3世帯住宅☆アトリエのような家に暮らす

アート・建築・インテリア・職人さんの仕事・料理・器・外国・昔ながらの日本の暮らしetc 興味色々尽きなく時間足りません!!笑

全体表示

[ リスト ]

メキシコ出身、世界的に知られる建築家の巨匠、ルイス・バラガンの自邸は、
 
建築の本やテレビでも時々目にすることがある。
私はあの自邸にすごく惹かれてしまう。 
 
先日図書館で、まさに「世界の名作住宅を訪ねるルイス・バラガンの家」という本
 
(新潮社 とんぼの本)を見つけ、嬉しくなって借りてきた。
 
一つ一つの部屋の詳細の紹介と、ところどころに、ルイス・バラガンの残した言葉が
 
散りばめられている。
  
印象に残ったのは、
     キリコに影響を受けた。  という言葉。
 
イタリアの芸術家、ジョルジョ・デ・キリコ。
日本でもシュールレアリズム主義の画家として、ダリと共によく知られる。
画集でしかキリコの絵は見たことないが、タイトルは忘れてしまったが、
 
どこか寂れた港町に、焦点をどこに合わせているのかわからない
 
目線の女性たちがずらりと 家の前に座っている絵を思い出した。 
なんとも不安定で、さみしい夢の空間の中にいるような、浮遊感漂う絵。
 
メキシコのイメージは、乾いた気候に負けない原色使いや、
 
土壁で作ったような頑丈な造りの家が立ち並ぶ町並み。
大地に根ざした、生活感溢れる中南米特有の土臭い感じ・・。
どう考えても、キリコから連想される、現実感薄いイメージとはかけ離れているのが、
 
私の中にあるメキシコ。
 
でも一歩、ルイスバラガンの家に入れば、光の移ろいや陰影、
 
外と遮断するような窓の取り方、どこか宗教的な匂いのする
静謐感など、現実とは一歩はなれた、ストイックな空間から感じる何かが、
 
キリコの絵に通じるものがある。
 
孤独を愛し、一生独身だったというルイスバラガンは、
 
この礼拝室のような一室で日々建築に携わっていたというが・・
一方では、何人もの美しい女性たちと、浮名を流したという・・。
巨匠となる人は、やはり、なのか。。 ^^;

 
実はメキシコは、まだ生まれて間もない頃、トランジットで母の胸に抱かれ、
 
降り立ったことのある国。 私の記憶にはない。
そしてメキシコは、父が独身の頃、仕事で何年か住んでいた国。
下宿先のメキシコ人のおばちゃんが、マシンガントークだった、とか、
 
毎日タコスやらが出てきて飽き飽きした、とか、
よくそんな話をしくれたっけ。。
 
いつか絶対、ルイス・バラガンの家を訪れてみたい。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

閉じる トラックバック(0)

トラックバックされた記事

トラックバックされている記事がありません。

トラックバック先の記事

  • トラックバック先の記事がありません。

.


プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2015 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事