全体表示

[ リスト ]

七福神めぐり

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3

イメージ 3

七福神めぐりが今日無事に終りました。吉例により、毎年1月2日。登場するメンバーも変化して、いろいろ感無量です。初回は私ひとりでした。それが三人になり五人になり。2回目以降一度も欠かさず来ている人はO君。私は無論皆出席です。これは実は非常に役に立ちます。「1月2日は初走りだ〜!」と思うので、自転車はきちんと整備し、それに向けて体調もととのえ、12月中は外出時にインフルエンザなどをもらわないように、外出から帰ると必ずミューズ薬用石鹸で手を洗い、うがいをする。これがいいようです。おかげで風邪で休むこともなく続けてこられました。

来なくなる人もいたり、単発で来る人もいたり、さまざまです。毎回かかさず来る一人としては、新しく来る人と会うのも楽しく、顔ぶれが変化して行くのも興味深い。昨年度は自転車雑誌のライバル誌どうしのライターさんが二人見えました。今年は登場せず。また体調不良でパスした人が3人。Cレーシング・チームは、取りまとめ役の方がくも膜下出血で手術をされ、リハビリ中なので登場せず。かつては彼らが逆ウチをして、最後の番所で合流して記念撮影をして、30人〜40人の大所帯になったこともあります。今年はそういう具合でやや少なめの10人。しかし、それでいいのだと思います。人数ではありません。そこへ参加したいと言う人がいて、新たなる交流と、新体験ができる人が一人でもいたら、それは意義がある。また、毎年続けている人には、それが新しい動きとなり、続ける刺激にもなります。ありがたいことです。

今年は天候にもめぐまれました。過去には小雪降る中での初走りということもありました。山もいつになく綺麗で、たぶん過去十年間で最も美しい富士山が見えたと思います。残念ながらカメラがなかったので、携帯電話での撮影。写真は一心不乱に霜柱をふむやぎめりさん(笑)。林のなかの道は鎌倉時代の古道で、城跡の馬をつないでおく場所(馬だし)からの道です。

今年はKMさんのタイヤがバースト。それもまた忘れ難い事件として良い思いでとなりましょう。今回は補佐のS君を残して我々は出発しました。これは参加の面々には説明しませんでしたが、世界最古の自転車のサイクリング・クラブであるCTCの方式です。英国ではCTCルールと呼ばれ、車両が故障した場合は、その人一人、もしくは補佐の人との二人を残し、他のメンバーは定刻に出発するのです。現在は携帯電話があるので、これは昔よりもっと容易です。あとでS君、KMさんとは合流しました。

同じくSZ君は神戸から鎌倉まで600kmを自転車で連続走行したあとの影響で、やや腰の調子を悪くしていたのですが、朝になって腰の具合が良かったので参加しますと携帯に電話がありました。彼も途中で合流。またしても、鎌倉から多摩まで全行程走っての登場。帰りも走って帰宅。七福神廻り自体は、たいした距離ではありませんが、このようにさまざまな組み合わせで「自分の距離」や「自分のゴール」を組み立てられるところに良さがあると思います。たぶん、このくらいの距離ですから、あと20年〜30〜40年後も、生きていれば走れるのではないかと期待しています。「その時にも乗れる自分でいよう」とまたこの一年の健康を組みたてようとの思いをあらたにした1月2日でした。

この記事に

閉じる コメント(16)

顔アイコン

おはようございます。昨日はお疲れ様でした。今年も非常に良い天気で爽快でした!僕の毎年の楽しみは、向こう岸の人達を観察しながら素通りしてくるということ、お茶を手に入れるということ、初めての顔に会えるということ、焼きダンゴを食うということ、などです。今年はお焼きになっていて少々残念でしたが、まあ美味かったので来年からはどっちでもOKでしょう(笑)。というわけで、今年もよろしくお願い致します〜。 削除

