庫全体表示

イメージ 1

伊達政宗初陣の地(宮城県伊具郡丸森町金山字鬼形)

伊達政宗は、天正5年(1577)に元服、天正7年(1579)に三春城主田村清顕の娘愛姫を正室とします。天正9年(1581)、父輝宗とともに相馬氏への侵攻に丸森・小斎攻めに、15歳で初陣します。この頃、天正年間の相馬の軍勢は大方馬上300騎、少ないときは250〜260騎、上下1200〜1300位が限界で、伊達は、昔は伊達、信夫、柴田、刈田4郡の人数でしたが、天正年間に入ると伊具、亘理、名取、宮城、黒川、二本松、須賀川、白川などまでが助成し、一日がかりでやってくることなどは少なく、みな地元の戦であることから士卒の疲れもなく、一備え200〜150もあれば500〜600の時もあり総騎馬数では800〜1000騎もあり、上下の数も4000〜5000はあったようです。

この記事に

開くトラックバック(1)ログインしてすべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事