2009/1/3(土) 午前 7:52 [ ruirui31 ] 返信する

顔アイコン

関東はお天気がいいみたいですね〜
大阪は、青空が見えてもすぐに悪くなり、今日も、どんよりとしてますよ。 明日ぐらいは青空が一日見えるようになったらなあと思います。
青空の下、気分のい七福神めぐりですね〜 富士山も綺麗に見えたことだし、今年はいい事ありそうな・・・願ってます。

2009/1/3(土) 午前 11:28 hiro555 返信する

顔アイコン

r&f様そして皆様、バーストのkmです(笑)朝一番で驚かせてしまい申し訳ございませんでした。S様のおかげで合流できたのは幸せでした。停車中のバーストも初めてなら90年前のポンプで空気を入れるのも初めてでした(笑)知らない街を自転車で案内していただく事がこんなに楽しいとは。そして皆様とお別れした後挨拶しながら私を抜かれたお2人。あの様な姿を「颯爽」と言うのでしょう。格好良かったです。行く前よりも帰った後の方が元気になれるような良い一日をありがとうございました。どうか今後共よろしくお願い致します。 削除

2009/1/3(土) 午後 9:01 [ km ] 返信する

顔アイコン

こんばんは。昨日は、お疲れ様でした!良いお天気に恵まれて、途中暑いくらいでした。
日野の霜柱はなかなかの踏み心地で快感でした(笑)。初踏み。
では、本年もまたどうぞよろしくお願い致します! 削除

2009/1/3(土) 午後 9:35 [ やぎめり ] 返信する

あけましておめでとうございます。
七福神めぐり、いいですねぇ〜!
今年は、なぜか日本のお正月が恋しかったです。
こちらは、元旦から平日気分で味気ない気がします。

2009/1/3(土) 午後 11:54 - 返信する

顔アイコン

:ruirui31さま
昨日はお疲れ様でした。向こう岸のほうは、どうなんでしょう(笑)。IMAIさんが存命の頃は、新年初走りで寺社廻りなどをやっていたものですが、黒牛五郎左衛門が仕切り始めてから、あえて当方と同じ集合場所にした経緯があります。彼の家は多摩川大橋から近いので、解散後に便利と言うことでした(笑)。そろそろ、あちらは違う集合場所にしてはいかがかな?と思います。お茶の御住職はロードレーサーに乗って滝にうたれに行っていたつわものですから、お茶にも気合がはいっています(笑)。「すいとん味のおやき」も悪くありませんでしたね。

2009/1/4(日) 午前 1:07 [ raijin&fuujin ] 返信する

顔アイコン

:hiro555さま
この日はとてもぽかぽか日差しが暖かかったです。関東はこの時期は「からっ風」の季節でして、凧揚げには最高です。こどもたちが凧をあげていましたが、鎌倉から来た仲間は終始向かい風でたいへんだったようです(笑)。この集合場所から多摩川を登ると、一直線の川の先に富士山が見え、なんとなくパワーがもらえるような気分になるのです。

2009/1/4(日) 午前 1:12 [ raijin&fuujin ] 返信する

顔アイコン

:kmさま
いや〜停車中のバーストで幸いでした。東京の西半分にはレジスタンスがいるということです(笑)。抜いていったあの二人は、充分「カッコよさを意識して」抜いて行ったと思いますよ。私も抜いてゆく時は「顔で笑ってこころでこらえるのです」(爆)。我々はロードの連中が無理な追越をして飛ばしてゆくと、よく、「成敗っ!」とか言って追走し、追い抜いて負かすまでやります(爆)。これは「ひのたま組」の習性ですな。これに懲りずにまたご参加ください。

2009/1/4(日) 午前 1:20 [ raijin&fuujin ] 返信する

顔アイコン

:やぎめりさま
よく考えてみると、あそこ以外に霜柱がキレイに出来ているところはありませんでしたね。やっぱり踏んでおいて正解でしたよ。あの場所は極めて珍しい葵が生育しているので有名な土地なのです。斜面の具合も、水気もすべてマッチしているのかもしれません。本年もよろしくお願いします。

2009/1/4(日) 午前 1:25 [ raijin&fuujin ] 返信する

顔アイコン

:アヒルさま
あけましておめでとうございます。英国では1月1日はスコットランドではけっこう祝いますが、イングランドでは祝いませんものね。除夜の鐘と年越しヌードル、新春の琴の演奏会ぐらいは、我々が頑張って流行らせましょう(笑)。英国人はけっこうのってくるんじゃないかな?

2009/1/4(日) 午前 1:30 [ raijin&fuujin ] 返信する

顔アイコン

「七福神めぐり」に2人で初参加させていただきました。いろいろとありがとうございました。

日野(というか、多摩川の南側)方面にはあまり行ったことがなかったので、大変たのしく刺激の多い1日になりました。おかげさまで今年は何かいいことがあるような気がします。また機会がありましたら、ぜひよろしくお願い申し上げます。 削除

2009/1/4(日) 午前 11:52 [ つぴぃ ] 返信する

顔アイコン

:つぴぃさま
ご参加ありがとうございました。南側は秘められたる面白いスポットまだまだあります。奈良〜平安時代の荘園のあとだとか、印象派の森のなかの池のようなところだとか、次回に乞う御期待です。「多摩の横山」は万葉集にも出てくる放牧場でしたから、我等の鉄の馬にはちょうどよい行動半径です。七福神めぐり満願しましたので、今年はかならずや、開運満足の良いことがあるでしょう。

2009/1/4(日) 午後 11:23 [ raijin&fuujin ] 返信する

すごい!毎年恒例なんですね〜みなさん愛用の素敵な自転車で
大集合なんでしょうね。とても楽しそうだし、健康的だし、なにより七福神めぐりだから、ご利益ありそうですよね。
ままちゃり&関西のわたしにはとてもうらやましいです〜
新年の景色は格別で、参加されたかたの心にいつまでも残ることでしょうね。^^

2009/1/5(月) 午前 1:56 [ みにゃのつれづれ日記 ] 返信する

顔アイコン

:みにゃさま
みなさん、我が身の分身のような愛車で登場です。この七福神めぐりは、さまざまな宗派のお寺が協同でやっているイベントでして、その意味でも画期的なのです。たぶん関西でも七福神あるはずですよ。ふつうの街乗り車でもいけるでしょう。なかなかお正月らしくて、一年のランドマークになってオススメです。

2009/1/5(月) 午前 3:36 [ raijin&fuujin ] 返信する

アバター

私も、友人の誘われて3日の日に川越まで出向いて(笑)、七福神めぐりをしました。
勇壮なお寺さんの裏側におかれて、ひっそりとたたずむような社もありましたが、それぞれに、人々の心を受け止めて慕われてきた様子が伺われるような痕跡や文化的な遺産を感じました。
博物館のガラスケースに飾られ、専門家と呼ばれる人々のみが接近しうるというのではなく、路傍・市井にあって、生身の人間の生活文化とともに生まれ、成長し、やがては朽ちていくのも、その文化財の命としては有意義かも…とも思うこのごろです。

2009/1/6(火) 午後 11:56 chiisaiyoru 返信する

顔アイコン

:chiisaiyoruさま
ガラスの中の七福神の標本では御利益ないですよ(笑)。何百年か前にお参りしていた人がいて残っていて、それを今また自分がお参りしている。なんだか神秘的な、不思議な感じがします。うまく自分の心をチューニングすると、江戸時代や鎌倉時代の人のこころに耳傾けられるのではないか?と思えてきます。そういう時間の川のなかで、自分はどう生きて、どこへ行こうとしているのか?と考えると、一年とし始めの七福神めぐりは癖になって、やめられません(笑)。自分のこころの「定点観測」でもあるようです。

2009/1/7(水) 午前 1:37 [ raijin&fuujin ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事